おむつ bl 小説。 おむつ ノクターン・ムーンライト 作者検索

小説を読もう!

おむつ bl 小説

君は数々の蔵書の中から選ばれた人だね。 俺の名前はアリシア、よろしくな。 風変りなこの世界で、第二の人生を歩んでいる男だ。 正確には、男の部分はこの意識だけなんだけどな。 外見は、誰が見ても間違えようのない、超絶可愛い美幼女だ。 三歳なのに、いまだにパンツとおむつを行ったり来たりしているが、気にしないでくれ。 なかなか自分の思い通りに身体が馴染まなくて、歯がゆい思いをしているんだ。 とは言え、俺は、この第二の人生が嫌いじゃないよ。 成績優秀、聖女と崇められる麗しいお姉ちゃんや、大魔法を操る美人なお母さん。 筋骨隆々、脳筋かと思えば、頭もキレる優しいお父さん。 さらに、何でもこなす綺麗なメイドさん達が周りにいるんだ。 嘘みたいだが、この俺も含めて、家族全員エルフなんだぜ。 おまけに、エルフの王女様や、純潔の百合魔王様とも、お風呂に入ったり、添い寝したりと親しくさせてもらっている。 俺は、家族やたくさんの仲間に愛されながら、スクスク成長しているから、ずっとこのままで良いと思っているのさ。 元の世界に帰りたいなんて、微塵も感じた事がない。 まぁ、一見平穏そうに聞こえるけど、命を狙われる危険な目にも度々遭遇したけどね。 世に言う、チートだとかギフトみたいなものを俺も使えるけど、これがまた使いづらい。 肝心な時しか使えない上に、命まで削ってきやがる。 この力のおかげで、俺は危機を脱する事が出来たんで、文句は言えないがな。 そんな力に頼らなくても、俺はチート級の両親の子供だ。 多分、成長すればかなり有能な能力者になれると思っている。 なれなかったら? そんな先の話は分からんよ。 俺がどうなっていくのか、この綴られる日記に新しいページが生まれるまで、期待して待っていてくれ。 あぁ、そう言えば、この日記で、俺は自分の事を気取って「自分」って呼ぶようにしているが、そこは愛嬌って事で。 おっと、そろそろ俺の女児ボディが覚めそうなんで、この辺で失礼するよ。 長い俺の人生日記だけど、いろんな思いが詰まっているんだ。 君が、最後まで読んで、この俺と分かち合ってくれる事を願っているよ。 それじゃ、この先で! またな! 見た事も聞いたこともない人種に食べ物、そして文字。 まったく理解出来ないまま、突然、現世から妙な世界に飛ばされた俺。 何とか理解できる言葉を頼りに、ギルドの一番金銭効率の良い薬草を採取しながら、その日暮らしで生きるしかなかった。 生き延 びる事、数年、偶然出会った女と結婚し愛娘も授かり、この世界も満更じゃないと感じていた。 その矢先に……。 ギルドの報奨金に目が眩み、対チート勇者との戦争へ駆り出される。 草むしりが出来る戦いはたかが知れていたが、支給された武器のおかげで、激戦の中でも辛うじて俺は生き延びれ安堵した。 だが、戦争はそんなに簡単な物じゃなかった。 直後に起きた想像を絶する超人達の戦いに、俺は何故か巻き込まれてしまうのだった。 全二話で完結します。 このテーマは絶対難しいと思ったから 今まで書くのを避けてきたのですがふとした時になんか書きたくなってしまいました。 自分の表現描写だと拙いところが多々あると思いますがもしよかったら。 これはあくまで導入部プロトタイプで とんでもなく長くなりそうなので 一旦区切らさせて下さい。 そのうち全て書き終わったら いつになるかは知らん 全てまとめて1つの作品として出すと思います。 いつ書けるかわからないから保証はないです。 西暦9XXX年。 この時代では人類は紙オムツを履いていることが当たり前の時代になった。 オムツにおしっこをするのが当たり前の時代なので、 大だけは臭いの問題上トイレ。 子供の頃にするトイレトレーニングはさえなんとか出来ればそれでよかったのだが、 オムツの濡れた感触や重くなったオムツが嫌な人たちもほんの少しだけいた。 そのマイノリティーの人達は独学でトイレトレーニングをしてオムツを 外していたのだった。 オムツを履いていることは恥ずかしいことでもなかったし 当たり前の時代にはなっていたのだが、特にオムツを履くことが義務であるということはなかった。 そんな法律やルールはなかったので、トイレトレーニングをして オムツが必要にならなくなった人達はオムツを付ける必要もなかった。 しかしながらそのマイノリティーを良く思わない人達もいて、 チームワークを乱すため職場や学校で逆トイレトレーニングを施されて、 またオムツが必要な身体に戻ってしまう人が何人もいたのであった… 職場や学校でもその方針は千差万別なので、逆トイレトレーニングが 施されてこなかった子ももちろんいた。

次の

オムツ ノクターン・ムーンライト 作者検索

おむつ bl 小説

四つん這いになって太腿をガクガクと震わせる。 「あっ、ああっん!」 大量に注がれてもなお止まる事を知らずに、放物線を描きながら勢いよくレモンティは皿に色濃く存在を主張していた。 ジャアアアアアアアアァァァァァァァァァァァァァァァ…………。 勢いが弱まってきて、ペットボトルの蓋は閉められた。 「あ、あっ……。 出したいものを出した解放感に浸りつつも、穿いているオムツが全く使い物にならない程ぐっしょりとしていた。 幸い、漏れたりしていなかったのが唯一の救いだった。 だが、下半身をオムツしか身に着けていない訳で、しかも色の濃いレモンティを大量に出した訳で、りとには知られる訳で、どうすればいいのかと悩んでいるとりとが帰宅したのをドアが知らせた。 何事もなかったかのようにベッドに横になればその瞬間、ぐしゅりっとオムツが音を立て不快感を増した。 「今戻った」 「おう……」 「起きてたのか」 「あー。 まぁ、な……」 今さっきまでお漏らししてました、何て言える訳もなく顔を逸らす。 頼むから何も聞かないで欲しい。 「トイレは?」 「いや……別に、行きてぇとは思わねぇよ」 明らか嘘なのだが、目の前の男が信じてくれるかどうかだけが気になった。 「ソレにしてねぇの?」 「別に、行きたくねぇし……」 だから、する必要もないだろ。 と言えばりとはそうかと言って買って来たものを冷蔵庫に仕舞いに行った。 気付かれなくて済んだが、どうやってオムツを捨てるかを考えておらす、暫く気持ちの悪いオムツと一緒に過ごさなくてはならなかった。

次の

☆三令五申☆

おむつ bl 小説

自動ドアをくぐる時のチャイムが残念でしたまたどうぞと煽っているようで少し腹立たしく感じる。 「やっぱりトイレ入れないのかぁ……」 今日は緊急事態宣言が明けてから初めての登校日とでも言えばいいだろうか。 都立の高校に通う私は行政の影響を多大に受けてしまい、四月上旬からほぼ家に缶詰め状態だった。 クラス内で今後の感染対策やら部活動の扱いやらの説明と、その後部活の集まりでは今後のスケジュールの話し合い等がメインに行われ、夕方遅くには下校できてしまうぐらいにはシンプルな一日だった。 今のクラスメイトとは二年に進級してから四月に数日会って以来ということもあり、正直どこかよそよそしい感じもあったがそんな中で一点だけ教室全体で盛り上がった話題があった。 『新型コロナウイルス感染対策のためトイレ貸出禁止するコンビニが続出』 誰が言い出したかは覚えていない。 ただこれをネットニュースで見た時はやばいだのこんなん嘘でしょだのいかにも語彙力がない感想を並べてネタの一つとして楽しんでいたに過ぎなかった。 しかし何がどう巡ったか、よりにもよってそれがファンタジーでもなんでもないことを自分自身に突き付けられることになってしまったのだ。 今私はトイレに行きたい。 すごく。 「明日菜? 早かったね」 「あ、いや、実は……」 出てきた私を見て外で待っていた江美が声をかけてくる。 江美とはクラスは違うが吹奏楽部の同期で、人望も実力も高く次期部長が有力視されている。 その端正な顔立ちから人気も高い。 私とは住む世界が違いそうな印象だが、意外にも入部直後から意気投合した私達はこうやって一緒に帰ることも多い。 次回、すか天が正式開催される際にはまたアナウンスする予定です。 特にDL販売も予定しておりませんのでご了承ください。 ただ合同誌に関しては近日通販が開始される予定となっておりますので是非是非お手に取ってください。 自分も4pの小説を寄稿させて頂いております。 ただここで1つご報告です。 DL版がDLSiteにて販売開始予定なのですが、自分が寄稿した二次創作小説の版権元コンテンツがサイト内での扱いを現状禁止されているため、DL版においては自分の小説が掲載不可となってしまっております。 (おそらく調べればどのコンテンツかある程度わかることなのでここでは割愛します。 ) これは完全に自分の確認ミスでして、主催者様やDLSite様には何の責任もございません。 なので自分の小説を読みたいと思ってくださっている方は是非実本を購入頂くよう何卒よろしくお願い致します。 販売開始したらtwitterでも告知・拡散致します。 まだ応募前ですが、今後参加予定のイベントは8月末の にじそうさく04 仮 になります。 またおしっこ系の小説を2本程度、今度は百合要素もちょっと入れて書けたらいいなあとぼんやり考えております。 とは言っても、最近はカテゴリランキングでもデイリーTOP10が当たり前になるほど見られるようになっていまして、更新がないとやっぱり味気ないですから頑張って月に1本程度は書いていきたいと思います。 先日のにじそうさく03にて、お手に取っていただいた方々ありがとうございました。 本日よりDL販売を開始しましたのでお知らせです。 下の画像リンクをクリックしてそのまま販売ページへ飛べます。 コロナウイルスを懸念して当日来られなかった方や遠方にお住まいの方是非よろしくお願いいたします。 Twitterにも書きましたが個人的な感想としては、おもらしありきのオンリーイベントと キャラやカップリングありきのオンリーイベントとでは大分立ち回りを変えなきゃいけないなあと痛感しました。 もちろん好きで書いてますし、元々数が出るようなジャンルでもないのですが それでもやっぱり数が出ないと寂しいのが正直なところで とはいえ手に取って頂いた方もいらっしゃるので少なからず需要があるのを考えるとバランスが難しい。 まあこんなこと言ってても次回が近づけばまた同じような本書いてると思いますが。 サンプルは3月に入ってから順次出していきますのでお待ちください。 大きい方の話を本にするのは今回が初めてなので、是非こちらもよろしくお願いします。

次の