相模湖 キャンプ 場。 相模湖のコテージ、バーベキュー、バス釣り|相模湖 日相園

相模湖のコテージ、バーベキュー、バス釣り|相模湖 日相園

相模湖 キャンプ 場

アクセス 3. 00 コスパ 3. 00 2家族8人で宿泊。 1棟38,600円でした。 by yoshimituさん 人混みの少なさ 5. 00 キャンプ場の一番上に位置しており、宿泊者以外が来ることはありません by yoshimituさん 施設の快適度 3. 満足度の高いクチコミ(1件) トレーラーハウス スリーパー6 に子供たちは大喜び! 4. 1泊はセットアップテントで、2泊目をこのスリーパー... 6での宿泊としました。 子供は5歳と2歳。 大喜びのトレーラー宿泊でした。 1.トイレ・シャワー トレーラーハウスなので簡易なトイレですが、ちゃんと水洗であり匂いもありません。 近くには公共トイレはないので、トレーラーハウス内のトイレが唯一となります。 シャワーは、敷き内のうるりの湯を利用したので未使用ですが、水圧はあまり期待できません。 2.清潔感 掃除もちゃんと行き届いており、不潔な印象はありません。 ただしそれなりの使用感はあり、ソファーなどのへたり具合はやむをえないかと。 3.宿泊スペース 2家族 大人4名、子供4名。 ゆったりとは言えずとも、寝られました。 2段ベットに5歳児は大喜び。 結局、上の段のベッドに2人寝てました。 ソファーベッド・下の段に大人がそれぞれ1名、寝室のシングルベッド2台に大人2名+子供2名、という配置で寝てました。 4.駐車場 2家族でしたのでマイカー2台でしたが、詰めて十分に駐車できました。 うるりまで車で7分程度でした。 5.冷蔵庫、空調 冷蔵庫も清潔なもので、ふつうに使用できました。 到着時にもちゃんと中は冷えています。 クーラーや床暖房もついており、朝は適宜床暖房・ヒーターを使用してトレーラー内を暖かくしてました。 以上、ご参考になればと思います。 さん(男性) 津久井湖・相模湖のクチコミ:2件 アクセス 1. 00 コスパ 2. 50 人混みの少なさ 5. 00 施設の快適度 3. 満足度の高いクチコミ(1件) マニアックなキャンプ場かも(笑) 4. 昭和レトロな相模湖のボート乗り場から、専用ボートで... 10分ほどの入江にあるキャンプ場。 少ない平地はテントサイトになっていて、斜面には炊事場とバンガローが点在しています。 ただ、平地のテントサイトが一杯になると、山の上のポツンサイトを指定されるので、こちらになると超寂しい感じ・・というか怖いです~。 設備は綺麗に清掃されていて不快感はなく、シャワー、テントサイトのトイレは新しいものでした。 大きな荷物を持ち込めない分、木製のテーブルや椅子が沢山用意されているので便利です。 利用料金は大人一人1200円ですが、渡船料が往復で1000円なので、大人二人で4400円になってしまうのが、ちょっと痛いですかね。 オートキャンプに慣れている人にはキツイでしょうが、教育キャンプに慣れている私にとっては、この素朴感がたまらない感じ。 バックパックでキャンプに行っても、全く違和感がない貴重なキャンプ場です。 翌日は相模湖ボート乗り場を降りて右側に進み、公園前にあるコンビニで昼食を購入。 そこのバス停(神中バス)からプレジャーフォレストに向かいました。 さん(女性) 津久井湖・相模湖のクチコミ:3件.

次の

★すまいるキャンプ★:相模湖のキャンプ場特集

相模湖 キャンプ 場

オートキャンプ場から徒歩は無理) トイレ:水洗洋式、仮設洋式 水道:水のみ(お湯は出ません) スポンサーリンク ネットの口コミが賛否両論 このキャンプ場、相模湖ICからも近く、横浜や都心からもアクセスがいいです。 しかも場内には遊園地プレジャーフォレストもあり、宿泊者は2日間入場無料。 さらに別料金ですが、プレジャーフォレスト内にきれいな日帰り温泉「うるり」もあります。 運営は、きれいな高規格キャンプ場の運営で有名なPICA。 我が家も、PICA西湖、PICA富士吉田、PICA表富士、キャンピカぐりんぱと、まぁよくお世話になってます。 ネットのクチコミが賛否両論です。 というのも、このキャンプ場のメインは、こういった設置済みテント(セットアップテント)や、コテージ、トレーラーハウスなのです。 出典:公式サイト そして、こういうテント近くのトイレなどはすごくきれいだそう。 こういう施設に泊まった方の口コミは、「都心からも近くて、道具がなくても手軽にテントキャンプを楽しめてよかった。 近くのトイレもきれいだった」となります。 良い評価の口コミですね。 出典:公式サイト こちらの地図のように、左半分がセットアップテントや、コテージとなります。 そして、問題が右半分のオートキャンプサイト。 いわゆる、テントを持ち込んで、自分たちで設営するキャンプサイトです。 このオートキャンプサイトの口コミが、まぁなんとも散々でして。 私が見たのは、個人でやられているキャンプブログ、あとは「なっぷ」のレビューです。 ひとりだけではなく、多くの方が書かれているのが。。。 炊事場が古くて汚い• 男性トイレが仮設トイレで、途中で水がなくなり流せなくなる という、水回りがかなりヤバいというもの。 ひとりだけの口コミなら、そういう風に感じる人もいるよねって感じですが、複数の人が似たようなクチコミをしているのです。 相模湖といえば、県内に住んでいる我が家からは近く、 便利。 これはいっちょ、実際に泊まってみて調べるっきゃない!と行ってきました~。 スポンサーリンク PICAさがみ湖のテントサイト こちらが受付です。 今回、グルキャンだったので、友人に先にまとめてチェックインをお願いしたので、私は立ち寄っていません。 出典:公式サイト ネット予約した紙を印刷していくとスムーズです。 もし紙を忘れた場合は、連絡先などを手書きで記入することになります。 オートキャンプサイトは、A,B,C,D,E,Gサイトがあります。 受付や遊園地や温泉からは、かなり離れますので、車での移動が必須です。 こちらが詳しいサイトの地図です。 事前にネットで、• 一番奥のGサイトは男性のみ仮設トイレ• Aサイトのトイレは急坂の上だけど、普通の水洗トイレ という情報をゲット。 PICAは基本的にサイト指定ができません。 これは運次第。 今回我が家はAサイトにしてもらえました。 Aサイトの様子 まずは宿泊したAサイトの様子をどうぞ。 先にチェックインした友人のから送られてきた写真がこちら。 おおっ!なんか思ったよりすごく雰囲気がいいじゃない!周囲がサイトになっていて8区画。 中央は広場になっていて、ゆったりと子どもが遊ぶスペースがありました。 これはうれしい。 ツールームテントにタープでもいけちゃう広さです。 そして、噂の炊事場チェック。 なかなか年季が入っています。 屋根もあり、電気は付きます。 これが高規格PICAの炊事場なのか!?とびっくりしますが、昔ながらのキャンプ場と思えば、こんなもんかなという感じ。 ただ、排水溝がワイルドすぎる。 網が無くて、穴がぽっかり開いてるwww ひとつひとつの蛇口に排水溝があれば、「これは自分の出した生ごみ」ってことで掃除しやすいけど、この中央にポツンとひとつある穴だけでは、各自が掃除しにくい。。。 しかもあまり傾斜がないから、ここにも生ごみが集まりません。 よって、シンクにばらばらと生ごみが散らばっていました。 今回は寒い時期で、キャンプに慣れた人が多くてそこまで生ごみが散乱してカオス!ってことにはなりませんでしたが、夏の初心者キャンパーが集まる時期は、生ごみだらけになることが想像できます。 ひとつひとつ区分けされているシンクで、さらに「出た生ごみは各自で掃除してください」などの張り紙&横にポリバケツでもあれば、かなり改善されるんでしょうね。。。 高規格のイメージなしでいけば、これはこれでアリかと。 何よりサイトから近いから便利でした。 炭捨て場もあるし、ゴミ捨て場もすぐそばにあります。 そして、気になるおトイレ。 この坂を登っていきます。 急坂だけど、がんばれー。 見えてきた。 大人ならAサイトから1分くらい、こどもならもう少しかかるかな。 ふおおおお、これはどこから入るの!? 開いた。 この時期は虫もあまりいないから、開けておきました。 4つ個室があり、男女で半分ずつ。 すべて水洗の洋式トイレです。 経年の汚れなどありますが、思っていたより全然平気でした。 水の流れもスムーズで、なんだ普通じゃない~と。 ちょっと臭いはあるけどね。 洗面台も年季入ってるけど、普通に使えます。 この右上に二個あるスイッチが電気。 最初トイレが真っ暗で、どこに電気あるかわからなくてびびりました。 では、他のサイトも見に行ってみましょう。 スポンサーリンク B,C,D,Eサイト Aサイトからは、他のサイトがかなり離れているので車で移動しました。 Bサイトには大きな屋根付きテーブルスペースがありました。 これ、自由に使えるのかな?雨の日とかすごく便利そう! サイトはこんな感じ。 あら、Aサイトよりも雰囲気よさそう。 炊事場も点在していて、便利そう。 まぁ、こちらも年季が入ってる&穴ぽっかりですが。 Eサイトも広かったです。 Aサイトよりも、B~Eサイトの方が雰囲気いいし、トイレも平坦ですぐ近くじゃん!と思いましたが、ひとつ問題点が。。。 見た目は先ほどと同じ形式のトイレです。 写真は控えますが、なんとこちらのトイレはほぼ仮設のような水の流れ。 底がかぽっと開いて、汚物をためるようなシステム。 個室を3つ覗きましたが、紙や排泄物が残っている状態でした。。。 個室内に「こちらのトイレは水が少量しか出ず、流れにくいため何度かお流しください」というニュアンスの(うろ覚えですみません)張り紙があったので、一度でザーッと流れないためこんな状態なんでしょうね。 追記: この記事を更新後、twittterから「夏にBサイトを使用しましたが、汚物が残っていることはなく、そこまで汚くはありませんでしたよ」とのコメントを頂きましたので、たまたまタイミングが悪い時に遭遇してしまっただけかもしれません。 あくまで、この日この時の状況がこうであった、ということでお願いいたします。 常に汚い状態ではないようですね。 横に仮設トイレがありました。 仮設ですが、洋式です。 もしかしたら常設のトイレは水の流れが悪いので、仮設も設置しているのかもしれませんね。 ちなみにシャワールームも併設されていました。 中はわりときれい。 お湯はちゃんと出るのかなあ?試してません。 この日はこのB~Eサイトには宿泊客はいなかった様子。 サイトがいいだけに、トイレの水がもう少し、ジャーっと出るタイプだったら。。。 スポンサーリンク Gサイト そして、一番奥のGサイトです。 自然の中!って感じで、こちらもなかなか雰囲気はよいです。 このサイトは宿泊客がいらっしゃいました。 サイトは広いです。 Gの炊事場には唯一。。。 排水溝の網があります!笑 そして、気になるトイレ。 女性は常設トイレ、男性は仮設トイレです。 女性用トイレ、室内はカビ?とかで壁紙とかはがれていますが、便器自体はきれいだし、ちゃんと普通に水が流れました。 Aサイトのトイレの状況とほぼ同じ。 これなら安心。 男性用も仮設ではありますが、洋式でそこまで汚いわけではありません。 ただ、ネットの口コミであるようにピークシーズンでお客さんが多いときは「水が足りなくて排泄物が流れない」なんてことがあるんでしょうか。 オフシーズンなら、流れないなんてことはないと。。。 思いたい。。。 スポンサーリンク PICA相模湖のオートキャンプサイトは、アリなのか!? 実際にAサイトで1泊過ごしてみた感想です。 口コミほど悪くない• むしろサイトは広いし、中央で子供が遊べるスペースがある• Aサイトはトイレも普通だし(急坂だけど)、炊事場も近くていい• 2日間、遊園地入園無料でお得 我が家は「アリ!」でした。 後ほど別記事で詳しくキャンプレポを書きますが、遊園地の無料アトラクション「ピカソのたまご」でめちゃくちゃ子供達楽しそうでしたしね。 それに今の季節はイルミネーションをやってて、これがまたきれいでした! 7800円というと高いですが、2日間の入園料無料が付いてきてお得です。 イルミネーションも見れて普段と違うキャンプが楽しめました。 逆に言うと、遊園地に行かないならかなり割高な料金設定です。 そして、サイトによっては仮設トイレになるため、それが苦手な方も向かないかと。 あと、ピカピカシンクの炊事場でないとイヤ!という方にもおすすめしません。 炊事場はワイルドなので、いっそのこと紙皿で乗り切って、洗い物はしないと割りきるのもありかと思います。 今回、我が家はこのスタイルでした。 関連記事:ダイソーの紙皿がかわいい 本音をいうと、やっぱり水回りを改善してほしいですね~。 せっかく広い敷地で自然いっぱい、遊園地あり、温泉あり、都心からのアクセスもいいので、水回りさえよくなれば大人気のキャンプ場になると思うんですが。 どうでしょう、PICAさん? 我が家は近いですし、また今度行くかと思います。 今度はGサイトもよさそう。 サイトによって雰囲気が全然違うのもまた楽しそうです。 応援のクリックお願いします。 twitter始めました。 フォローうれしいです。

次の

★すまいるキャンプ★:相模湖のキャンプ場特集

相模湖 キャンプ 場

相模湖周辺のキャンプ場をまとめてご紹介します。 2回目の訪問ですが、ゴールデンウィークや夏の激混み時期でも空いてます。 キャンプは7・8月だけとの事でこれからの紅葉の季節には惜しいですね。 景色の良い所でファミリーやグループでバーベキューで楽しむには良い所ですよ~安いし! 10人までは1000円ポッキリですって!激安(一人100円はお値打ち価格) 場内は素晴らしい自然が満載でハイキングコースも充実。 でも場内に・・・大昔に出来たアトラクション「迷路の家?」みたいな建物が残ってます いつも掃除をしているマメな管理人さんに「秋・冬もやったらどうですかねぇ?」と聞いたら、 やりたいけど町が決めた事でどうしょうも無いそうです。 ボーイスカウトの拠点になっているようで休日は一番奥のサイトはうまってます。 設備もシンプルで昔ながらのキャンプ場のイメージですね~。 森の中で静かにまったりキャンプをするには良い所です。 ロケーションとしては炊事場・サイトの横は湖です。 旅館がメインでバンガローとキャンプサイトを併設しているような感じです。 「 素晴らしい湖畔の景色!」これからの紅葉の季節は最高ですよ~ あまりにキレイで撮影に夢中になり、足を滑らせ湖に落っこちそうになりました(爆) オートキャンプサイトは隣接する旅館の駐車場の片隅をサイトとして 利用している為、雰囲気は厳しいものがあります。

次の