辞表の書き方。 【社労士監修】退職願・退職届の正しい書き方(テンプレート・手書き版・封筒の書き方見本あり) |転職ならdoda(デューダ)

辞表と退職届と退職願の違いと書き方、パソコンで書いた結果

辞表の書き方

(1)辞表・退職届・退職願の違い 出典: 会社を辞めようと思ったとき、提出しなければいけない書類として辞表や退職届、退職願があります。 それぞれ呼び方の違いだけで同じ書類だと勘違いされがちですが、 それぞれ用途や働いている立場によって提出する書類や書き方が異なります。 どのような違いがあるのかを理解し、自分に必要な書類はどれか確認しましょう。 役割 辞表 辞表とは経営者・役員職など雇用関係のない立場の人や公務員が退職する際に用いる書類。 一般的な社員は提出しない。 退職願 退職願とは働いている会社に対して退職(労働契約の解約)を申し出る書類。 退職願は「退職申込書」という扱いになり、相手の承諾があってはじめて退職となるため、退職願を提出しただけでは退職にはならない。 そのため会社が承諾するまでは退職願を撤回することが可能。 退職届 退職届とは退職が確定したのち、会社に対して明確に退職を意思表示するための書類。 退職が確実なものとなっている際に使用し、会社都合による退職で使用するケースが多い。 このように立場や状況によって提出する書類は変わってきます。 ここでは「退職願・退職届・辞表」の出すタイミング、辞表の書き方のポイント、マナーについて分かりやすくまとめていきます。 (2)書き方の前に、辞表・退職願・退職届の「出し方」「時期」を抑えよう 3つの違いが理解できたら、自分に必要な書類を「いつまでに」、「だれに」渡せばよいのか確認しておきましょう。 「退職願・退職届」の一般的な出し方と時期 退職の意思を固めたらまずは勤めている会社の就業規則を確認しましょう。 就業規則には退職の手続きに関する内容が記載されており「退職希望の〇カ月前までに、退職願を直属の上司経由で提出する」など会社によって手続きのルールが異なります。 このルールを守らないで退職願・退職届を提出すると受理されない場合があるので気を付けましょう。 退職願を作成し提出する際、提出方法は一般的に「直属の上司への手渡し」となります。 「辞表」の一般的な出し方と時期 まずやることは「退職願・退職届」と同様、就業規則の確認です。 そして辞表を作成し、直属の上司や人事担当者に直接手渡しで提出します。 その辞表が承認されれば退職という形になります。 (3)辞表の書き方:使用する用紙や宛名・退職理由 辞表をはじめ、退職届や退職願を書く際には、宛名、退職理由を書く注意点、使用する用紙など書き方のマナーがあります。 書き方マナーを守った辞表を提出し「立つ鳥跡を濁さず」でスマートに退職手続きしましょう。 使用する用紙や筆記具 用紙は白無地A4、A5縦の便せんを用い、デザインがあるものは辞表の用紙としてはふさわしくありません。 筆記具は黒の万年筆やペンが良いでしょう。 書式 基本的な書き方は縦書きで手書きしますが、会社によってはフォーマットが定められていることがありますので確認が必要です。 宛名 辞表の冒頭、左上部分には辞表を提出する相手(会社名と社長名)を書きます。 自身が現在働いている会社の正式名称と代表取締役社長の名前を記入しましょう。 株式会社の場合は、会社名の前に記入するか(前株の記入例:株式会社リクルートホールディングスなど)、後に記入するか(後株の記入例:トヨタ自動車株式会社など)という部分が間違いやすいので気を付けなければいけません。 具体例を挙げてみましょう。 会社の正式名称や社長名が不確かな場合は、会社のホームページやパンフレットを確認し、書き方を間違えず正しく記入しましょう。 辞表の宛名は会社の社長宛で、敬称は様となります。 提出する相手が直属の上司である場合も上司宛とはしません。 退職理由 一般的に自己都合退職の場合、「一身上の都合により退職」の一文で良いでしょう。 詳細な理由は辞表には記入せず口頭で伝えます。 退職勧告された場合や会社都合で退職する場合は、この一文を記入するかよく検討しなければ後々問題となる場合はあるため、退職理由の書き方には注意しましょう。 (4)辞表の書き方:提出年月日・退職日・署名・捺印 出典: 辞表の宛名や退職理由が書けたら終わり、というわけではなく、辞表には提出年月日や退職日なども記入が必要です。 もちろん、署名や捺印も忘れてはいけません。 提出年月日 辞表を書いた日ではなく、提出する日付を記入します。 年月日の書き方は西暦ではなく元号で記入するのが一般的です。 退職日 辞表を提出する上司と退職日について話し合い、就業規則に従って退職する日付を記入します。 署名・捺印 自身の所属する部署の記入、署名、捺印をします。 辞表や退職願、退職届には「必ずこの書き方でないといけない」という明確なルールはなく、大切なことは退職の意思が伝わるかということです。 しかし、マナーが伴った、スマートな退職をするためには、書き方や内容も重要になるため、注意しておきましょう。 (5)辞表の例文 辞表のフォーマットは会社により決まっているものがありますが、 基本的には必要事項を記入し、退職の意思が伝われば書式は問いません。 辞表の必要事項• 退職理由• 退職日• 辞表の提出年月日• 捺印 手書きをする上で大切なポイントは、黒の万年筆やボールペンで記入し、字が乱れないよう丁寧に記入します。 書き損じた場合は、訂正ではなく書き直しましょう。 辞表・退職届・退職願のフォーマット・例文• 便箋の一行目中央に「辞表」「退職願」「退職届」と記入します。 二行目の最下部に「私事(私儀)、」と記入します。 五行目には、三行目から一行空け、提出日と所属部署を記入し署名します。 六行目に、署名した下に認印で捺印します。 そして一番左に、宛名(会社の正式名称と代表者名〇〇様)を記入します。 退職理由には詳細は記入しません• 退職日は、退職交渉で決まった日付を記入します (6)使用する封筒の書き方 出典: 辞表や退職願、退職届で用いる封筒は相手へ角の立たないようなふさわしい書き方のものでなければいけません。 書き方のマナーがあるように、封筒の表書きや入れ方などのマナーがありますのでご説明します。 封筒の注意点 辞表や退職願、退職届は会社の公式書類となるので白無地(郵便番号記載欄がないもの)で中が透けない二重封筒が正式な場にふさわしいとされています。 便せんは三つ折りにして入れますので、便せんに合わせた封筒のサイズを選び、A4の便せんであれば長形3号(長3)の封筒、A5・B5の便せんであれば長形4号(長4)が良いでしょう。 書き損じや汚れがないように気を付け、万が一書き損じた場合は修正せずに書き直します。 また、封筒が曲がらないよう、提出するまではクリアファイルで大切に保管しましょう。 封筒の書き方では宛名は書かず、封筒の表(中央よりやや上寄り)に「辞表」「退職願」「退職届」と記入し、裏(左下)には所属部署と名前を記入します。 (7)封筒に入れるときの辞表の折り方は 辞表は書き方だけでなく封筒に入れるときの折り方にもマナーがあります。 書面が内側になるよう三つ折りにする まず下を3分の1折り、次に上3分の1をかぶせるように折り、封筒へ入れます。 この際、折り目はずれないようきっちりと折り、しわがないことを確認しましょう。 基本的に封はしなくても良いとされていますが、のり付きの封筒を用いる際は封をした方が良いでしょう。 封をしたら最後に〆マークを書き、封をしない場合、フラップをそのままにしておかず必ず折り曲げます。 (8)辞表を郵送する場合の注意点 出典: 辞表や退職届、退職願は基本的には手渡しがマナーですが、• 病気で出社できない場合• 会社から郵送の指示があった場合 などは郵送でも構わないとされるケースがあります。 その場合は、辞表や退職届、退職願を入れた封筒よりも一回り大きい封筒に入れ、添え状を同封して郵送しましょう。 添え状には、退職願(届)を同封したこととこれまでの感謝の気持ちを書き、相手へ失礼のない内容を記入します。 郵送する封筒には、表に宛名を書き、左下に赤ペンで進展と記入し、〆マークで封をします。 辞表や退職届、退職願に添え状を重ねて入れ、郵送する際は郵便局で料金を確認するか配達証明で送れば万が一郵送事故があっても安心です。 (9)自分都合の理由で辞表をだす場合のマナー 自分都合で辞表を出す場合、民法上では退職する14日前に退職の意思表示をすればよいと定められていますが、引継ぎの関係などで1カ月~2カ月前に退職の旨を伝えることがベターとされています。 (10)会社都合の理由で辞表を出す場合のマナー 辞表の理由の書き方に気を付ける 辞表や退職届、退職願には「一身上の都合により」と記入せずに、会社都合で退職しなければいけない理由を具体的に記入しなければ、後々退職理由の書き方でトラブルが起こる可能性があります。 仕事の引継ぎを行う 自分は退職してしまうが、やり残した仕事がある場合には仕事の引継ぎを行いましょう。 次に仕事を行う人がやりやすいように、引継ぎの際にはわかりやすく伝えることを心がけましょう。 社員証や名刺など会社の物品の返却 自分が購入したものではなく、会社から借りていたもの、会社の所有物であるものは退職の際に返却します。 有給休暇についての規定の確認 自分がまだ使用していない有給休暇があれば、損をしてしまうことになります。 有給休暇の日数を確認するとともに、有給休暇が残った場合の規定についても確認しましょう。 退職時の有給の消化については、下記の記事でも詳しく解説しています。 併せてご覧ください。 退職所得に関する申告書の作成 退職金がある場合には、申告書の作成を行います。 なので、自分の退職の際に退職金が出るか確認が必要です。 (11)辞表の書き方を身につけて円滑に退社をしよう せっかく入社した会社を退職するには個々によって理由は様々ですが、辞表や退職届、退職願の書き方、提出マナーを守りスマートな退職手続きを行うことが大切です。 退職は次の転職にも影響する場合があり、退職後も関わる可能性も十分にありますので、「立つ鳥跡を濁さず」でスマートな円満退職を目指しましょう。 介護・医療に特化した情報を提供するWebメディアです。 介護について正しい情報を発信し、介護にかかわるすべての人の疑問や悩みを解決していきます。 難しい制度やストレッチ方法など文章ではわかりづらいものは、動画や図でわかりやすく解説! 厚生年金の支払額などむずかしい計算は、シミュレーターを設置!自分でカンタンに計算ができます。 介護に関するニュースや日ごろから使えるテクニック、各資格の取得方法など新しい情報も更新中! これから介護職に勤める方、現在介護施設などで働いている方、ご家族の介護をされている方、自分の将来について考えている方など、たくさんの方々に読まれています。 ~介護に関わるすべての人を応援します~ このコンセプトをもとに情報をお届けしていきます!.

次の

辞表の書き方・例文

辞表の書き方

会社を辞めるにあたって、提出を求められるのが退職願・退職届・もしくは辞表です。 昨今は、転職をするのが当たり前となり、定年まで1社で勤め上げる人が減りつつあります。 しかし、そのような風潮であっても、依然として会社を辞める機会は人生において数回あるか無いかだと思います。 経験して無い事は分からないものです。 初めての退職を目前にしているあなたも、退職願と、退職届と、辞表に、それぞれどのような違いがあるのか?書き方はどう違うのか?書類を入れる封筒には何を書くべきか?など、分からないことばかりだと思います。 今回は、状況別にどの書類を提出するのが望ましいのか、円満に退職するにはどのようなマナーを遵守すれば良いのかなどをご紹介していきます。 記事下部には、退職願・退職届・辞表と、それぞれの例文やテンプレートを用意しております。 是非お役立てください。 書類名 各書類の特徴 退職願 退職願とは、退職(労働契約の解除)を会社に願い出るための書類のことです。 「退職させてもらえませんか」とお願いする際に提出します。 口頭で伝えても構いません。 退職願を用いるメリットは、書面の退職願を直属の上司に提出することで、退職の意思が固いことを示せる。 会社に退職(労働契約の解除)を申し出た根拠が形として残る。 この2点です。 管理人としては、退職の意思を示せる上に、形にすることで、面倒な言った言わないを避けることに繋がるので、退職願の提出をおすすめします。 退職届 退職届とは、退職することが確定した後に、会社に対して届け出す書類のことです。 「退職します」と宣言する際に提出します。 会社ごとに書類や提出先が異なるので、直属の上司に確認しましょう。 辞表 辞表とは、社長や取締役など雇用関係のない立場の人が、務めている役職の辞退を届け出す書類のことです。 辞表を提出した後に一般の社員として勤務を続けることも出来ます。 (会社員が提出する退職届と同じ扱いになります。 ) 上記の表からも分かるように 一般の会社員(正社員・契約社員)は、 退職願か退職届のいずれかを提出して退職する運びになっています。 また、 社長・取締役などの雇用関係のない立場の人や、 公務員は 辞表を提出して退職します。 退職願・退職届・辞表を提出するタイミングについては、以下の記事に記載してあるので併せてご確認ください。 【状況別】退職願・退職届・辞表を提出するケース 【状況別】退職願・退職届・辞表を提出するケース 上図の通り、会社側との交渉の進み方によって、提出するべき書類が異なってきます。 退職届・辞表を提出するケース 交渉が難航している場合は、退職届や辞表を提出するようになります。 退職届や辞表は、従業員から一方的に労働契約の解約を要請する際の書類だといえるので、円満に退職したい場合はなるべく使わない方が良いです。 ただし、会社側に 何を言っても引き止められてしまう場合や、ご自身の 退職をする意思が強固な場合は退職届や辞表を利用して、会社を後にしても良いと言えるでしょう。 退職願を提出するケース 退職の交渉の末、関係各所から合意を受けたものの、会社から提出の書類を指摘されていない。 このような場合には、これまで交渉していた上司に掛け合って、退職願を提出することになります。 円満退社をお考えの方は、会社の就業規則を予め確認しておき、早めの行動を取っておくのが大切です。 就業規則には、「退職希望日の何ヶ月前までに、誰に対して退職願を提出するべきなのか」が明記してあるはずです。 万が一、就業規則が確認出来無い場合であっても、業務の引き継ぎや有給休暇の取得など、やらければならないこと、やった方が良いことがあるため、概ね2ヶ月以上前には退職希望の通達と退職願の提出をすべきだと言われています。 会社側からパソコンでの作成を指示された場合を除いて、基本的には手書きで作成して提出するようにしましょう。 会社に提出する最後の書類になるかと思います。 最後にしっかりと誠意を見せましょう。 退職願・退職届・辞表のテンプレート リンクをクリックすると、Word形式の縦書きのテンプレートがダウンロードできます。 PCとスマホからダウンロードが可能ですが、可能な限り、PCからのダウンロードを推奨します。 退職願・退職届・辞表は、縦書きで書くのが通例です。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 退職願・退職届・辞表の例文 退職願例文 退職届例文 辞表は、フォーマットが退職届と同様なため、今回は割愛させていただきます。 退職届の文言を辞表に変えれば、そのまま例文として使用できます。 会社都合にも関わらず、「一身上の都合」と書面に書いてしまうと、自己都合退職として処理され、退職後に受給する失業保険の金額や期間などが変わる場合があります。 ご注意ください。 退職届や辞表の場合は、上司との話し合いで決まった日付を書きましょう。 統一さえしていれば西暦でも、元号でも構いません。 退職届や辞表の場合は、退職が確定した後に提出するため「退職いたします」と事実を報告する旨を書きます。 代表取締役社長などが一般的です。 敬称は殿。 自分の名前よりも上にくるように書くことがポイントです。 封筒の書き方・封入の方法 封筒の書き方 表面 封入の方法 封筒の書き方・封入のポイント ・封筒の表面:退職願・退職届もしくは辞表と書きます。 ・封筒の裏面:差出人欄に所属部署と名前を書きます。 手順通りに折りたたむと、青色の丸印が上部に来ます。 ・封入の方法:便箋を手順通りに折ったら、封筒の裏面に青色の丸印が来るように注意して、封入していきます。 封入後は封筒の口にのり付けし、〆のマークを書きます。 まとめ 今回は、経験していないと自分一人では中々分からない退職願・退職届・辞表の書き方について解説しました! 当記事で退職願・退職届・辞表それぞれの違いがご理解いただけたかと思います。 ご自身の置かれた状況や立場によって、それぞれ退職願・退職届・辞表を使い分けるようにしましょう。 なお、ワークハックスでは、簡易的ではありますが、Facebook上で管理人の経験と知識を活かした転職相談を実施しています。 現在仕事において不安や不満を抱いている。 お待ちしております。

次の

退職願い、退職届、辞表の違いと書き方見本

辞表の書き方

「退職願」と「退職届」の違い 「退職願」と「退職届」は似たような言葉なので、その意味を混同してる方がいるかもしれません。 「退職願」「退職届」の双方とも従業員が会社に対して退職の意思表示をする書類ですが、その意味には違いがあります。 「退職願」は願書を提出した上で、会社側が承認すれば退職とする扱いです。 会社の承諾を得る前であれば、退職の意思表示を撤回することができます。 一方の「退職届」は、「労働者の一方的な意思表示によって労働契約を解約できる」とする民法の定めにのっとった形式の届書です。 そのため、会社側に受理された時点で退職日が決まり、受理された後の撤回はできません。 また、「辞表」は会社の経営者や役員、公務員等が退職意思(辞意)を表明する際に提出する書類であり、一般社員が使用することはまずありません。 就業規則で退職の意思表示をする期日が定められている場合は、(例えば退職日の2カ月前など)その期日を考慮して決めましょう。 就業規則に定めがない場合は、事前に上司と相談して退職日を決めることになります。 後任者の選任や業務の引き継ぎ等に時間を要するので、事情を考えて円満に退職できるようにしましょう。 しかし、会社側がなかなか退職に応じない場合はどうすればいいのでしょうか?民法では退職日の14日前までに意思表示をすれば退職は可能で、就業規則や会社の事情よりも法律が優先されます。 ただし雇用契約の内容によっては(契約社員の場合など)適用されないケースもありますので事前の確認が必要です。 企業名は略さずに正式名称で記載し、代表者名の後には「殿」もしくは「様」をつけます。 また年月日には、あらかじめ会社側と決めた退職日を書きます。 退職届は退職の意思表示を一方的に告げる書類のため、「退職いたします」と書くのが一般的です。 具体的な理由が示せない場合は「会社都合により退職すること」だけでも記載しておくようにします。 「退職届」と「退職願」はどちらを提出すればよいか? 退職届と退職願は意味に違いがあるものの、明確な区別扱いをしている会社は少ないでしょう。 どちらを提出すればよいかは会社の慣例によるところが大きいので、会社に確認しましょう。 届書の提出先は社長、人事の長、直属の上司等が考えられますが、分からなければ事前に会社に確認するようにします。 退職届の提出方法 届書を入れる封筒は会社の封筒ではなく、市販の白い封筒を使用しましょう。 届書は正面にして下3分の1を折り、さらに上3分の1をかぶせて三つ折りに。 そして届書の右上の部分を上にして封筒の裏面を自分の正面に向けた状態で封入します。 封筒の表には退職届もしくは退職願と記載し、裏面には自分の所属部署とフルネームを左下に書きます。 封をする場合はのり付けした上から「〆」を記入。 封をしないときはのりしろ部分を折り曲げるのみにします。 届書を郵送する場合は、封筒に入れた届書と添え状を、さらに大きい封筒の中に入れて送付してください。 退職時に必要な書類は、会社へ返却するものと会社から受け取るものがあります。 数が多いので、一つひとつ確認しながら手際よく進めていきましょう。 被扶養者がいる場合はその分の保険証もまとめて返却します。 離職票は「離職票-1」と「離職票-2」の2枚が1セットとなっており、退職後しばらくして会社から郵送されます。 ただし転職先が決まっている場合は必要ないため、離職票の発行を希望する場合は退職時にあらかじめ会社に請求します。 会社から交付された離職票は雇用保険の額に関わる大切な書類なので、記載内容が正しいかどうか必ず確認をして、違っていた場合はすぐに会社に訂正を申し出てください。 本来は資格取得時に被保険者本人に渡すものですが、退職時まで会社で預かっていることもあります。 転職先企業への提出や雇用保険の失業給付申請に必要となりますので、見当たらない場合は会社に確認しましょう。 紛失した場合は、自分の住所を管轄するハローワークで再発行可能です。 かつては国民年金や転職先での厚生年金加入等の手続きに提示が必要でしたが、昨今はマイナンバーで処理可能となったため原則不要です。 転職先の会社によっては提示を求めることもあるため、紛失時は年金事務所で再発行の手続きを行いましょう。 転職先の会社に提出するか、年内に就職しなかった場合は所得税の確定申告時に必要です。 下記の条件を満たしている場合は、会社から離職票を受け取ったらなるべく早く自分の住所を管轄するハローワークで手続きを行いましょう。 離職日以前の2年間に被保険者期間が12カ月以上あること。 (会社都合退職の場合は離職日以前の1年間に被保険者期間が6カ月以上あること。 本人に就職する意思と能力があること。 (病気、結婚、出産、介護等ですぐに就職できないときは雇用保険を申請できません。 積極的に求職活動を行っている、または行う予定であること。 雇用保険被保険者証• 離職票-1および離職票-2• 写真付きの身分証明書(運転免許証、マイナンバーカードなど)• 5cm)• 健康保険の変更手続き 退職後は下記のいずれかの健康保険に加入します。 それぞれ加入条件や手続き方法が異なるので自分はどの制度に入るのか確認が必要です。 その際には、会社を退職したことを証明できる書類(退職証明書・健康保険の資格喪失連絡票など)を持参します。 ただし、被扶養者となるには保険者である健康保険組合等の認定基準を満たしていなければなりません。 主な要件は、被保険者に生計を維持されている3親等以内の親族であることや、年収130万円未満(60歳以上や一定の障害者は180万円未満)であること等が挙げられます。 年金の種別変更手続き 退職後すぐ転職先の厚生年金に加入しない限り、20歳から60歳までの方は国民年金への加入が必須です。 手続きは退職後14日以内に居住地の市町村役場で行い、「国民年金第1号被保険者」として保険料を支払います。 また要件を満たせば配偶者の扶養となる「第3号被保険者」の手続きは、配偶者の会社を通じて行います。 住民税の支払い手続き 住民税は前年の1月1日~12月31日までの収入に対して計算されるため、退職後も下記のいずれかの方法で住民税を支払う必要があります。 住民税の支払い方法については退職前に会社に確認するといいでしょう。 1月1日~4月30日の間に退職する場合は、基本的に「一括徴収」となります。 前年の収入に対しての住民税を、原則翌年の6月・8月・10月・翌々年1月の4回に分けて支払います。 この扱いの可否は会社によって違うので、しっかりと確認しておきましょう。 退職に伴うトラブルや手続きのモレを防ぎ、なおかつ短期間で効率よく行うためには、しなければならない内容を時系列で書き出し、リストアップした項目をチェックしながら順序良く手続きを進めていきましょう。

次の