黒い 砂漠 モバイル マイレージ。 黒い砂漠モバイル攻略ガイド

【黒い砂漠モバイル】正直、このゲームはやめとけ(感想・評価)

黒い 砂漠 モバイル マイレージ

@はじめに このブログを書いているのは、 PC版の黒い砂漠をやって人間です。 PC版との比較がどうしても入ってしまうので、 その点はご了承ください。 モバイル版はgmのようなサービスですが、 PC版の安定したサービスをしています。 @引退しました ・ こっちでも記事を書いているのですが、 評価記事ということで、最後にこっちも更新をしておこうかなと。 タイトルにも書いたのですが、 正直、このゲームは重課金が課せられるゲームなので、 これから参加する人は悪いことは言わないので、 止めといた方がいい、マジで。。。 @改悪された日本仕様 モバイル版の黒い砂漠は、韓国、台湾とサービスがされています。 他国のサービスと比べると 『日本のサービス内容は非常に悪い』です。 まず、日本用に追加されたガチャの実装。 韓国、台湾のサービスでは装備ガチャはありませんが、 なぜか日本だけ、装備ガチャが追加されました。 黒い砂漠モバイル攻略まとめ: またゲーム自体も重課金が当たり前のサービスですので、 無課金・微課金者には、かなり息苦し感じを強いられます。 (報酬やドロップアイテムもかなり絞られています) @悪質な運営体質 PC版の黒い砂漠では、装備ガチャが存在しないため、 お金を持っている人でも自分で装備を手に入れ、 装備を強化しなければなりません。 モバイル版もサービス開始時には、 「ガチャは実装するが、最強装備は導入しません」 と公言していました。 しかし、サービス開始2週間で、 ゲーム内で最も性能の高い「クザカ武器」のガチャが導入されました。 これについて運営は 「装備を強化してなければ、最強装備ではないので問題ない」という 見解の発言をし、この発言を受けて見切りをつけた方もいますね。 ・MMO JAPAN: また、この発言を受けて、プレイをしている人の中には、 詐欺の疑いとのことで返金対応にも問題が発展しました。 ・くろそく!黒い砂漠モバイルまとめ: 今のところ、謝罪文などの発表はないので、 ユーザーが安心してサービスを受けられるゲームではないのは、 ご理解いただけたかと思います。 ちなみに「クザカガチャ」をして、 武器が出るまで挑戦した人は 170万円かかったようです。 装備の1部位に170万円なので、如何に重課金仕様なのかがわかります。 ・黒い砂漠モバイル速報: @薄っぺらいゲーム内容 上で如何にサービスがダメかを話しましたが、 ゲームの内容についても取り上げたいと思います。 PC版の黒い砂漠に比べ、コンテンツが少なく、 非常に薄っぺらい内容となっています。 出来ることは、すべてが放置なので、 ゲームをやっている気がしません。 (ストーリーは小まめな確認が必要な放置なので疲れる) 狩りをするにも、自動戦闘をセットして、あとは放置。 非常にやることのないゲームです。 それでいてシルバーの入手は他国と比べて絞られているため、 息苦しさは凄まじいですね。 @最後に PC版の黒い砂漠と比べると、 集金のみを考えた運営方針なので 「このゲームはしない方がいい」というのが、 私の見解です。 PC版の方は、無課金でも楽しめるゲーム内容なので、 一度やってみるといいかもしれませんね。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ @現在の状況報告(サービス1週間後くらい) 〇ウォーリアが60レベルになりました! 釣り放置の時間が長かったのですが、 モバイル版では生活での獲得経験値がよく、 「『頑張ってレベリングをした!』というよりも『勝手に上がった!』」って感じですね。 ただし、狩場の適正レベルを大きく超えている狩場では、 「ドロップ品が手に入らない」ため、私の現在の状況ではあまり意味がないのが残念です。 〇領地が指揮所が5段階となる 黒い砂漠モバイルでは、 ストーリーを進めると領地という名の 『箱庭』を手に入れることができます。 領地の中の指揮所の段階が高いほど、様々な設備を建てることがで、 様々な面で冒険を有利に進めることが出来ます。 その指揮所の段階を5段階まで上がり、最大レベルとなりました! 素材集めが非常に面倒でしたね。 これで、施設レベルを制限を受けずにMAXまで上げることができるので、 素材が手に入り次第順次上げていきたいと思います。 @黒い砂漠モバイルの評価 〇控えめに言ってキャラクター制作が山場 モバイルゲームとしては、グラフィックは最高峰のゲームの1つなのではないでしょうか? しかし、肝心のコンテンツは今一つな印象。 初日に課金さえしていなければ、 アンインストールしてたかもしれません。 〇ストーリーがつまらな過ぎる ストーリーの内容は普通なのですが、その進め方に問題があります。 依頼は基本的にタップしていれば終わります。 頭を使う必要は全くないので、音声付きの紙芝居を見てる感じですね。 しかし、 ・戦闘力が上がりづらく進めづらい ・1回当たりに時間が地味にかかる などの理由から非常にテンポが悪く、寝落ちは必至です。 〇コンテンツがなさすぎる ストーリーをそのまま進めた時、 間違いなくセレンディア地方で一度立ち止まります。 それは戦闘力が足りず、ギリギリの戦いになるからです。 そのため装備の強化に必要な「ブラックストーン」「シルバー」などを 集める必要があるのですが、これが非常に手間がかかります。 集める手段として、 「繰り返し依頼」「領地の施設」「釣り」など 放置での入手がメインとなり、無駄に時間がかかります。 繰り返し依頼は、比較的早く手に入りますが、 10分ごとに1回は操作をしなければならないので、 だんだんと面倒が勝ってきますね。 また、強化の段階が上がるにつれ1強化につき100k以上かかるのですが、 手早くシルバーを稼ぐ手段がないので、そっちにもストレスがかかります。 @最後に まともにやりもせずに批判するのはよくないな~と思い、 進めてみたのですが、未だに面白さがよくわからないですね。 ユーザーの工夫が生きる場は対人戦くらいしかないので、 現状ではただのクソゲー評価をせざるを得なません。 やればやるほど、PC版のようにワクワクするようなマップや、 組み合わせを考える金策などないので、名前が一緒なだけのクソゲー評価です。 今後のアップデートで改善されることを期待します。 ストーリーは 「デルペ騎士団城」までとなります。 ハーピーが出る場所ですね! 領土は 「3段階」、領民は 「13人」まで増やすことが出来ました! 4段階まで頑張ろうとしたのですが、 時間と行動力が足らず、素材アイテムが圧倒的に足らなかったですね。 〇ストーリーを進めての感想 概ねPC版のストーリーと同じ内容となります。 PC版のストーリーを正確に把握してる人10%いない説を唱えている身としては、 モバイル版のストーリーは非常に分かりやすく作られているかと思います。 しかしストーリーを進めてみると、 戦闘はオート戦闘がメインとなるため、基本的に眺めているだけとなります。 ゲームがしたい!って人には退屈かもしれませんね。 またPC版の黒い砂漠はオープンワールドなのですが、 モバイル版だとそうではなく、ステージごとの読み込みがあります。 少し閉塞感を感じるかもしれません。 〇生活面は個人的にはよかった レッドノーズを討伐すると領土という名の箱庭に入れるようになります。 この領土には、 ・機能を持った建物を作る ・ベンチやテーブルなどの装飾品を置く をすることで自分だけの箱庭を作ることが出来ます。 また『領土民』を貢献度使って雇うことができ、 ・素材アイテムを取らせる ・アイテムを制作させる などをすることが出来ます。 個人的に、こういった町を作る系のものは好きなので、 PC版にはない機能として楽しむことが出来るのではないかと思います。 まとめてみましたよければどうぞ! @最後に 〇黒い砂漠モバイルの感想 この記事だけでは紹介できなかった内容もありますが、 最初の山場となるのは、ストーリーが圧倒的に退屈なので、 そこを我慢して続けることが出来るかが大きな壁となりそうです。 ストーリーが終わるまでがチュートリアだと思って、 PVPをする人は耐えしのぐことが大切かもしれません。 私は箱庭の民になる気がしますね~ 〇出来ればPC版もプレイして欲しい 個人的にはPC版の黒い砂漠もぜひ体験して欲しいと思います。 今から参加しても楽しめるの?という質問はよくありますが、 まだまだ楽しめるかと思います! モバイル以上にコンテンツが多いので覚えるのは大変ですが、 覚えてくると楽しさが倍増してきますしね。 PVPでは拠点戦・占領船にすぐに参加するのは難しいですが、 ・プレミアムキャラを使って: 「自由決闘場」「赤の戦場」 ・PUBGのようにキャラクターと装備を拾って戦う: 「影の戦場」 ならすぐにでも楽しむことが出来ます。 ・プレミアムキャラの作り方 最初のキャラクター選択場面の上に「一般」「プレミアム」とあるので、 プレミアムを選択することで作ることが出来ます。 通常エリアに行くことは出来ませんが、 レベル60、スキルポイント4000、 攻撃力251、覚醒攻撃力253、防御力283 と高いステータスですぐにPVPに参加をすることが出来ます。 またモバイル版もグラフィックは奇麗ですが、 それは 「モバイルの中では~」ですね。 PC版での美しいグラフィックと広々としたオープンワードも、 出来れば楽しんでみてください。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ @黒い砂漠モバイルとは?(以下事前記事) 黒い砂漠のモバイルバージョンになります。 韓国では2018年2月28日にサービスが開始されました。 日本ではまだサービスが開始されていません サービスは、iOS・androidとなります。 @サービスが開始されての評価 サービス開始直後の星による評価は2. 9と低めの評価での開始となりました。 しかしこれは理由いくつか理由があり、 ・過剰接続によりサーバーが対応できず、満足にゲームが出来ない ・事前登録でのアイテムが受け取れない などがあげられます。 現在ではサーバー側の対応も追いつき、 またアイテムが受け取れなかった対応として ブラックストーン 装備の強化に必要なアイテム などの配布措置が取られたようです。 2018年3月6日時点での評価は4. 0まで上昇しています。 @ゲームの仕様 PCとの連動はせずに独立したサービスとなっています。 大きな違いは、 ダメージ表記・オート戦闘・サーバーの固定・ワープです。 細かい違いはもっとあります 〇ダメージ表記 モンスターまたはPVPでのダメージ表記がされます。 〇自動戦闘 戦闘は手動でもすることが出来ますが、メインは自動戦闘となります。 自動狩りと手動狩りの違いは、 手動の方がスキルダメージの上昇・攻撃からの回避などがあげられます。 〇サーバーの固定 PCでの黒い砂漠ではサーバーを自由に移動することが出来ます。 まーこれは黒い砂漠の特殊な点でもありますが。。。 モバイルの方では、最初に決めたサーバーから移動することができません。 サーバー内の1ch、2chへとの移動は可能。 友達と一緒に黒い砂漠モバイルを始めるときは、 どのサーバーで始めるかを事前に相談する必要がありそうです。 〇ワープの実装 PCでの黒い砂漠はすべてのエリアまで走って・搭乗物を使っていく必要があります。 しかしモバイルでは特定の場所にワープポイントが設置されており、 そこからワープで移動することが出来ます。 ただ狩り場へのちょっとした移動もあるので、その時は馬を使います @課金要素について PCでの課金要素は、 ・アバターなどの外見を飾るアイテム ・重量やバックのマスといったゲームを快適にするアイテム があります。 モバイル版は この課金方針を踏襲し似たような課金要素となっています。 もちろん値段も踏襲し少しお高めの設定です。 PCの黒い砂漠をやっている人からすると特に気にしない点ですが、 初めて黒い砂漠をする人に取っては金額の高さから面を喰らいますね。 まーモバイル版の方でもコツを掴んでいけば特に課金をせずとも楽しめるようです。 @私の評価 実際にプレイしてみようと色々と試してみたのですが出来ず。。。 記事やプレイ動画を見ての評価となります。 評価としては、これやるならPCの方で間に合ってるかなーという印象ですね。 リネージュ2が面白いと感じる人に取ってはいいかもしれません。 戦闘も自動戦闘となるので見てるだけですし、 生活コンテンツも幅が狭いものとなっています。 拠点戦などのGVGは、これからの実装となります PC版の黒い砂漠も実装当初はなかなか辛い仕様でしたが、 アップデートを重ねるにつれ、よくなったり悪くなったりしていますので、 今後のアップデートでの改変に期待していきたいと思います。 カテゴリー• 224• 106•

次の

黒い砂漠モバイル【攻略】:戦闘力大幅アップ!初心者が知っておきたいキャラ育成方法まとめ

黒い 砂漠 モバイル マイレージ

配布されたシルバーで装備を強化していけば、ギルド戦力の向上につながる。 入札後も時間内なら入札ボタンから増額が可能だ。 曜日によって拠点戦を行える場所が異なるので覚えておこう。 入札後は他の拠点には入札できない 拠点に入札を行った後は、 他の拠点に入札することはできない。 やり直しはできないので、入札は慎重に行う必要がある。 拠点を所持しているときの注意事項 拠点を所持している場合は、上位等級の拠点にしか入札できない。 入札を行った場合、所持していた拠点は解放される。 入札しなかった場合は、自動的に所持拠点で拠点戦を行う。 上位3位以内に入ると参加権を獲得 入札で上位3位以内に入ると参加権を獲得できる。 拠点を 占拠しているギルドが参戦する場合は上位2までしか参加できないので覚えておこう。 兵器レベル11以上の強化に必要な素材は、採集、採鉱、伐採で入手可能ですが、生活レベルが名匠1以上である必要があります。 準備時間中には一部の準備が行えなくなる 準備時間中は象、大砲の制作ができなくなり、ギルドのスキルレベルも上げられなくなる。 準備時間が始まる前に制作とスキルレベルを上げておこう。 準備ができるものと時間 各アイコンの詳細 アイコン 名前 神聖物 火箭 戦場の序曲 建造物の配置はマップで異なる 建造物の配置はマップによって異なっている。 各建造物の配置は戦場の門から確認可能だ。 拠点戦が始まる前にマップの構造を理解しておくことが重要といえる。 神聖物の位置はランダムで決まる 各ギルドに与えられる神聖物は毎回5つの中からランダムで決まる。 準備時間の終了後、拠点戦マップに入れるようになるため、自分のギルドの神聖物の位置を確認しておきたい。 火箭と戦場の序曲はエリアに1つ 火箭と戦場の序曲は全マップ共通で1つずつ存在する。 すべてのギルドが使用できる建造物なので、 使用する場合は他ギルドと奪い合いになりやすい点を覚悟しておこう。 拠点戦を行うメリット 拠点から税金を得られる 占拠した報酬として拠点から税金を得られる。 税金はギルド資金になるため、ギルドスキルの強化や獲得に使うことができる。 ギルド奨励金の支給が可能に ギルド資金の10%~30%をギルド奨励金として団員に配布できるようになる。 配布は次の入札を行うまでに1回だけ可能なので、ギルド資金と相談して配布しよう。 拠点等級に応じて名誉勲章が手に入る ギルド奨励金を支給すると名誉勲章が手に入る。 獲得している拠点の等級に応じて名誉勲章の獲得量が違うので、より高い等級の拠点戦で勝利して名誉勲章を多く手に入れよう。 ギルドレベルは、ギルド依頼達成やギルド討伐の成功時に手に入る「ギルド経験値」を貯めることによって上がっていく。 参加には加入から7日必要 拠点戦に参加するには ギルドに加入してから7日間 168時間 経過している必要がある。 ギルドに加入したからといってすぐには参加できないので覚えておこう。 入札成功時は加入・脱退・追放ができない 拠点戦の入札に成功した時点で、 拠点戦終了までギルドメンバーの加入・脱退・追放が制限される。 ギルドメンバーの入れ替え予定がある場合は、予め相談しておこう。 模擬拠点戦について 拠点戦の練習試合的なコンテンツ.

次の

【黒い砂漠モバイル】大砂漠地図最新版

黒い 砂漠 モバイル マイレージ

@はじめに このブログを書いているのは、 PC版の黒い砂漠をやって人間です。 PC版との比較がどうしても入ってしまうので、 その点はご了承ください。 モバイル版はgmのようなサービスですが、 PC版の安定したサービスをしています。 @引退しました ・ こっちでも記事を書いているのですが、 評価記事ということで、最後にこっちも更新をしておこうかなと。 タイトルにも書いたのですが、 正直、このゲームは重課金が課せられるゲームなので、 これから参加する人は悪いことは言わないので、 止めといた方がいい、マジで。。。 @改悪された日本仕様 モバイル版の黒い砂漠は、韓国、台湾とサービスがされています。 他国のサービスと比べると 『日本のサービス内容は非常に悪い』です。 まず、日本用に追加されたガチャの実装。 韓国、台湾のサービスでは装備ガチャはありませんが、 なぜか日本だけ、装備ガチャが追加されました。 黒い砂漠モバイル攻略まとめ: またゲーム自体も重課金が当たり前のサービスですので、 無課金・微課金者には、かなり息苦し感じを強いられます。 (報酬やドロップアイテムもかなり絞られています) @悪質な運営体質 PC版の黒い砂漠では、装備ガチャが存在しないため、 お金を持っている人でも自分で装備を手に入れ、 装備を強化しなければなりません。 モバイル版もサービス開始時には、 「ガチャは実装するが、最強装備は導入しません」 と公言していました。 しかし、サービス開始2週間で、 ゲーム内で最も性能の高い「クザカ武器」のガチャが導入されました。 これについて運営は 「装備を強化してなければ、最強装備ではないので問題ない」という 見解の発言をし、この発言を受けて見切りをつけた方もいますね。 ・MMO JAPAN: また、この発言を受けて、プレイをしている人の中には、 詐欺の疑いとのことで返金対応にも問題が発展しました。 ・くろそく!黒い砂漠モバイルまとめ: 今のところ、謝罪文などの発表はないので、 ユーザーが安心してサービスを受けられるゲームではないのは、 ご理解いただけたかと思います。 ちなみに「クザカガチャ」をして、 武器が出るまで挑戦した人は 170万円かかったようです。 装備の1部位に170万円なので、如何に重課金仕様なのかがわかります。 ・黒い砂漠モバイル速報: @薄っぺらいゲーム内容 上で如何にサービスがダメかを話しましたが、 ゲームの内容についても取り上げたいと思います。 PC版の黒い砂漠に比べ、コンテンツが少なく、 非常に薄っぺらい内容となっています。 出来ることは、すべてが放置なので、 ゲームをやっている気がしません。 (ストーリーは小まめな確認が必要な放置なので疲れる) 狩りをするにも、自動戦闘をセットして、あとは放置。 非常にやることのないゲームです。 それでいてシルバーの入手は他国と比べて絞られているため、 息苦しさは凄まじいですね。 @最後に PC版の黒い砂漠と比べると、 集金のみを考えた運営方針なので 「このゲームはしない方がいい」というのが、 私の見解です。 PC版の方は、無課金でも楽しめるゲーム内容なので、 一度やってみるといいかもしれませんね。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ @現在の状況報告(サービス1週間後くらい) 〇ウォーリアが60レベルになりました! 釣り放置の時間が長かったのですが、 モバイル版では生活での獲得経験値がよく、 「『頑張ってレベリングをした!』というよりも『勝手に上がった!』」って感じですね。 ただし、狩場の適正レベルを大きく超えている狩場では、 「ドロップ品が手に入らない」ため、私の現在の状況ではあまり意味がないのが残念です。 〇領地が指揮所が5段階となる 黒い砂漠モバイルでは、 ストーリーを進めると領地という名の 『箱庭』を手に入れることができます。 領地の中の指揮所の段階が高いほど、様々な設備を建てることがで、 様々な面で冒険を有利に進めることが出来ます。 その指揮所の段階を5段階まで上がり、最大レベルとなりました! 素材集めが非常に面倒でしたね。 これで、施設レベルを制限を受けずにMAXまで上げることができるので、 素材が手に入り次第順次上げていきたいと思います。 @黒い砂漠モバイルの評価 〇控えめに言ってキャラクター制作が山場 モバイルゲームとしては、グラフィックは最高峰のゲームの1つなのではないでしょうか? しかし、肝心のコンテンツは今一つな印象。 初日に課金さえしていなければ、 アンインストールしてたかもしれません。 〇ストーリーがつまらな過ぎる ストーリーの内容は普通なのですが、その進め方に問題があります。 依頼は基本的にタップしていれば終わります。 頭を使う必要は全くないので、音声付きの紙芝居を見てる感じですね。 しかし、 ・戦闘力が上がりづらく進めづらい ・1回当たりに時間が地味にかかる などの理由から非常にテンポが悪く、寝落ちは必至です。 〇コンテンツがなさすぎる ストーリーをそのまま進めた時、 間違いなくセレンディア地方で一度立ち止まります。 それは戦闘力が足りず、ギリギリの戦いになるからです。 そのため装備の強化に必要な「ブラックストーン」「シルバー」などを 集める必要があるのですが、これが非常に手間がかかります。 集める手段として、 「繰り返し依頼」「領地の施設」「釣り」など 放置での入手がメインとなり、無駄に時間がかかります。 繰り返し依頼は、比較的早く手に入りますが、 10分ごとに1回は操作をしなければならないので、 だんだんと面倒が勝ってきますね。 また、強化の段階が上がるにつれ1強化につき100k以上かかるのですが、 手早くシルバーを稼ぐ手段がないので、そっちにもストレスがかかります。 @最後に まともにやりもせずに批判するのはよくないな~と思い、 進めてみたのですが、未だに面白さがよくわからないですね。 ユーザーの工夫が生きる場は対人戦くらいしかないので、 現状ではただのクソゲー評価をせざるを得なません。 やればやるほど、PC版のようにワクワクするようなマップや、 組み合わせを考える金策などないので、名前が一緒なだけのクソゲー評価です。 今後のアップデートで改善されることを期待します。 ストーリーは 「デルペ騎士団城」までとなります。 ハーピーが出る場所ですね! 領土は 「3段階」、領民は 「13人」まで増やすことが出来ました! 4段階まで頑張ろうとしたのですが、 時間と行動力が足らず、素材アイテムが圧倒的に足らなかったですね。 〇ストーリーを進めての感想 概ねPC版のストーリーと同じ内容となります。 PC版のストーリーを正確に把握してる人10%いない説を唱えている身としては、 モバイル版のストーリーは非常に分かりやすく作られているかと思います。 しかしストーリーを進めてみると、 戦闘はオート戦闘がメインとなるため、基本的に眺めているだけとなります。 ゲームがしたい!って人には退屈かもしれませんね。 またPC版の黒い砂漠はオープンワールドなのですが、 モバイル版だとそうではなく、ステージごとの読み込みがあります。 少し閉塞感を感じるかもしれません。 〇生活面は個人的にはよかった レッドノーズを討伐すると領土という名の箱庭に入れるようになります。 この領土には、 ・機能を持った建物を作る ・ベンチやテーブルなどの装飾品を置く をすることで自分だけの箱庭を作ることが出来ます。 また『領土民』を貢献度使って雇うことができ、 ・素材アイテムを取らせる ・アイテムを制作させる などをすることが出来ます。 個人的に、こういった町を作る系のものは好きなので、 PC版にはない機能として楽しむことが出来るのではないかと思います。 まとめてみましたよければどうぞ! @最後に 〇黒い砂漠モバイルの感想 この記事だけでは紹介できなかった内容もありますが、 最初の山場となるのは、ストーリーが圧倒的に退屈なので、 そこを我慢して続けることが出来るかが大きな壁となりそうです。 ストーリーが終わるまでがチュートリアだと思って、 PVPをする人は耐えしのぐことが大切かもしれません。 私は箱庭の民になる気がしますね~ 〇出来ればPC版もプレイして欲しい 個人的にはPC版の黒い砂漠もぜひ体験して欲しいと思います。 今から参加しても楽しめるの?という質問はよくありますが、 まだまだ楽しめるかと思います! モバイル以上にコンテンツが多いので覚えるのは大変ですが、 覚えてくると楽しさが倍増してきますしね。 PVPでは拠点戦・占領船にすぐに参加するのは難しいですが、 ・プレミアムキャラを使って: 「自由決闘場」「赤の戦場」 ・PUBGのようにキャラクターと装備を拾って戦う: 「影の戦場」 ならすぐにでも楽しむことが出来ます。 ・プレミアムキャラの作り方 最初のキャラクター選択場面の上に「一般」「プレミアム」とあるので、 プレミアムを選択することで作ることが出来ます。 通常エリアに行くことは出来ませんが、 レベル60、スキルポイント4000、 攻撃力251、覚醒攻撃力253、防御力283 と高いステータスですぐにPVPに参加をすることが出来ます。 またモバイル版もグラフィックは奇麗ですが、 それは 「モバイルの中では~」ですね。 PC版での美しいグラフィックと広々としたオープンワードも、 出来れば楽しんでみてください。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ @黒い砂漠モバイルとは?(以下事前記事) 黒い砂漠のモバイルバージョンになります。 韓国では2018年2月28日にサービスが開始されました。 日本ではまだサービスが開始されていません サービスは、iOS・androidとなります。 @サービスが開始されての評価 サービス開始直後の星による評価は2. 9と低めの評価での開始となりました。 しかしこれは理由いくつか理由があり、 ・過剰接続によりサーバーが対応できず、満足にゲームが出来ない ・事前登録でのアイテムが受け取れない などがあげられます。 現在ではサーバー側の対応も追いつき、 またアイテムが受け取れなかった対応として ブラックストーン 装備の強化に必要なアイテム などの配布措置が取られたようです。 2018年3月6日時点での評価は4. 0まで上昇しています。 @ゲームの仕様 PCとの連動はせずに独立したサービスとなっています。 大きな違いは、 ダメージ表記・オート戦闘・サーバーの固定・ワープです。 細かい違いはもっとあります 〇ダメージ表記 モンスターまたはPVPでのダメージ表記がされます。 〇自動戦闘 戦闘は手動でもすることが出来ますが、メインは自動戦闘となります。 自動狩りと手動狩りの違いは、 手動の方がスキルダメージの上昇・攻撃からの回避などがあげられます。 〇サーバーの固定 PCでの黒い砂漠ではサーバーを自由に移動することが出来ます。 まーこれは黒い砂漠の特殊な点でもありますが。。。 モバイルの方では、最初に決めたサーバーから移動することができません。 サーバー内の1ch、2chへとの移動は可能。 友達と一緒に黒い砂漠モバイルを始めるときは、 どのサーバーで始めるかを事前に相談する必要がありそうです。 〇ワープの実装 PCでの黒い砂漠はすべてのエリアまで走って・搭乗物を使っていく必要があります。 しかしモバイルでは特定の場所にワープポイントが設置されており、 そこからワープで移動することが出来ます。 ただ狩り場へのちょっとした移動もあるので、その時は馬を使います @課金要素について PCでの課金要素は、 ・アバターなどの外見を飾るアイテム ・重量やバックのマスといったゲームを快適にするアイテム があります。 モバイル版は この課金方針を踏襲し似たような課金要素となっています。 もちろん値段も踏襲し少しお高めの設定です。 PCの黒い砂漠をやっている人からすると特に気にしない点ですが、 初めて黒い砂漠をする人に取っては金額の高さから面を喰らいますね。 まーモバイル版の方でもコツを掴んでいけば特に課金をせずとも楽しめるようです。 @私の評価 実際にプレイしてみようと色々と試してみたのですが出来ず。。。 記事やプレイ動画を見ての評価となります。 評価としては、これやるならPCの方で間に合ってるかなーという印象ですね。 リネージュ2が面白いと感じる人に取ってはいいかもしれません。 戦闘も自動戦闘となるので見てるだけですし、 生活コンテンツも幅が狭いものとなっています。 拠点戦などのGVGは、これからの実装となります PC版の黒い砂漠も実装当初はなかなか辛い仕様でしたが、 アップデートを重ねるにつれ、よくなったり悪くなったりしていますので、 今後のアップデートでの改変に期待していきたいと思います。 カテゴリー• 224• 106•

次の