白日歌詞ひらがな。 コピーできない歌詞サイトの歌詞をコピーする方法しよう!うたまっぷで好きな曲の歌詞をコピーしたいならこれを読め!

King Gnuの歌詞一覧リスト

白日歌詞ひらがな

金髪美女とのセクシャルなシーン かと思いきや 突然ビニール袋を被される主人公! その後、もう1人 黒髪美女が現れます。 繰り広げられる回想シーンから 主人公が 二股をかけていたことがわかります。 おおかた、 「美女達の復讐」 といったところでしょう。 メンバーも共犯だったのかもしれません。 最終的には全員がビニール袋を被されます。 犯行後に、ほくそ笑いながら 連絡を取り合う彼女たちに 戦慄を覚えますね。 女性の恨みとは 怖ろしいものです。 MVで 復讐に使われていたビニールは 歌詞では、 主人公を殻に閉じ込めるもの として使われています。 纏ったビニール というのが、それにあたります。 自分の思うがままに立ち振る舞いたい主人公 ですが、 纏わりつくビニールによって それができないようです。 だから他者に 貫いて 突き刺して 知らぬふりはやめて と言っているのでしょう。 纏ったビニールを脱がせたい のです。 ビニールから抜け出して 思うがままに人生を謳歌したいのです。 サビ1 気の済むまで暴れなよ 哀れだろむしゃくしゃするぜ 喧騒に上がる煙に飛び込んでいくだけさ 遊びがないのあなたには なんて適当に言葉侍らせて 喧騒に上がる煙に薪をくべろ ビニールを被っている自分に対して 自由になりたい自分が 気の済むまで暴れなよ 哀れだろむしゃくしゃするぜ と囁きかけます。 侍らせるとは、従えること。 喧騒とは、さわがしいこと。 薪をくべるとは、火を強くすること。 ビニールから抜け出したい主人公は 遊びがないのあなたには と他者 女? から言われることで 喧噪 自由になりたい気持ち に 火を付けて欲しいのです。 しかし、そんな未来は考えたくないから 見ないようにしています。 今日も軽やかなステップで 騙し騙し生きて行こうじゃないか 真っ暗な明日を欺いてさ ここの部分がそれにあたります。 サビ2ではとうとう 主人公がビニールを破ります。 どうなっていくのでしょうか。

次の

【King Gnu/Vinyl】歌詞の意味を徹底解釈!衝撃的なMVが意図するものとは!?

白日歌詞ひらがな

King Gnu キングヌー の 新曲「白日」について。 同楽曲は、 坂口健太郎主演の土曜ドラマ 『イノセンス 冤罪弁護士』主題歌になっています。 今回は「白日」の 歌詞の意味を考察し解説します。 「白日」の歌詞の意味については、 親しみやすくするために 主人公の言葉や気持ちを 代弁する形をとっています。 それでは、さっそく見ていきましょう。 King Gnu「白日」歌詞 白日 作詞 Daiki Tsuneta 作曲 Daiki Tsuneta 時には誰かを 知らず知らずのうちに 傷つけてしまったり 失ったりして初めて 犯した罪を知る 戻れないよ、昔のようには 煌めいて見えたとしても 明日へと歩き出さなきゃ 雪が降り頻ろうとも 今の僕には 何ができるの? 何になれるの? 誰かのために生きるなら 正しいことばかり 言ってらんないよな どこかの街で また出逢えたら 僕の名前を 覚えていますか? その頃にはきっと 春風が吹くだろう 真っ新に生まれ変わって 人生一から始めようが へばりついて離れない 地続きの今を歩いているんだ 真っ白に全てさよなら 降りしきる雪よ 全てを包み込んでくれ 今日だけは 全てを隠してくれ もう戻れないよ、昔のようには 羨んでしまったとしても 明日へと歩き出さなきゃ 雪が降り頻ろうとも いつものように笑ってたんだ 分かり合えると思ってたんだ 曖昧なサインを見落として 途方のない間違い探し 季節を越えて また出逢えたら 君の名前を 呼んでもいいかな その頃にはきっと 春風が吹くだろう 真っ新に生まれ変わって 人生一から始めようが 首の皮一枚繋がった 如何しようも無い今を 生きていくんだ 真っ白に全てさよなら 降りしきる雪よ 今だけはこの心を凍らせてくれ 全てを忘れさせてくれよ 朝目覚めたら どっかの誰かに なってやしないかな なれやしないよな 聞き流してくれ 忙しない日常の中で 歳だけを重ねた その向こう側に 待ち受けるのは 天国か地獄か いつだって人は鈍感だもの わかりゃしないんだ肚の中 それでも愛し愛され 生きて行くのが定めと知って 後悔ばかりの人生だ 取り返しのつかない過ちの 一つや二つくらい 誰にでもあるよな そんなんもんだろう うんざりするよ 真っ新に生まれ変わって 人生一から始めようが へばりついて離れない 地続きの今を歩いて行くんだ 真っ白に全てさようなら 降りしきる雪よ 全てを包み込んでくれ 今日だけは 全てを隠してくれ King Gnu「白日」歌詞の意味を解説 この世を生きているなら 人は誰でも…時折、 自分でも気づかないうちに 他人を傷つけてしまう事がある。 そして…悲しくも 大切な人を失ってしまう事もある。 その負い目は自分も傷つけ、 かすかな痛みとなって心をむしばむ。 胸に巣食った灰色の後悔を 取り除けなくて落ちてゆく。 真っ白だったあの頃… 罪の意味さえ曖昧だった あの頃の無邪気な自分にはもう戻れない。 過ぎた日常がどんなに懐かしく 輝いて見えたとしても… もう戻ることはできないよ。 情けなかった自分を背負って 明日への道を歩き出さなきゃいけないんだ。 どんなに先の見えない 吹雪の中を歩くようでも…。 今の僕には何ができるの? 何かの役に立てるかな? 誰かに必要とされるなら 生きる意味も見つかるだろう。 誰かの役に立てるなら 生きる喜びも見つかるだろう。 過ぎた後悔をほじくり返しては 悲観して… 繰り返す寂しさに 浸ってばかりじゃいられない。 前を向いて、背筋伸ばして やっぱり歩いてくしかないんだ。 いつか… この街でまた出逢えたなら その時は僕のことを覚えてるかな? その頃にはきっと… 僕の行く道には春ように 暖かく爽やかな風が吹いてることだろう。 ただ生きるだけなら… 流れに身を任せていれば 簡単にできる事だろう… でも実際は自分で選んだ道を 苦しんだり悩んだりして走っている。 へばりついてる常識も非常識も 前に進むには邪魔になるだけ。 そんなのにこだわらなくても なりたい自分になれるんだよ。 傷ついてるって言いながらも 実は何かに守られていた。 きっと くすんだりしていない 真っ白い心を持っていたからかな。 時に思い出は夜に姿を現して 自分を責めてくる。 傷つきもする、 立ち直りもする、 ぐるぐると葛藤を続ける。 そんな自分を受け入れて 全てを許してあげよう。 思いめぐらせた過去を いつか懐かしく思う時が来るように… 最後に 例えば 素直に生きてく事は難しいのかなあ? いったい何に対しての 素直なのか? 周りに対して? 自分に対して? 周りに対しての素直なら 「いい人ネ〜」とか 「素直ネ〜」と 賞賛されるけれど… それが自分の気持ちに 反しての行動だったら、 自分には素直じゃない… って事になるよね。 逆に、 自分に対して素直なら 自分は満足でも 周りの人の気持ちには 素直に映らない事もある。 両者が同じ方向を 向いてる場合は案外少ない気がする。 生きるとは… そんな葛藤を抱えても 折り合いをつけながら 進んで行く事なんじゃないかな。 自分の想いを抑え付けて 生きる事を繰り返すのは とても苦しく 虚しい事でしょう? 周りの人に合わせるのは とても大切だけど 周りの人とは違う自分も ちゃんと認めてあげる事も 大切だと思うよ。 関連記事.

次の

King Gnu 白日 歌詞&動画視聴

白日歌詞ひらがな

今回紹介する 「白日」は 坂口健太郎が主演を努める 「イノセンス 冤罪弁護士」 の主題歌になっています。 上の動画は第1話のダイジェスト映像であり、これを見るだけで物語のあらすじが理解できる為、ドラマを見ていない方は視聴下さい。 BGMとして流れる 「白日」のサウンドがおしゃれ。 主題歌としての「白日」にKing Gnuは 大なり小なり誰しもが、罪を犯したり犯されたり、傷ついたり傷つけたりして、それでも生きているのでしょう。 そんな時、心の襞にそっと寄り添い手を差し伸べてくれる主人公・黒川拓のような存在ほど大切にしたいものです。 自分の書く曲もそうでありたいと願っています。 とコメントしています。 人間である以上、否が応でも経験する• 罪を犯す・犯される• 人を傷つける・傷つける といった 因果関係とそれによる 苦痛。 これが本楽曲「白日」のテーマであり、 歌詞とも密接に関ってくるのです。 MVの意味・解釈 ディレクターは、 OSRINが努める。 MVについてOSRINは これまでの自分の人生に訴えかけてくるような歌詞を聞いて、今までのMVで一番被写体の力に頼る撮影をしました。 シンプルで渋い作品になったと思います。 とコメントしています。 確かにその通りで 演奏主体のMV となっています。 メンバーの魅力が十分すぎるほど 伝わってくるのではないでしょうか。 では、本題の歌詞に迫っていきます。 歌詞 時には誰かを 知らず知らずのうちに 傷つけてしまったり 失ったりして初めて 犯した罪を知る 戻れないよ、昔のようには 煌めいて見えたとしても 明日へと歩き出さなきゃ 雪が降り頻ろうとも 今の僕には 何ができるの? 何になれるの? 誰かのために 生きるなら 正しいことばかり言ってらんないよな どこかの街でまた出逢えたら 僕の名前を覚えていますか? その頃にはきっと 春風が吹くだろう 真っ新に生まれ変わって 人生一から始めようが へばりついて離れない 地続きの今を歩いているんだ 真っ白に全てさよなら 降りしきる雪よ 全てを包み込んでくれ 今日だけは全てを隠してくれ もう戻れないよ、昔のようには 羨んでしまったとしても 明日へと歩き出さなきゃ 雪が降り頻ろうとも いつものように笑ってたんだ 分かり合えると思ってたんだ 曖昧なサインを見落として 途方のない間違い探し 季節を越えてまた出逢えたら 君の名前を呼んでもいいかな その頃にはきっと春風が吹くだろう 真っ新に生まれ変わって 人生一から始めようが 首の皮一枚繋がった 如何しようも無い今を 生きていくんだ 真っ白に全てさよなら 降りしきる雪よ 今だけはこの心を凍らせてくれ 全てを忘れさせてくれよ 朝目覚めたら どっかの誰かになってやしないかな なれやしないよな 聞き流してくれ 忙しない日常の中で 歳だけを重ねた その向こう側に 待ち受けるのは 天国か地獄か いつだって人は鈍感だもの わかりゃしないんだ肚の中 それでも愛し愛され 生きて行くのが定めと知って 後悔ばかりの人生だ 取り返しのつかない過ちの 一つや二つくらい 誰にでもあるよな そんなもんだろう うんざりするよ 真っ新に生まれ変わって 人生一から始めようが へばりついて離れない 地続きの今を歩いているんだ 真っ白に全てさよなら 降りしきる雪よ 全てを包み込んでくれ 今日だけは全てを隠してくれ 作詞:常田大希 スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 前提として 本楽曲の主人公は 歌詞で登場する 「君」 に対して罪を犯してしまったようです。 そして、君を失ってしまう、、、 今回紹介する 「白日」では そんな主人公の心情が綴られていきます。 では、歌詞を細かく解釈していきます。 1番 時には誰かを 知らず知らずのうちに 傷つけてしまったり 失ったりして初めて 犯した罪を知る 本楽曲では 「罪」という言葉が 重要なキーワードになるのですが 罪には• 意識的に行う罪• 無意識に行う罪 の2パターンがあり 罪悪感を感じるのは、圧倒的に後者です。 本楽曲の主人公は 無意識的に君を傷つけてしまった そして君を失ってしまった のです。 君を失って初めて 「罪」を自覚しています。 戻れないよ、昔のようには 煌めいて見えたとしても 明日へと歩き出さなきゃ 雪が降り頻ろうとも どんなに後悔したって 傷つけてしまった罪は拭えない。 キラキラした昔の関係には戻れない。 だから 「明日に進んでいかなきゃ」 と思っているのに 降りしきる雪が行く手を阻んでくる。 君を忘れることのできない 主人公の心を映しているようです。 また、 「雪」という言葉から 時節は 「冬」であることが分かります。 冬という季節は、 冷え切ってしまった主人公の心寒さ を表現しているのでしょう。 今の僕には 何ができるの? 何になれるの? 誰かのために 生きるなら 正しいことばかり言ってらんないよな どこかの街でまた出逢えたら 僕の名前を覚えていますか? その頃にはきっと 春風が吹くだろう 「僕には何ができるの?」 と、君を失った主人公は、 自分の無力さを痛感している。 君のことを忘れられないから どこかの街でまた出逢えたら と、淡い期待を寄せている。 「春」というのは、新学期の時期で 物事をリセットするタイミング でもあります。 自分が犯してしまった「罪」をリセットしたうえで、もう一度君と会いたい。 そんな想いが その頃にはきっと 春風が吹くだろう という歌詞には込められているのでしょう。 サビ1 真っ新に生まれ変わって 人生一から始めようが へばりついて離れない 地続きの今を歩いているんだ 自分が犯した罪に悩み葛藤する主人公。 真っ新に生まれ変わって と、何度も切り替えようとするが 君の面影がへばりついて離れない。 なぜなら、明日 みらい も 結局は今日の延長 地続き だから。 真っ白に全てさよなら 降りしきる雪よ 全てを包み込んでくれ 今日だけは全てを隠してくれ ここの歌詞には、 特に主人公の想いが強く表れています。 無意識に犯した「罪」への葛藤や苦悩。 それに耐えられないから 全てを包み込んでくれ 今日だけは全てを隠してくれ と叫んでいるのです。 暗く荒んだ心を 真っ白な雪のように 純白に染めたい のです。 スポンサーリンク 2番 もう戻れないよ、昔のようには 羨んでしまったとしても 明日へと歩き出さなきゃ 雪が降り頻ろうとも 昔の日々を羨んでしまう。 過去に後悔を抱えたことがある人は 強く共感できる部分だと思います。 いつものように笑ってたんだ 分かり合えると思ってたんだ 曖昧なサインを見落として 途方のない間違い探し 季節を越えてまた出逢えたら 君の名前を呼んでもいいかな その頃にはきっと春風が吹くだろう ここの歌詞から 主人公が犯した罪は 一つの大きな事件ではなく 日々の小さな積み重ね であることが読み取れます。 自分の何気ない行動や、 何気なくはなった言葉が 君を傷つけてしまっていたのです。 途方のない間違い探し とあるように 今になって「何が悪かったのだろう」 と過ちを振り返っています。 特に男女の別れの場面では、 多くみられる情景ではないでしょうか。 サビ2 真っ新に生まれ変わって 人生一から始めようが 首の皮一枚繋がった 如何しようも無い今を 生きていくんだ 真っ白に全てさよなら 降りしきる雪よ 今だけはこの心を凍らせてくれ 全てを忘れさせてくれよ 首の皮一枚繋がるとは、 僅かな望みが残っていることのたとえ。 主人公の中の 微かな希望が垣間見えますが、 逆に言うと、首の皮一枚になってしまうくらい追い込まれている現状にあるのです。 知らず知らずの 「罪」が ここまで自分の環境を 変えてしまったのです。 3番 朝目覚めたら どっかの誰かになってやしないかな なれやしないよな 聞き流してくれ 忙しない日常の中で歳だけを重ねた その向こう側に待ち受けるのは 天国か地獄か あり得もしないことに縋ってしまい 過ぎ去っていく時間を 歳だけを重ねた と、皮肉めいた表現をしてしまうほど 主人公は心理的に追い込まれています。 いつだって人は鈍感だもの わかりゃしないんだ肚の中 それでも愛し愛され 生きて行くのが定めと知って 後悔ばかりの人生だ 取り返しのつかない過ちの 一つや二つくらい 誰にでもあるよな そんなもんだろう うんざりするよ 君を失い自分が荒んでいくことで 愛し愛され生きて行くのが定め と 「愛」の不可欠さを再確認する。 しかし、人間は相手の心が読めるわけではないから、相手の心を汲み取ることの難儀さも思い知っています。 だから 取り返しのつかない過ちの 一つや二つくらい誰にでもある と、自分の罪を致し方無いものだと認知することで、心の靄を取り払おうとしています。 ラストサビ 真っ新に生まれ変わって 人生一から始めようが へばりついて離れない 地続きの今を歩いているんだ 真っ白に全てさよなら 降りしきる雪よ 全てを包み込んでくれ 今日だけは全てを隠してくれ 本楽曲のタイトルは 「白日」ですが 罪が露見することを 「白日の下にさらす」 と言います。 単純に君を失ったときに 自らの 「罪」に気付いた主人公を 表しているのかも知れませんが もうひとつの意味の 照り輝く太陽 という意味も気になります。 感想 いかかでしょうか。 大なり小なり犯してしまう「罪」 誰しもが経験する感情が 描かれていたのではないでしょうか。 そして歌詞とは関係ないですが 本楽曲、鳥肌が立つくらい 迫力がありかっこいい。 今まさに人気急上昇中の キングヌーですが、ドラマ主題歌ということもあり更に階段を駆け上がっていく姿が目に見えますね。 彼らの今後の活躍に益々期待です。

次の