オートファジー 意味 ボカロ。 オートファジー

オートファジー

オートファジー 意味 ボカロ

「ボッカデラベリタ」は2020年4月26日に公開されたボカロP柊キライさんの楽曲です。 映像は柊キライさんではおなじみのWOOMAさんが担当されています。 過去作「オールフール」や「エバ」に続く名曲ですよね。 毎回リスナーの期待をいい意味で裏切る斬新さです。 柊キライさんの才能には驚かされますね。 「どうにも幼さが溢れる歌」 柊キライさんは楽曲について一言だけコメントしています。 この言葉の意味とは何でしょうか... ? それでは、曲名の意味や登場人物の詳細、解釈に移っていきます。 ボッカデラベリタ:曲名の意味 「ボッカデラベリタ」は"真実の口"という意味です。 誰でも写真などで一度はみたことがある彫刻ですよね。 MVにも出ている 実際に真実の口の彫刻のような描写がMV内で出てきます。 出典: 真実の口の伝説 「真実の口」は、口の中に手を入れると、偽りの心がある者は、手を抜く時にその手首を切り落とされたり、手が抜けなくなると言われています。 要約すれば 「嘘つきは断罪される」ということです。 MVでは断罪される場所 口 が封じられています。 これは「嘘は見抜けない」というような意味が表現されているのではないでしょうか。 曲名の意味は「真実の口」だとわかりますが、 真実だけではないような意味合いもMVから示唆されます。 歌詞解釈でその理由を明らかにしていきます。 登場人物について ボッカデラベリタの子 名前 「魅朕 みさき 」 ラフ画だから手のデザインちょっと違う — WOOMA tomapocpo 主人公にMVを手がけたWOOMAさんが紹介していました。 MVに出てくる主人公の名前は「魅朕(ミサキ)」 名前で気になったのが「朕」の文字。 「朕(チン)」は帝王や天皇が自分を指して言った言葉です。 魅朕(ミサキ)の服装も少し和風で昔の貴族が着ていたような羽織の印象がありますよね。 主人公は位が高い人物 実際に歌詞では「〜ですの」など丁寧な言葉を使っており、 名前にも皇帝を示す「朕」の言葉が入っていて、キャラの手には扇が握られています。 上のことから 主人公は皇帝的な立場を持っている女性なのではないかと考えられます。 現代でいえば 「カースト上位」または「所謂いい子」を意味しているのではないでしょうか? MVに使用される紫の意味 MVに多く使用される紫には• 高貴な印象• 神秘的• 美しい そんな意味が含まれています。 いい意味では上の3つですが、紫には悪い意味も含まれていて 「i hate you」あなたが大嫌い 楽曲の中で一番出てくる言葉が「アイヘイチュー」 「i hate you」は「あなたが大嫌い」という意味です。 楽曲は主人公のミサキと大嫌いな「君」の物語であることがわかります。 君がいなけりゃあたしは無い 無い はい はいそうですね その通りです 出典: 大嫌いな君に対してキライと言うと同時に 「君がいなければ私はいない」そう言っているような歌詞が最初に出てきます。 そしてミサキが"君"に従っている様子も描かれています。 ミサキは逃げられなくなってる状況だとわかります。 嫌いなのに従っているのは「幼さ」ゆえなのでしょうか... ? 落とされていく主人公 な な な な なんですの 出典: この歌詞は曲的にメロディに当てはめているのもあると思いますが ミサキが動揺している様子を描いているようにも解釈できます。 あたしいい子じゃいられない 出典: いい子で入られないのは何故でしょうか... ? 歌詞では「君は軽薄」とも言っていることから、主人公は君と一緒に悪いことをしていると考えられます。 だから 「真実」を周りには話せないのだと解釈できます。 喉を過ぎればそれは真実 トップシークレット 明かさないように 〜喉を過ぎればそれは真実 出典: 「喉を過ぎればそれは真実」この言葉は "真実の口"の伝説を示唆していると解釈できます。 "真実の口"に手を入れて喉から手を出してしまえば嘘ではないと証明されます。 行った悪事も誰にも知られなければそれが真実になるということです。 奈落の底へ落ちていく あたし期待 期待無い連中 な な な な なんですの 出典: ここでの歌詞の同様は君に対してではなく、「ミサキに期待していない人たち」だと考えられます。 期待していない人たちは「家族」なのではないでしょうか... ? 上の歌詞以降「シークレット」の文字がなくなったことから 家族に悪事がバレたと解釈できます。 ミサキは高貴な身分 つまり、カースト上位のいい子だったと考えられます。 それと同時に 家族からはあまり期待されずに孤独だったのではないでしょうか... ? その孤独から君と悪事を働いてより落ちてしまった。 楽曲ではミサキの悲劇の転落劇が描かれていると解釈できます。 ミサキが行った悪事はなんなのでしょうか... ? 君の正体は? 完全なる仮説になりますが、 実際にミサキが"君"と行った悪事や関係性は記載されていません。 君に関する情報は"軽薄"という言葉だけです。 だから、君との悪事は君との恋だったのではないでしょうか... ? 過去の高貴な身分たちが堕落するのは「恋」です。 「禁断の恋」をしていたのではないでしょうか? 最後に 今回は柊キライさんの「ボッカデラベリタ」を歌詞解釈しました。 最後まで読んでいただきありがとうございます。

次の

「千本桜はAKBの曲」ツイートが大炎上 AKBとボカロ、ファン因縁の大ゲンカ: J

オートファジー 意味 ボカロ

事の発端となったのは、2013年8月20日、情報番組「ZIP!」(日本テレビ)で放送されたボカロについての特集だ。 若者の間でボカロの曲をカラオケで歌うことが流行っているという内容で、ボカロの人気曲「千本桜」も紹介された。 これを見たあるツイッターユーザーが、「なにこれ・・・。 千本桜はAKBの歌なのに、勝手にボカロの曲にされてる・・・。 日本テレビに苦情の電話いれる。 #応援してくれる人RT」とツイート。 すると、即座にボカロファンから「ボカロの曲であってますけど?AKBの曲じゃありませんよ?w」「ボカロの曲でしょ(笑)」など突っ込みが入った。 「千本桜」はAKBの石田晴香さん、市川美織さんがミュージカルで歌ったことはあるが、ボカロで作曲している「黒うさP」さんが作詞作曲し、初音ミクに歌わせているもので、ボカロファンの主張は正しい。 しかし、最初にツイートしたユーザーは「AKBの歌です。 AKBを馬鹿にしないでください。 」「千本桜を有名にしたのはAKBなので、それはもうAKBの歌ってことでいいかと」「元はAKBの歌です。 秋元康さんが作ったんですよ!」など荒唐無稽な主張を展開した。 熱狂的ボカロファンの間でこれらのツイートはどんどん広まっていき、「お前きも ボカロが先だから」「バカジャネーノwwwボカロの曲だお この無知が。 もっと調べてから発言しろ馬鹿」「お前みたいな発言をする勘違い野郎が居るからAKBファンは嫌われるんだよ」など批判のリプライが大量に寄せられ、炎上状態となった。 AKBファンではなかった?「釣って遊んでただけ」 なお、このユーザーはフォロワーとのやり取りで「ネットで釣って遊んでただけ」「一本釣り漁法」などとツイートしている。 AKBファンでも、「千本桜はAKBの曲」と思っているのでもなく、ただボカロファンを怒らせて楽しんでいただけかもしれない。 8月21日になってからは千本桜への興味が失せたようで、主に高校野球に関するツイートを投稿している。 しかしボカロファンからの攻撃は全くおさまらず、問題のツイートから約32時間経過した21日17時を回っても「さっさと謝罪しろよ」「こいつ勘違いを拗らせすぎ」といったリプライが寄せられ、「みんなのスパブロ(スパム報告とブロック)で凍結させよう!」(編注:スパム報告とブロックを大量に受けたアカウントは凍結されてしまう)と呼びかける人も現れている。 今回はAKBファンではなかったが、千本桜をめぐるAKBファンとボカロファンの戦いはこれまでにも起こっていた。 13年1月、「千本桜」をもとにしたミュージカル「千本桜」で初音ミク役をAKBの石田晴香さんが務めると発表された際、石田さんのツイッターアカウントあてに「AKBごときがミク演じるな」「めちゃくちゃなことしないで」など罵倒が寄せられたほか、「#AKBが千本桜歌うと思うとゾッとする人RT」というハッシュタグまで作られた。 AKBファンはボカロファンに対し「文句があるなら直接事務所に電話したら」「お前にAKBとそのメンバーを叩く資格は無い」などとツイートし、応戦していた。

次の

piapro(ピアプロ)

オートファジー 意味 ボカロ

そして笑いと同じくらい印象に残る「ハロー」という挨拶。 一体この挨拶は誰に向けたものなのでしょうか? そして「脳内案内人」に向けて「変わった人ね」とドライな反応を見せています。 しかしそれからまた狂ったように笑い始める。 一人の視点にしてはあまりに差がある反応ではないでしょうか。 止めどないなかったことにしたいこと。 主人公にとってそれが何なのか、全体をよく見ると自然と浮かび上がっていきます。 蝕んでくる心を突き放したいとなると1つの説が出てきます。 それは「二重人格」です。 「孤独な問い」ということは、自問自答と解釈することが出来ます。 自問自答は、平穏を望む主人公と望んでいないことばかりをしようとする凶暴な人格の間で行われていると考えられます。 そして主人公の人格を蝕み「ハロー」と声を掛け、望んでいないことばかり提案してくる凶暴な人格が「脳内案内人」なのではないでしょうか。 それを裏付けるように動画では主人公の表情が時折狂気的なものに変わります。 そんな「脳内案内人」を突き放そうとしますが、容赦なく蝕まれ、元の大人しい人格は霧がかかったような感覚と海鳴りの音のような不快感に襲われ人格を失いかけています。 アローというと英語の矢を意味するarrowを連想してしまいがちですが、実は発音が似た単語がもう一つあります。 それはallowという単語で、意味は「入ってくることを許可する」。 アローがその意味なのだとしたら、人格を蝕もうとする凶暴な人格に抗えず、入らせてしまう。 そして侵食され「ああああ」と苦しんでいるのではないでしょうか。 侵食してきた人格に「無駄なことは?」と疑問を投げかけますが、その問いに対する答えはないまま侵食は続きます。 主人公の中でなかったことにしたかった凶暴な人格が主人公を乗っ取り、平穏を望んでいた人格がなかったことにされる。 そして「無駄なことは?」という問いに対する答えは「平穏を望む人格が無駄だった。 」ということなのではないでしょうか。 そして凶暴な人格にとって無駄な平穏な人格は消されてしまいこの楽曲は幕を閉じます。 実はこの楽曲は、柊キライが2020年1月に投稿した楽曲『エバ』とMVの雰囲気などが似ていることから、関わりがあるのではないかといわれています。 『オートファジー』と『エバ』を2曲続けて聴いても、新しい発見があって面白いかもしれませんね。 TEXT Noah.

次の