マーク nct。 へチャン(NCT)の好きなタイプや彼女の噂とテミンとの不仲説について!

NCTマークの現在!本名と身長や性格・卒業の噂の真相・プロフィール総まとめ

マーク nct

マークについて NCT UとNCT127とNCT DREAMに所属するカナダ出身の韓国人メンバーで、メインラッパーを担当している。 2016年4月にNCTとNCT Uのメンバーでデビューし、同年7月にはNCT127、8月にはNCT DREAMのメンバーでデビューするなど、何回もデビューしたことから「프로데뷔러 プロデビュー人 」というあだ名をつけられた。 所属ユニットごとのポジションもそれぞれで、NCT127では最年少、NCT DREAMでは最年長である。 NCT127ではマンネでありながら、真面目でしっかりした性格で、パフォーマンスも安定しており、NCTの中でも期待のメンバー。 基本プロフィール 好きなタイプ 髪が長く、目のきれいな人が好みだと語っているが、これ以外に好きな女の子のタイプは特に公表していない。 サイン会など、マークに直接会える場面でファンの子が好きなタイプを聞いたという噂もあったが、結局は聞けなかったよう。 熱愛の噂もない為、まだ好きなタイプの情報が流れてくるのには時間がかかりそう。 性格 非常にしっかり者で、大人びた成熟した考えと言動を常に保っている。 その言動で、事あるごとに周りを驚かせたり、ファンを感動させたりする。 またとても腰が低く謙虚で、仕事をもらえることに感謝していると述べており、一つ一つの仕事に心を込めて向き合う姿勢が分かる。 また努力家で、常にその一瞬一瞬が学びの場であり、勉強の場であるということを意識し忘れないようにしているのだという。 今目の前にある場所での仕事や機会がこの上ない大切なものであり、出会いであるので、決して無碍にせず、いい学びと向上のチャンスとして生かし、誠実にこなしていきたいと語っている。 そして、その場所にいる人々への気遣いや交わりを決して疎かにせず、何か心に残せることを言い、行う努力を惜しまないのだという。 さらに家族への思いも忘れず、親孝行の気持ちを大事にしている。 その証に、「もし大金が手に入ったら、どのように使いますか」という質問に、「両親に感謝の気持ちを込めて、お金を渡したいです」と言っている。 またNCT127ではマンネでありながら、愛嬌などを魅せるタイプではなく、メンバーから「サンナムジャ(男らしい男)」と言われている。 趣味 とにかく音楽鑑賞が大好きで、飛行機での移動中、夜寝る前にすること、ストレッチしながらすることも、歌や音楽を聴くことだという。 音楽が大好きなことが、携帯の待ち受け画面がマイクであることや、今までもらったプレゼントで一番うれしかったものがスピーカーであることからもうかがい知れる。 また、人物の写真を撮ることも好きだという。 それ以外にも、おいしい物を食べることや良い歌を見つけたり発掘したりするのも大好きだそうだ。 自転車も好きでよく乗るという。 特技 カナダ出身ということもあり、飛びぬけた英語力を生かした英語ラップを得意としている。 また韓国語の発音も何ら問題なく、彼のラップの表現力と伝達力は高い評価を得ている。 作詞の腕にも定評があり、韻を効果的に使う作詞方法を得意としている。 得意な楽器はギターであり、歌を歌う時には主にギターを使うそうだ。 得意なスポーツは、趣味も兼ねて、バドミントン、ハンドボール、バスケットボールで、NCTショーで華麗なドリブル技を見せてくれたりした。 デビュー前の経歴 カナダ・ブリティッシュコロンビア州バンクーバーで誕生し、そのバンクーバーで開催されたSMグローバルオーディションに合格し、事務所に所属する。 アメリカ・ニューヨークなどにも滞在したが、韓国ソウルのオンジュ中学校を卒業し、ソウル公演芸術高校実用舞踊科に現在通学中である。 SMエンターテイメント新人ボーイバンドNCTとNCTサブユニットNCT U、NCT127、NCT DREAMに所属し、ラッパー担当。 2016年にNCT Uのシングル「the 7th sense」でデビューしたのが初披露。 それ以前は、2014年にSM Rookiesの男性メンバーで出場しており、同じ2014年にはS. 2015年3月21日にはSMTOWNで、SM Rookiesのメンバーとしてコンサートに登場しており、同じ2015年にはバラエティー番組「ミッキーマウス・クラブ」韓国版に出演した。 同年10月6日には、ROOKIES SHOWにも出演している。 このように、若い頃に音楽のオーディションを受けるほどに音楽に傾倒したのは、両親の影響が大きいようだ。 出身・家族・学歴 兄弟 兄 出生国 カナダ 出生地域 British Columbia 高校 ソウル公演芸術高等学校在学中 大学 解散・引退について 周囲からの評判 非常に謙虚で、「忙しくて大変じゃないですか?」という質問にも、「ただ、たくさんの機会をいただけるのがありがたく、大変光栄で、毎回学ばせていただいています」と答えており、メンバーの模範となっている。 NCTメンバーを大切の思う気持ちも言葉の端々に見られて、NCTのコンサートでは、10年後のチョヒョンの予想される姿を聞かれると、「一緒に10周年コンサートをしていると思います」と答えて、「しっかりしてるな」とメンバーが舌を巻いたと言う。 またカナダで生まれ育ったため、英語圏の文化に慣れており、当初韓国の言葉や文化に慣れなかった側面もあったが、NCTにはジョニーやテンなど英語圏で育ったメンバーもいるため、彼らと英語で話しているときは気楽に過ごせるという。 整形 写真を見ると、小さい頃から変わってないので、整形していないと言われている。 好きな食べ物 好きな食べ物としてはベーグルやクッキー、ケチャップチップス、チョコなどを挙げているが、韓国のチキンやキムチ、ご飯なども好きだと語っている。 公式サイト・SNS.

次の

NCTのマークくんと、BTSのラップモンスターは、どちらの方がラップ...

マーク nct

概要 [ ] 「開放と拡張」をグループテーマとし、日本・韓国・中国・アメリカ・カナダ・タイ・ドイツ・マカオ・香港と多様な国籍で構成されるメンバーから、コンセプトごとに活動メンバーを選抜。 今後、「NCT」の名のブランドで、世界各都市を拠点としたグループが順次デビュー予定とされる。 「活動グループ、メンバー数の制限がない」という新たな概念をもった、次世代グローバルグループ。 主に出身者で構成されている。 公式ファンクラブ名は「NCTzen(エヌシティズン)」で、ファンは「シズニー」と呼ばれる。 WayVのファンは「WayZenNi」。 来歴 [ ] NCT [ ] 2016年1月27日、「SMTOWN:New Culture Technology, 2016」にてNCTの結成が発表された。 4月9日、NCT Uが、デビューデジタルシングル「第七感 The 7th Sense 」を発表。 翌4月10日にはセカンドデジタルシングル「WITHOUT YOU」を発表。 4月15日、KBS「ミュージックバンク」を通じて正式にデビューした。 7月7日、NCTソウルチームであるNCT 127がMnet「M COUNTDOWN」を通じて正式にデビュー 、7月10日にはデビューミニアルバム「NCT 127」を発売した。 8月25日、NCTの青少年連合 10代 チームであるNCT DREAMがMnet「M COUNTDOWN」を通じて正式にデビュー。 8月27日、デビューデジタルシングル「Chewing Gum」を発売した。 2017年1月6日、ドヨンとジャニーを新たに加えたNCT 127がセカンドミニアルバム「Limitless」の音源を公開、1月9日に発売された。 2月9日、NCT DREAMがシングルアルバム「The First」を発売。 ジェミンは腰の負傷により活動に参加しないことが発表された。 2月14日、NCT DREAMがSBS「The Show」でデビュー後初の1位を獲得した。 6月12日、公式ファンクラブ名が「NCTzen」、ファンの愛称が「シズニー」になったことが発表された。 6月14日、NCT 127がサードミニアルバム「Cherry Bomb」を発売。 6月22日、Mnet「M COUNTDOWN」でNCT 127として初めて1位を獲得した。 8月17日、NCT DREAMがファーストミニアルバム「We Young」を発売、ジェミンを除く6人でカムバックした。 11月4日、NCT 127が2018年春に日本デビューすることを発表した。 2018年1月30日、クン、ジョンウとルーカスの3人がを卒業し、NCTの新メンバーとなることを発表した。 1月31日、18人のメンバーを紹介する「NCT 2018 Yearbook」 を発表。 2月9日より「NCTmentary」シリーズが公開された。 3月14日にアルバム「NCT 2018 Empathy」を発売。 同日、高麗大学校化汀体育館でショーケースを開催。 同アルバムはでプラチナアルバム認定を受けた。 4月19日、「Black on Black」のミュージックビデオを公開。 5月12日、第24回愛する大韓民国2018 DREAM CONCERTに出演。 2019年1月にはWay Vが新たにデビューした。 NCT U [ ] 2016年4月4日、「NCT U」のデビューメンバーとして、テイル、テヨン、テン、ドヨン、ジェヒョン、マークの6名を順に公開。 「U」は「United」の頭文字。 4月9日、デビューデジタルシングル「第七感 The 7th Sense 」を発表。 4月10日、デジタルシングル「WITHOUT YOU」を発表。 中国語版にはクンが参加。 4月15日、KBS「ミュージックバンク」を通じて正式にデビュー。 2018年1月12日、テイル、ドヨン、ジェヒョンが参加するデジタルシングル「Timeless」を発表。 1月30日、テイルとドヨンが参加するデジタルシングル「Radio Romance」を発表。 2月27日、テヨンとテンが参加するデジタルシングル「Baby Don't Stop」を発表。 3月にはアルバム「NCT 2018 Empathy」の中から、「BOSS」を発表。 新たにジョンウ、ルーカスを公開。 「NCT U」に新たにウィンウィンが参加。 4月2日、テヨン、ドヨン、ルーカス、マークが参加する「YESTODAY」のミュージックビデオを公開。 8月、「」でと共演。 9月7日、ウェブドラマ「トッコ リワインド」のOSTとしてテイルとジェヒョンが参加する「New Dream」を発表。 2019年9月、ドヨンとジェヒョンが参加するデジタルシングル「New Love」を発表。 10月1日、ウェブドラマ「ノクドゥ伝」のOSTとしてドヨンとマークが参加する「Baby Only You」を発表。 12月13日、デジタルシングル「Coming Home」を発表。 NCT 127 [ ] 2016年7月2日、「NCT 127」のメンバーとして、テイル、テヨン、ユウタ、ジェヒョン、ウィンウィン、マークおよびヘチャンの7名を順に公開。 「127」はソウルの経度()に由来し、「イリチル」と発音する。 7月7日、Mnet「M COUNTDOWN」を通じて、正式にデビュー。 7月10日、デビューミニアルバム「NCT 127」を発売。 2017年1月6日、ジャニーとドヨンを新たにメンバーに加え、セカンドミニアルバム「LIMITLESS」の音源を公開。 1月9日、セカンドミニアルバム「LIMITELESS」を発売。 6月14日、サードミニアルバム「CHERRY BOMB」を発売し、デビュー後初のショーケースを開催。 6月22日、Mnet「M COUNTDOWN」で、デビュー後初の1位を獲得。 11月4日、2018年春に日本デビューすることを発表し、韓国でリリースされた「Limitless」の日本語バージョンのミュージックビデオを公開。 2018年3月13日、「NCT 2018」プロジェクトとして「TOUCH」を公開。 5月23日、日本デビューミニアルバム「Chain」を発売。 「Chain」は週間アルバム・セールス・チャートで1位、で2位を獲得。 10月12日、ファーストフルアルバム「NCT 127 Regular-Irregular」をリリース。 ジョンウが新メンバーとして加入。 「NCT 127 Regular-Irregular」は米で86位を記録。 11月23日、ウィンウィンがリパッケージアルバムの放送活動に不参加であることが発表された。 11月27日、リパッケージフルアルバム「NCT 127 Regulate」を発売。 2019年1月26日より、全10カ国26都市37公演のコンサートツアー「NCT 127 'NEO CITY - The Origin'」を開催。 4月17日、初の日本フルアルバム「Awaken」を発売。 5月24日、4枚目のミニアルバム「We Are Superhuman」を発売。 米で11位にランクイン。 アーティスト100では6位、ソーシャル50では2位にランクイン。 6月9日より、で冠番組「NCT 127 おしえてJAPAN!」が配信された。 7月22日、「Highway to Heaven English Ver. 」のミュージックビデオを公開。 10月4日、テヨンとマークがとしてデビュー。 11月28日、韓国歌手として初めてに参加。 12月18日より4都市8公演の日本アリーナツアー「NEO CITY : JAPAN - The Origin」が開催された。 2020年3月6日、セカンドフルアルバム「NCT#127 Neo Zone」を発売。 「NCT#127 Neo Zone」はiTunesのアルバムチャートにおいて32の国と地域で1位を獲得。 3月12日付けので1位。 タイトル曲の영웅 英雄; Kick It はで1位を獲得。 21日付けの米で5位を記録。 3月10日、韓国歌手として初めて「ロデオヒューストン」に出演。 5月17日、オンラインコンサート「Beyond the Origin」を開催。 129の国と地域で10万4千人が視聴した。 5月19日、セカンドリパッケージアルバム「NCT #127 Neo Zone: The Final Round」を発売。 NCT DREAM [ ] 2016年8月25日、「NCT DREAM」がMnet「M COUNTDOWN」を通じて正式にデビュー。 8月27日、デビューデジタルシングル「Chewing Gum」を発売。 2017年2月2日、腰の負傷などの理由で活動を中断していたジェミンが、「THE FIRST」活動には参加せず、残りの6人で活動することを発表。 2月9日、ファーストシングルアルバム「THE FIRST」を発売。 2月14日、SBS「The Show」でデビュー後初の1位を獲得した。 8月17日、ファーストミニアルバム「We Young」を発売。 2018年3月4日、「NCT 2018」プロジェクトとして「GO」を公開。 3月14日、ジェミンが復帰。 9月3日、セカンドミニアルバム「We Go Up」を発売。 iTunes総合アルバムチャート15地域1位、中国・xiami総合チャート1位を記録。 12月27日、S. STATIONからマークを含む7人のメンバーとしての最後のデジタルシングル「Candle Light」を発表。 12月5日、「NCT DREAM SHOW 2」の活動を最後にマークが卒業。 2019年7月26日、サードミニアルバム「We Boom」を発売。 21地域のiTunesチャートで1位を獲得した。 9月12日、米ビルボード「今年の21歳以下アーティスト21」に2年連続選定された。 11月より初の単独コンサート「NCT DREAM TOUR-THE DREAM SHOW」を開催。 2020年から日本ツアーが開催されることが発表された。 2020年1月22日、日本公演記念ミニアルバム「THE DREAM」を発売。 「THE DREAM」は 、で1位を獲得。 4月14日、卒業制度が撤廃されマークを含めた7人で「NCT U」の形態で活動することが発表された。 4月29日、フォースミニアルバム「Reload」を発売。 世界51の国と地域のiTunesトップアルバムチャート1位を獲得。 5月7日付けので1位となった。 5月8日、「」で1位を獲得。 5月10日、オンラインコンサート「Beyond the DREAM SHOW」を開催。 WayV [ ] 2018年8月13日、NCT China(仮名)の結成予定が発表された。 12月31日、レーベルLABEL Vからクン、ウィンウィン、テン、ルーカス、ヘンドリー、シャオジュン、ヤンヤンの7人から構成されるグループが2019年1月にデビューすることが発表された。 2019年1月17日、デジタルシングル「The Vision — The 1st Digital EP」で中国デビュー。 収録曲の「理所当然 Regular 」は米ビルボード・ワールド・デジタル・ソング・セールス・チャートで3位、Social 50チャートで4位、エマージング・アーティストチャートで16位を記録。 5月9日、ミニアルバム「Take Off」を発売。 また、iTunesで中国の男性アイドルグループとしては最多の世界30の国と地域で1位を獲得。 8月、から単独番組「少年威计划」が放送された。 10月4日、テンとルーカスがのメンバーとしてデビュー。 10月29日、セカンドミニアルバム「Take Over The Moon」を発売。 収録曲「天选之城 Moonwalk 」がQQ音乐チャートで1位を獲得。 同アルバムは世界16の国と地域のiTunes総合アルバムチャートで1位 、米ビルボードSocial 50チャートで5位。 10月30日、韓国の音楽番組「」で「天选之城 Moonwalk 」を披露。 12月4日、ナゴヤドームで開催されたでBEST NEW ASIAN ARTISTを受賞。 2020年3月13日、リパッケージミニアルバム「Take Over The Moon — Sequel」を発売。 5月3日、初の単独オンラインコンサート「Beyond LIVE」を開催。 6月9日、ファーストフルアルバム「Awaken The World」の音源が公開された。 STATION 2017年 4月6日 夢中夢 テン テン S. STATION シーズン2 5月2日 AROUND テヨン Hitchhiker X テヨン S. STATION シーズン2 7月20日 Lemonade Love マーク パク・ジェジョンX マーク S. STATION シーズン2 8月4日 Cure テヨン X テヨン S. STATION シーズン2 8月7日 Stay In My Life テイル、テヨン、ドヨン テイル、テヨン、ドヨン KBS2ドラマ『学校2017』OST 10月13日 Star Blossom ドヨン ドヨンX セジョン S. STATION シーズン2 11月24日 Try Again ジェヒョン d. ear X ジェヒョン S. STATION シーズン2 2018年 4月6日 New Heroes テン テン S. STATION シーズン2 6月8日 Hard for Me ドヨン ドヨン ドラマ『リッチマン』OST 11月29日 Coffee Break ルーカス ルーカス X Jonah Nilsson S. STATION シーズン3 12月13日 Hair in the Air ロンジュン、ジェノ ジェミン イェリ、ロンジュン、ジェノ、ジェミン S. STATION シーズン3 12月26日 City Lights テヨン 、テヨン フィーチャリング 2019年 3月6日 Don't Say Goodbye ドヨン ドヨン X Rocoberry コラボレーション 3月30日 보라색 Purple テイル SOHLHEE X テイル フィーチャリング 7月4日 So Am I テヨン、ジェヒョン、マーク Ava Max X NCT 127 リミックスバージョン 7月18日 Long Flight テヨン テヨン S. STATION シーズン3 11月20日 This is Your Day for every child, UNICEF ドヨン 、、、、 、、 、ドヨン STATION X 4 LOVEs for Winter 2020年 2月19日 Asteroid ヤンヤン IMLAY X ヤンヤン フィーチャリング 2月28日 在你身旁 I'll be there クン、シャオジュン 、クン、シャオジュン コラボレーション 5月31日 The Riot テン、シャオジュン DJ GINJO、テン、シャオジュン フィーチャリング アルバム [ ] No. タイトル 収録曲 Gaon チャート (週間) 売上枚数 1st NCT 2018 Empathy 2018年3月14日• INTRO: Neo Got My Back• BOSS• Baby Don't Stop• TOUCH• YESTODAY• Black on Black• なのに... Timeless• 일곱 번째 감각 第七感 ; The 7th Sense• WITHOUT YOU• WITHOUT YOU Chinese Ver. 몽중몽 梦中梦 Dream In A Dream• OUTRO: VISION 2位 330,335枚 NCT U [ ] デジタルシングル [ ]• The 7th Sense(2016年)• WITHOUT YOU(2016年)• Timeless (2018年) - S. STATION シーズン• Radio Romance (2018年) - KBS2ドラマ『ラジオロマンス』OST• New Dream (2018年) - 『トッコ リワインド』 DOKGO REWIND OST• New Love (2019年)- ウェブドラマ『일진에게 찍혔을 때』OST• Baby Only U (2019年)-KBSドラマ『ノクドゥ伝』OST• Coming Home (2019年)- STATION X ミュージックビデオ [ ] 公開日 ミュージックビデオ 参加メンバー 2016年 4月8日 テヨン、マーク、ジェヒョン、ドヨン、テン 4月9日 テイル、ジェヒョン、ドヨン 4月12日 テイル、クン、ドヨン、ジェヒョン 2018年 1月12日 テイル、ドヨン、ジェヒョン 2月5日 テイル、ドヨン 2月18日 テヨン、ドヨン、ジェヒョン、ウィンウィン、ジョンウ、ルーカス、マーク 2月26日 テヨン、テン 4月1日 テヨン、マーク、ルーカス、ドヨン 2019年 12月13日 テイル、ドヨン、ジェヒョン、ヘチャン NCT127 [ ] デジタルシングル [ ]• Taste the Feeling(2016年) - S. STATION シーズン1、コカ・コーラ コラボソング• タイトル 収録曲 Gaon チャート (週間) 売上枚数 1st NCT 127 (2016年7月10日)• 지금 우리 今僕たち City 127• Regular Korean Ver. Replay PM 01:27• Knock On• 나의 모든 순간 僕の全ての瞬間 No Longer• Interlude: Regular to Irregular• 내 Van 僕のVan My Van• 악몽 悪夢 Come Back• 신기루 蜃気楼 Fly Away With Me• Regular English Ver. Run Back 2 U ボーナストラック Regulate (2018年、リパッケージアルバム)• 지금 우리 今僕たち City 127• Regular Korean Ver. Replay PM 01:27• Welcome To My Playground• Knock On• 나의 모든 순간 僕の全ての瞬間 No Longer• Interlude: Regular to Irregular• 내 Van 僕のVan My Van• Simon Says• 악몽 悪夢 Come Back• 신기루 蜃気楼 Fly Away With Me• Chain Korean Ver. Regular English Ver. Run Back 2 U ボーナストラック 2nd Neo Zone (2020年)• Punch• NonStop• 서곡 序曲; Prelude• 영웅 英雄; Kick It• 꿈 Boom• 낮잠 Pandora's Box• Day Dream 白日夢• 너의 하루 僕の一日 Make Your Day• Interlude: Neo Zone• 뿔 MAD DOG• Sit Down! 메아리 Love Me Now• 우산 Love Song• 백야 White Night• Not Alone• Dreams Come True• Elevator 127F 日本 ミニアルバム No. タイトル 収録曲 オリコン チャート (週間) 日本1st Chain (2018年5月23日)• Lips• Wakey-Wakey• Chain• Regular English ver. Touch Japanese ver. Blow My Mind• Limitless Japanese ver. Long Slow Distance• Kitchen Beat• Cherry Bomb Korean ver. Fire Truck Korean ver. End to Start 4位 ライブアルバム• NEO CITY : SEOUL— The Origin — The 1st Live Album 2019年 ソウル公演収録のライブアルバム ミュージックビデオ [ ] 公開日 ミュージックビデオ 備考 2016年 7月6日 7月28日 12月5日 NCT 127 X W X ESTEEM 12月20日 2017年 1月4日 6月14日 11月4日 日本語 2018年 3月13日 5月8日 日本語 10月8日 英語 10月11日 11月22日 2019年 3月18日 日本語 5月24日 7月22日 英語 2020年 1月27日 ギフトソング 3月4日 5月20日 NCT DREAM [ ] デジタルシングル [ ]• Chewing Gum(2016年)• Trigger the Fever(2017年)• We Young - 「FIFA U-20 ワールドカップコリア2017」韓国大会オフィシャルソング• JOY(2017年) - S. STATION シーズン2• Candle Light(2018年)- S. STATION シーズン3• Don't Need Your Love(2019年)- HAVYとのコラボレーション、S. STATION シーズン3• Fireflies(2019年)- 世界スカウト財団公式ソング• Up to You(2019年)- PRETTYMUCHとのコラボレーション シングルアルバム [ ] No. タイトル 収録曲 1st The First (2017年)• Ridin'• Quiet Down• 내게 말해줘 私に言って 7 Days• 사랑은 또다시 愛は再び Love Again• 너의 자리 あなたの場所 Puzzle Piece ライブアルバム• タイトル 収録曲 1st The Vision (2019年)• 理所当然 Regular• 噩梦 Come Back• 梦想发射计划 Dream Launch ミニアルバム [ ] No. タイトル 収録曲 1st Take Off (2019年)• 无翼而飞 Take Off• 理所当然 Regular• 真实谎言 Say It• 爱不释手 Let Me Love U• 梦想发射计划 Dream Launch 2nd Take Over the Moon (2019年)• 天选之城 Moonwalk• 黑夜日出 Yeah Yeah Yeah• 秘语 Love Talk• 心心相瘾 King of Hearts• 面对面 Face to Face• 幸福遇见 We go nanana Take Over The Moon — Sequel (2020年、リパッケージアルバム)• 天选之城 Moonwalk• 黑夜日出 Yeah Yeah Yeah• 秘语 Love Talk• 心心相瘾 King of Hearts• 面对面 Face to Face• 幸福遇见 We go nanana• Love Talk• WayV. oice 1 フルアルバム [ ] No. タイトル 収録曲 1st Awaken The World• 超时空 回 Turn Back Time• Bad Alive• 执迷 Unbreakable• After Midnight• Interlude: Awaken The World• Only Human• 多米诺 Domino• 浪漫发酵 Up From Here• Electric Hearts• Stand By Me ミュージックビデオ [ ] 公開日 ミュージックビデオ 備考 2019年 1月24日 1月27日 5月9日 6月13日 10月29日 11月5日 英語 2020年 6月10日 出演 [ ] NCT [ ] 単独番組 [ ] レギュラー番組のみ。 放送日 放送局 番組名 メンバー 2016年 4月16日-5月15日 Naver TV NCT LIFE in Bangkok テイル、ハンソル、ジャニー、テヨン、ユウタ、ドヨン、テン、ジェヒョン マーク、ジェノ、ヘチャン、ジェミン、チソン 5月23日-6月11日 NCT LIFE in Seoul テヨン、ユウタ、クン、ドヨン、ジェヒョン、ウィンウィン 7月16日-8月20日 NCT LIFE 団結大会 テイル、テヨン、ユウタ、ジェヒョン、ウィンウィン、マーク、ヘチャン 10月22日-11月26日 NCT LIFE 韓食王挑戦記 テイル、テヨン、ユウタ、ドヨン、テン、ジェヒョン、ウィンウィン 12月13日-2月18日 Naver V LIVE VICTORY NCT 2017年 1月12日- Naver TV NCT LIFE MINI NEWS NCT 3月4日-3月19日 NCT LIFE 芸能修練会 ロンジュン、ジェノ、チョンロ、チソン 3月25日-4月9日 NCT LIFE in Chiangmai ジャニー、テヨン、ドヨン、テン、ジェヒョン 6月14日-7月22日 oksusu NCT LIFE in Osaka テイル、テヨン、ユウタ、ドヨン、ウィンウィン 2019年 12月9日-1月17日 KT Seeznアプリ、V LIVE NCT LIFE in春川&洪川 テイル、ジャニー、ドヨン、ユウタ、ジェヒョン、ヘチャン 2020年 7月6日- KT Seezn NCT LIFE:DREAM in Wonderland ロンジュン、ジェノ、ジェミン、チョンロ、チソン テレビ番組 [ ] レギュラー番組のみ。 放送日 放送局 番組 メンバー 2016年 7月27日-8月31日 Mnet Hit The Stage テン 11月21日-1月9日 TV朝鮮 アイドルパーティー ユウタ 12月1日-2月16日 OnStyle Lipstick Prince ドヨン 2月10日-3月31日 Mnet 高等ラッパー マーク 3月30日-6月1日 OnStyle Lipstick Prince ジャニー 2018年 5月30日-8月8日 tvN 食料日記 テヨン 9月7日-10月26日 KBS Dancing High チソン 12月20日-全10回 tvN 私の英語思春期100時間 ジェミン 2019年 12月24日-12月31日 MBC MUSIC ピンクフェスタ クン ラジオ番組 [ ] レギュラー番組のみ 放送日 放送局 番組名 メンバー 備考 2017年-2019年 3月20日-1月27日 SBS Power FM NCTのnight night! ジャニー、ジェヒョン 固定MC 2019年 - 9月30日 - tbs eFM 乐动首尔 ロンジュン MC その他の番組 [ ] レギュラー出演のみ。 放送日 放送局 番組名 メンバー 備考 2015年 1月21日-7月1日 MBC Music Show Champion ドヨン、ジェヒョン デビュー前、MC 2017年-2018年 2月5日-2月4日 SBS 人気歌謡 ドヨン MC 2018年-2019年 2月24日-1月12日 MBC TV SHOW! 音楽の中心 マーク MC 2018年-2019年 5月22日-11月26日 SBS MTV THE SHOW ジェノ MC 2019年- 10月20日-現在 SBS 人気歌謡 ジェヒョン MC イベント [ ] 開催日 イベント名 開催地 2016年 12月2日 香港 12月26日 韓国 2018年 5月19日 韓国 9月8日 コリアンミュージックウェーブ「DMCフェスティバル2018」 韓国 12月25日 韓国 12月28日 韓国 書籍 [ ]• 『The Celebrity』6月号 表紙(2016年)- テイル、テヨン、マーク、ジェヒョン、ドヨン、テン• 『 star1』6月号 Vol. 51 表紙(2016年)- テイル、テヨン、マーク、ジェヒョン、ドヨン、テン• 『 star1』10月号 Vol. 79 表紙 - クン、ジョンウ、ルーカス(2018年)• 『BAZAAR Korea』12月号 - ルーカス 2018年• 『Vogue Korea』3月号 2018年 - テヨン、ジェヒョン、ウィンウィン、マーク、ドヨン、ジョンウ、ルーカス• 『Dazed Korea』5月号(2018年)- テヨン、テン NCT127 [ ] 単独番組 [ ]• NCT 127's LIMITLESS Room 2017年1月13日 - 2月9日• NCT 127 Road to Japan 2017年 - 2018年、全11回• NCT 127 おしえてJAPAN! - dTV(2019年)• NCT 127 おしえてJAPAN! 41(2017年)• 『NYLON KOREA』4月号 表紙(2017年)• 『Dazed Korea』9月号 2018年• 『Dazed Korea』11月号 2018年• 『LOFFICIEL HOMME KOREA YK EDITION』 2018年• 『』4月号 2019年 - ユウタ• 『GRAZIA』4月号(2019年)- ジェヒョン• 『NET ViVi』(2019年)• 『안녕! 서울』- ファースト写真集• 『Dicon』(2019年)• 『GRAZIA』9月号(2019年)- ドヨン• 『BAZAAR』9月号(2019年)- テヨン• 『1st Look』(2019年)- テヨン、マーク• 『』1月号増刊(集英社)表紙(2020年)• 『HIGHCUT』vol. 255 表紙 2020年 - ジェヒョン• 『SELFIE BOOK : NCT 127』(2020年)リアリティ番組のミニ写真集• 『ELLE KOREA』2月号(2020年) - ジェヒョン• 『』3月号 2020年 - ユウタ、ジェヒョン• 『GQ Korea』4月号(2020年)- ドヨン、ジェヒョン、ジョンウ• 『W Korea』5月号(2020年)- ジャニー、ジェヒョン• 『 star1』6月号 表紙(2020年)- ジョンウ、マーク、ヘチャン NCT DREAM [ ] 単独番組 [ ]• 『Oh Boy! 』9月号(2016年)• 『Grazia』9月号(2017年)• 『小资风尚』10月号 - 表紙(2017年)• 『Ceci』5月号(2018年)• 『Singles』10月号 2018年• 『NYLON』5月号 - ジェミン(2019年)• 『MAPS』Vol. 133 - 表紙(2019年)- ロンジュン、ジェノ、ジェミン、チソン• 『瑞丽Young』表紙 - ロンジュン(2019年)• 『Allure korea』9月号(2019年)• 『小资风尚』10月号 - 表紙(2019年• 『Allure korea』3月号(2020年 - ジェミン• 『Grazia Korea』3月号(2020年)- ジェノ• 『ELLE KOREA』7月号(2020年)- チョンロ、チソン WayV [ ] 単独番組 [ ]• 少年威计划 -(2019年) イベント [ ] 開催日 イベント名 開催地 2019年 5月31日 FENDI 2019-2020秋冬コレクション 中国(上海) 6月6日 Prada2020 春夏メンズコレクション 中国(上海) 6月17日 2019 ASIA INTERNATIONAL ENGAGEMENT PROGRAM IN SHANGHAI 中国(上海) 12月4日 日本(名古屋) 12月31日 浙江衛星テレビ2020跨年演唱会 中国(広州) 書籍 [ ]• 『红秀GRAZIA』(2019年• 『风度men's uno Young!』6月号 - 表紙 2019年• 『NYLON尼龙』7月号 - 表紙 2019年• 『男人风尚LEON young』7月号 - 表紙 2019年)• 『我们的街拍时刻』 2019年• 『BAZAAR MEN 芭莎男士』 2019年• 『伊周』8月号(2019年)• 『The G』 2019年• 『NeufMode九号摩登』 2019年• 『InStyle Icon』- 表紙(2019年)• 『VOGUE KOREA』12月号(2019年)• 『ELLE KOREA』5月号(2020年)• 2016年 コカ・コーラ(飲料)- コラボソング「Taste the Feeling」• 2016年 Design United (衣料品)• 2016年 SUPER COMMAB(衣料品)• 2017年 SUPER COMMAB(衣料品)• 2018年 NBA style (衣料品)• 2020年 Nature Republic(化粧品) 広報大使 [ ]• 2017年 第8代韓国ガールスカウト広報大使• 2018年 モスクワ韓流博覧会広報大使• 2019年 観光広報大使 NCT DREAM [ ] 広報大使 [ ]• 2017年 FIFA U-20 ワールドカップコリア2017 広報大使 オフィシャルソング「Trigger the Fever」• 2019年 世界スカウト財団「WORLD SCOUT FOUNDATION」- グローバルアンバサダー• 2020年 Mクリーンキャンペーン広報大使• 2020年 大韓民国同行セール広報大使 Wayv [ ] 広告 [ ]• 2019年 W. Lab(化粧品)- ウィンウィン• 2019年 CigaLong Beauty(化粧品)- テン、ウィンウィン、シャオジュン、ヘンドリー• 2019年 Skechers - ブランドアンバサダー 公益大使 [ ]• 2019年 小海豚愛心図書館公益大使 受賞歴 [ ] NCT [ ]• 2016-17 タイヘッドラインニュース 年度風雲人物 年度風雲・最高人気人物賞(文化娯楽部門) - テン NCT U [ ]• Asia Model Awards 歌手部門 新人賞(2016年) NCT127 [ ] 受賞年 内容 備考 2016年• 第1回 - 新人賞 歌手部門• 第18回 - 男性新人賞 2017年• 第31回 - 新人賞 アルバム部門• 第26回 - 新人賞• 第6回 - 新人賞• 第23回 大韓民国芸能芸術賞 - 新人賞• 第5回 Vチャートアワード - 年度最受歓迎新人賞、韓国地域最佳新人• 第1回 - 新韓流パフォーマンス賞• 第25回 大韓民国文化芸能大賞 - K-POP部門• 第19回 - ニュー・アジア・アーティスト賞 2018年• 第27回 - ベストダンス賞(2018年)• 第2回 - 本賞• 第24回 大韓民国芸能芸術賞• 第5回 中韓経営大賞 - アジアライジングスター賞• 2018 - WORLDWIDE FANS' CHOICE TOP10• 第1回 大韓民国大衆音楽賞 (KPMA - KOREA POPULAR MUSIC AWARDS) - 本賞• 第33回 - アルバム部門 本賞 2019年• 第28回 - 本賞• 第33回 - 本賞• 第3回 - 本賞、ソーシャル・アーティスト賞• Indonesian Television Awards 2019 - 特別賞• 第10回 大韓民国大衆文化芸術賞• 2019 V LIVE AWARDS - V LIVE GLOBAL ARTIST TOP 12 NCT DREAM [ ] 受賞年 内容 備考 2017年• 第5回 Vチャートアワード 最具潜力組合• 韓国ファーストブランド大賞 2017活躍期待される韓流スター10人 中国特別賞(2017年) 2018年• 最も影響力のあるティーン25人- 米TIME誌• 今年の21歳以下アーティスト21 - 米ビルボード 2019年• 今年の21歳以下アーティスト21 - 米ビルボード• 第25回 大韓民国芸能芸術賞 2020年• 第34回 - アルバム部門 本賞 2020年)• 第9回 - ホットパフォーマンス賞(2020年)• 第29回 - 本賞• 第26回 大韓民国芸能芸術賞 - グループ歌手賞 WayV [ ]• 2019 - Best New Asian Artist 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2017年8月閲覧。 2017年6月13日閲覧。 Kstyle 2016年1月27日. 2020年4月17日閲覧。 2017年12月10日閲覧。 2016年7月8日閲覧。 2017年12月1日閲覧。 2017年12月10日閲覧。 2017年12月10日閲覧。 Kstyle 2017年2月2日. 2020年4月17日閲覧。 Kstyle. 2020年6月11日閲覧。 2017年12月1日閲覧。 2017年6月23日閲覧。 2017年11月5日閲覧。 2018年1月31日閲覧。 news. naver. com 2018年1月31日. 2020年4月16日閲覧。 Kstyle 2018年2月9日. 2020年4月17日閲覧。 Kstyle 2018年3月15日. 2020年5月10日閲覧。 news. naver. com 2018年3月15日. 2020年4月16日閲覧。 Kstyle. 2018年5月16日閲覧。 Kstyle 2018年4月17日. 2020年4月17日閲覧。 kstyle. 2018年5月16日閲覧。 2017年12月10日閲覧。 2016年4月10日閲覧。 Kstyle 2018年1月9日. 2020年4月16日閲覧。 Kstyle 2018年1月30日. 2020年4月15日閲覧。 wowKorea(ワウコリア) 2018年2月26日. 2020年3月8日閲覧。 楽天WOMAN. 2019年12月17日閲覧。 wowKorea(ワウコリア) 2018年3月30日. 2019年12月17日閲覧。 Kstyle 2018年8月12日. 2020年4月16日閲覧。 비즈엔터 2018年9月7日. 2020年4月15日閲覧。 news. naver. com 2019年9月6日. 2020年4月15日閲覧。 브릿지경제 2019年10月1日. 2020年4月15日閲覧。 wowKorea(ワウコリア) 2019年12月3日. 2020年3月8日閲覧。 wowKorea(ワウコリア) 2018年3月13日. 2020年3月8日閲覧。 BARKS. 2019年12月20日閲覧。 Billboard JAPAN. 2019年12月20日閲覧。 wowKorea(ワウコリア) 2018年5月29日. 2019年12月20日閲覧。 wowKorea(ワウコリア) 2018年9月18日. 2019年12月17日閲覧。 Billboard JAPAN. 2019年12月20日閲覧。 Kstyle 2018年11月23日. 2020年5月23日閲覧。 뉴스핌 2018年11月23日. 2020年3月9日閲覧。 MusicVoice. 2019年12月17日閲覧。 tower. jp 2019年4月12日. 2019年12月20日閲覧。 聯合ニュース 2019年6月5日. 2019年12月20日閲覧。 Billboard 2019年7月22日. 2020年5月23日閲覧。 Real Sound|リアルサウンド. 2019年12月20日閲覧。 www. kbsworld. KBS World 韓流代表チャンネル 2019年11月29日. 2019年12月16日閲覧。 BARKS 2019年9月24日. 2019年12月16日閲覧。 Yahoo! ニュース. 2020年2月18日閲覧。 Yahoo! ニュース. 2020年3月8日閲覧。 2020年3月12日閲覧。 Kstyle. 2020年3月12日閲覧。 聯合ニュース 2020年3月16日. 2020年3月17日閲覧。 Kstyle. 2020年3月17日閲覧。 Kstyle 2020年1月13日. 2020年1月14日閲覧。 wowKorea(ワウコリア) 2020年5月18日. 2020年5月23日閲覧。 Kstyle 2020年4月27日. 2020年4月27日閲覧。 2017年2月2日閲覧。 wowKorea(ワウコリア) 2018年4月17日. 2020年3月8日閲覧。 서울경제 2018年3月4日. 2020年3月8日閲覧。 텐아시아 연예뉴스 2018年3月14日. 2020年4月17日閲覧。 wowKorea(ワウコリア) 2018年9月7日. 2019年12月17日閲覧。 wowKorea(ワウコリア) 2018年9月10日. 2019年12月20日閲覧。 Billboard 2018年12月27日. 2019年12月20日閲覧。 Billboard 2019年7月25日. 2019年12月20日閲覧。 Kstyle 2019年7月27日. 2019年12月20日閲覧。 Kstyle 2019年9月14日. 2020年4月14日閲覧。 wowKorea(ワウコリア) 2019年10月2日. 2019年12月20日閲覧。 BARKS 2019年12月6日. 2019年12月20日閲覧。 tower. jp 2020年12月11日. 2019年12月20日閲覧。 ORICON NEWS 2020年1月28日. 2020年1月28日閲覧。 Billboard JAPAN 2020年1月27日. 2020年1月30日閲覧。 モデルプレス 2020年1月28日. 2020年1月28日閲覧。 news. khan. 京郷新聞 2020年1月30日. 2020年3月25日閲覧。 Yahoo! ニュース 2020年2月27日. 2020年3月25日閲覧。 Kstyle 2020年4月14日. 2020年4月14日閲覧。 Kstyle. 2020年5月10日閲覧。 Kstyle 2020年5月9日. 2020年5月23日閲覧。 エイベックス・ポータル - avex portal 2020年5月11日. 2020年5月18日閲覧。 SMTOWNGLOBAL. SMTOWN 2018年8月12日. 2019年12月20日閲覧。 new. com. 2019年12月20日閲覧。 ent. huanqiu. com. 环球网. 2019年12月20日閲覧。 baijiahao. baidu. com. 2019年12月20日閲覧。 baijiahao. baidu. com. 2019年12月20日閲覧。 ent. ifeng. com. 橘子娱乐. 2019年12月20日閲覧。 ent. huanqiu. com. 环球网. 2019年12月20日閲覧。 www. dzwww. com. 2019年12月20日閲覧。 新京报 2019年9月17日. news. sina. com. 2019年12月20日閲覧。 www. guohuayule. com. 2020年3月9日閲覧。 ent. dzwww. com. 2020年3月9日閲覧。 baijiahao. baidu. com. 南方娱乐. 2020年3月9日閲覧。 baijiahao. baidu. com. 南方娱乐. 2020年3月9日閲覧。 baijiahao. baidu. com. 2019年12月20日閲覧。 www. 1905. com. 2019年12月20日閲覧。 tower. 2020年3月9日閲覧。 baijiahao. baidu. com. Yes娱乐. 2020年3月9日閲覧。 Kstyle 2020年5月4日. 2020年5月4日閲覧。 Kstyle. 2020年6月11日閲覧。 텐아시아 연예뉴스 2016年7月8日. 2020年4月17日閲覧。 Kstyle 2016年10月26日. 2020年4月17日閲覧。 Kstyle 2016年12月30日. 2020年4月4日閲覧。 Kstyle 2017年4月4日. 2020年4月17日閲覧。 wowKorea(ワウコリア) 2017年5月12日. 2020年4月17日閲覧。 wowKorea(ワウコリア) 2017年6月29日. 2019年12月17日閲覧。 Kstyle 2017年7月18日. 2020年4月4日閲覧。 Kstyle 2017年8月2日. 2020年4月17日閲覧。 Kstyle 2017年8月7日. 2020年4月4日閲覧。 Kstyle 2017年10月2日. 2020年4月17日閲覧。 wowKorea(ワウコリア) 2017年11月21日. 2019年12月17日閲覧。 Kstyle 2018年12月7日. 2020年4月17日閲覧。 Kstyle 2018年12月21日. 2020年4月15日閲覧。 Kstyle 2019年3月29日. 2020年3月8日閲覧。 Billboard 2019年7月3日. 2019年12月17日閲覧。 Kstyle 2019年7月19日. 2020年4月17日閲覧。 Kstyle 2019年11月21日. 2020年4月17日閲覧。 2020年2月18日閲覧。 new. com. 2020年3月1日閲覧。 2020年3月1日閲覧。 wowKorea(ワウコリア) 2018年1月9日. 2019年12月17日閲覧。 Kstyle. 2017年10月29日閲覧。 Kstyle. 2020年4月4日閲覧。 Real Sound|リアルサウンド. 2019年12月17日閲覧。 WoW! Korea. 2017年10月29日閲覧。 www. xportsnews. com 2017年12月15日. 2019年12月22日閲覧。 wowKorea(ワウコリア) 2018年12月21日. 2019年12月17日閲覧。 wowKorea(ワウコリア) 2019年5月31日. 2019年12月17日閲覧。 Billboard 2019年7月15日. 2020年3月25日閲覧。 Billboard. 2019年12月17日閲覧。 Yahoo! ニュース. 2019年12月17日閲覧。 스포츠조선 2020年5月20日. 2020年6月9日閲覧。 2019年12月20日閲覧。 wowKorea(ワウコリア) 2017年6月2日. 2019年12月17日閲覧。 wowKorea(ワウコリア) 2019年12月9日. 2020年4月10日閲覧。 Kstyle 2018年12月7日. 2020年4月4日閲覧。 Kstyle 2019年12月5日. 2020年4月10日閲覧。 Kstyle 2017年3月9日. 2020年4月4日閲覧。 wowKorea(ワウコリア) 2017年2月1日. 2019年12月17日閲覧。 wowKorea(ワウコリア) 2019年10月20日. 2019年12月16日閲覧。 news. naver. com 2016年12月2日. 2020年4月16日閲覧。 www. tvseoul. kr 2018年9月10日. 2019年12月21日閲覧。 Instagram 2016年5月17日. 2019年12月20日閲覧。 톱스타뉴스 2016年5月17日. 2019年12月21日閲覧。 OSEN 2018年4月20日. mosen. 2020年5月9日閲覧。 서울경제 2018年7月20日. 2019年12月21日閲覧。 www. xportsnews. com 2018年9月21日. 2019年12月21日閲覧。 Instagram 2018年9月19日. 2019年12月20日閲覧。 sports. donga. com 2018年7月31日. 2019年12月21日閲覧。 HARPERSBAZAAR 2018年11月29日. www. harpersbazaar. 2019年12月21日閲覧。 Vogue Korea 2018年12月4日. 2019年12月21日閲覧。 news. eastday. com. 东方网 2016年4月11日. 2020年4月17日閲覧。 bntnews. hankyung. com 2016年5月21日. 2020年4月16日閲覧。 wowKorea(ワウコリア) 2016年5月11日. 2019年12月22日閲覧。 K-PLAZA 2016年10月17日. 2019年12月17日閲覧。 news. naver. com 2016年10月23日. 2020年4月16日閲覧。 중앙일보 2017年7月9日. 2019年12月22日閲覧。 2019年12月21日閲覧。 2020年5月10日閲覧。 news. kr 2018年4月25日. 2019年12月21日閲覧。 ORICON NEWS 2019年5月10日. 2019年12月17日閲覧。 ドワンゴジェイピーnews 2019年8月19日. 2019年12月17日閲覧。 BARKS 2019年8月23日. 2019年12月17日閲覧。 경제신문 2016年7月30日. 2020年3月9日閲覧。 경인일보 2016年8月22日. 2020年6月25日閲覧。 이데일리 2016年9月24日. 2020年6月25日閲覧。 www. dtoday. kr 2016年9月12日. 2020年3月9日閲覧。 Kstyle 2016年10月6日. 2019年12月22日閲覧。 한국경제티브이 2016年10月5日. 2020年6月25日閲覧。 국제신문 2016年9月5日. 2020年3月8日閲覧。 톱스타뉴스 2016年10月12日. 2019年12月22日閲覧。 アジアトゥデイ 2016年10月17日. 2020年6月25日閲覧。 2019年12月22日閲覧。 Kstyle 2016年11月16日. 2019年12月22日閲覧。 톱스타뉴스 2016年11月1日. 2019年12月22日閲覧。 Kstyle 2016年11月27日. 2019年12月22日閲覧。 뉴스1 2016年12月2日. 2019年12月22日閲覧。 news. jtbc. joins. com 2017年1月14日. 2019年12月22日閲覧。 news. zing. vn 2016年12月20日. 2020年3月9日閲覧。 Kstyle 2017年1月19日. 2020年4月4日閲覧。 wowKorea(ワウコリア) 2017年2月7日. 2019年12月16日閲覧。 Kstyle 2017年2月22日. 2020年4月4日閲覧。 Kstyle 2017年4月3日. 2020年4月4日閲覧。 VTV, BAO DIEN TU 2017年4月2日. BAO DIEN TU VTV. 2020年3月8日閲覧。 미디어펜 2017年4月26日. 2020年3月8日閲覧。 www. stardailynews. kr 2017年5月28日. 2019年12月22日閲覧。 Kstyle 2017年4月19日. 2020年4月4日閲覧。 news. chosun. com 2017年6月3日. 2019年12月22日閲覧。 입력 2017. 14 13:40 2017年6月14日. 중앙일보. 2019年12月22日閲覧。 Billboard 2017年6月26日. 2019年12月17日閲覧。 kstyle 2017年6月26日. 2017年12月3日閲覧。 Kstyle 2017年8月7日. 2020年4月4日閲覧。 billboard Japan 2017年7月13日. 2017年7月13日閲覧。 Billboard 2017年6月8日. 2019年12月17日閲覧。 K-PLAZA 2017年6月6日. 2019年12月17日閲覧。 K-PLAZA 2017年8月2日. 2019年12月17日閲覧。 머니투데이방송 MTN 2017年8月17日. 2020年3月9日閲覧。 NEWSIS 2017年9月17日. newsis. 2020年4月8日閲覧。 wowKorea(ワウコリア) 2017年8月21日. 2019年12月17日閲覧。 www. japankorea. org. 2019年12月17日閲覧。 중앙일보 2017年10月12日. 2019年12月22日閲覧。 톱스타뉴스 2017年8月30日. 2020年3月8日閲覧。 서울경제 2017年10月21日. 2019年12月22日閲覧。 daily. hankooki. com 2017年10月23日. 2020年3月9日閲覧。 ABS-CBN News 2017年9月21日. 2017年12月1日閲覧。 국제신문 2017年10月27日. 2020年4月8日閲覧。 뉴스프리존 2017年11月13日. 2019年12月22日閲覧。 브레이크뉴스 2017年11月29日. 2019年12月22日閲覧。 서울경제 2017年12月1日. 2019年12月22日閲覧。 Kstyle 2017年12月6日. 2020年3月8日閲覧。 입력 2017. 19 09:43 2017年12月19日. 중앙일보. 2019年12月22日閲覧。 Billboard 2018年2月8日. 2019年12月17日閲覧。 2018年2月16日閲覧。 Kstyle 2018年4月6日. 2019年12月22日閲覧。 영남일보 2018年4月12日. 2020年3月8日閲覧。 Fair News 2018年5月15日. 2020年3月9日閲覧。 톱스타뉴스 2018年4月12日. 2020年3月8日閲覧。 BARKS 2018年5月24日. 2020年5月23日閲覧。 Billboard 2018年4月19日. 2020年3月8日閲覧。 스타투데이 2018年6月28日. 2019年12月22日閲覧。 Kstyle 2018年6月28日. 2020年4月4日閲覧。 한국섬유신문 2018年5月23日. 2019年12月22日閲覧。 부산일보 2018年7月16日. 2019年12月22日閲覧。 뉴스인사이드 2018年7月31日. 2020年3月8日閲覧。 The Jakarta Post 2018年5月30日. 2019年12月17日閲覧。 モデルプレス - ライフスタイル・ファッションエンタメニュース 2018年8月25日. 2019年12月17日閲覧。 BARKS 2018年8月13日. 2019年12月17日閲覧。 hankyung. com 2018年8月10日. 2019年12月21日閲覧。 bandwagon 2018年6月28日. 2020年3月8日閲覧。 뉴스프리존 2018年8月16日. 2020年3月8日閲覧。 Kstyle 2018年6月22日. 2020年4月4日閲覧。 hankyung. com 2018年9月16日. 2020年3月8日閲覧。 인터뷰365 - 대한민국 인터넷대상 최우수상 2018年9月27日. 2019年12月21日閲覧。 스타뉴스 2018年9月3日. 2019年12月21日閲覧。 Billboard 2018年10月2日. 2019年12月17日閲覧。 Kstyle 2018年10月2日. 2020年3月8日閲覧。 연예뉴스, SBS 뉴스,SBS 2018年11月1日. SBS 연예뉴스. 2019年12月21日閲覧。 중앙일보 2018年7月27日. 2019年12月21日閲覧。 モデルプレス - ライフスタイル・ファッションエンタメニュース 2018年10月31日. 2019年12月17日閲覧。 2019年12月21日閲覧。 Kstyle 2018年11月5日. 2020年4月4日閲覧。 www. apdw2018. org. 2020年4月7日閲覧。 www. facebook. com. 2019年12月21日閲覧。 wowKorea(ワウコリア) 2018年12月17日. 2019年12月21日閲覧。 Kstyle 2019年1月15日. 2019年12月21日閲覧。 입력 2019. 06 13:03 2019年2月6日. 중앙일보. 2019年12月21日閲覧。 スポーツソウル日本版 2019年1月22日. 2019年12月21日閲覧。 K-PLAZA 2019年2月7日. 2019年12月21日閲覧。 Admin 2019年2月19日. 香港亞洲流行音樂節. 2020年4月7日閲覧。 ORICON NEWS 2019年4月2日. 2020年4月7日閲覧。 Billboard 2019年4月11日. 2019年12月17日閲覧。 Kstyle 2019年4月24日. 2020年4月4日閲覧。 Billboard 2019年5月7日. 2019年12月17日閲覧。 Longmire, Becca 2019年5月16日. ET Canada. 2019年12月17日閲覧。 Kstyle 2019年5月10日. 2019年12月21日閲覧。 News, Jaehwa Bernardo, ABS-CBN 2019年5月1日. ABS-CBN News. 2019年12月17日閲覧。 hankyung. com 2019年6月24日. 2020年3月9日閲覧。 三立新聞網 2019年9月21日. www. setn. com.

次の

マーク(NCT)はカナダ国籍だけど親は何人?ラップの実力がすごい!

マーク nct

NCT 127 マーク NCTのマークは、完璧な韓国語を話しているため外国人だと気づかれないアイドルの1人。 両親が韓国人だが育ったのはカナダだ。 TWICE サナ TWICE サナが韓国語が上手なことは有名だが、そのボキャブラリーの数の韓国人並みだという。 食事の好みも韓国人に似ているそうだ。 さらに、韓国語を書くのは韓国人よりも上手だとも言われている。 SEVENTEEN ジュン SEVENTEEN のジュンの本名はムン・ジュンフィ。 そのため、彼を中国人だと思わずに韓国人だと思っている人も多いそうだ。 ジュンのビジュアルや韓国語の発音は、ネイティブの韓国人そのものだという。 PRISTIN キョルギョン PRISTINのキョルギョンも韓国語が上手なことで知られており、彼女が中国人であることを忘れている人が多いという。 韓国語を話しすぎて、母国語を忘れてしますこともあるそうだ。 Cherry Bullet レミ Cherry Bulletのレミが日本人だと知り、驚く人は多いようだ。 本名は勝野莉世で、韓国人のような顔立ちをしていることから、よく韓国人に間違われるという。 (G I-DLE ウギ (G I-DLEのウギは、歌うときの韓国語の発音が完璧だという。 韓国語はわずか2年しか勉強していないそうだが、ボキャブラリーの数がとても多く、韓国人のようだという。 宇宙少女 ソンソ 美しいビジュアルと抜群のプロポーションで話題の宇宙少女のソンソ(チャン・シャオ)。 彼女は中国人だ。 Cherry Bullet メイ Cherry Bulletのメイも白い肌と透き通るようなビジュアルで、よく韓国人に間違われるという。 本名は廣川茉音で日本人だ。

次の