時候の挨拶 7月 梅雨明け前 ビジネス。 【お中元のお礼状】書き方やマナーは?時候の挨拶や例文、全文テンプレートをビジネス・上司・親戚や親しい人向けに厳選

時候のあいさつ文・梅雨の季節の挨拶文・梅雨の季語

時候の挨拶 7月 梅雨明け前 ビジネス

時候の挨拶を6月の上旬から紹介• 初夏の挨拶や梅雨の挨拶• 梅雨明け後の挨拶 6月上旬ごろ〜6月中旬ごろの梅雨の挨拶 6月の風物詩といえば、「 梅雨」。 雨がダラダラと降り続き、気分も滅入っている人も多くいらっしゃるでしょう。 時候の挨拶には、はじめに共感を持ってもらい、その後の要件をスムーズに読み勧めてもらう効果があります。 まずは、6月上旬〜中旬頃の読む人が共感できる時候の挨拶を紹介していきます。 入梅・梅雨入り後の挨拶 入梅は「にゅうばい・ついり・いりうめ」と読みます。 暦の上では、入梅とは6月11日頃を指します。 御存知の通り、日本では場所によって梅雨入りの時期が変わってしまいます。 もし、相手が梅雨入りしていないのに、時候の挨拶が「梅雨入りをしてジメジメした天気が続いていますね」と相手も梅雨入りしている前提で書くと、相手からは共感を得られなくなります。 時候の挨拶を書く際は、 相手も梅雨入りしているのかを考えてから書くことにしましょう。 初夏の候、街行く人々の半そで姿が目に鮮やかです。 吹く風もどことなく夏めいてまいりました。 夏の装いとなり、街は一段と明るさを増したようです。 初夏のやわらかな日ざしが若葉に降りそそぐ頃となりました。 空梅雨(からつゆ)の挨拶 空梅雨(からつゆ)とは、梅雨の時期に降雨が少ないことを指し、 照り梅雨ともいわれます。 梅雨の時期はジメジメしているので、好きではない、降雨が少ない空梅雨のほうが嬉しい方も多いでしょう。 しかし、空梅雨になるのはいいことだけではありません。 いつもなら降るはずの雨が降らないので、水不足を引き起こしていることも。 相手が農家だと、水不足で作物がうまく育たないという問題を抱えている可能性もあるのです。 相手の職業や興味をなるべく考慮に入れて、時候の挨拶を書くようにしましょう。 どんな天気を「いい」とするかは人それぞれなので「空梅雨で天気のいい日が続いています」のような時候の挨拶は控えるほうがベターです。 薄暑の候、空梅雨を思わせる天気となっております。 空梅雨で、あちらこちらで水不足の声が気がかりです。 空梅雨のため晴れた空が続いておりますが、お変わりありませんでしょうか。 今年は空梅雨ぎみで暑い日々が続いておりますが、皆様におかれましてはいっそうご活躍のことと存じます。 主観的な表現をなるべく避け、例のように、事実だけを書くと、共感を得られるいい時候の挨拶になりますよ。 6月下旬ごろ〜7月上旬ごろの梅雨の挨拶 6月初旬〜中旬の挨拶を紹介してきました。 次に、梅雨がようやく開けようとする6月下旬〜7月上旬ごろ、梅雨明けや夏到来を感じさせる時期の挨拶を紹介していきます。 梅雨明けごろの挨拶 6月下旬ごろになるとようやく梅雨が収まってきます。 梅雨が収まってきたころには、 梅雨明け後のワクワクした生活を想像させるような時候の挨拶を書くことをおすすめします。 山や海のことや木々の変化などについて書くと、季節感がいっそう伝わっていいのではないでしょうか。

次の

7月の時候の挨拶から結びまでの例文【ビジネス・学校・友人別】

時候の挨拶 7月 梅雨明け前 ビジネス

7月の手紙の書き出し例文 例文・文例ー1(ビジネス) 拝啓 盛夏の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は格段のご厚情を賜り、厚くお礼申しあげます。 さて、・・・・・。 (主文・本文・用件) つきましては、・・・・・。 (主文・本文・用件) 時節柄、皆様のご健勝とご活躍をお祈り申しあげます。 敬具 例文・文例ー2 拝啓 暑さもようやく厳しさを増してまいりましたが、〇〇様にはお変わりなくご健勝のこととお喜び申しあげます。 (日ごろのお礼など)・・・・・。 私共もおかげさまで変わりなく元気で過ごしておりますので、なにとぞご休心ください。 (主文・本文・用件)・・・・・。 炎暑の毎日ですが、夏負けなどなさらないようお祈り申しあげます。 参考ページ : 「プライベート」7月の手紙の書き出し• 長かった梅雨もようやく明け、猛暑の季節となりますが、(お元気でいらっしゃいますか)。 梅雨明けの暑さはまたひとしおに感じられますが、(お健やかにお過ごしのことと存じます)。 夏空がまぶしく感じられるころとなりました。 (お元気でいらっしゃいますか)。 西日の強さが一段と増してきましたが、(お元気でお過ごしのことと存じます)。 七夕飾りが軒先に揺れております。 (ご壮健にてお過ごしのことと存じます)。 今日は七夕というのにあいにくの雨です。 (貴地方ではいかがでしょうか)。 暑さ厳しきおりではございますが、(お健やかにお過ごしでしょうか)。 いよいよ夏の到来を迎え、(毎日お元気でご活躍のことと存じます)。 今年の暑さはことのほか厳しいように感じられます。 炎暑しのぎがたいこのごろですが、(お元気でお過ごしのことと存じます)。 蝉の声が聞こえる季節となりましたが、(ますますお健やかにお過ごしのことと存じます)。 例年になく過ごしやすい日がつづいておりますが、(生気あふれる日々をお過ごしのことと存じます)。 暑さ本番、いよいよ大好きな生ビールの季節がやってまいりました!(いかがお過ごしでしょうか)。 花火の音が聞こえる季節となりました。 (お変わりありませんか)。 竹笹の色とりどりの七夕飾りに、夏の訪れを感じる季節になりましたが、(お変わりなくお過ごしでしょうか)。 夏の訪れを謳歌するような蝉時雨の季節になりましたが、(いかがお過ごしでしょうか)。 真っ青な空に入道雲が湧き上がる盛夏の季節になりましたが、・・・。 通勤時にも日陰を選んで歩きたくなる炎暑の季節になりましたが、・・・。 梅雨明けとともに、連日三十度を超す真夏日が続いていますが、・・・。 戻り梅雨のようで、ここ数日ぐずついた日が続いていますが、・・・。 夏休みのご予定は決まりましたか。 早いものであっという間に一学期が終わり、夏休みに入りました。 遠く近く、盆踊りのおはやしの音が耳に届きます季節となりました。 7月に入り、梅雨明けが待たれる昨今ですが、・・・。 梅雨明け前の天候不順の日が続いていますが、・・・。 長かった梅雨もようやく明けようとしていますが、・・・。 今年も、早くも半ばを過ぎてしまいましたが、・・・。 「梅雨明け十日」の言葉通り、連日晴天が続いていますが、・・・。 日ごとに暑さが増してきましたが、・・・。 土用の入りも近づき、蒸し暑い夜が続いていますが、・・・。 夏休みに入り、子どもたちが元気に遊ぶ声が聞こえるようになりましたが、・・・。 猛暑が続き、日中は草木もしおれがちな今日このごろですが、・・・。 今年もまた大輪の花火が夜空を彩るシーンになりましたが、・・・。 織り姫と彦星は今年も会えなかったようですが、・・・。

次の

時候の挨拶7月上旬の候や結び!ビジネスや梅雨明け前の例文

時候の挨拶 7月 梅雨明け前 ビジネス

7月の「の候」を使った漢語調の「時候・季節の挨拶」 7月の「時候・季節の挨拶」のうち、「〇〇の候」というビジネスに使いやすい漢語調の慣用句を紹介します。 「候(こう)」とは、時節や時季を表す言葉です。 「拝啓 〇〇の候、貴社ますますご繁栄のことと心からお喜び申し上げます。 」というように書きだします。 なお「初夏の候」は、夏の初めの時節の意味ですが、暦の上での初夏は6月6日頃までとなるため、6月上旬までに使われる時候の挨拶です。 7月には使いませんのでご注意ください。 「盛夏の候」「盛暑の候」【7月上旬~8月上旬】 「盛夏の候」(せいかのこう)、「盛暑の候」(せいしょのこう)の「盛夏」・「盛暑」とは「夏の一番暑い時期」を表します。 時候の挨拶では、実際に一番暑い時期ではなく、暦の上で秋が始まる8月8日頃の「立秋」の前日まで使うのが一般的です。 「酷暑の候」【7月下旬~8月上旬】 「酷暑の候」(こくしょのこう)の「酷暑」とは「きびしい暑さ」の意味です。 「盛夏の候」と同じく、8月8日頃の立秋の前日までに用います。 7月下旬から8月上旬の間で猛暑日が続く時などに使うのがよいでしょう。 「大暑の候」【7月下旬~8月上旬】 「大暑の候」(たいしょのこう)の「大暑」とは二十四節気の季節の名称で、7月23日頃が「大暑」の日です。 そこから立秋の前日まで使うことができます。 結びの言葉まで含めた「の候」の文例 「拝啓」に続いて時候の挨拶と礼儀文を入れ、結びの言葉のあとに「敬具」を入れて終わるビジネスレターの文例を紹介します。 儀礼文や結びの言葉のバリエーションは<>を参考にしてください。 拝啓 盛夏の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り、心から感謝いたしております。 さて、(主文) つきましては、(主文) 末筆ながら貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます。 まずは略儀ながら書中にてお知らせいたします。 敬具 7月のビジネスにも使える口語調の「時候・季節の挨拶」 「時候・季節の挨拶」の口語調の慣用句を使った例文を、結びの言葉まで含めて紹介します。 漢語調では固すぎると感じる場合など、ビジネスレターでも使うことができます。 基本的な構成は変わりませんが、口語調の挨拶に合わせて全体の口調も統一するようにしましょう。 また、私的に近い手紙の場合でも、ビジネスに関する手紙であれば「拝啓」「敬具」をつける手紙の基本スタイルで書くのがおすすめですので、例文に付け加えて利用してください。 【7月上旬】の慣用句と結びの言葉 ようやく梅雨も明け、本格的な夏が訪れましたが、皆様にはお健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 日ごろは一方ならぬお心づかいを賜り、心からお礼申し上げます。 <本文> 今後におきましても変わらぬご指導をいただきたく、よろしくお願いいたします。 まずは略儀ながら書中にてお知らせまで。 梅雨明け十日の晴天が続いています。 〇〇様にはご健勝にてご活躍のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご支援を賜り、心からお礼申し上げます。 <本文> これから夏本番ですが、どうかお元気でお過ごしくださいますようお祈りいたします。 まずは略儀ながら書中にてご挨拶まで。 今年も酷暑になるのでしょうか。 皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。 いつも身に余るお力添えを賜り、心からお礼申し上げます。 <本文> 今後ともご助力を賜りたく、伏してお願いいたします。 まずはとり急ぎお知らせまで。 海開き、山開きの便りが届く頃となりましたが、〇〇様にはいよいよお健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 日ごろはお引き立てをいただきまして、まことにありがとうございます。 <例文> 暑い毎日が続きますが、〇〇様には一層のご健康をお祈り申し上げます。 まずは略儀ながら、書中をもってお知らせいたします。 【7月中旬~下旬】の慣用句と結びの言葉 日を追うごとに暑くなりますが、お元気でご活躍のこととお喜び申し上げます。 平素は多大なご指導をいただき、厚くお礼申し上げます。 <本文> 暑さ厳しき折、ご自愛のほどお祈りいたします。 とりあえずご通知申し上げます。 今年の夏はひときわ暑いようですが、〇〇様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。 いつも身に余るお力添えを賜り、心からお礼申し上げます。 <本文> 時節柄、お体には十分お気をつけください。 まずはとり急ぎお知らせまで。 【7月下旬】の慣用句と結びの言葉 暦の上ではもっとも暑い時期の大暑の候となりましたが、ますますお元気でお過ごしのことと存じます。 日ごろはご芳情にあずかり、ありがたくお礼申し上げます。 <本文> 時節柄、〇〇様にはお健やかにお過ごしくださいますよう、心よりお祈りいたします。 まずは略儀ながら書中をもちましてご案内申し上げます。 親しい方への夏の挨拶文と結びの言葉 親しくお付き合いをしている方へ、夏の挨拶を柔らかい言葉で書きたい時は次のような夏の挨拶文があります。 【7月上旬】 夏の到来を思わせるような太陽が照りつける毎日ですが、お変わりなくお元気でお過ごしのことと存じます。 いつもなにかとお世話くださり、本当にありがとうございます。 <本文> これからもどうか変わらぬお力添えをいただきたく、お願いいたします。 末筆になりましたが、お健やかにお過ごしくださいますよう、祈念いたします。 【7月中旬~下旬】 厳しい暑さの毎日が続いていますが、お変わりございませんか。 日ごろはご無沙汰いたしまして大変申しわけございません。 <本文> 今後ともどうぞ従来どおりご指導くださいますよう、よろしくお願いいたします。 時節柄、ご自愛のほど心からお祈りいたします。 7月の「時候の挨拶・季節の挨拶」を使った例文 7月の時候・季節の挨拶を取り入れた「招待状」と「お礼状」の例文を紹介します。 「招待状」の例文(7月) 拝啓 大暑の候、〇〇様にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。 さて、このたび… を下記の通り開催いたします。 つきましては、… ご多忙中まことに恐縮ではございますが、ぜひご出席賜りますよう、お願い申し上げます。 敬具 記 日時: 場所: 「お礼状」の例文(7月) お中元のお礼状の例文 拝啓 盛夏の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のお引き立てにあずかり、まことにありがたくお礼申し上げます。 さて、このたびは結構なお中元の品を賜り、まことにありがとうございました。 平素は一方ならぬご支援ご協力をいただいておりますうえに、このようなお心づかいをいただき、恐縮いたしております。 酷暑の折から、皆様のご健勝と貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます。 まずはとり急ぎ書中にてお礼申し上げます。 出席いただいたことへのお礼状の例文 拝啓 日ごとに暑さが厳しくなりますが、〇〇様にはお元気でお過ごしの由、お喜び申し上げます。 さて、このたびはご多忙中にもかかわらず、… にご出席いただき、まことにありがとうございました。 これからも… 今後とも変わらぬご厚誼のほど、 伏してお願いいたします。 まずはとり急ぎ書面にて、お礼申し上げます。 敬具 まとめ 7月は梅雨が終わっていよいよ夏本番という季節のため、上旬には「初夏」の言葉を使いたくなってしまいますが、暦の上での初夏は6月6日頃までのため、「初夏」の季語は7月には用いませんので注意してください。 初夏を表す挨拶文としては、上に紹介したような、これから日一日と暑くなることに触れるような口語調の言葉を使います。 7月に使う「〇〇の候」の慣用句では初夏を表す言葉はないようです。 7月の結びの言葉には、暑さをねぎらうような言葉も工夫して入れてみてください。

次の