プリコネ 魔法防御ダウン。 【プリコネ】仲良し部ユニ(先輩)は強い引くべき?評価やその性能は? | プリコネ無課金ガチ勢

【プリコネR】リセマラ当たりランキング!序盤攻略と厳選おすすめキャラについて紹介【最新版】

プリコネ 魔法防御ダウン

概要 ナナカはのスマートフォンRPG『』のキャラクター。 無印版のにあたる。 プロフィール 年齢 18歳 身長 166cm 体重 55kg 誕生日 8月21日 血液型 O型 種族 魔族 ギルド 趣味 読書・魔法 CV 人物 「伝説の魔導書」を探し求めてる魔法使い。 二つ名は『蒐集家 コレクター 』。 自称・の。 決め台詞は「 電脳の閃光で敵を撃ーつ!」。 筋金入りのオタクであり、会話の中にパロディやを交えて話している。 ちなみに使用するスラングはやといった、現実の我々の感覚だと少し古い印象の言葉が多い。 非常にテンションが高い性格で、オタク仲間の友人からも当初は呆れられていたほど。 魔法少女を志したきっかけも、漫画の中の登場人物に憧れたからである。 とはさながら創作作品の相棒タッグのようなノリで接する。 その来歴から魔法に対するこだわりが強く、魔法を悪事に使うことは看過できない模様。 また、オリジナルの魔法を作ることも好きで、劇中では「甘いものが食べたくなる」だけの魔法を作って披露していた。 ギルドメンバーの中ではとよく行動をしており、癖の強い彼女をアンナたそと呼んで振り回している。 長年オタクして過ごしてきたからか、おしゃれや異性との恋愛といったものには疎いようで、主人公にかわいいと言われたときはパニクってその場から離れてしまっている。 言動に似合わず 主人公より年上で166cmと大きめの体格であり、である。 「あちら」の世界では『』という作品が好きなようで、「」というキャラクターをちゃん付けで推している。 父はその作品のプロデューサーらしいが、あくまでパロディなためがナナカの父親というわけではない…はず。 イベント『』では、プリコネにおける元祖魔法少女キャラとしてしっかり出演。 とに足りないものはずばり「必殺技」だと指摘、ではなく「師匠」を名乗り、彼女たちに自身のコレクションである漫画と思わしき書物を読ませた。 ナナカ自身は魔法少女たちに自身の魔法少女コレクションを見せびらかしたかっただけのようだが、その結果として彼女らが新しい技を身につけたためとしている。 また、マジカルシオリの1コマ漫画内にも登場している。 イベント『七夕剣客旅情譚 天に流れる夏の恋』ではギルド仲間の・と共にメインを務める。 今イベントの水着は全て彼女のプロデュース。 ルカのパレオもアンナのスク水も彼女の提供。 なお、セクシー魔法少女と銘打った自分の水着は「いつもが水着みたいな格好だからあまり違いがない気がする」と言われてしまった。 オススメのドリンクはそばつゆ。 TVアニメ版 「ナナカ・インフィニット・ブラスト!!キタコレー!」 アニメ「プリンセスコネクト!Re:Dive」にも登場。 OP映像に出演してるほか、第5話にも登場。 ユウキが熱を出してしまったためたちが病院を探してたのだが、その際に見つけた病院の看護師として登場した。 こちらでも高いテンションは相変わらずであり、Bパートでは大技「ナナカ・インフィニット・ブラスト」を放ち荒くれ者たちを吹き飛ばしていた。 体力が一番多い相手を狙うユニオンバーストやスキルは、敵のHP状況により攻撃対象が変わる高威力の魔法攻撃。 敵の残りHPによって攻撃対象を変える一癖ある魔法アタッカー。 単体攻撃に特化しており、UBのダメージ及びスキルの魔法防御ダウンも相まって魔法パーティには最適。 HPの残りで攻撃対象を変えるため、アリーナ戦などの複数相手ではダメージがばらけてしまうのが欠点。 そのため、どちらかというと対象がブレることがないボス戦向き。 しかし範囲魔法防御デバフが優秀なので、主になどの厄介な前衛アタッカーを魔法で蹴散らすために起用されることがある。 2019年7月31日に実装された専用装備「ナナカサイツヨロッド」を装備させると、そのデバフの量が強化される。 クランバトルにおいても、の実装によって飛躍的に強化された魔法パーティの一員として活躍させやすくなっている。 同じく魔法防御デバフを持つからの追加のデバフ役として呼ばれることが多い。 似た役割のとは配置される順番で差別化されている。 魔法キャラよろしく物理防御とHPは低いが、Rank毎に杖装備を3本要求しないからか魔法アタッカーの中では物理耐久は高い方。 また、魔法防御はよりも高く魔法アタッカーの中では最上位に位置する。 その分魔法攻撃力は杖を3本要求するアタッカーと比べるとやや低めだが、単体特化なのでボス相手に対する総ダメージは他にひけをとらない。 難点としては後衛の中でも比較的前を陣取るため前方範囲攻撃に巻き込まれやすいことか。 のユニオンバーストで即死するのは魔法アタッカー全般の欠点である。 後発キャラのため長らくメモリーピースの任意の入手手段が女神の秘石以外になかったが、現在はアリーナコインでピースを購入することが可能。 余談だが、シナリオで矢の雨や魔弾を避ける描写があるからか、キャラストーリーのボーナスで回避ステータスが少し上昇する。 …上述した神滅のバハムーティアの元ネタであるからのコラボ出演という縁からか、アンの1コマ漫画に登場している。 () 関連記事 親記事 pixivision• 2020-07-15 18:00:00• 2020-07-15 17:00:00• 2020-07-14 18:00:00• 2020-07-14 17:00:00• 2020-07-13 19:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-16 09:50:29• 2020-07-16 09:49:31• 2020-07-16 09:47:56• 2020-07-16 09:46:31• 2020-07-16 09:45:04 新しく作成された記事• 2020-07-16 09:46:41• 2020-07-16 09:36:59• 2020-07-16 09:04:52• 2020-07-16 08:53:59• 2020-07-16 08:49:20•

次の

ユニ(プリコネ)とは (ユニとは) [単語記事]

プリコネ 魔法防御ダウン

イオ 後衛 アリーナ4点 クランバトル1点 総合2. 5点 ルーセント学院の教師だがどっからどう見ても サキュb…少なくとも教師には見えない。 色々と意味深な言動が目立つが、全て天然から起こっているものであり性格自体は至って真面目な教師。 設定通り、 敵を誘惑して同士討ちさせるUBを持つキャラ。 そのUBは「 全体ダメージ+誘惑状態付与」といった効果。 誘惑状態になると 敵が同士討ちを始め、その際周期が合えばスキルも使用する。 そもそも誘惑付与ができるキャラ自体が少なく、全体範囲なのはイオのみ。 スキル1は「 範囲ダメージ+誘惑状態ならTPをダウン、誘惑状態でないなら物理・魔法攻撃力ダウン」という効果。 主戦場のアリーナで誘惑状態時に狙ってスキルを使用するのは難しいため基本はデバフとして考え、TPダウンを狙うなら誘惑スキル持ちの ユキくんと組ませよう。 スキル2は「 ランダムな敵のTP吸収」というもの。 挑発がないと完全ランダムなものの自身のTPを回復できるため強力なUBを素早く使える。 誘惑効果は基本的にはボス相手には効かないため、主にアリーナで活躍する。 誘惑状態時は 敵が同士討ちする=こちらに攻撃が来ないため、時間稼ぎとしても優秀。 「 自分で使っても特に恩恵を感じないが、敵に回すと厄介」の典型で、特にルナの塔で出現するイオは味方全体を誘惑してくるため、下手すると全滅する。 リン 中衛 アリーナ4点 クランバトル2点 総合3点 いつもぐうたらなリスの獣人。 元々はギルド「 自警団 カォン 」所属だが、警備員として派遣されている。 …のだが、基本的に平和なため堕落生活を送っている。 あんパンとリスだからかドングリが好み。 キャラ性能としては、 味方を魔法攻撃から守るサポーター。 スキル1は「 周囲の味方の魔法防御・物理攻撃力・クリティカルアップ」という効果。 専用装備実装前は魔法防御アップだけだった上に 効果範囲が尋常じゃないくらい狭かった。 現在は効果モリモリの強力なバフスキルとして活躍しており、 中衛・後衛物理アタッカーとの編成で攻撃性能を得る、 防衛に組み込めばパーティー全体を魔法攻撃から守る。 と、攻守ともに活躍する。 範囲は広くなったものの前衛は ツムギくらいまでしか届かないので配置には注意。 スキル2は「 単体ダメージ+スタン」というもの。 シンプルだがスタンはアリーナで腐ることはない上に周期も悪くない。 UBは「 味方全体のHP回復+物理攻撃力・魔法防御力アップ」という効果。 回復量はそこまで高くないがこちらもバフが強力で、スキル1と違って全体範囲のため前衛キャラも恩恵を受けることができる。 余談だが、 他のキャラは杖を振ったり、踊ったりと何かしらのアクションをしてバフをかけるのだが、どういうわけか リンは 欠伸をすると味方が強化され、 ドングリを食べるだけで味方全体が回復する。 一体本気を出したらどうなるのか… アヤネ 前衛 アリーナ2点 クランバトル2点 総合2点 「 ぷうきち」というクマのぬいぐるみをいつも持ち歩いている少女。 ぬいぐるみと謳っているが事実上ただの鈍器。 このぷうきちは喋るらしいが、なんでもありのプリコネの世界でも無機物が喋るのはありえないらしく周囲からは腹話術と思われている。 本当に人格が存在するのか、それとも 精神的な要因からくる幻聴なのかは不明。 ノックバック攻撃がメインのため サポーター編にて紹介しているが、 アタッカーに近い性能をしている。 UBは「 単体ダメージ+画面端までノックバック+スタン」という効果。 文字通りぷうきちをフルスイングして敵を画面端まで吹っ飛ばす。 吹っ飛ばされた敵は最後尾でしばらくスタンしているため、敵がタンク1編成ならその間にアタッカーを殲滅できる。 スキル1は「 範囲ダメージ+スタン、追加で単体ダメージ+行動速度ダウン」という効果。 火力もそこそこあるため、 スタンで足止めしながらも着々とダメージを与えてくれる。 スキル2は「 範囲ダメージ+物理防御ダウン」というもの。 範囲なのでデバフ値はそこまで高くないがスキル1とも噛み合っている。 サポーターとしてはそこそこ火力があり、アタッカーとしてはそこそこ硬いというキャラ。 画面端までノックバックを持つのは 現在でもアヤネのみであり、 ノックバックは耐性を持たないボスも多いため、クランバトルでピンポイントで活躍することも。 ミサト 後衛 アリーナ3点 クランバトル3点 総合3点 コッコロたん、 サレンに続き登場した3人目のママ。 とは言ってもネタとして言われている2人とはベクトルが違っており、悪人やモンスターすら改心させる姿は 正真正銘の聖母。 もちろん性能にもキャラ性が出ており、攻撃スキルは一切持たない ヒーラー兼魔法サポーター。 UBは「 味方全体のHP回復+魔法防御アップ」という効果。 ユイのUBより回復量は劣るが魔防バフが付与されるところで差別化はできている。 スキル1は「 周囲の味方の魔法攻撃力、魔法クリティカルアップ」というもの。 魔法アタッカーはもちろん、自身もUBの回復量が上昇する恩恵が受けられる。 周囲とあるが魔法キャラはまず問題なく範囲に入っているため気にする必要はない。 スキル2は「 先頭の味方にリジェネ付与」という効果。 基本的に先頭に立つタンクキャラを継続回復できるので、TPが溜まるまで時間稼ぎができる。 魔法アタッカー、特に イリヤとの相性が抜群で、 イリヤ先頭の魔法パーティーでは先頭を回復するスキル2で生存率をあげつつスキル1のバフで攻撃面を強化する。 ただし、 バフ効果でイリヤの自傷クリティカル率が跳ね上がる点は注意。 実装当時はクランバトルに挑む何人もの騎士クンが犠牲になったとか。 ツムギ 前衛 アリーナ 5点 クランバトル1点 総合3点 アイドル兼ギルド「 カルミナ」のメンバー。 元々は衣装製作やステージのセッティングなど裏方役だったがなんやかんやで自身もメンバーになることに。 見ただけで相手のスリーサイズがわかるという奇妙な特技を持つ。 レイの大ファンであり、彼女に近づくものは主人公であっても容赦はしない。 キャラとしては、 敵の妨害に特化したかなりトリッキーな性能を持つデバッファー。 スキル1は「 2番目の敵にダメージ+引き寄せてさらにスタンさせる+物理攻撃力、物理防御力アップ」という効果。 2番手を強制的に先頭にするため、アタッカーや中衛キャラを先に倒すことができる強力なスキル。 スキル2は「 範囲ダメージ+移動速度、行動速度ダウン」というもの。 敵の攻撃頻度を下げることができる上にスキル頻度も高く、防衛時のタイムアップに一役買う。 範囲と書いてあるもののほぼ敵全体が範囲となる。 UBは「 範囲ダメージ+束縛+1番近くの敵を大きく吹き飛ばし、1番遠くの敵を大きく引き寄せる」という効果。 敵の隊列をぐしゃぐしゃにしつつ狭い範囲にまとめて圧縮することで範囲攻撃でまとめて攻撃することができる。 威力もそこそこ高いのも地味に強力。 なお、こちらも範囲と書いてあるがほぼ全体範囲攻撃。 と、 そのオンリーワンな性能でアリーナで大活躍する。 タンク以外の前衛キャラとしては物理面はかなり硬いが魔法防御は低いため注意が必要。 …なのだが、上述の リンの バフスキルの範囲ギリギリに位置しており、 組み合わせることによって イリヤ にすら耐えうる要塞が完成する。 なお、敵味方両方にツムギがいる場合、お互いに隊列を崩しあってこんな感じでカオスな現場が生まれることも… カスミ 後衛 アリーナ4点 クランバトル2点 総合3点 自慢の推理で様々な事件を解決する獣人の少女。 謎の存在であるシャドウの調査を主な任務とし、主人公を助手くんと呼び調査に協力させる。 夏の「自警団 カォン 」のイベントでは登場しなかったが、水着カオリのイラストの背後に写ってはいた。 キョウカと同じく中の人が中の人のため、人気キャラの一人として実装が待たれている。 キャラとしては、 束縛・混乱などで敵の妨害をしつつTPを貯め、UBで魔法防御フィールドを展開してとどめを刺す。 スキル1は「 範囲ダメージ+束縛(範囲内の敵の数に応じて束縛時間増加)」という効果。 スキルの出がかなり早く、さらに 開幕に使用する関係からほとんどの敵の初手スキルを潰せる。 スキル2は「 単体ダメージ+混乱付与」というもの。 先頭キャラが対象なので主にタンクになるので、自滅を狙うよりは妨害として使うイメージで。 UBは「 3番目の敵を中心に魔法防御、TP上昇ダウンフィールド展開+行動速度ダウン」という効果。 最大の特徴はそのデバフ値で、 ほとんどのキャラの魔法防御を0まで落とせる。 しかも範囲に展開できるため、 ネネカ、 イリヤ、 星6キャルなどの強力な範囲魔法アタッカーと合わせれば 凄まじい火力で敵パーティーを一気に殲滅できる。 TP上昇、行動速度ダウンの効果もおまけ程度だが地味に優秀。 以上になります! 個人的なこととはなりますが、最近多忙で更新頻度が下がってしまっています…なるべく時間を作って頻度を上げていくので、楽しみに待ってていただけると幸いです! 過去のキャラ編成も載せておきますのでどうぞ! 【 ではでは、またまた〜.

次の

イオ(プリコネ) (いお)とは【ピクシブ百科事典】

プリコネ 魔法防御ダウン

プリンセスコネクト!Re:Dive運営事務局です。 アップデート内容の詳細は下記のとおりです。 ・ミッションを追加しました。 ・「毎月更新 ジュエル 7500個」の購入回数をリセットしました。 修正内容の詳細は下記のとおりです。 ・スキル説明文 誤:物理攻撃をする敵すべてに魔法大ダメージを与え、魔法防御力を小ダウンさせスタンさせる。 さらに敵全体に魔法中ダメージを与える。 正:物理攻撃をする敵すべてに魔法大ダメージを与え、魔法防御力を小ダウンさせ長時間スタンさせる。 さらに敵全体に魔法中ダメージを与える。 ・モンスター「ジャッカルシーフ」の説明文とバトル中の挙動に誤りがあったため、修正いたしました。 修正内容の詳細は下記のとおりです。 ・対象クエスト メインクエスト 18-14 NORMAL メインクエスト 19-14 NORMAL メインクエスト 18-3 HARD メインクエスト 19-3 HARD 神殿調査クエストLv2 ・説明文 誤:敵全体に物理小ダメージを与え、【物理防御力と行動速度を下げる。 】 正:敵全体に物理小ダメージを与え、【行動速度を下げる。 】 ・バトル中の挙動 誤:防御力ダウンの状態異常アイコンが【表示される。 】 正:防御力ダウンの状態異常アイコンが【表示されない。 今後とも「プリンセスコネクト!Re:Dive」をよろしくお願いいたします。

次の