スイッチ 無料 ゲーム おすすめ。 【スイッチ】女性でも楽しめる人気のおすすめゲームソフト10選!

ニンテンドースイッチで遊べる基本プレイ無料のオンラインゲームをまとめて紹介!

スイッチ 無料 ゲーム おすすめ

手前味噌ですが私の実況プレイ動画です。 まだフォートナイトをプレイしたことが無い方は、是非一度動画をご覧下さい! この動画だけでフォートナイトの楽しさは伝わらないかもしれませんが、YouTubeをはじめとした様々な動画サイトや配信サイトで非常に盛り上がっているタイトルなので、是非一度ご覧頂ければと思います。 パラディンズ(Paladins) チーム戦で戦う無料のFPSゲーム パラディンズ(Paladins)は5対5に分かれて戦う、チーム戦のFPSゲームです。 オーバーウォッチのパクリとか言われることもある本作ですが、プレイ人口はそこそこ多く、一定のコアユーザーを抱えるタイトルです。 個人的にはオーバーウォッチの方が好みですが、無料で遊べるという圧倒的な魅力は捨てがたいところ。 参考:オーバーウォッチ実況プレイ動画 ドーントレス(DAUNTLESS) 無料で遊べるモンハン 簡単に言ってしまえば、無料で遊べるモンハンです。 モンスターを狩って武器や防具を強化し、更に強いモンスターと戦い…を繰り返して楽しむのが基本路線となっています。 自分はSwitchで遊んでるけど、友達はPS4だから一緒にプレイできない…。 ということが無いので、この点は本当に嬉しいです。 現在進行形で私もプレイしているので、是非ともおすすめしたいタイトルです! 参考:ドーントレス(DAUNTLESS)実況プレイ動画.

次の

無料でも最高傑作⁉Nintendo Switchで遊べるおすすめ無料ゲームを紹介

スイッチ 無料 ゲーム おすすめ

ニンテンドースイッチの協力プレイ対応ゲームソフトおすすめ あつまれ どうぶつの森 — 任天堂 個性豊かな動物たちとスローライフが楽しめる「どうぶつの森」シリーズ。 今回の舞台は無人島。 今まではある程度文明が発展した状態からスタートしていましたが、今作は何もないゼロの状態から新生活がスタートします。 生活に必要なものは、島で採集した木や石などからDIYで手作り。 作った家具はテントの中に置くのはもちろん、屋外に設置することもできます。 島が発展すれば、自分だけの家を作ることも可能。 釣りや昆虫採集、部屋づくり、動物たちとのふれあいなど、好きなことをして過ごしましょう。 本作は、同じ島の住人同士なら最大4人で協力プレイすることが可能。 有料サービスの「Nintendo Switch Online」に加入すれば、最大8人まで遊べます。 みんなが一緒なら楽しみ方は無限大。 小さな子供はもちろん、大人も楽しめるおすすめのゲームソフトです。 Minecraft — Mojang AB 全世界で2億本近い本数を売り上げた、「世界一売れたゲーム」といわれているMinecraft(マインクラフト)。 ボクセルによって表現されたオープンワールドの広大な大地で、制限のない自由な遊び方が可能。 Switch版では操作方法などUIがSwitchに最適化されているため、マウスとキーボードに慣れたプレイヤーでも不自由を感じません。 プレイヤーは無限に広がるランダム生成のマップで、ダンジョンに潜って敵を倒しながらレア度の高い鉱石を探したり、地表で農業を営んだり、建築で自分好みの家を作ったりしながら、さらに強い敵に挑むために装備を整えていきます。 自由度の高さはほかのゲームの追随を許さず、ゲーム内で回路を組んで自動化装置を作るといったことができるのもマイクラの魅力です。 Switch版では4人での画面分割プレイのほか、最大8人のマルチプレイやローカルマルチプレイが可能。 Nintendo Switch版だけでなく、XboxOne版・スマートフォン版・Windows10版とのクロスプレイにも対応しています。 ヨッシークラフトワールド — 任天堂 ダンボールや紙パックなどで作られたような色とりどりの世界を、ヨッシーを操作しながら冒険する横スクロールアクションゲーム。 身近な材料でクラフトされたステージは奥行きがあり、裏側を見ることができるのも楽しみのひとつです。 ゲームの難易度は低めで、小さな子供から大人まで楽しめます。 ヨッシーはゆっくり移動するので操作も簡単です。 たまごを投げて仕掛けを動かしたり、さがしものを見つけるためにステージ中を駆け回ったりとやることは盛りだくさん。 工作がテーマの可愛いステージは細かい部分まで作り込まれているので、観ているだけでも楽しいゲームです。 Joy-Conを渡せば友達と2人で協力プレイが可能。 ゲームを始めていても、あとから2人プレイに変更できます。 「おんぶ」をすると上のキャラクターはたまごを無制限に投げられるので、1人では難しいステージがあれば協力プレイを試してみてください。 ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ DX — コーエーテクモゲームス コーエーテクモゲームスの人気タイトル「無双」シリーズと、任天堂の「ゼルダ」がコラボした本作品。 群れを成して押し寄せる敵を、一騎当千で駆け抜ける爽快なプレイがゼルダのキャラクターで味わえるアクションゲームです。 プレイヤーはゼルダシリーズの主要キャラクター総勢29人から好きなキャラクターを最大4人選択し、リアルタイムに変更しながらプレイできます。 敵の大群をなぎ払う派手なアクションはもちろん、オリジナルストーリーも必見。 黒の魔女シアによって陥落したハイラル城を奪還するため、歴代のキャラクターたちが協力して立ち上がります。 画面を上下に2分割してのローカル協力プレイが可能。 ステージごとに難易度の設定があり、アクションが苦手な方や初心者にもおすすめです。 キャラクターごとに使用する武器やアクションが異なり、使いやすいキャラを見つけて育成するという楽しみも。 ゼルダや無双シリーズのファン以外にもぜひ遊んでほしいタイトルです。 ドンキーコング トロピカルフリーズ — 任天堂 2014年にWii U版が発売され、好評を博した横スクロールアクションゲーム。 任天堂の名作シリーズ「ドンキーコング」が、住み慣れた常夏の島を氷漬けにしようとするバイキングから島を守るべく、ジャングルや氷の世界など60種類以上のステージで大暴れします。 ジャンプやタル投げなどを駆使して、仕掛けをうまく利用しながらステージを進み、敵を倒していくスタイルは昔のまま、操作性やステージの作り込み、ボリュームはさらにアップしています。 Switch版から新たに加わったファンキーコングを操作できる「ファンキーモード」は体力やアイテムがパワーアップされ、アクションが苦手な初心者でも手軽に楽しめるようになりました。 Joy-Conおすそわけプレイに対応し、最大2人での協力プレイが可能。 Switchのアクションゲームとしては少し難易度が高めですが、ファンキーモードや協力プレイでクリアしやすくなるため、どの年齢層でも楽しめます。 ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch — バンダイナムコエンターテインメント 世界的に人気の名作マンガ「ドラゴンボール」のキャラクター達が集結し、「タイムパトローラー」となって歴史改変を阻止する格闘アクションゲーム。 Joy-Conのモーションセンサーを利用して「かめはめ波」などの有名な技を繰り出すことができるファン必見の作品です。 戦闘は格闘ゲームのようにボタンを入力して技を繰り出しますが、誰でも簡単に爽快なコンボを繋げられるような工夫がされているため、初心者でも派手な演出の戦闘が楽しめます。 また、ストーリーも魅力的で、戦闘パート以外ではRPGのようにマップを探索しておつかいクエストを受けたり、キャラクター同士の会話があったりと、ファン必見の内容です。 原作にはないIFストーリーが楽しめる「パラレルクエスト」モードや対戦モードでは、最大6人のオンライン対戦が可能。 レイドボスに協力して挑んだり、3対3で対戦をしたりと、オンライン要素もボリュームがあります。 また、Joy-Conおすそわけプレイにも対応し、友達とローカルでの対戦プレイも可能です。 星のカービィ スターアライズ — 任天堂 星のカービィ25周年を記念して発売された、シリーズの集大成とも言える作品。 シリーズに共通する横スクロールアクションのシステムはそのままに、内容もコピー能力の種類もバージョンアップしています。 歴代のシリーズからおなじみのキャラクターが集合したり、過去のBGMも聴けたりと、ファンならプレイしておきたい一作です。 カービィシリーズには外せないコピー能力は4種類の新たな能力を加え、過去最多の28種類。 さらに、ハートを敵に向かって投げることで味方にできる「フレンズヘルパー」で、最大3体のヘルパーと一緒に冒険できます。 また、フレンズとカービィの能力を合体させて新たな能力を編み出すことも。 合体能力は敵を倒すだけでなく、謎解きにも利用します。 最大4人のローカル協力プレイが可能で、家族や友達と気軽にワイワイ楽しめます。 また本作は、無料アップデートも充実。 歴代キャラクターやステージなどの追加で、発売時よりも格段にボリュームアップしています。 ファンだけでなくカービィシリーズを未プレイの方にもおすすめです。 進め!キノピオ隊長 — 任天堂 Wii Uで好評を博し、Switchに移植された探索アクションゲーム。 3Dのステージをぐるぐると回転させ、死角に隠された仕掛けや謎を解いてクリアを目指します。 1コース自体は短く、序盤はサクサクと進みますが、後半になるにつれて一筋縄ではいかないギミックも多くなるため、適度なボリューム感です。 舞台となるステージは小さめの箱庭で、至るところに謎やギミックが隠れているのが特徴。 ゴールは近く見えますが、たどり着くにはステージに潜む謎を、さまざまな工夫で解いていく必要があります。 箱庭のコースは70種類以上のステージが用意されており、そのどれもが美しく細部まで楽しいグラフィックで描かれているのが魅力。 謎解き自体はシンプルなものの、豊富なギミックややりこみ要素でプレイヤーを飽きさせない工夫が散りばめられています。 Joy-Conおすそわけプレイに対応し、2Pはポインターを使って1Pのプレイヤーを助けることが可能。 難しいアクションはないので、アクションが苦手な方でもじっくり謎解きに取り組めるゲームです。 いっしょにチョキッと スニッパーズ — 任天堂 協力して相手の身体をチョキチョキと切り問題を解いていく、コミュニケーション・アクションパズル。 追加ステージが発表され、100ステージ以上の問題で遊べるようになりました。 プレイヤーはお題として表示された点線に身体を収めたり、ボールを運んだりとさまざまなパズルを協力してクリアしていきますが、うまくクリアするにはお互いに相手の身体を切って形を変えていく必要があります。 コミュニケーション・アクションパズルとジャンルづけられたとおり、協力プレイ時はお互い声をかけながらジャンプしたり、形を変えたりするため、複数人集まってプレイすれば盛り上がること間違いありません。 プレイ可能人数は1~4人。 パズルは全て解き方が1つではないため、何度プレイしても新たな発見があります。 頭を使って解くもよし、ちょっと力業で乗り切るもよし、家族や友達と集まってワイワイ遊べるゲームです。 ディアブロ III エターナルコレクション — Blizzard Entertainment 斜め上から見下ろす視点で描写されるクォータービューのアクションRPGゲーム。 モンスターを倒して自キャラを強化していく、ハックアンドスラッシュタイプのRPGです。 Switch版は「リーパー オブ ソウルズ」「ライズ オブ ザ ネクロマンサー」といった拡張パックが最初から含まれています。 プレイヤーは7つのクラスから選び、冒険を始めます。 キャラクターを強化するにつれて覚えるスキルが増え、800を超える多彩なスキルを組み合わせて敵と対峙することが可能です。 また、ひたすら敵と戦いドロップした装備を強化するのもこのゲームの醍醐味。 装備には自分の好きな効果をつけることもできるので、自分好みの装備で戦いに参加できます。 オンライン・ローカル協力プレイはどちらも最大4人でのプレイが可能。 おすそわけプレイに対応しているので、ソフトが1つあれば友達と遊べます。 本格的なハクスラRPGですが、難易度は17段階から選べるので、ハクスラ初心者にもおすすめのタイトルです。 バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション — カプコン 2012年にニンテンドー3DS専用タイトルとしてリリースされた「バイオハザード リベレーションズ」を、Switchをはじめとする据え置き機向けに高解像度化した、サードパーソン・シューティングゲーム。 時系列は「バイオハザード4」の後で、地中海に取り残された豪華客船が舞台です。 Switch版ではJoy-Conをピストルに見立て敵に向けて撃ったり、ナイフを使うときはJoy-Conを振ったりなど、Joy-Conを活かした操作が採用されています。 ゲームへの没入感を高めてくれるので、キャラクターの緊張感がダイレクトに伝わる演出です。 本格的サバイバルホラーを味わえるキャンペーンモードのほかに、敵を倒して新たに協力な武器を手に入れていくハックアンドスラッシュを取り入れた、レイドモードを楽しめます。 レイドモードはオンラインとローカル通信での2人プレイが可能。 新難易度「INFERNAL」やレイドキャラクター、コスチュームの追加などの新たな要素も多く、ニンテンドー3DS版をプレイ済みの方でも楽しめる内容です。 ヒューマン フォール フラット — テヨンジャパン まるで赤ちゃんのようにふにゃふにゃとしたキャラクター「ボブ」を操作して、パズルを解きながらゴールを目指すオープンワールドアクションパズルゲーム。 全世界で500万本以上を売り上げた話題のインディーズゲームが、Switch版として登場しました。 ゴールを目指すためには物理演算をうまく利用して、歩くのもおぼつかないキャラクターを動かし、ステージに点在するオブジェクトを持ち上げたり投げたり、ときには無理矢理壁をよじ登ったりと、さまざまなアクションを駆使する必要があります。 パズルの解き方に正解はありません。 友達や知らない人とふざけあって、いたずらし合うのもこのゲームの魅力のひとつです。 Joy-Conをおすそわけすれば、Switch一台で2人までの協力プレイが楽しめるほか、ローカル通信やオンライン通信で最大8人まで同じマップで遊ぶことが可能。 9種類のステージはどれもギミックが盛りだくさんで、遊ぶたびに違った解き方でゴールを目指せます。 みんなで大爆笑しながら盛り上がりたいときにおすすめのゲームです。 Enter the Gungeon — Devolver Digital 伝説の銃を求めてダンジョンに潜り奥を目指す、見下ろしタイプの2D弾幕シューティングゲーム。 ローグライクの要素もあり、ダンジョンは毎回ランダムに生成されます。 見た目は2Dのグラフィックが美しく可愛い印象ですが、中身は硬派なガンシューティング。 攻略には粘り強いプレイが必要です。 プレイヤーが操作するキャラは、初期状態で5種類から選択可能。 銃の種類も多く、ダンジョンの状況に合わせて臨機応変に装備を選んでいく必要があります。 また、ローグライクゲームでもあるため、ダンジョンでHPが0になると初期装備で最初からプレイしなければいけません。 弾幕を避けるだけでなく、罠を起動させたり相手の行動を読んで先回りしたりしなければならない場面も多く、アクション性もある楽しいゲームです。 ローグライクにありがちな「運だより」の部分を実力でカバーできるシステムで、ゲーム性としてはとてもストイック。 最大2人での協力プレイができます。 装備できる銃の種類が多いので、銃が好きな方にもおすすめのタイトルです。 Pikuniku — Devolver Digital ポップでミニマルなデザインのステージを、キュートなキャラクターが駆け回るパズルアクションゲームです。 毎日お金がばらまかれるハッピーな世界は、実は裏の顔を持つディストピア。 ユニークなキャラクターたちからのクエストを受けながら、完全支配を企む大企業を暴いていきます。 本作は物理演算を利用したパズルゲームで、クエストを達成するためにはステージに散らばる仕掛けをうまく利用しながら問題を解決していく必要があります。 パズルはそれほど難しくなく、子供から大人まで幅広い年齢層が楽しめる難易度です。 クリア時間も3~4時間程度とカジュアルに遊べる反面、トロフィー収集などのやりこみ要素もあります。 ローカル通信で2人までの協力プレイが可能です。 1人用のステージより少し難しく設定されているので、パズル好きには協力プレイがおすすめ。 まるで絵本の世界のような可愛い雰囲気に、ちょっとしたブラックさを感じられるジョーク、カジュアルなパズルと、独特な雰囲気がくせになるゲームです。 Overcooked — Team17 行列ができるほど人気がある、レストランの厨房での雰囲気を味わいたいという方にぜひ遊んでほしいタイトル。 恐ろしくはちゃめちゃなキッチンで右往左往しながら料理を完成させていくクッキングアクションゲームです。 操作はとてもシンプルで、ゲームに慣れていない方でもすぐに覚えられるアクションですが、キュートなグラフィックで描かれるキッチンは目を疑うものばかり。 流氷の上だったり、歩行者が通る道路の上だったり、並走するトラックの上でなぜか料理をさせられたりと、まともに料理できる環境ではないにもかかわらず、一度火をつけた鍋は待ってくれません。 ローカル通信で4人までの協力プレイが可能。 協力しつつ、ときには押しのけ、バタバタと忙しい厨房でうまくコミュニケーションを取りながら料理を作り、客にテンポよく提供していきます。 家族や友達で大笑いしながら賑やかに遊べるゲームです。 ロロロロ — CIRCLE Ent. 立方体の可愛いキャラクターを操作してゴールを目指す、パズルアクションゲーム。 自分の色と同じゴールに全員がたどり着くとクリアになります。 公式で「多少のミスなら笑って許してくれる友達」を連れてくるようアナウンスされているとおり、ステージ上のギミックは意地悪なものばかり。 何度も全滅しながらクリアを目指すパーティーゲームです。 ゲームシステム自体はアナログスティックを倒して移動するだけのとてもシンプルなものですが、ギミックは初見で見破れない罠もいっぱい。 我先にゴールしようとして、仲間が犠牲になるという場面も少なくありません。 必然的にトライ&エラーを繰り返すことになるので、全80ステージあるストーリーモードはとてもやりごたえがあります。 ストーリーモードは最大2人、パーティーモードは最大4人までのローカル協力プレイに対応。 協力しながら、ときにはお互いの足を引っ張りながらも、クリアした後の達成感が感じられる、本格的なパズルゲームです。 Cuphead — StudioMDHR カナダのインディーズゲーム会社が開発した、2Dアクションシューティングゲーム『カップヘッド』。 1930年代のアメリカン・アニメーション風のグラフィックから、レトロゲームをリメイクしたモノかと思いきや、実は2017年に登場した新しいタイトルです。 主人公は、カップ頭のカップヘッドとマグマン。 コミカルな見た目に反して難易度が高く、序盤のステージでもクリアするのは一苦労。 しかし、トライアンドエラーによって少しずつ前に進んでいく達成感がたまりません。 本作は、協力プレイに対応。 2人で遊ぶ場合はどちらかが死亡してもゲームは継続。 死んだパートナーを途中で復帰させることもできるので、1人のときよりは難易度が下がります。 手応えのある本格アクションシューティングが好きな方におすすめのダウンロードゲームソフトです。 ストレッチャーズ — Tarsier Studio 『ストレッチャーズ』は、2人組のレスキュー隊員が主人公のアクションゲーム。 自称天才のキャプテン・ブレインに催眠術をかけられて「クラクラさん」となってしまった島民たち。 彼らを助けるために救急車で現場に向かいましょう。 本作は、協力プレイを前提に作られているのが特徴。 クラクラさんを運ぶのはもちろん、木を切ったり、爆弾で岩を破壊したりと、2人で協力しないと先に進めないような仕掛けも用意されているため、声を掛け合いながらワイワイと遊べます。 「おすそわけプレイ」に対応しており、Joy-Conがひとつあれば2人一緒にプレイ可能。 操作方法も簡単なので、普段ゲームで遊ばない方も気軽にチャレンジできます。 子供から大人まで楽しめるおすすめのゲームソフトです。 Good Job! — 任天堂 ニンテンドースイッチ用のダウンロードソフト『Good Job!』。 プレイヤーは、とある大企業で働くことになった新入社員。 どんな方法でもよいので、与えられたお仕事を達成すればOKといった、自由度の高いパズルアクションゲームです。 たとえば、プレゼン用のプロジェクターを手配する場合、真面目に会議室に持って行くほか、壁をぶち破ってダイナミックに搬入してもミッションクリア。 目的さえ達成すれば、何をしても許されます。 マニュアルは何もない、自由な社風です。 「おすそわけプレイ」に対応しているので、Joy-Conを分ければ2人プレイも可能。 パートナーと手を組めば、自分一人では考えつかなかったような方法でクリアできるかもしれません。 純粋にパズルを楽しみたい方はもちろん、オフィスを壊してストレス発散したい方にもおすすめです。 完全爆弾解除マニュアル:Keep Talking and Nobody Explodes — Steel Crate Games 映画やドラマでよくある爆弾解除を体験できるシミュレーションゲーム。 本作は、爆弾を処理する「処理担当者」と、解除方法を指示する「分析担当者」に分かれて、お互いに協力しながら爆弾の解体を目指すゲームとなっています。 爆弾の画面を見られるのは「処理担当者」のみ。 どのような仕掛けが施されているのかを「分析担当者」に口頭で伝えます。 それに対して分析担当者は、公式ページで閲覧・印刷できる解除マニュアルを参考に、爆弾の解除方法を教えます。 「ケーブルは何本ある?」「5本」「色は?」「赤いのが3本で白いのが2本」などと、会話をするほど解除に近づきます。 コミュニケーション能力が鍛えられる、おすすめのゲームソフトです。

次の

シリーズ正統続編『蒼き雷霆 ガンヴォルト 鎖環』ニンテンドースイッチ向けで発表!

スイッチ 無料 ゲーム おすすめ

2020年度から必修化された小学校のプログラミング教育。 「キッズプログラミング」は人気の習い事になり、未就学児向けの教室も登場しています。 「家でもなにか準備したほうがいいの?」と不安に思う保護者も多いかと思います。 小学校でのプログラミングの授業では、必ずしもパソコンを使うわけではありません。 各教科のなかで「コンピューターが身近に使われていること」や、「問題の解決に必要な手順があること」を学び、パソコンを用いたプログラミングはその一部になります。 家庭でプログラミングを学習する方法 では、家庭でプログラミングを学習するにはどうしたらいいのでしょうか? 家庭で気軽に試せるプログラミングの教材やおもちゃが多く出ています。 プログラミング教室に通う前に、まずは試してみるのもおすすめです。 そのうえで、「より実践的なプログラミングや電子工作を学びたい」のであれば、それに合った内容の教室や、別の教材を選ぶこともできます。 保護者が「プログラミングの知識が全くない…」という場合も問題ありません。 子ども向けのプログラミング教材は、パソコン不要のボードゲームだったり、ブロックを積み重ねるブロックプログラミングだったりするので、親子ではじめるチャンス。 ぜひ、未来に向けて子どもといっしょに楽しみながら学んでください。 注目の新商品も続々発売されているので、今回は、年齢順に「子どもが飽きずに使っている」と人気のものを紹介します。 小学校高学年になると、パソコンでプログラミングを学んだり、ゲームをつくったりする子も増えてきます。 記事の最後に、小学生におすすめの無料でプログラミングを学べるサイトを紹介しますので、そちらもチェックしてみてください。 ティッシュケースなど家庭にあるものも活用できて、飽きずに長く遊べると人気です。 日本おもちゃ大賞2019エデュケーショナル・トイ部門優秀賞を受賞し、発売以来品薄が続いていました。 他に「ジャンプキット」「デラックスキット」が発売中で、「ボックスステージキット」は2020年7月発売予定。 好きなひみつ道具が付属のキットを選びましょう。 2020年6月より全国発売です(タカラトミーモールは2019年11月発売)。 レベルは5段階で、未経験者でもブロックを積み重ねるだけで直感的にプログラムを組むことができ、経験がある子はより本格的なプログラミングにチャレンジすることができます。 アプリ操作はタブレット推奨。 embot未購入でも、アプリのみ試すことができますよ。 キットのダンボールで基本のロボットができるほか、紙コップや空き箱を使って様々なロボットをつくることができます。 ロボットの動作には単4形アルカリ乾電池が必要です(別売り)。 6歳~ トイオで体験、プログラミングの冒険の世界 ・パソコン:スマホかタブレットが必要。 テキストプログラミングの場合パソコンも必要 アプリで動かせるロボティックボール「Sphero2. 0」のミニチュア版、「Sphero Mini(スフィロミニ)」。 顔の表情でコントロールも。 プログラミング学習用アプリ「Sphero Edu」とSphero Miniをつなげてできるプログラミング方法は「ドロー」「ブロック」「テキスト」の3つ。 小さい子は指でお絵かきするように、経験者はプログラミング言語「JavaScript(ジャバスクリプト)」を使ってプログラミングできるので、家族みんなで楽しめるスマートトイです。 付属のマイクロUSBケーブルで充電します。 10歳~ はじめてのロボット工作に ・パソコン:必要 「micro:bit(マイクロビット)」は、BBCが中心なって開発した、子どもたちがプログラミングを学ぶための小さなコンピューターボード。 日本のほか、40か国以上でSTEM教育の教材として使われています。 こちらの「はじめてセット」は、micro:bit本体とケースやケーブル付属ですぐに遊べるようになっています。 プログラミングはパソコンのブラウザ上で行うブロックプログラミング。 LEDにアイコンや文字列を表示したり、光センサー・温度センサーを使ったりと本格的な電子工作を家で楽しむことができます。 授業やワークショップで電子工作を体験し、「もっとやってみたい!」という子におすすめ。 付属物が多い「アドバンスセット」もあります。 電池ボックスが付属しています。 おまけ ここからは、小学生が自宅でプログラミングを学ぶのにおすすめの、無料のサイトを紹介します。 MITメディアラボによるプロジェクト、「Scratch(スクラッチ)」。 プログラミング教育に広く使われ、小学生向けの書籍も多数出版されています 「マインクラフト」「アナと雪の女王」の人気キャラが登場するコースもある、コンピューターサイエンスが学べるサイト。 一部英語のみ。 原田ハカセによって開発された簡単なプログラミング言語「ビスケット」。 文字をほぼ使わないので、未就学児やタイピングが苦手な子でも遊べます。 ブロックを配置してゲームづくりができるMOONBlock(ムーンブロック)。 できたゲームはQRコードで共有できます。 小学校でのプログラミング授業を通じ、子どもたちと先生の意見を反映しながら開発されたプログラミング学習アプリ。 NHK Eテレで放送中の「Why!? プログラミング」番組サイト。 過去の動画を見たり、番組のスクラッチで遊んだりすることができます。 まとめ 科学・技術・工学・数学の教育分野を総称する「STEM(ステム)教育」が重要視されるなか、家庭での自宅学習に使える人気のプログラミングの教材・おもちゃと、小学生が自宅で学べるサイトを紹介しました。 自宅に遊べる教材があることで、興味が広がるきっかけになることもあります。 ぜひ、親子でプログラミングを楽しく学びながら、新しい世界を体験してくださいね。

次の