新聞 記者 映画 原作。 【映画】東京新聞・望月衣塑子のノンフィクションが原案『新聞記者』松坂桃李、韓国女優とW主演!ネット 権力中枢の闇に迫ろうとする女性記者ってw

映画「新聞記者」松坂桃李とシム・ウンギョン 原案は東京新聞の望月衣塑子記者

新聞 記者 映画 原作

もくじ• 映画『新聞記者』あらすじと原案 映画『新聞記者』あらすじ 公式サイトのあらすじ 東都新聞記者・吉岡(シム・ウンギョン)のもとに、大学新設計画に関する極秘情報が匿名FAXで届いた。 日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育ち、ある思いを秘めて日本の新聞社で働いている彼女は、真相を救命すべく調査をはじめる。 一方、内閣情報調査室官僚・杉原(松坂桃李)は葛藤していた。 「国民に尽くす」 という信念とは裏腹に、与えられた任務は現政権に不都合なニュースのコントロール。 愛する妻の出産が追ったある日。 彼は、久々に尊敬する昔の上司、神崎と再会するのだが、その数日後、神崎はビルの屋上から身を投げてしまう。 真実に追ろうともがく若き新聞記者。 「闇」の存在に気づき、選択を追られるエリート官僚。 ふたりの人生が交差するとき。 衝撃の事実が明らかになる。 現在進行系のさまざまな問題をダイレクトに射抜く、これまでの日本映画にない新たな社会はエンターテインメント。 あなたは、この映画を信じられるか? 引用元: あらすじをもっと詳しく 杉原(松坂桃李)は、外務省に入省したが、現在は内閣情報調査室に出向している官僚。 妻が妊娠中でもうすぐ子供が産まれるのを楽しみに待っている。 杉原の内閣情報調査室での仕事は、 『情報操作』を行うこと。 その方法は、複数のツイッターアカウントを利用する、息のかかった記者に記事を書かせるなど、不本意な仕事をこなす毎日を送っている。 杉原の仕事は 「国を守る大事な仕事」だと、上司に言われる言葉に違和感を感じる杉原。 その頃、東都新聞に、謎のFAXが届く。 FAXには、謎の『羊のイラスト』と、医療系大学新設の計画書が書かれていた。 「大学新設の申請は日本では文科省のはず。 なぜ内閣府?」 「民間企業に委託されるということは総理のお友達企業にお金が流れるとか?」 東都新聞社内で憶測が飛び、 東都新聞記者・吉岡(シム・ウンギョン)が探ることになる。 杉原は、外務省勤務で海外に赴任していた時の上司、神崎から久し振りに誘われて、二人で食事をする。 杉原の上司だった頃の神埼の口癖は 「官僚の仕事は誠心誠意、国民に尽くすことだ」だった。 過去に、神埼は、杉原と一緒に関わっていた仕事で、上からの命令で起こった事件を、自身がしたことにして1人で責任をかぶって責任を取っていた。 そのことを負い目に感じる杉原に対して、 神崎は「責任をとったら、今後も面倒をみてやる。 」と上から言われていたことを告げる。 当時の神崎は、国と家族のためだと自分に言い聞かせて飲み込んでいた。 「杉原、俺のようにはなるなよ」 と杉原に言う。 その後、神崎は自殺をした。 神埼の死に動揺する杉原。 神埼は、なぜ死ななければいけなかったのか? 杉原は、真実を知ろうとする。 実は、神崎は、先月まで大学新設計画に関わっていたのだった。 そして 大学新設の計画の闇はもっと深いところにあった。 一方、大学新設計画を追っていた吉岡には、圧力がかかる。 圧力がかかっても、誤報だと反撃されても、戦うための方法がある。 そのひとつの方法を信じて戦おうとする吉岡。 杉原は、神埼が死の直前に杉原に宛てた手紙を見つける。 そして、上司から、今後の選択肢を出される。 杉原が進む道は? エンディングで、杉原が言おうとした言葉は? 映画『新聞記者』の原案 映画の原案は、2017年10月に発刊された望月衣塑子著 『新聞記者』です。 リンク 望月衣塑子さんは、東京新聞の社会部に所属する新聞記者で、自伝として出版した本が『新聞記者』です。 父親も新聞記者という家庭で育ち、 慶應義塾大学法学部卒業後、自身も新聞社に入社しました。 新聞記者として、官房長官会見において次々と質問を繰り出し、 2017年3月から森友学園、加計学園の取材チームに参加し、女性ジャーナリスト伊藤詩織さんへのインタビューなどを行った人として、一躍有名になりました。 映画『新聞記者』はフィクションですが、望月衣塑子さんの本が原案となっています。 本の内容は、望月衣塑子さんの自伝なので、両親の死や、結婚してからのことなどや、本の後半は、映画でも取り上げられているあの事件のことを当時の心情を交えて語られています。 シム・ウンギョンさん演じる吉岡の父はジャーナリスト。 望月衣塑子さんの父も新聞記者。 映画の中の事件は、固有名詞は違っていても、明らかに「あの事件」を想定させる内容です。 映画『新聞記者』の感想・評価とラストについての考察 映画『新聞記者』の感想 画面の向こうで監視されている スーツを来た官僚たちが画面に向かって黙々と作業しているのがツイッターという場面は怖さしか感じません。 複数のアカウントから、さも、ネットでヒマつぶしにつぶやいているかのように装って、世論を操作する。 そうか、たしかにそういうこと出来るよね?? って、ひとつひとつ気づくというか。 一般の人でも、情報操作に巻き込まれる可能性もある。 ツイッターやSNSで、私たち個人が、発言し、人によっては影響力ももてる時代になった!って思っていたけど、それでも、その上で操作されている? そして、操作された情報を、私達は信じている。 今も知らないところで、操作がされている・・はず? よくこんな内容が映画化されて、無事、上映出来たものです。 パパは国を守るお仕事をしてるんだよ ずっと緊迫した仕事の場面とは打って変わる、杉原の自宅での妻の笑顔。 「パパは国を守るお仕事をしてるんだよ」 と、妻が生まれた娘に話してきかせる様子を見ている杉原の表情が複雑で辛いです。 これ、見ながら、自分だったらどうするだろう? ってみんな考えたんじゃないかと思います。 自分の夫にどうしてほしい? 自分の父親にどうしてほしい? 国を守るために、自分のキャリアを犠牲にしたら、家族はどうやって守るのかな。 国を守っても家族を守れないことになるのかも知れない。 少なくとも家族は巻き込まれる。 自分の身を投げ売っても、結局は同じことが繰り返されるのかも? けれど、自分の信念を曲げるもの辛い。 答えが出るのかな?と、どうどう巡りになります。 映画では、国家が大きく動くかも知れない秘密と戦うエリート官僚ですが。 このような選択は、私達の日常にだって起こっています。 サラリーマンも、上司からの理不尽な命令に悩み。 主婦だって、PTAでおかしいんじゃないの?と思うことに悩み。 だから、この『新聞記者』を見た人からの反響が大きいのではないかと思います。 映画のラストについての考察 エンディングで、信号の向こうにいく吉岡を見たときの杉原の表情。 杉原が言おうとした言葉。 なんだと思いますか? 藤井監督が、松坂桃李さんに「杉原は最後になにを言おうとしたと思う?」と問うと、監督と同じ言葉を考えていたそうです。 その言葉は、明かされていません。 杉原の言おうとした言葉を、私達に考える余地を与えてくれたことで、結果的にこの作品の余韻が続いているのではないかと思います。 想像して、私達が考える。 考えれば考えるほど、闇を感じる。 それでも、杉原が何を言おうとしたのかを考察すると。 私は、映画の中で杉原が何度も言ったあの言葉だと思います。 そう決断したんだと思いますがどうでしょうか。 こういう機会がなかったら絶対観に行かなかった。 マスメディアや政治に対する見方も変わったし、無関心は罪だと痛感させられた。 中毒性のある映画。 時事的に今観るべき映画だし、エンタメとしても映画館で観るべき映画。 心地よい緊張感とカメラワーク、松坂桃李の終盤の表情が堪らない。 — yumico babucoholic 「自分に似ている」 映画「 」沖縄シンポ 氏曰く映画に出る役人のキャラクターは「結構リアル」「国に仕えているのに、上に従ってれば良いという官僚が出てきますが、こういうのが一番まずい。 〝面従腹背〟な人も出てる。 自分に似ているという人も出ています」と笑い誘う。 改めてだけど新しい風を吹かせるにはこうして誰かが挑戦しなければならないし、その勇気に拍手したい。 この作品に関わった全ての人を讃えたい。 なんの情報も信じられない、新聞の情報すら信じられない可能性も出てくる。 私たちはもっともっと自分の頭を使わなくてはならない。 情報の真偽を決めるのは私たちだ。 とりあえず、新聞学科生この映画は必修です。 邦画が避けがちなこの手のテーマを、実名は伏せたとはいえ映画にした藤井監督の気概に応えようじゃないですか。 ジャーナリズムの本分と、家族に誇れる生き方の希求。 壮大なテーマと親近感のあるテーマのバランスがステキ。 素晴らしかった。 真っ向から政権と闘うこの映画を、今この時代に上映すること。 政権という「見えない敵」にどう立ち向かって行くのか。 自殺された近畿財務局の職員の方への鎮魂歌であり、私たちに課せられた使命の再確認でもありました。 これは凄い作品。 知らぬ間にネットやメディアに踊らされている恐ろしさ。 これはフィクションでありながら私たちのリアルな日常。 目を凝らせ、耳を澄ませ、すべての情報を疑え、そして自分の頭で考えろ。 そう言われた気がした。 製作の河村Pも言われたというが、本当に「ヤバい映画」だ。 終了後、すぐに席を立てなかった。 松坂桃李、北村有起哉、田中哲司、本田翼ら各氏には本当に敬意を表したい。 フィクションとして衝撃的な事実を描いているが、アベならやりかねないとも思える。 — ツヤピカはげまる hagemaru2012 自分が暮らす国のこと、何も知ろうとしてなかった自分が怖くなった。 得体の知れない焦りを感じた。 今まで政治に全く興味が起こらなかったのは身近に起きている事とは到底思えなかったからかな。 政治家も官僚も新聞記者も主婦も各々守りたいものがある1人の人間だと改めて気付かされた。 『スノーデン』という映画をすこし思い出しました。 これは、みんなが見たほうがいい。 見なければいけない。 そう思う映画です。 松坂桃李さん、幅広い役柄をこなす素晴らしい俳優さんだと、改めて思いました。。 2018年は、映画『娼年』でハードなラブシーンで話題になりました。 『ハローワールド』では声優も。

次の

新聞記者のラストシーン・結末のネタバレ!最後の杉原のごめんの口パクの意味についても

新聞 記者 映画 原作

映画『新聞記者』は東京新聞・望月衣塑子記者の同名ベストセラー「新聞記者」(角川新書)を原案に、政権がひた隠そうとする権力中枢の闇に迫ろうとする女性記者・吉岡(シム・ウンギョン)と、理想に燃え公務員の道を選んだある若手エリート官僚・杉原(松坂桃李)との対峙・葛藤を描いた完全オリジナル・ストーリー。 望月記者が出演するのは、吉岡と杉原ら登場人物たちが、劇中で度々眺めるPC上に映し出される鼎談番組。 本鼎談は台本なし、ぶっつけ本番の完全ノンフィクション。 同調圧力に満ち、フェイクニュースが社会を揺さぶるメディアの激動期に、それぞれの立場で同調圧力に負けずに、個の力で立ち、発信を続けてきた話題のメンバーが集結して何が話し合われるのか? 鼎談が暗示する、政界の闇の正体とは? フィクションと現実がダイレクトにリンクする、今だかつてなかった新しい作りに仕上がっている本作が、近年の日本映画が避けてきたタブーの領域に大きく踏み込む ! 望月衣塑子 Profile 1975年生まれ。 東京新聞社会部記者。 2004年、日本歯科医師連盟のヤミ献金疑惑の一連の事実をスクープし、自民党と医療業界の利権構造を暴く。 その後、防衛省の武器輸出、軍学共同などをテーマに取材。 17年4月以降は、森友学園、加計学園問題の取材チームの一員となり、取材をしながら官房長官会見で質問し続けている。 二児の母。 自由なはずの現代社会で発言がはばかられるのはなぜなのか。 6月7日(金)沖縄、6月17日(月)東京、6月21日(金)大阪にて、望月衣塑子氏、前川喜平氏による、映画公開記念シンポジウムの開催も決定。 youtube. 日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育ち、ある強い思いを秘めて日本の新聞社で働いている彼女は、真相を究明すべく調査をはじめる。 一方、内閣情報調査室の官僚・杉原(松坂桃李)は葛藤していた。 「国民に尽くす」という信念とは裏腹に、与えられた任務は現政権に不都合なニュースのコントロール。 愛する妻の出産が迫ったある日彼は、久々に尊敬する昔の上司・神崎と再会するのだが、その数日後、神崎はビルの屋上から身を投げてしまう。 真実に迫ろうともがく若き新聞記者。 「闇」の存在に気付き、選択を迫られるエリート官僚。

次の

映画『新聞記者』あらすじネタバレと感想。結末で見せた松坂桃李の表情に自己存在を見せられた

新聞 記者 映画 原作

日本映画界のトップを走る人気実力派・と、抜群の演技力で知られる韓国の若手トップ女優シム・ウンギョンがW主演を飾る映画『新聞記者』が、6月28日(金)より公開される。 フェイクニュースが社会を揺さぶり、報道の価値が厳しく問われる平成から新年号に変わるメディアの激動期の現在。 リアルに人びとに襲いかかる、さまざまな社会問題にダイレクトにリンクする、今までの日本映画になかった全く新しい社会派エンターテインメントだ。 それぞれがどう自分の正義を貫こうとするのか。 国家権力と報道メディアの関係性を描いた、サスペンス・エンターテインメント。 映画『新聞記者』キャスト 吉岡エリカ/シム・ウンギョン 権力中枢の闇に迫ろうとする女性記者。 1994年生まれ、韓国出身。 子役デビュー以来、ドラマ・映画に多数出演しており、抜群の演技力で知られる韓国の若手女優。 NHKの韓国ドラマ放送枠で『春のワルツ』、『太王四神記』、『ファン・ジニ』に出演。 映画主演作では『サニー 永遠の仲間たち』(11)、『怪しい彼女』(14)など。 シム・ウンギョン コメント 松坂さんの作品はすでに何本か拝見していたので、共演できたことを本当に嬉しく思っております。 私にとって本作品は、芝居だけではなく日本語のセリフという乗り越えないといけない課題がありましたが、松坂さんの柔軟なお芝居に頼らせて頂きながら頑張ることが出来ました。 監督のディレクションを直ぐに理解して芝居できる松坂さんの瞬発力をみて、沢山学ばせていただいた貴重な現場でした。 このような機会を頂き、ありがたく思っております。 杉原拓海/松坂桃李 若手のエリート官僚。 1988年生まれ、神奈川県茅ケ崎市出身。 『アントキノイノチ』(11)で第85回キネマ旬報ベスト・テンで新人男優賞を受賞以来、実力派若手俳優として映画作品に多数出演。 2018年は『娼年』、『孤狼の血』などの話題作で賞レースを総なめにした。 2019年も『居眠り磐音』、『蜜蜂と遠雷』の公開が控えている。 松坂桃李コメント シム・ウンギョンさんはやはり目力がすごい方です! パッションみたいなものが、目から伝わってくるので、そこはすごく刺激を受けました。 強く吉岡が迫ってくるところは、非常に記憶に残っています。 あとはものすごくストイックで、監督と毎回ディスカッションしながら、お芝居を組み立てているので、「すごい、僕は全然違う」と感じました(笑)学ばなければいけないところだと思いました! 妥協のなさというか、求め続けていく姿勢には大いに刺激をもらいました。 杉原奈津美/本田翼 杉原の妻 1992年、東京都出身。 2006年にファッション誌の専属モデルとしてデビュー。 2012年にテレビドラマ『恋愛ニート〜忘れた恋のはじめ方』で初レギュラー出演。 同年、『FASHION STORY-Model-』で映画初出演および初主演を飾り、女優として本格的に活動をスタートさせる。 主な出演作に映画『アオハライド』(14)、『少女』(16)、『鋼の錬金術師』(17)、ドラマ『ショムニ 2013』(13)、『恋仲』(15)、『わにとかげきす』(17)、『ゆうべはお楽しみでしたね』(19)などがある。 倉持大輔/岡山天音 新聞記者、吉岡の同僚 1994年、東京都出身。 2009年にNHKのテレビドラマシリーズ「中学生日記」で俳優デビュー。 2017年に主演映画『ポエトリーエンジェル』で第32回高崎映画祭最優秀新人男優賞を受賞した。 神崎俊尚/高橋和也 内閣府の官僚、杉原の元上司 1969年、東京都出身。 1985年にジャニーズのロックバンドグループ「男闘呼組」のメンバーとしてデビュー。 1993年に男闘呼組が解散すると、俳優修業のため2年間アメリカで暮らす。 帰国後は市川崑や伊丹十三など日本映画界を牽引する監督の作品に出演。 その後も数々の映画・ドラマに出演し、バイプレイヤーとして活躍している。 主な出演作に、映画『マルタイの女』(97)、『ハッシュ!』(01)、『そこのみにて光輝く』(14)、『あゝ、荒野』(17)など。 神崎伸子/西田尚美 陣野和正/北村有起哉 多田智也/田中哲司 映画『新聞記者』監督 藤井道人 山田孝之プロデュース映画『デイアンドナイト』(19)で監督を務めた若手注目株の映像作家。 企画・製作をプロデュースするのは、第86回キネマ旬報ベストテンで日本映画第1位を獲得した『かぞくのくに』(12)、菅田将暉とヤン・イクチュンW主演の『あゝ、荒野』(17)を輩出した河村光庸。 映画『新聞記者』原作 映画『新聞記者』特報.

次の