ほんだ あきこ。 本田良一

本田あきこの部屋

ほんだ あきこ

Contents• 本田明子の夫と子供について! 本田明子さんは 29歳の時に結婚したそうです。 本田明子さんの夫と子供について調べてみました。 夫や子供の名前については公開していませんでしたが、 本田明子さんの夫は、現在はどうかわかりませんが、以前は本田明子さんの 専属のカメラマンだったようです。 また、娘さんが二人いるそうですよ! 「日経DUAL」という2014年08月11日のブログで高校1年生と大学1年生の娘がいると記載していました。 参考URL: 当時16歳と19歳くらいとすると2017年現在は19歳と23歳くらいではないでしょうか? さて、そんな娘たちが小さかった時は、本田明子さんも仕事で忙しく子供を学童に預けていた訳ですが、 学童の夏休みは毎日お弁当作りで大変だったそうですよ。 小林カツ代さんの下で働き二人の娘を育てたので、子育ても相当忙しかったのだろうと思います。 しかし、そんな本田明子さんですが、 小林カツ代キッチンスタジオでも沢山のお弁当を作ってきた中で、 お弁当をいかに早く丁寧に作る技術も身についていったのではないでしょうか? 本田明子のレシピ本も紹介 さて本田明子さんのお勧めのレシピ本を紹介したいと思います。 一つ目は「 小林カツ代の永久不滅レシピ101」です。 これは小林カツ代さんのレシピの集大成です。 いわば 小林カツ代さんのベスト版のようなもので、 本田明子さんが料理監修のもと再編集したんだそうです。 ずっと小林カツ代さんを見てきたから一番弟子である本田明子さんだから出来た本ですね! そしてもう一つ目は「 朝つめるだけのお弁当」です。 料理研究家として子育ても大変だった恐らく彼女の経験をもとにした本だと思われます。 そんなレシピを見て少しでもお弁当生活を楽にしませんか? プロフィール 最後に、本田明子さんのプロフィールを記載したいと思います。 本田明子さんは 東京都出身で、1962年生まれで、2017年で55歳になります。 本田明子さんは、現在東京の杉並区今川にある「 本田明子キッチン・オフィス」主宰しています。 テレビにも多数出演、人気のレシピ本を出す料理研究家としての実力者です。 本田明子の師匠は小林カツ代 本田明子さんの師匠は、小林カツ代さんです。 さてそんな本田明子さんの小林カツ代さんへの尊敬の想いは彼女が10代の時までさかのぼります。 10代の頃の本田明子さんにとって小林カツ代さんは、履歴書の「尊敬する人」の欄に名前を書く程の存在だったそうです。 1982年、20歳の時に料理研究家・小林カツ代さんのもとに押しかけて、小林カツ代さんに弟子入りします。 しかし、ただの弟子ではなく、小林家の中にまで入り込む「 内弟子」と言うものだったそうで、 内弟子第1号となります。 小林カツ代さんの家族と一緒に朝晩のご飯を食べたり、家事を手伝ったりしたそうで、 更に、泊まる日もしばしばあったそうです。 そんな内弟子時代が、結婚をする年の29歳まで続いたというのですから驚きです。 小林カツ代さんは弟子に対して特に具体的な事を教えなかったそうで、 目で見て盗むそんなスタンスだったのかも知れません。 失敗してこそ身に付くものは誰からも教わるものではありませんね。 そんな小林カツ代さんの下で働く本田明子さんですが、 結婚をして子供も生まれ、40(歳)を過ぎても、独立せずにずっと小林カツ代さんのもとにいました。 何故、独立しなかったかというと、一緒にいて面白く目が離せない人だったからだそうです。 それだけ師匠を愛していたんですね! 2005年に小林カツ代さんが倒れた2年後の2007年に本田明子さんは、ようやく独立します。 きっと師匠である小林カツ代さんの事をずっと想い続け、なかなか独立に踏み出せなかったのかも知れなく立派な師弟関係であったに違いありません。 師匠の小林カツ代について さて、そんな本田明子さんの師匠である小林カツ代さんについてご紹介したいと思います。 小林カツ代さんは、2014年でこの世を去ります。 享年76才でした。 小林カツ代さんは大阪の商家に1937年10月24日に生まれ21歳の時に結婚します。 新婚当時は味噌汁も満足に作れなかったそうです。 と言いますのは、料理好きの母親の元で育ったのですが、 絵画や漫画などに興味があり、料理は興味なかったのか教えてもらわなかったそうです。 今でこそ小林カツ代さんのレシピ本は非常に人気があるのに当時としては信じられない位です。 小林カツ代さんに関する記事もありますので、もしよろしければご覧いただければと思います。 本田明子の魅力 さてそんな本田明子さんの魅力について記載しました。 本田明子さんの魅力はやはり料理を作るときに視聴者には、 簡単そうに見せてくれて美味しい料理を作れる謙虚さだと思います。 小林カツ代さんの弟子として助手を務めており、あの味と技を学んでいる素敵な料理家さんです。 だてに長年にわたり弟子入りをしているわけではなく日々の努力が垣間見れる料理をしていてとても素敵な女性です。 簡単でなおかつ健康にも意識した食材選びのプロと言っても過言ではないでしょう。 本田明子さんが作り上げる料理たちはとても輝いていておいしそうでたまらないです。 仮にもし筆者が嫌いな食材を用いた料理でも思わずおいしいと言わせてしまうような、そんな彼女の料理には魅力があります。 また忙しいお母さんにでも簡単にできるレシピ本を出筆しており才能はどこまでも広まる一方です。 本田明子さんの得意料理は料理の全てだと言っても過言ではありません。 野菜を使った料理を見て筆者はあまりおいしそうとは日頃思わないのですが、 彼女の作った野菜料理はとても食べてみたいものです。 本田明子さんがもたらすお料理のセンスは本物以外の何者でもないのだろうと確信しています。 もっともっと世の人々に本田明子さんの魅力を伝えていきたいと思います。 こんなにお料理を愛しお料理からも愛され巧みな技をたくさん使い、 美味しいごはんを作り続ける本田明子さんをこれからも暖かく見守っていきたいと思います。 昨今、お料理番組が減少しつつありますが、 こういった本田明子さんのような素敵なお料理研究家がいることをもっとたくさんの人に知ってほしいと思います。 そしてお料理ができない若者が近年増え続けていることからセミナー等を通して料理への関心や興味を抱いてもらえるととても素晴らしい日本になることは間違い無いでしょうね。

次の

本田朋子

ほんだ あきこ

159,596 票は得票数は多いとみるのか少ないとみるのか・・・。 日本薬剤師会の会員数104,667人(平成30年10月末現在)です。 今回の参院選の選挙区の投票率が48.80%なので単純計算すると51,077票です。 今回得票数とは約10万票の差があります。 薬剤師の登録数で計算すると・・・・ 厚生労働省の調査によると2016年12月31日時点の薬剤師の登録数は301,323人です。 従事している施設・業務の種別をみると、「薬局の従事者」は172,142 人です。 「薬局の従事者」と今回の投票率で単純計算すると84,005票で今回の得票数と約7万4千票の差があります。 「医療施設の従事者」は58,044 人で「薬局従事者」と合わせると230,186人です。 今回の投票率で単純計算すると112,330票で今回の得票数と約4万6千票の差があります。 色々加味して考えてみると・・・ れいわ新選組の山本太郎氏は約96万票を獲得しました。 しかし、優先的に議席が得られる特定枠を使った他の候補者2人が当選したために落選しました。 自民党も特別枠を使用しています。 比例区での得票数を向上させるため、今回も複数の芸能人や著名人など各党から出馬していました。 単純計算で比較しましたが、色々な事を加味して考えて本田あきこ氏はかなり善戦したのではないかと思います。 全国キャラバンと題して時間をかけて全国津々浦々現場の声を聞く姿勢はかなり印象が良かったです。 これから薬剤師の代表の一人として国会に現場の声を届けて欲しいと願っています。 こんな記事も書いてます。

次の

本田顕子

ほんだ あきこ

これまでの研究の中では、都市や建築といった三次元の空間が、絵画や写真、映画、マンガなどの平面にどのように変換されうるのか、そこでは作者の意図や社会的・文化的システムがどのように作動しているのかを論じてきました。 本物の建築物ではない、イメージのなかの都市や建築を研究することに意味があるのかと思われるかもしれませんが、実はわれわれは三次元空間と同じくらい、二次元化された空間のイメージにも依存して暮らしています。 とりわけマスメディアが社会に浸透した20世紀以降、イメージとしての空間の重要性は、リアルな空間のそれを凌駕してしまったといってもいいかもしれません。 たとえば旅行に行くときに、その場所の写真や地図をまったく参照しない人は少ないでしょう。 かつては紙に印刷された地図や旅行書が、今ではインスタグラムやGoogle Map、あるいはGoogle Street Viewのようなサーヴィスが、これから訪れるはずの場所や空間のイメージを、さまざまなかたちで提供してくれます。 多くの人は、メディアから得られたこれらの情報を頭の中で編集し、あらかじめ場所や空間のイメージを組み立てるのではないでしょうか。 さらにいえば、このような空間イメージは、皆さんがその場所を経験するのに先立って、その場所の印象や受け取りかた、その場所で皆さんがどのように振る舞うかといったことを、あらかじめ決定してしまう可能性すら有しています。 これは見方を変えれば、イメージの操作によって、特定の空間に対する印象や、そこでの人びとの行動をコントロールしうることを意味します。 私の研究では、20世紀前半に生まれたモダニズムや全体主義体と呼ばれる政治・芸術思想の下で、建築や都市のイメージがどのように編集され、人びとの思考や行為がどのように操作されることになったのかを分析しています。 教育者としての私 不思議なことに、小学校から文章の読み方・書き方の学習は義務化されているにもかかわらず、イメ ージをどのように取り扱うべきかを学ぶ科目はありません。 私は、これは実は非常に危険なことだと考え ています。 イメージはしばしば文章よりも強く感情に訴えかける力をもっており、一枚の画像は時に膨大 な人びとを動かす力をもちます。 しかもイメージは近年ますます容易に編集・操作可能になっています。 報道や広告、あるいは SNS 上でシェアされる写真まで、イメージとは文章と同等、あるいはそれ以上に、 慎重な取り扱いを要するものなのです。 したがって私の授業は、常にイメージの批判的読解を柱として組み立てています。 ただ何となくイメ ージを消費するのではなく、イメージを分析し、そのイメージがいかなる意図のもとで、どのように組み 立てられているのかを考察すること。 たとえば、キリスト教の文化圏で 16 世紀から 17 世紀に描かれた 絵画では、咲き誇る花々のイメージは、「美しさ」と同時にその美しさが一時の空しいもの(ヴァニタス)で あることをも意味します。 これはキリスト教文化を知っていなければ、理解できません。 たとえば、20 世 紀を代表する建築家ル・コルビュジエは、写真に写った自身の建築作品を、しばしば後から白く塗りつ ぶして修正しました。 彼のこのような行為も、20 世紀初頭の建築や絵画をめぐる文脈を知らなければ、 理解できません。 芸術学を学ぼうとする皆さんには、単に知識を身につけるだけではなく、それを元に 自力でイメージを読み解き、一枚のイメージの背後で作動しているメカニズムを知ることの、スリリングな 楽しみを味わってほしいと思います。 そして何より、日々否応なくイメージに取り囲まれて暮らすわれわれにとって、イメージを意識的・批判的に読み解く力は、現代社会をサバイバルするうえで必須の能力です。 授業を通じてイメージとの適切なかかわり方、扱い方を知り、イメージに翻弄されるのではなく、イメージを楽しみ、有意義に使いこなせるようになってもらいたいと思います。 jpn.

次の