昨今のコロナ禍。 コロナ禍について【読み方】【文面の表記】

昨今のコロナ禍で思うこと、今の状態

昨今のコロナ禍

(naturalbox/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです) お笑い芸人のが14日、自身のブログを更新。 新型コロナウイルスの流行を受けて、小学生以来久しぶりに買ったという商品を紹介した。 小学生の頃駄菓子屋で見かけた以来、手に取ることはなかったそうだが、感染対策としてこまめな手洗いが推奨されている昨今、石鹸がないところでも手軽に手洗いできるため注目されている。 だいたが購入したのは、かわいらしいピンク色のパッケージデザインで、ピーチの香りがするもの。 「随分とかわいらしいのが 最近は販売されています」と満足そうなコメントを残した。 また、「紙石鹸は軽くて携帯に助かりますね」「お買い物のシェア、助かります!」と、だいたの購入品やアイデアを参考にしている読者も少なくないよう。 だいたのように、ウェットティッシュやアルコール消毒など、除菌アイテムを持ち歩くようになった人も多いだろう。 しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,880名を対象に「新型コロナウイルスの感染予防」について調査を実施したところ、全体の30. 4%が「除菌アイテムを持ち歩いている」と回答した。 出先で手を洗いたくても石鹸が置いてない場合もあるだろう。 そうしたときのために一つ持っておくと、重宝するかもしれない。

次の

子ども食堂 コロナ禍でニーズ増 知恵出し合い運営継続

昨今のコロナ禍

よろこばしくない事柄。 不幸をひきおこす原因。 と出てきました。 「コロナ禍」というのはどうやら漢字の意味そのままのようで、【 コロナによるわざわい】という解釈でよさそうです。 訓読みの「禍々しい禍(まがまがしいわざわい)」がまさにその通りという感じですね。 (当たり前っちゃ当たり前なんですけど。 笑) 「新型コロナ禍」 「コロナウイルス禍」 「新型コロナウイルス感染症禍」 など似たり寄ったりなワードを見かけますが、いずれも新型コロナウイルス(COVID-19)のことですので意味としては一緒ですよね。 ちなみに 「禍」と「災い」、どちらも「わざわい」と読みますが、この2つには差があるのでしょうか? どうやら、 【渦(うず・か)】 渦(うず):勢いよく流れる水(液体)の表面にできる、螺旋 らせん 状に巻き込んだ流れ。 また、それに形が似たもの。 渦(か):水がうずをまいて流れる。 また、うずをまいている形。 うずまき。 渦を使った単語には、「渦中」や「戦渦」といった単語があります。 世界中がコロナウイルスによる混乱に巻き込まれている現状は、「コロナ渦」と表現しても意味的におかしくはありませんよね。 「コロナ禍」の方がよく見かける辺り最初は誤用だったのかな?とも思いますが、認められて使われている部分もあるように思います。 読み方としてはこちらも「ころなか」になるんでしょうかね? ちなみに「 コロナ鍋(なべ)」という言葉もちらほら。 こちらも検索してみましたが、どうやら誤用かな?という印象でした。 笑 コロナウイルスに関しては聞き慣れない単語も多いので戸惑ってしまいますね。 コロナ禍とは? 今回「コロナ禍」という単語を調べてみてすっきりしました! 「ころなうず」だと思っていたでの中々あれなのですが、1つ賢くなりましたね。 笑 とにもかくにも世界中に広まる「コロナ禍」、早く終息することを願うばかりです。

次の

コロナ禍においてもIT技術を活用した『オンライン理事会』進行中!!

昨今のコロナ禍

今シーズン中にはデビューしたい!と思ってた ハード うん。 出…てみようか! 色々不安だけどイケルイケルダイジョウブ しかし、ノーマルのYZ250Xはいくら向けな車両とはいえそのままレースに出るには色々と不安が残ります。 モチロン性能的な面では言う事なしなんだけど、ガード類が皆無であり乗車ポジションがまんまモトクロッサーなんでレース中に足を付いたりマシンを押したりエンジン再始動(YZはキックオンリー…)するにはかなりキツイものがあるのです💧• その辺りをで戦えるモノにするべく私たちのYZ250Xに実行したチューニングやカスタムを纏めてみました! ガード類 ノーマルのYZ250Xはガード関係に関してはほぼ丸腰です。 しかしアフターマーケットから様々なパーツが出ているので用途に合わせて選びたい放題なのは良い所でありますね しかし一気に揃えると金額もそれなり…なのでチームの皆と協議して必要最低限、ガードが無い事で重大なトラブルに直結するような所に重点を絞ってチョイスして行きます ハンード ACERBIS:トライフィットハンード お山とを愛するチーム内ではクローズドタイプのハンードが当たり前。 その中でもCYCRAのハンードがよく選ばれてました。 しかし問題もあって…確かに強いんだけど重いんだコレが。 しかも強過ぎて転倒すると高確率でハンドルが曲がる!転倒でハンードに掛かった力が全てハンドルに集中しちゃうんですよね。 折角の軽量なYZ250Xなんだから重量増は極力抑えたいしそんな硬くなくても良い。 それで全て樹脂で構成されたACERBISのトライフィットを採用しました。 樹脂だからって弱いなんて事は無くしっかりとガードしてくれてます。 それでいてメチャクチャ軽い!左右合わせてもCYCRAの片側だけより軽いんでないかな(笑) そして何よりカッコ良い ココ重要 フレームガード ACERBIS:Xグリップ フレームプロテクター フレームを傷物にしない為だけのガードは別に要らない。 大きく分類して素材=アルミor樹脂、形状=フルアーマーor一枚板このパターンに分かれると思う。 そこで私らのに対する要求は「軽くて広範囲をガード出来るモノ」そうと来ればもうコレしかなかった。 またACERBISかよ! まぁACERBISを贔屓してるのは事実だけどそれ関係なしにコイツはまさにパーフェクト。 軽いしにカバーも保護。 要は耐熱のスポンジでとフレームの隙間に詰め込みます。 コレはマディーコンディションで走る時の必需品 以前CRF250Rでマディーなコースを走った時、フロントタイヤが巻き上げた泥がこの隙間に堆積して終いにはあまりの重さに脱落した事があります。 当然その分マシンも重くなるんだからとはセットで考えた方が良い逸品ですね。 ーガード ZETA:ーガード+ースリーブ擬き(網戸の網 ノーガードのーはすぐ曲がりますからねー!コレは転倒が前提の乗り方するなら必需品でしょう。 本当ならエンジニアリングとかのえげつないヤツが良かったんだけど…今回は安さに釣られてZETAにしましたw まぁ、それでも補強リブマシマシな3mm厚のアルミなんで無いよりは良いだろう… あとは網戸の網、コレをルーバーに被せました。 元はと言えばムースレーシングのースリーブというモノがあるんだけど結構なお値段がするのよね💧そこでほぼタダでースリーブを模したモノを作ったというワケですw 目的はズバリ、コレもマディ対策でーが泥で詰まって冷却出来なくなるという事態を未然に防ぐ為です。 どんだけ泥にトラウマ持ってんだw フロントフォークボトムガード JFG Racing:フロントフォークガード 車に使われているKYB製フロントフォークの弱点はボトム部の肉厚が薄い事。 もしココが潰れたりなんかするとフロントフォークがオーバーホールな状態に陥ってしまいます。。。 ボトムの薄肉部分が障害物にする可能性のあるシチュエーション、洗い掘りのV字谷を突き進む時やガレ場を走るなんて場合はコレ無しじゃ怖いっすね(お財布事情的に チェーンガイド 全部が樹脂製のヤツ: 詳細不明(最初から付いてた このYZを購入した時から付いてました。 ノーマルでは金属のケーシングの中に樹脂のガイドが仕込まれる…そんな物だと思います しかしココが岩とかにヒットすると金属製ならそのまま曲がってしまいチェーンやにしてしまう恐れがあります そこでヒットしても曲がりっ放しにならない総樹脂製のモノにしたいと考えてました。 最初からコレ付いててラッキーw マシンを用途と身体に合わせる 性能の尖った競技車両であるYZ250Xは素人が扱うにはちょっとキツい。 だから思った通りに操作出来るように各部を調整する事は本当に重要。 私の身長は174㎝程なので転倒さえしなきゃ問題ないんだけど当然転ぶしチーム員は身長だって様々。 そこでシートフォームを大胆に削って足付き性を向上させました 快適に座れるギリギリの所まで削り込み。 タンデムシート風に後方に段差を持たせたのは停止状態でスタックした時にボディーアクションで後退させたいなんて時にケツを押し当てて反動をマシンに伝え易いようにという目論み こんなに削ったモンだから前方には傾斜が付いちゃってモトクロス的な前乗りが凄くやり辛いというデメリットはあるけど、それを承知した上でもメリットの方が上を行きます スタックしたり斜面で止まって藻掻いてる時なんてホント雲泥の差なくらい操作性が向上しましたね。 しかし先述のLowシートで着座位置が低くなった分を丁度良く補正された感じになりました この低さのおかげでハンドルに上半身を被せ易くなった上にシートと併せてライダーの乗車位置が低くなった事で鬼加速でも身体が遅れない!そして普通なら捲れそうな激坂にシッティングで突っ込んでもフツーに登っちゃう…もうクセになりそうな最高に楽できるセッティングですw しかし勿論デメリットもあります。 ハンドルが低い事でスタンディングがやり辛く、激坂下りで後方に重心を持って行きたい時にハンドルが遠くなる。。。 この辺りはメリットとデメリットを十分に理解してある程度割り切る必要がありますね レバー調整 ZETA:ピボットレバー(・4フィンガー) レバー位置の調整。 コレは本当に重要。 では1フィンガーで絶え間なく繊細な操作が必要になります。 だから幾らでもは軽い方が良い。 そこでホルダーを限界まで内側に寄せて長い4フィンガーレバーの端の方に指を掛ける事でテコの原理で軽く操作出来るようにしてます ギアが入った状態からキックでエンジン始動させるにはレバーは長くさせて確実に切れてなきゃいけない。 しかしレバーは少ないで軽く操作できつつ指側に近付けたい。 そんな矛盾した要求の最適な妥協点を探り当てるのに調整機構が増えるこのレバーが必要不可欠でした 激しい転倒でハンードが回っちゃった時もこのレバーなら逆側にも折れてくれるので破損リスクも減るのが有難いところ ちなみにブレーキレバーはノーマルでも短い上に良く出来てるピボット機構なのでそのままで良い感じでした ステップの角度調整 コレがノーマルのステップでノーマルの位置ですね。 コレを私好みに調整します。 調整機構なんてありません。 しかし… ステップホルダーを加工してストッパーの当たり面にボルトを入れる事で角度の調整が出来るようにしました。 角度調整にはボルトの頭の厚みを変える事で行います。 ボルトの頭を削ったりワッシャーを追加したりして。 何故そんな事をするかって?? コレが加工後のステップ角度。 随分と後退して傾いてますね! この加工によって得られる効果というと… 構造的にステップ外側だけが高くなるのでステップを踏み込むだけで踝グリップが勝手に出来ちゃうのです!角度によっては痛いくらい足がマシン側にグッと入ります。 ハード寄りのでもステップに荷重掛けてマシンを抑えるのは本当に重要でそれはトションにも直結する。 とは言っても低速でガッタガタな所ばっか走るからつい足が離れちゃうんですよね。 適材適所なチューニングを! その他、車体周り ガード類と人にマシンを合わせるセッティングは完了した!でもそれだけじゃもう少し足りない。 小技やマナー的な部分がまだだ。 お次はその辺りの紹介 スタックベルト FIELD:スタックベルト(90CM もはやコレは常識?では装着する事がマナー的なモノです。 要はスタックしたマシンを引っ張り上げる為の取っ手ですね。 別に自分では使う事無いだろうけど、レース中にスタックして後方で渋滞が発生するような場合にマシンの排除などで他の人の手も借りたりする。 その際に持つ所の少ないを迅速に 排除するのにコレが有ると助かるんですよね。 自分以外、周りの人の事を思うなら装着は必ず! リザーバータンク 市販車のトレールマシンしか見た事ない人たら「マジか」と思わるかもしんないけど(私はそうだった)レーサーマシンにはリザーバータンクが無いです。 ホースから出たは垂れ流しです。 しかしスタックして藻掻いたりすると走行風が無いからオーバーヒート気味になり易くソッコーで吹きます…そんな時にコレがあれば蒸気になったをある程度なら復水出来るし、水温下がって足りなくなれば勝手に戻って行くし。 スタック上等なを走るなら是非とも装着したいアイテムです。 ちなみにコレはホームセンターで売ってるPP(ポリプロピレン)製品の250㏄保存容器です。 キャブレターのバキュームホース加工 キャブの両脇から伸びてるホースに三つ又を咬ませて追加したホースを燃料タンク側、つまりは上の方に伸ばします。 何でこんな事するかって言うとノーマルだとこのホースの端部はリアサスリンク近辺で大気開放されています。 水の中を走っててココが水没する状況だと水を吸い上げちゃう可能性があるんですよね。 そこで分岐を作って水没しない部分でも大気開放させる事でキャブが水を吸う事態を回避出来ます。 キャブとは言ったけどミッションのブリーザーホースも同じ所で大気開放なのでコチラにも分岐を作って上の方で大気開放させてます。 川渡りやドロドロの谷地で埋まる事まで想定したマシン作りですw ハブが、綺麗になるよwww もうコレはおふざけでありチームの象徴的な部品ですw (無視してくださいスミマセン 最後に 如何だったでしょう?コレが私たちチームのYZ250Xに行った第一段階のチューニングです。 欲を言えば前後ブレーキディスクにもっと厳ついガードを奢ったりを重くしたりリアブレーキの追加レバーを入れたり…なんてやりたい事は尽きませんw しかしウチらは所詮お気楽エンジョイ勢の素人。

次の