知 的 障害 寿命。 知的障害とは?「IQ」と「適応機能」の関係、程度別の特徴や症状、診断基準について解説します【LITALICO発達ナビ】

認知症と寿命は何か関係性があるの?関係性を大解剖!

知 的 障害 寿命

知的障害とは 知的能力障害 ID: Intellectual Disability は、医学領域の精神遅滞 MR: Mental Retardation と同じものを指し、論理的思考、問題解決、計画、抽象的思考、判断、学校や経験での学習のように全般的な精神機能の支障によって特徴づけられる発達障害の一つです。 発達期に発症し、概念的、社会的、実用的な領域における知的機能と適応機能両面の欠陥を含む障害のことです。 すなわち「1. 知能検査によって確かめられる知的機能の欠陥」と「2. 適応機能の明らかな欠陥」が「3. 発達期(おおむね18歳まで)に生じる」と定義されるものです。 中枢神経系の機能に影響を与える様々な病態で生じうるので「疾患群」とも言えます。 男女比はおよそ1. 6:1(軽度)~1. 2:1(重度)です。 知的機能は知能検査によって測られ、平均が100、標準偏差15の検査では70未満を低下と判断します。 しかしながら、知能指数の値だけで知的障害の有無を判断することは避けて、適応機能を総合的に評価し、判断するべきです。 重い運動障害を伴った重度知的障害を「重症心身障害」と表記することもあります。 適応機能とは、日常生活でその人に期待される要求に対していかに効率よく適切に対処し、自立しているのかを表す機能のことです。 たとえば食事の準備・対人関係・お金の管理などを含むもので、年長となって社会生活を営むために重要な要素となるものです。 知的障害の診断 症状が重ければ年齢の若いうちから気づかれ、軽いと診断も遅くなります。 幼児期には言葉の遅れ、たとえば言葉数が少ない・理解している言葉が少ないといった症状から疑われます。 また合併症が先に気づかれて、後に知的障害(精神遅滞)とわかることもあります。 診断にあたっては、症状の評価とともに原因疾患の有無を調べる必要があります。 原因としては、染色体異常・神経皮膚症候群・先天代謝異常症・胎児期の感染症(たとえば先天性風疹症候群など)・中枢神経感染症(たとえば細菌性髄膜炎など)・脳奇形・など発作性疾患があげられ、多岐にわたっています。 どの検査をどこまで行うかは、お子さんの症状に基づいて決定されます。 すなわち日常の生活の様子や保護者の訴え、なによりも本人の診察所見を総合して決まるもので、ケース・バイ・ケースと言えるでしょう。 知的評価に加えて、粗大運動能力・微細運動(手先の操作性)・社会性・言語の理解や表出の力も、診断に際して大切な情報となります。 医学的な診断は上記の基準でなされますが、知的障害に対する福祉的な捉え方には変化が生じています。 それは知的な能力と日常生活における活動能力は必ずしも並行したものではなく、個人ごとに必要な援助は異なることが指摘され、必要な援助の様式と強さによって、知的障害を分けていこうとする立場です。 福祉サービスなどを受けるための制度として、療育手帳があります。 知的障害児・者に対して、一貫した指導・相談等が行われ、各種の援助措置を受けやすくすることを目的に、都道府県・指定都市が交付しているもので、窓口は市町村、管轄の児童相談所、障害者センター等となり重症度が判定されます。 申請条件はお住まいの都道府県によって若干異なることもあるので、確認する必要があります。 日常生活の適応機能は3つの領域、すなわち下記の概念的領域、社会的領域、実用的領域の状態で示すことが指示されています。 日常生活・学校・職場など多方面における機能状態の困難さ、支援の必要性を評価した上で判断する必要があります。 概念的領域:記憶、言語、読字、書字、数学的思考、実用的な知識の習得、問題解決、および新規場面における判断においての能力についての領域• 社会的領域:特に他者の思考・感情・および体験を認識すること、共感、対人的コミュニケーション技能、友情関係を築く能力、および社会的な判断についての領域• 実用的領域:特にセルフケア、仕事の責任、金銭管理、娯楽、行動の自己管理、および学校と仕事の課題の調整といった実生活での学習および自己管理についての領域 わが国における適応行動評価の客観的尺度として最近、日本版Vineland-II適応行動尺度が発行されました。 対象年齢は0歳から92歳までで、幅広い年齢層における適応行動を明確に得点化でき、コミュニケーション、日常生活スキル、社会性、運動スキルの4つの適応行動領域に分けて評価します。 知的障害の治療と予後 ほとんどの知的障害において、基礎にある障害そのものを改善させることは難しい状況です。 しかし恵まれた環境下においては適応機能などが向上する可能性は十分あります。 早期に発見され適切な療育が施された場合、長期的予後は改善するとされています。 本人のみならず家族への支援も欠かせないと考えられます。 知能やその遅れに関する知識の啓蒙や教育を当事者のみならず一般社会に行うこと、家族や遺伝に関するカウンセリングがなされることも有用と思われます。 出生前後の適切な医学的対応や生後の様々な福祉的・教育的支援(特別支援教育)は、知的障害や二次的な合併症(二次障害)を最小限にとどめることに役立つと思われます。 (最終更新日:2020年5月12日).

次の

50歳以上対象の大規模調査から判明、寿命延伸との関連が示された「活動」とは?

知 的 障害 寿命

知的障害者に潜む寿命を縮めるもの:太り過ぎ 知的障害者に潜む寿命を縮めるもの:太り過ぎ AN INSIDIOUS LIFE SHORTENER OF THE MENTALLY HANDICAPPED: EXCESS WEIGHT Howard M. Lenhoff, Ph. 体重と知的障害: 太り過ぎは特にコレステロールと心臓病を引き起こすものとして一般の大人の世界 では知られていますが、知的障害者にはさらに大きな問題となります。 第一に障害者の多 くは、安定的で十分肉体を動かすような仕事についていません。 また、スポーツにおいて も十分な技術をもっておらず、座ったままのライフスタイルを送る事でさらに体重の増加 が加速されます。 第二に太り過ぎは、一般に否定的な型にはまった知的障害者として、世 間の「やせるべき」社会の中で組み合わされてしまいます。 知的障害者の太り過ぎる傾向は、生理学上・心理学上の理由があるかもしれません。 ウイリアムス症候群の子どもの経験からのみ言えば、WSの子は幼児期によく食べる事が 難しく幼少期は「育ちが遅い」といえます。 思春期までは食べる事にきむずかしいのです。 結果として親はその痩せた子どもに対して、絶え間無く、何でも食べれるだけ食べさせる 事を求める傾向にあります。 思春期には、特に女性の場合変化が始まります。 第一に体の面で、すぐに身長が上 限まで達し、他の成長も横並びで発達するでしょう。 第二にホルモンの変化で思春期には、 特定の部分おしりの肉のようなところに脂肪が蓄積するような影響を与える傾向にありま す。 最後に大人の世界のフラストレーションや、座りきりの生活を続けることや食事の機 会が、体重増加を加速させる事につながります。 ところが10歳頃まで子どもは痩せて針金 のようなので、それが更に体重を増加させる事につながります。 「ちょっと待って」あなたは言うかもしれません。 「あなたも私たちの多くが取り 憑かれている「痩せるべき」の固定観念に陥っているのではありませんか?」いや、私た ちは太り過ぎがいかに健康を損なわせ、寿命を縮めるかについてよく知っているだけなの です。 先天的知的障害者が心臓病を併発していることも知っています。 事実、WSは心雑 音や大動脈の欠陥など幼少期に早期発見されることにより、診断されることがしばしばで す。 そのような子どもの親である私たちは適度な食生活や、日々定期的な運動をすること を子どもに教える大きな責任があります。 体重、寿命、生活設計: これらのことは単に責任という問題ではありません。 知的障害者の保護者のプラン にマッチし、我々が死んだ後のために子どものために一生懸命準備しておくべき計画です。 知的障害者の親は他の親と異なり、自分たちの死後の子どもの福祉についてが我々の関心 事であるという事であるのがはっきりしているならば、子どもに適度に食べ定期的に運動 する事を習慣付ける事がより重要であります。 にもかかわらず私たちは知的障害児の将来 計画のため何年も自分を犠牲にし、時には他の自立している子どもを無視さえしている事 に気づくかもしれません。 そして太り過ぎた障害児が、十分に長く健康的な生活をエンジ ョイしていないかもしれない事に気づくでしょう。 知的障害児の親が遭遇する他のジレンマ: 私たちは子どもの「普通の」寿命を知るに十分な科学的根拠を持っていません。 ダ ウン症候群の場合をとれば、かつてはダウン症の人は比較的寿命が短いと考えられていま した。 現在その寿命は明らかに伸びています。 WSでは35歳以上のWS症の人はそれが発 見され名づけられる前に生まれたため、情報さえ十分でありません。 35歳以上のWSの人 はたくさんいるかもしれないが、その多くは恐らく診断やWSであることさえ知らされて いないのです。 Gloriaの体重問題と体重調整に対するひどい事故: 今のところ成功している知的障害者のケースをご報告する前に、私の娘であり現在 体重問題をコントロールできているように見えるGloriaが、どのようにしているのか述べ たいと思います。 彼女の成功はすばらしいものでは無く、彼女が死ぬくらいひどい自動車 事故に遭った結果でした。 私は「ヨーヨー」ダイエッターで五年毎に極端な絶食療法をや っては、続く4年間減らした体重を戻すのに費やし若干プラスになるというものでした。 娘が私を改心させてくれる事を期待しています。 Gloriaは典型的な痩せたウイリアムスの子どもでした。 しかし、十代の終わり頃彼 女は強制的に食べ始め、4ft10(125センチ)と小柄な身長の彼女は一時は156ポンド(70. 8 キロ)にふくれあがりました。 過去3年間に体重は108ポンド(49キロ)あたりとなり、 この2ヶ月間は100ポンド(45キロ)程度です。 ライフスタイルや食事の習慣の中でこの 変化は家族で決めたダイエット計画から始まったものではなく、1991年10月の事故の結 果Gloriaが臀部の外科手術を受け、3ヶ月以上入院し車椅子生活を余儀なくされ、その後 3ヶ月歩行も制限されたためです。 事故の結果の一つとして、彼女の左足の筋肉が弱まり悪化したため、筋肉回復のた め厳しい体力的治療プログラムをする事になりました。 彼女は発達した筋肉を見せる事に とりつかれ、治療プログラムが終了したあとも地域のヘルスクラブで足の運動を続けまし た。 今日まで彼女はできる限り毎日1時間程度クラブへ通い続けています。 Gloriaの型にはまらない動機: 彼女の動機ですか?最初は体重を減らす事ではなく病院のリハビリ病棟にいる医者 を喜ばせるためでした。 彼女は回復度を検査するために定期的に医者を訪れていました。 彼女のようなWSの人は喜ばせることが好きで、リハビリの医者を足がつよくなる運動を する事で喜ばせられるのなら、それがどんなに難しくてもその運動を続けていました。 その数年後、毎日20分の退屈な足踏み機(私は5分間かろうじてできます)を日 課とする事で体重が減ってきていることがはっきりしてきました。 一度それを私たちが誉 め始めると、体重を減らす事がいかに私たちを喜ばせるかがわかり、彼女は毎日何カロリ ー消費したか(足踏み機のコンピューターで表示される)と体重を報告しています。 わたしたちは、彼女に激励されました。 ダイエットをより健康的なものに修正し始 め、家族全体が利益を享受することになりました。 問題は彼女が見せたと同じように継続 的に決めた事をできるかという事ですが…。 私たちがまわりにいないとき、子どもがすぐにケアされたり監督下にないような時 何が起きるでしょうか?それは問題です。 Gloriaが現在の日課を続ける前は、5〜10日間 程度町に行くときはいつも信頼できる人たちに彼女を預けていました。 彼女は一日に約1 ポンドは太っていることを確信しました。 彼女が15歳のある時、甘いお菓子や食べ物をフ リーザーにいれ鍵をかけておきましたが、彼女は鍵を壊し、お菓子を食べていました。 ま たあるときは、私の財布を奪い、彼女の職場に休憩時間になると食べ物を売りに来るトラ ックから全部のお菓子を買ってしまいました。 同じような事は施設にいる障害児の親は遭 遇します。 体重は問題であり、コントロールする事が難しいものです。 現在 Gloriaは、毎日の運動と健康的な食事をとてもしっかり約束しているのでカロ リーは高いが栄養の少ない食品や甘いもの(適度に)はめったに口にしません。 仕事の時 に友達と食べるのみで私たちとは食べません。 彼女の驚くべき良い報告をもらって力がわ いてくるでしょう。 風呂場の体重計が誘惑に対する彼女の抵抗を確証しています。 この習慣は彼女の振る舞いに深くしみこんでおり、われわれの励まし無くても続け られるでしょう。 いつかは、私たちがいなくても生きていかなければならなくなるでしょ うから。 しかし食事療法の思わぬ結果として、私たちもより健康的な生活を営むようにな ったため、知的障害児が遭遇する多くの問題に Gloria が打ち勝つよう手助けするため、 少し長生きできるようになったかもしれません。 どうやって始めるのでしょうか: はっきりと認識できる減量のための健康的な運動や食事を、教える事は簡単ではあ りません。 意欲を失わせうるものでもあります。 徐々に始めることがベストです、でも今 から始めましょう。 がみがみしかったり悔しかったりすることは止めましょう。 覚えてお いてください、知的障害児の多くはあなたがたに認めてもらいたがり、それを必要として いるのです。 少なくとも家族の中でそれは心理学の作用のように思われます。 多くの地域 はYMCAやヘルスクラブを持っています。 それらは家族が会員になる価値が十分あります。 ふつう私と家内は交互にGloriaを連れて行き、自分の決まった運動をしています。 やりま しょう。 好きになるかもしれません。 習得しておくべきライフスタイルのもうひとつは、健康的な低カロリー食品です。 アメリカではカロリー、脂肪、他の栄養分の中身を食品にラベル表示する事が新たに義務 づけられ数年前よりも食品を賢く選ぶ事は容易になりました。 今や好きなものは何でも食 べられます。 しかし更に健康的になるため一人前の量を少なくし、十分なサラダを日に二 回取る事で補います。 私たちはどうでしょうか: 単純には、このような文章を書く事で、私たちが説教しているようなライフスタイ ルを維持するよう自分にプレッシャーを与えている事は事実です。 おそらく私たちの薦め を家族や知的障害児にためしてみるべきです。 そして自分の文章を書くべきです。

次の

レット症候群とは?女の子のみが発症し、特徴は顔つきと手の動き?寿命は?

知 的 障害 寿命

こどもを残してはいけないと心配している親も多い中、自閉症を抱えている人の寿命が短いという統計も出ているようです。 ぼくの自閉症の弟も身体的にはいたって健康ですが、将来合併症などが心配です。 今回は自閉症の寿命について、なぜ短命になる人が多いかなどをまとめます。 自閉症を抱えている事で、合併症を引き起こすたり、ひとつの事にこだわりを持つ性格。 偏食になる事で健康を損うなどの理由から短命になる方が多くなっています。 自閉症の30パーセントがなる合併症 自閉症の方がかかりやすい合併症のひとつに、てんかんがあります。 思春期の頃に、発症する事が多く、自閉症を抱えている人の30パーセントがなるとも言われています。 てんかんを引きおこす理由は定かではありませんが、てんかんも脳の疾患である事を考えると、 同じ脳の先天性疾患である自閉症もてんかんを引き起こしやすいという理由が納得できます。 てんかんは、大きな発作を繰り返す事で、次第に脳の機能が壊れてしまう事もあるため、てんかんの発作を予防するために薬を服用するなどの対策が必要です。 発達障害や知的障害も併発しやすい その他、自閉症がかかりやすい合併症に、知的障害や注意欠陥多動症、学習障害などがあります。 スポンサーリンク 薬の副作用なども影響あり これらは、自閉症と同じ発達障害というくくりのグルーブになりますが、自閉症の多くが、 これらの障害を多重に抱えている事が多く、薬の服用も必要となってくるケースもあります。 多くの合併症を発症しやすい自閉症は、薬の副作用などが影響して短命となる事もあり、平均的に寿命が短くなる傾向があるようです。 安全の確保が最重要項目 そのほか、自閉症の寿命が短い理由に、予測できない事にパニックをおこしてしまうという行動も影響しています。 特に、大人になると体も大きくなるため、パニックを起こして暴れてしまった場合、まわりだけでなく、自分にも危害が加わってしまう事があります。 また、パニックから自分を傷つけてしまう事もあるため、小さな頃から、 パニックへの対処法などを見極めながら、社会生活になじめるように、療育をしていく事が大切です。 施設への入所で安全を確保する事もひとつの方法 重度自閉症の場合は、特に社会生活はもちろん、家庭での生活自体が難しいケースもあります。 その場合は、長い期間障害者支援施設などと過ごしている人もいますが、家庭での生活に危険が伴う場合は、安全な場所での保護は欠かせない事といえます。 自閉症の寿命は短いと言われていますが、しっかりと周りが状況を見極めて育てていく事で、安全に過ごす事ができます。 寿命を延ばすためのカギは、安全に生活ができるようにして上げる事、関わり方が大切といえます。 スポンサーリンク - , , , , ,.

次の