気の毒 意味。 気の毒(キノドク)とは

「ご愁傷様です」の意味と使い方

気の毒 意味

50代後半の女性です。 状況は違いますが、同じように感じたことがあります。 数年前、仕事を失い、再就職先を探している時に、知り合いから「その年で、お気の毒ねぇ」と言われたことにがっくりしました。 「お気の毒」 「可愛そう」 など、同情している言葉のようですが、言っている側に優越感が感じられ、嫌ですね。 人の人生には、病気になることもあれば、不意に職を失ったり、大切な人を亡くしたり、色々なことがあるけど、どんな場合にも「頑張っていられることは幸せ」と思っています。 今の状況から抜け出す為に、全力を挙げている自分を力強く誇っています。 決して「お気の毒」でも、「可愛そう」でもないんですよね。 頑張っている人を「お気の毒」と言って優越感に浸っている人こそ、「お気の毒」ですよ。 頑張っていられる人は「幸せ」です! ユーザーID: 7778019809• 他に?? まずは闘病生活、お疲れ様です。。。 「気の毒」というのは、言い方が大切な言葉だと思います。 私はこの単語を使いますし、使われたこともあります。 同情、共感、励ましなどの、色いろな意味を複雑に含んだ言葉だから、使い方は難しい。 ただ、どの場合でも共通している含みは、『自分とは直接関係なくて助けられないけれど』という事かなぁと、思います。 ほとんどは、直接助けられなくてごめんと思うけれど、お気持ちはお察ししますって感じで、受け取ります。 人様ができる事は有限ですので、それでも充分ありがたいです。 でももし、絶対治らないと知りながら、興味があるからお見舞いに来たような嫌いな人に、これを言われたら、見下された気持ちでうらむと思います。 突き放されたように思うときも、あるかもしれません。 トピ主様は、そういった上から目線や、他人の無関心を感じることが無意識のうちにあって、それでお相手を失礼に思うのかもしれないですね。。。。 要は、話者と自分との関係性如何でしょうかね。 ユーザーID: 5452554876• 私も嫌いです この言葉は確かに、自分の極身近な人に対しては中々使わない言葉かもしれないです。 また、面と向かって本人に言う事はほぼありませんね。 もし直接言われたとしたら、そこには上から目線があると、確かに私は感じると思います。 トピ主様が仰るのは、きっとこれなんですね、そこまで読み取れず失礼しました。 そうでしたら、いやですね。 あからさまに「かわいそう」と言われている様に思います。 相手に優越感があると、感じるでしょう。 では、自分はそういう時何を言ったか。 改めて考えると、押し黙るより他なかった、という感じでしょうか。 特に近い間柄なんて、そうです。 気軽に「気の毒」と上から目線で直接面と向かって口に出すような事は、無邪気なふりしたお相手の小さな悪意でもあるでしょう。 私なら、面会範囲をせばめるかな。。。 それがたとえ親戚であっても。 ユーザーID: 5452554876• やっぱり失礼 その人はそんなつもりじゃなくて言ったんでしょうけど (実はそれが一番タチが悪いんですが) やはり失礼です。 当事者に直接言う「お気の毒」や「かわいそう」は、 「あなたは普通の状況じゃなくてそれ以下ね」と言っているのと同じです。 事情は人それぞれ、上も下もないのに。 「大変ね」「つらいわね」ならいいですが。 私も「かわいそう」と言われて ショックを受けたことがあります。 私はひとり親家庭で育ったのですが、 大人になってから小学校の同級生と会い 「お父さんがいなくてかわいそうだと思ってた」と言われました。 「かわいそう」?? 私は成績もクラスで常に1番でしたし 学級委員もしょっちゅうやってました。 働き者で教育熱心な母のお陰で東京の大学も出ました。 確かに貧乏だったけど、それが普通だったから 別に悲しいと思ったこともなかったし。 すごく元気な子供時代を過ごしました。 なのに…。 「かわいそう」と思われてたんだ、と思ったらすごくショックでした。 皆さん、「かわいそう」もすごく失礼ですから! (思いやりのある人は知ってるでしょうけど。 ) ユーザーID: 0828032116.

次の

富山県の方言「きのどくな」とはどういう意味?

気の毒 意味

驚くことに、ご愁傷様が本来悔やみ言葉であることを知らない世代もあり、結婚式などお祝いの場で「結婚は人生の墓場と聞きます。 ご愁傷様」と少し皮肉ったスピーチをする人もいます。 その場合、若い世代であれば少しの違和感で流すことも出来ますが、年配の方親族の方々においては、不快な思いをされている人・・・折角の祝いの席で悔やみ言葉を使うなんて・・、と思う人もいるでしょう。 悔やみの場で使用する悔やみ言葉と、祝いの席の言葉の区別が無い人もおりますが、学生なら許された失敗でも、社会人となり責任を持つ立場となったときには許されることはありません。 この失敗が後々尾を引くことを考えられます。 上記のスピーチを会社の友人代表として話していたのなら、周りからの視線だけでなく、「ああいう人がいる会社に勤めているのか」と周りの人も、白い目で見られることになります。 本来の意味と使い方 「 ご愁傷様です。 」は、本来不幸のあった人に対する 挨拶です。 ご愁傷様ではなく、「お気の毒様」と言う方もいらっしゃいます。 同じ悔やみ言葉ですが、お気の毒様と使うのは、やはり年配の方が下の方に対して挨拶することが多くみられますので、新人が年配の上司の身内の不幸に対して「お気の毒様」と挨拶すると、違和感があります。 やはり、目上の方が目下の方へ挨拶として用いることが出来ても、目下の方が目上の方へ使うことは失礼に当たります。 人生経験の浅い若者が「お気の毒様」と挨拶すると、とても薄い言葉に聞こえてなりません。 やはり人生経験豊富な年配の方々が用いる言葉です。 本来、 ご愁傷様とは、自分の傷の場合は、嘆き悲しむことを指し、相手の傷の場合は、気の毒に思うことを指し、身内を失った方へ対するお悔やみの言葉です。 「御」や「様」が付いていますので、身内を失った方々への最上級の敬意を意味する「労い」や「気遣い」を表す意味もあります。 また、女性であれば「ご愁傷様です」と言葉にするよりも「ご愁傷様でございます。 」とした方が、より敬意を払い、気遣いも感じ取れる言葉になります。 では、お悔やみの場で「 ご愁傷様でございます」と言われた親族の方々は、どのように 返答すればよいのでしょうか。 「ありがとうございます」、「お気遣い感謝します」、「ご足労頂ありがとうございます」、どのように返答することが好ましいのでしょうか。 答えは、「 恐れ入ります」です。 これが可もなく不可もなく、参列していただいた方々への労いとお礼になります。 もともと、お悔やみの場で「ありがとう」と言う言葉を使うことは嫌がられます。 以前は、「ありがとう」と言う言葉を、施主や親族の方々は使うことはマナー違反とされてきました。 不幸を招き入れるなど諸説あるようですが、場にそぐわない言葉で合ったことは確かです。 けれど、現在は賛否両論ありお悔やみ言葉に「ありがとう」と使うことに対して「故人に代わりお礼の挨拶をする」と言う意味として使うのであれば違和感は、感じなくなってきています。 返答の仕方とポイント 通夜や告別式の当日、多くの方に参列いただきご挨拶が出来なかったときや、参列できなかった知人への メールやメッセージ への返信には、どのような言葉を返答したらよういでしょうか。 「この度は、ご愁傷さまです。 ご不幸があったこと知りませんで、ご挨拶が遅れ申し訳ありませんでした」などのメールやメッセージに対して「お気遣いいただきありがとうございます。 故人もさぞ・・・」など、あくまで故人の代わりに生前お世話になったお礼と心遣いに感謝を伝えたり、または、「お気遣い恐れ入ります」や「ご丁寧にありがとうございます。 」、「痛み入ります」という一言であれば、故人に対する心遣いと身内に対する心遣いを一括して伝えることが出来ます。 「痛みいります」使い慣れない言葉ではありますが、対面で挨拶されたとき多く耳にするのは「恐れいります」ですが、文章では「痛み入ります」を良く目にしています。 ここちらも対面であれば「恐れ入ります」、間接的であれば「痛み入ります」と使い分活用すると良いと思います。 また、「ありがとう」を使い挨拶をするのであれば、「ご愁傷様でございます」と挨拶をされたら、「この度は故人に対して、お心遣い頂きありがとうございます。 」と自分自身の気持ちではなく、故人に代わって伝えることがポイントとなります。

次の

【気の毒】と【かわいそう】

気の毒 意味

驚くことに、ご愁傷様が本来悔やみ言葉であることを知らない世代もあり、結婚式などお祝いの場で「結婚は人生の墓場と聞きます。 ご愁傷様」と少し皮肉ったスピーチをする人もいます。 その場合、若い世代であれば少しの違和感で流すことも出来ますが、年配の方親族の方々においては、不快な思いをされている人・・・折角の祝いの席で悔やみ言葉を使うなんて・・、と思う人もいるでしょう。 悔やみの場で使用する悔やみ言葉と、祝いの席の言葉の区別が無い人もおりますが、学生なら許された失敗でも、社会人となり責任を持つ立場となったときには許されることはありません。 この失敗が後々尾を引くことを考えられます。 上記のスピーチを会社の友人代表として話していたのなら、周りからの視線だけでなく、「ああいう人がいる会社に勤めているのか」と周りの人も、白い目で見られることになります。 本来の意味と使い方 「 ご愁傷様です。 」は、本来不幸のあった人に対する 挨拶です。 ご愁傷様ではなく、「お気の毒様」と言う方もいらっしゃいます。 同じ悔やみ言葉ですが、お気の毒様と使うのは、やはり年配の方が下の方に対して挨拶することが多くみられますので、新人が年配の上司の身内の不幸に対して「お気の毒様」と挨拶すると、違和感があります。 やはり、目上の方が目下の方へ挨拶として用いることが出来ても、目下の方が目上の方へ使うことは失礼に当たります。 人生経験の浅い若者が「お気の毒様」と挨拶すると、とても薄い言葉に聞こえてなりません。 やはり人生経験豊富な年配の方々が用いる言葉です。 本来、 ご愁傷様とは、自分の傷の場合は、嘆き悲しむことを指し、相手の傷の場合は、気の毒に思うことを指し、身内を失った方へ対するお悔やみの言葉です。 「御」や「様」が付いていますので、身内を失った方々への最上級の敬意を意味する「労い」や「気遣い」を表す意味もあります。 また、女性であれば「ご愁傷様です」と言葉にするよりも「ご愁傷様でございます。 」とした方が、より敬意を払い、気遣いも感じ取れる言葉になります。 では、お悔やみの場で「 ご愁傷様でございます」と言われた親族の方々は、どのように 返答すればよいのでしょうか。 「ありがとうございます」、「お気遣い感謝します」、「ご足労頂ありがとうございます」、どのように返答することが好ましいのでしょうか。 答えは、「 恐れ入ります」です。 これが可もなく不可もなく、参列していただいた方々への労いとお礼になります。 もともと、お悔やみの場で「ありがとう」と言う言葉を使うことは嫌がられます。 以前は、「ありがとう」と言う言葉を、施主や親族の方々は使うことはマナー違反とされてきました。 不幸を招き入れるなど諸説あるようですが、場にそぐわない言葉で合ったことは確かです。 けれど、現在は賛否両論ありお悔やみ言葉に「ありがとう」と使うことに対して「故人に代わりお礼の挨拶をする」と言う意味として使うのであれば違和感は、感じなくなってきています。 返答の仕方とポイント 通夜や告別式の当日、多くの方に参列いただきご挨拶が出来なかったときや、参列できなかった知人への メールやメッセージ への返信には、どのような言葉を返答したらよういでしょうか。 「この度は、ご愁傷さまです。 ご不幸があったこと知りませんで、ご挨拶が遅れ申し訳ありませんでした」などのメールやメッセージに対して「お気遣いいただきありがとうございます。 故人もさぞ・・・」など、あくまで故人の代わりに生前お世話になったお礼と心遣いに感謝を伝えたり、または、「お気遣い恐れ入ります」や「ご丁寧にありがとうございます。 」、「痛み入ります」という一言であれば、故人に対する心遣いと身内に対する心遣いを一括して伝えることが出来ます。 「痛みいります」使い慣れない言葉ではありますが、対面で挨拶されたとき多く耳にするのは「恐れいります」ですが、文章では「痛み入ります」を良く目にしています。 ここちらも対面であれば「恐れ入ります」、間接的であれば「痛み入ります」と使い分活用すると良いと思います。 また、「ありがとう」を使い挨拶をするのであれば、「ご愁傷様でございます」と挨拶をされたら、「この度は故人に対して、お心遣い頂きありがとうございます。 」と自分自身の気持ちではなく、故人に代わって伝えることがポイントとなります。

次の