イオン導入 美顔器。 【イオン導入美顔器】おすすめランキング&効果まとめ!

美顔器のイオン導入器で化粧品の限界を超える!効果や選び方を解説|ブティーマガジン

イオン導入 美顔器

えっホントですか、なになに~!? エレクトロポレーション(電気穿孔法:でんきせんこうほう)とは? エレクトロポレーションとは 電気穿孔法とも呼ばれ、その名から想像出来る通り電気パルスを利用して一時的に皮膚に小さな穴を開け美容成分を浸透させる技術です。 イオン導入もそうでしたが、エレクトロポレーションも元々は医療用で研究されてきた技術になります。 肌の深い層(基底層や真皮層)まで美容成分を届けることが可能で、小さな穴といっても針で傷を付けて穴を開ける訳ではなく、細胞間に一時的な小さな隙間を開けるイメージですので安全面も優れています。 イオン導入とエレクトロポレーションの違い イオン導入とエレクトロポレーション、どちらも電気の作用で美容成分を浸透させるのですが、大きな違いは浸透させることの出来る成分と浸透率です。 エレクトロポレーションなら、イオン導入では浸透させることの出来ない 分子が大きいコラーゲンやヒアルロン酸も浸透させることが可能で、また浸透率もイオン導入と比較して約20倍もの効果があるとされています。 エレクトロポレーション搭載の美顔器をcheck!! イオン導出美顔器 イオン導入がマイナスのイオンで美容成分を浸透させるのに対し、イオン導出はプラスのイオンで日常のケアだけでは除去しきれない目に見えないレベルの汚れまでを取り除くクレンジング機能です。 「ディープクレンジング」や「イオンクレンジング」とも言われる「イオン導入」美顔器の効果や使い方について見ていきましょう。 イオン導出美顔器の効果 イオン導出はイオンの力で毛穴汚れを吸着し除去する効果があります。 マイナスの電力を帯びた目に見えない汚れ(古くなった角質やファンデーション微粒子、ホコリや煙草煙、排気ガスなど)を プラス電力の力で取り除き整肌します。 コットンに精製水または水道水をたっぷりと含ませる• コットンが乾いてきたら再度精製水や水道水を含ませる 精製水とは蒸留やろ過、イオン化などで塩素やミネラル類を除去して生成された純度の高い水です。 精製水はドラッグストア等で購入可能(500mlで100円~200円程度)です。 他にイオン導出に適したローションとしては人間の体液に近い生理食塩水がありますが処方箋がないと購入出来ないため、水道水に塩を加え1%濃度の食塩水でも代用可能です。 また、日本国内であれば水道水でもOKです。 ツインエレナイザーPRO2では美容成分をたっぷりと含んだ専用ジェル(モイスチャーローション)が販売されていますので、若干費用が高くなってはしまいますが専用ジェルを利用するのもおすすめです。 イオン導出• ウォーターピーリング• イオン導入 Q.美容皮膚科との違いは? 医療機関、いわゆる美容皮膚科やクリニックで使用するイオン導入/導出の機器は、医師免許を持つ実績のある医師が監修の元ケアを実施しますので出力パワーが大きいのが特徴です。 エステや家庭用美顔器は安全性が考慮されたレベルでの出力パワーですので、この違いが最も大きな違いと言えます。 パワーが違うということは、美容成分の浸透力や汚れの除去効果が異なるということ。 効果が高いため、頻度も家庭用美顔器より間隔を空けることになります。 医療機関で実施する場合、予約を取ったり通ったりと手間と費用がかかりますが、家庭用美顔器ならその辺の問題がクリアされますので、継続しやすいという特徴もあります。 その後、顔にたっぷりのビタミンC誘導体入りの美容液を塗ってもらい、アースとなる金属の棒を握った状態でイオン導入を開始。 家庭用美顔器と特に変わった感じはせず、ピリピリしたりヒリヒリすることもなく10分程度の施術で終了。 ダウンタイムもなく手軽に施術が行えましたが、効果は…うーん、正直家庭用美顔器とあまり変わらない印象でした(笑 イオン導入/導出美顔器の選び方 イオン導入やイオン導出を搭載した口コミの良いおすすめの美顔器をピックアップしました。 医療機関やエステで実施しなくてもその効果は十分に実感できることでしょう! イオン導入/導出美顔器がおすすめな方• ジェル成分にこだわらず安いジェルでケアをしたい方• 化膿したニキビがある方• 使用禁止部位以外への使用を考えている方• 頻度や使用時間を遵守できない方• 妊婦または妊娠の可能性のある方• 体内ペースメーカなど金属が入っている方• 金属アレルギーの方• 顔面神経痛の方• 心臓に疾患がある方• その他、医師の治療を受けている方 界面活性剤や防腐剤など余分な成分が入っているとその成分までイオン導入してしまい、肌トラブルの元になることもあります。 またコラーゲンやヒアルロン酸など分子の大きい成分は浸透しません。 家庭用美顔器はすべて自己管理ですので、こういったジェルの成分にも気を配ることが必要です。 各美顔器に添付されている使用上の注意をよく読み、指定された用法(時間や頻度)で使用するようにしましょう。

次の

イオン導入は市販の化粧水で出来るのか?効果がこんなにも違う!

イオン導入 美顔器

マイナスイオン同士が反発する力を利用して、肌の最深部に美容成分を浸透させる導入方法です。 美容液をイオン化して分子レベルで肌に浸透させるので、効果はとても高いのですが、超音波導入に比べ、文字通り「ケタ違い」の浸透力があるので、使い方を誤るとトラブルの原因にもなってしまいます。 得られる主な効果としては、メラニン色素の生成を抑えることでの美白効果、シミの除去や予防、抗酸化作用によるアンチエイジングなどが上げられます。 気をつけなくてはならない点として、 イオン導入は浸透させる美容液の成分がとても重要です。 汚れはもちろんですが、香料や保存料、界面活性剤や、水に溶けにくい脂溶性ビタミンなどが配合されたもの、さらに、ヒアルロン酸やコラーゲンの様に分子量が高分子のものは浸透させる事が出来ません。 このように、利用できる美容液の条件が厳しいのもイオン導入の一つ特徴です。 多くのイオン導入美顔器は、主にビタミンC誘導体を利用しており、肌の最深部にビタミンCを浸透させることで、美白効果、アンチエイジングを実現しています。 *「ビタミンC誘導体」と化粧品に表記するには、多くのお金と時間をかけて厚生労働省の審査にパスしなければなりません。 そのため 中身の成分は全く変わらなくても「ビタミンC誘導体」と表記されていない化粧品も多く存在しています。 また、多くのイオン導入美顔器は、イオン導入とは逆にイオン導出によるクレンジングモードが用意さています。 イオン導出とは? イオン導入とは逆に美顔器本体にプラスイオンを発生させ、マイナスイオンである 肌に浸透させた美容成分を引き出すクレンジング方法です。 名称は、「イオン導出モード」や「イオンクレンジングモード」など、各メーカーにより異なりますが、これらは全て同様の仕組みによるものです。 超音波とは? 一秒間に100万回以上と大変細かな振動を肌に伝えることで、肌の細胞に隙間を作り、その空洞化した組織に美容成分を浸透させる導入方式です これをキャビテーション効果と言います。 イオン導入に比べ浸透力が弱いので、 普段利用している美容液をそのまま使えるのも超音波導入の特徴です。 しかし、超音波は水を介してでしか肌に伝わらない性質があるので、付属品以外のものを利用する際は、 水溶性のものをたっぷりと使うことが重要です。 超音波を利用する際の注意点として、イオン導入に比べて肌への負担が大きいので、頻繁に利用すると肌が疲労してしまい逆効果となってしまいます。 イオン導入は毎日利用することが可能 超音波の周波数にもよりますが 数値が高いほど肌への負担は軽減されます 、3日に一度のペースでの利用をお勧めします。 よく、イオン導入と超音波を同列に解説されているサイトを見かけますが、得られる効果と目的は全く別物と考えて差し支えありません。 超音波を利用する1番のメリットは、美容成分の浸透ではなく、 汚れの除去と肌細胞の活性化によるリフトアップ効果にあります。 超音波振動を肌に与えることで、上記したキャビテーション効果を発生させ、通常では落としきれない角質層の汚れを剥離することができます。 さらに、超音波振動で筋肉を刺激することで、新陳代謝が活発となり、内部の温熱効果と合わせ皮下脂肪が燃焼。 また、ハンドマッサージでは出来ない、細胞を活性化するマッサージ効果により毛穴の引き締めやリフトアップを実現します。 つまり、イオン導入と超音波の違いを簡潔にまとめると。 イオン導入、超音波比較表.

次の

【イオン導入美顔器】おすすめランキング&効果まとめ!

イオン導入 美顔器

この記事に書かれている事• 化粧品によるケアには限界がある?イオン導入とは? 化粧水や美容液は、配合されている成分が肌に浸透されることが大切です。 イオン導入とは、その成分の浸透の部分を補助する役割があります。 美容成分の陽イオン(プラスの電気)と陰イオン(マイナスの電気)を利用して、普通に肌に化粧水をつけた時よりも高い効果を発揮してくれるのです。 例えば、 コラーゲンやヒアルロン酸と言った成分は分子が大きいため、肌奥の真皮層まで届けることはできません。 コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン、ビタミンC、トラネキサム酸、IGF-1などの成長因子成分も同様です。 これらの成分は、表皮または真皮で作用するため、イオン導入を使用して適切な場所に届くことでシワやたるみの改善に役立ちます。 私達の体には、200マイクロアンペアほどの非常に微弱な電気が流れていて、肌の新陳代謝などに大きく関係しています。 電気風呂や電気治療で身体が楽になるのは、数百ボルトの電圧をかけると体内の 電流が活発になり、基礎代謝が良くなるからです。 イオン導入器も同じ仕組みで、体に流れている電気を利用したものになります。 イオン導入器のメリットは、比較的簡単で安全に、エイジングケアに有効な美容成分を肌の奥まで浸透させることができることです。 イオン導入器は、美容外科やエステティックサロン、家庭のいずれでも使用できます。 ただし、家庭用のイオン導入器は、美容外科で使うものと比較して電流が小さくなっており、効果も相対的に低めですが、安全性は高いので安心です。 イオン導入器で出来る事は? 超音波によるイオン導入の美顔器は、音波の振動でお肌の細胞を振動させて、血流やリンパの流れを良くします。 フェイスマッサージのような効果や肌の深部を温めることによるターンオーバーを促す効果が期待できるので、 肌のハリを取り戻し、リフトアップやたるみ、ほうれい線を目立ちにくくする効果が実感できるのです。 ただし、使用頻度が多すぎたり、間違った使い方をすると、肌トラブルになるため回数や方法には注意が必要です。 肌へのイオン導入とイオン導出の違い 最近のイオン導入器は、イオン導入以外の機能を付加した美顔器が多くなっています。 「イオン導出」とは、イオン導入と反対のはたらきを利用した美顔方法です。 イオン導出は、お肌に付着した汚れや老廃物を肌の外へ出すための美顔器の機能のことを言います。 肌に付着した汚れや老廃物を肌の外へ出すために、美顔器から陽イオン(プラスイオン)を流して、不要なものを吸い出してキレイにしてくれるのです。 これは 「イオンクレンジング」といい、 メイクの汚れや洗顔では落ちにくい汚れ、老廃物を落とすことができます。 イオンクレンジングすると、毛穴の黒ずみや開きの予防・改善、ニキビ予防や改善が期待できます。 しかし、やりすぎると、必要な皮脂まで取り過ぎてしまうため、バリア機能が低下するリスクがあるので注意が必要です。 イオン導出のやり過ぎは、肌荒れや大人ニキビなどの原因にもなるので、頻度は週1~2回程度が適切です。 イオン導入とバリア機能 バリア機能とは、肌の水分を保持したり水分が蒸発するのを防いで、細菌やアレルゲンなどの異物が肌に侵入するのを防ぐ役割があります。 化粧品成分も異物と捉えられるため、バリア機能によって、お肌の奥まで浸透することが妨げられてしまうのです。 イオンの面からみると表皮の上は、角質層は酸性でプラスイオンが多く、顆粒層はアルカリ性でマイナスイオンが多い真逆の状態にあります。 角質層と顆粒層の間に電気的な膜が作られていて、バリア機能を果たしているのです。 そして、イオン導入器の微弱電流を浴びると、そのバリア機能を突破することができます。 角質層と顆粒層はともに中性に傾くので、反発力は弱まり電気の膜が弱くなるため、その間を美容成分が膜を通過することができるのです。 イオン導入は、バリア機能を電流の力で突破することができるため、美容成分が浸透することが可能なのです。 おすすめのイオン導入美顔器 ここからは、 家庭で使えるオススメのイオン導入美顔器をご紹介します。 美容成分を角質層まで浸透させるイオン導入の他に、リフトケアに効果的なEMS、エイジングケアに最適なRFや赤色LEDなど フォトプラスEX一台あれば他の美顔器が不要になるほど優れた性能を兼ね備えています。 初めて美顔器を買う人も、今持っている美顔器をアップグレードさせたい人どちらにもおすすめできる、買って損のないイチオシの美顔器です。 ツインエレナイザーProとの大きな違いは、マイクロカレント機能がなくなり、ツインリフト機能が導入されたことです。 ツインリフトは、1MHzの高周波と3MHzの超音波により肌を温め引き締めることができる機能です。 イオン導入美顔器の効果 ここからは、 イオン導入美顔器を使うことによる効果をみていきましょう。 美白効果 普通に化粧水を付けるだけでは、美白美容成分は真皮まで届きませんが、イオン導入器を使うことで、真皮まで届けることが期待できます。 ビタミンC誘導体が持つコラーゲンを増やしたり、ナールスゲンが持つコラーゲン、エラスチン、HSP47を増やし 美白効果があります。 イオン導入をすると、その他にも真皮のダメージによる顔のたるみ、ほうれい線、たるみ毛穴、目の下のクマ、目の下のたるみ、しわなどの予防・改善が可能です。 ディープクレンジング イオンクレンジングは、メイクの汚れや洗顔では落ちにくい汚れや老廃物を落とすことができます。 ディープクレンジングにより 毛穴の黒ずみや開きの予防・改善、ニキビ予防や改善も期待できます。 グリシルグリシンには、毛穴収縮作用があるため、毛穴の開きを改善してくれます。 アンチエイジング イオン導入によって、真皮のダメージによる顔のたるみ、ほうれい線、たるみ毛穴、目の下のクマ、目の下のたるみ、しわなどの予防・改善して、アンチエイジングに効果を発揮します。 美容成分の浸透性アップ イオン導入器の最大のメリットは、美容成分やエイジングケア成分を肌の奥へ浸透させることです。 コットンパックやマスクよりも美容成分を肌の隅々まで浸透させることが期待できます。 毛穴やニキビ跡にも効果がある? ニキビ跡のクレータの場合、真皮層や表皮層の形が崩れてしまっている状態にあります。 イオン導入をすると、真皮の線維芽細胞を刺激してコラーゲン、ヒアルロン酸を生成できるため滑らかにしてくれます。 ニキビ跡のシミは、通常のシミと同様にメラニン色素の色素沈着が原因のため、ビタミンC誘導体などをイオン導入すれば、それを無色化して一定の効果が期待できます。 集中ケアができる イオン導入によって、短時間に多くの美容成分をお肌の奥へ浸透させることができるため、気になる肌悩みや パーツ別に集中ケアすることができます。 肌荒れや炎症、ニキビなどがあるパーツは避けて、集中ケアすることもできるので安心です。 比較的手軽で簡単に行える イオン導入器は、もともと皮膚科・美容皮膚科で使われていました施術ですが、最近は、家庭用のイオン導入美顔器が販売されています。 家庭用のイオン導入美顔器は、医療用に比べて電力が弱く効果は薄いですが、安全性は高いです。 ホームケアでも比較的手軽で簡単に行うことができるのがメリットです。 イオン導入で改善したい肌悩み・使いたいパーツ イオン導入器は、顔だけではなくボディのパーツにも使うことができます。 水溶性ビタミンC誘導体• 両親媒性ビタミンC誘導体(APPS)• プラセンタ• トレハロース• グリシルグリシン• トラネキサム酸• アミノ酸• 成長因子• アミノ酸またはアミノ酸誘導体• ビタミンC誘導体 ビタミンC誘導体は、コラーゲンを増やし、シミの原因となるメラニンの生成を抑えて、活性酸素を除去するエイジングケア効果が期待できます。 ビタミンC誘導体には刺激があるので、高濃度な成分を肌の奥まで浸透させると、肌が赤くなったり炎症を起こすリスクがあるため注意が必要です。 イオン導入に向かない美容成分 コラーゲンやヒアルロン酸、イソフラボンなどの植物成分は、分子量が大きいので イオン導入には適しません。 コラーゲン• ヒアルロン酸• エラスチン イオン導入時に注意したい界面活性剤の存在 界面活性剤、合成香料、合成着色料といった肌に好ましくない添加物が配合された化粧水をイオン導入で使うのは、肌のために良くありません。 刺激の強い成分が入った化粧水をイオン導入に使うのは控え 無添加処方の化粧水を使うようにしましょう。 イオン導入はクリニックでするのが一番?自宅でも可能? 最近は、美容外科やエステに行かなくても自宅でイオン導入できる、家庭用のイオン導入美顔器が販売されています。 ただし、家庭用のイオン導入美顔器よりも医療用やエステサロンで使用されるイオン導入機の方が効果は高めです。 家庭用のイオン導入美顔器は、手間も時間もかけずに安く済むのがメリットです。 イオン導入美顔器の注意点 イオン導入するためには、成分がイオンを帯びているこが条件です。 イソフラボン化粧水をイオン導入しようとしても、イソフラボンは電気を帯びていないのでイオン導入には適しません。 天然のイソフラボンでは分子が大きすぎて、肌に浸透しないのです。 市販の化粧水ではほとんど効果はないため、 イオン導入器には専用の化粧水を使うことをオススメします。 同じ美容液に含まれるその他の成分のこともチェック ビタミンC誘導体配合の化粧水でイオン導入する場合、それ以外の成分までも浸透してしまうと肌への負担になることがあるので、注意が必要です。 週1~2回程度の目安で行う イオン導入器は、メーカーごとに異なり、使用方法も様々ですので、推奨される使用頻度もそれぞれ異なります。 高濃度のビタミンC誘導体の場合は、毎日使うのは避けて、 週1~2回程度の目安で行うようにしてください。 まずは、週1回程度から始めて、適切な回数を見つけると良いでしょう。 電流の刺激、成分の刺激、摩擦などのリスクを考えると、毎日使うのは避けたほうが無難です。 必ずコットンシートやフェイスマスクを使用する イオン導入は、直接機器を当ててイオン導入することは肌に良くないため、フェイスマスクやコットンに含ませて使用してください。 化粧水を浸したフェイスシート、フェイスマスク、コットンなど、 必ず何か美容成分を浸したものを介して電気を通すようにしましょう。 体の一部をプラスの電流に触れさせながら、肌の上にはマイナスの微弱電流を流します。 マイナスの電気を帯びた美容成分と電極のマイナスが反発し合うと、肌への吸収とともに奥深くへ浸透していきます。 自宅でプラセンタイオン導入を行う際の注意点 自宅でプラセンタイオン導入を行う際は、クレンジングと洗顔を済ませて、皮脂や汚れを落としておきましょう。 イオン導入は、美容成分を肌の奥へ浸透させることですから、 イオン導入前にスキンケアアイテムは使う必要はありません。 イオン導入器を使用することでトラブルが起こるケース 電気の影響を受けると体が危険な状態になる場合があります。 イオン導入器の使用を避けたほうが良い人とみていきましょう。 イオン導入で起きる可能性のある副作用についてはこちらで解説しています。 妊婦さんや授乳中のママさん イオン導入による電流の影響が胎児に及ぶリスクを避けるため、 妊娠中の方はイオン導入を行うことは控えてください。 出産後から授乳中は、イオン導入を行うことが可能ですので、体調や肌の状態を見極めて行いましょう。 トラブル肌 敏感肌、肌のバリア機能が低下しているとき、ニキビの炎症があるとき、外傷があるときは、イオン導入器の使用は控えてください。 日焼け直後で肌が赤くほてって場合もイオン導入器の使用は控えましょう。 心臓疾患の場合 イオン導入器による電流が、心臓ペースメーカーの機能波に影響を与える可能性があるかもしれないので、イオン導入器の使用は控えてください。 イオン導入と似ていますが、大きな違いは 高分子の成分まで浸透させられるということ。 高分子の代表的な成分が、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分。 これらの成分は分子のサイズがとても大きいため通常のイオン導入では十分に浸透させることができません。 エレクトロポレーションはイオン導入よりも浸透させられる成分の量が多いので、不純物が含まれない品質の良い美容液を使用する必要があるためコストがかかってしまうのがデメリット。 本体価格も高くなってしまうので、予算に限りがある人はイオン導入でも十分でしょう。 ストレスや睡眠不足などの影響で細胞は徐々に活性を失い、ハリやたるみ、シワの原因を作り出してしまいます。 そのような細胞にマイクロカレントを使用することで 肌本来の治癒能力を回復し、肌トラブルを未然に防ぐことが可能になります。 またマイクロカレントは微弱な電流のため、目元などの皮膚の薄い部分にも使用できるので、クマや目の下のたるみで悩んでいる人にもおすすめです。 主に美顔ローラーに搭載されることの多い機能ですが、一部本格派美顔器にも搭載されることもあります。

次の