いわき 市 土砂崩れ。 報道発表資料:福島県いわき市鹿島町久保の土砂崩れに関して土砂災害専門家を派遣します

福島県いわき市鹿島町久保2丁目(鹿島街道沿い)で土砂崩れが発生 2019年8月24日(土)に発生

いわき 市 土砂崩れ

概要 [ ] の南部を占める市である。 は(北部)や(南部)の領土であり、のからまではの本拠地として栄えていた。 初期より最大かつに最も近い炭鉱であるの開発が始まり、隣接するとともに、明治期の日本の近代化に欠かせない地域となった。 鉄道のは、この地域で産出される鉱物資源をへ運ぶ重要路線として早期に敷設され、日本の主幹産業として当時の人口増に寄与した。 期にへのが進み、産業が急速に衰退していくと、の指定を受けるべく14市町村の大合併を行った。 環境問題としては化学工場から排出されたカドミウムによる土壌汚染と地下水汚染の公害を鮫川中流域において経験した。 この新産業都市は、ほどの成果を生むことはなかったが、首都圏から近い地の利を生かし、に次ぐ東北2位の工業製造品出荷額の(度:約9,137億円 )となった。 また、東北地方で最も集客力のあるリゾート施設を筆頭に、、など多彩な観光資源を持ち(2015年度(平成27年度)の市内観光交流人口は東北2位の年間約810万人 )、への転換にも成功している。 特に、炭鉱会社であった常磐炭礦(現・)が会社存続をかけてに開業させたスパリゾートハワイアンズは、2006年に『』としてになるなど当市の顔であり、市役所としても「フラおじさん」などハワイ色を強く出した観光イメージ戦略を行っている。 2011年3月11日に発生したでは揺れとに襲われ、死者467名、建物の全壊7902棟といった大きな被害を受けた(2019年8月時点集計)。 また同震災に伴い起きたによる影響やを受けた。 ロードを兼ねた建設など復興や将来の災害への備えも進められている。 詳細は「」を参照。 地理 [ ] 福島県の東南に位置し、南はと接し、に面した60kmにわたる海岸線を有する。 物流・工業港としては があるほか、6カ所のがある。 東日本大震災と福島第一原発事故の影響を受けたは、2019年夏時点で4カ所が再開されている。 市の面積は広大だが、から西側はの山間部であり、残る東側も丘陵地が多く、市街地と市街地が丘陵によって分断されて連続性がないのが特徴である。 JR常磐線では、とが交互に現れる。 そのため、面積に対する可住地面積の割合は30%と、県内の市の中では最も低い。 平県、を経て、最終的に1876年に福島県に組み込まれたものの、歴史的にはを介して(現在の)との繋がりが深かったため、や習慣は同じ福島県よりも茨城県に近い。 以後も、常磐線や常磐自動車道などの交通網が茨城側から順に整備されたため、険しい阿武隈高地を超えたよりも、茨城県との交流が近密であった。 しかし近年は、1995年にが開通した事によってやと結ばれたため、交流が活発になってきている。 広大な面積 [ ] 磐城地方は、基幹産業であった常磐炭田と水産業の斜陽化が進み、早急な方向転換を迫られていた。 そのために基づく新産業都市の指定を「常磐・郡山地域」として受けるべく、県が主導となり、と共に大規模な市町村合併を行った。 これによりを挟んで両市は隣同士となり、70km離れた両市が「1地域」として指定される事となった。 この合併により、、、、、の5市と旧の全域(3町4村)にの2町村(・)を加えた計14自治体が1つとなり、(41年)当時としては日本一広い面積(1,231. なお、本市は(現)、(現)、についで4例目のの自治体でもある。 「いわき」の漢字表記は「 岩城」「 磐城」「 石城」であるが、歴史で変遷がある。 と下の郡名が「」で、本市を本拠地にしたの姓が「」で、とが「」となっている。 しかし、に市町村が合併する際に「磐城市」(地区)が合併する地域に含まれていたため、吸収合併のイメージを嫌い、妥協点としてひらがなの「いわき市」となった。 なお、「いわき」を漢字で表記する場合、学校や施設、行政機関名は「磐城」を用いている例が多い。 また、から遠方であることに配慮して、に、本市にがおかれ、「いわきナンバー」が新設された。 これは初のひらがなナンバープレートであった。 自然 [ ] 福島県内におけるいわき市の位置• :、、• :矢大臣山、鬼ヶ城山、屹兎屋山、猫鳴山、芝山、神楽山、朝日山、鶴石山、二ッ石山、水石山、塩見山、、湯ノ岳、閼伽井嶽、石森山• :久之浜温泉、白岩温泉、地切温泉、(常磐湯本温泉)、白鳥温泉、吉野谷鉱泉• :波立海岸、菊多浦() 気候 [ ] 内では年間が最も長く、1日の平均気温が最も高い。 沿岸部のため冬は内陸部よりも冷えにくく、夏は内陸部よりも暑くなりにくく、年間の寒暖の差が小さい。 また冬は日本海側から流れる雪雲が、、阿武隈高地に遮られるため、山間部を除いてはほとんど降らず、乾燥した快晴の日が多い。 平均積雪量は東北地方の中では極端に少なく、数年に一度積もる程度、やなどとほぼ同じ値 となっているため、東北地方にありながら、市民は雪に慣れていない。 2010年に山田町に観測所(山田地域気象観測所)が設置され、海風の影響を受けやすい従来の「小名浜特別地域気象観測所」よりも、中心部の気象データが反映されるようになった。 これにより、夏季において真夏日を記録する日が連続して観測されるようになった。 8 69. 4 24. 8 76. 6 23. 5 74. 3 27. 4 81. 3 29. 7 85. 5 33. 6 92. 5 34. 9 94. 8 37. 7 99. 9 34. 4 93. 9 31. 5 88. 7 25. 0 77 25. 4 77. 7 37. 7 99. 4 47. 1 8. 5 47. 3 10. 9 51. 6 15. 5 59. 9 18. 9 66 21. 8 71. 2 25. 2 77. 4 27. 5 81. 5 25. 0 77 20. 5 68. 9 15. 7 60. 3 11. 1 52 17. 42 63. 8 38. 8 4. 0 39. 2 6. 6 43. 9 11. 3 52. 3 15. 2 59. 4 18. 4 65. 1 22. 0 71. 6 24. 2 75. 6 21. 5 70. 7 16. 4 61. 5 11. 1 52 6. 4 43. 5 13. 4 56. 5 31. 2 31. 6 2. 3 36. 1 7. 1 44. 8 11. 7 53. 1 15. 7 60. 3 19. 6 67. 3 21. 7 71. 1 18. 6 65. 5 12. 5 54. 5 6. 6 43. 9 1. 9 35. 4 9. 75 49. 3 15. 7 12. 5 16. 8 25. 6 30. 9 4. 8 40. 6 9. 6 49. 3 11. 6 52. 9 7. 2 45 0. 8 33. 3 26. 1 19. 7 12. 7 mm inch 52. 8 2. 079 58. 0 2. 283 107. 5 4. 232 125. 3 4. 933 142. 0 5. 591 148. 7 5. 854 150. 4 5. 921 135. 5 5. 335 188. 2 7. 409 173. 8 6. 843 82. 4 3. 244 44. 4 1. 748 1,408. 9 55. 8 177. 9 185. 8 188. 8 188. 6 142. 1 147. 9 185. 7 139. 5 152. 7 160. 5 183. 6 2,042. 3 63. 1 20. 9 69. 6 23. 8 74. 8 27. 2 81 29. 5 85. 1 34. 6 94. 3 35. 1 95. 2 36. 1 97 36. 5 97. 7 31. 3 88. 3 23. 0 73. 4 22. 2 72 36. 5 97. 3 57. 7 17. 9 64. 2 20. 8 69. 4 24. 7 76. 5 27. 7 81. 9 30. 7 87. 3 33. 6 92. 5 34. 5 94. 1 32. 4 90. 3 28. 2 82. 8 21. 8 71. 2 17. 7 63. 9 25. 36 77. 6 21. 9 21. 8 30. 6 5. 7 42. 3 9. 2 48. 6 16. 6 61. 9 17. 7 63. 9 11. 3 52. 3 4. 9 40. 2 31. 5 23. 9 3. 71 38. 5 20. 6 18. 7 23. 6 25. 5 2. 8 37 5. 8 42. 4 15. 8 60. 4 16. 3 61. 3 9. 9 49. 8 3. 8 38. 7 28. 9 19. 6 18. 3 mm inch 37. 9 1. 492 69. 1 2. 72 97. 0 3. 819 171. 6 6. 756 150. 2 5. 913 194. 6 7. 661 162. 6 6. 402 144. 5 5. 689 216. 6 8. 528 204. 1 8. 035 67. 9 2. 673 86. 6 3. 409 1,602. 7 63. 097 平均月間 181. 8 154. 5 178. 2 175. 1 199. 3 137. 9 149. 7 160. 3 127. 4 128. 6 140. 6 163. 3 1,896. 7 出典: 平(いわき市好間町今新田字宮西、標高12m)の気候 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 年 mm inch 45. 6 1. 795 54. 7 2. 154 102. 3 4. 028 128. 6 5. 063 144. 6 5. 693 153. 1 6. 028 166. 2 6. 543 159. 6 6. 283 182. 2 7. 173 165. 4 6. 512 87. 7 3. 453 46. 0 1. 811 1,422. 9 56. 02 出典: 沿革 [ ] 合併前の歴史については各市町村記事を参照。 (38年) - 当地を含む「常磐・郡山地区」がに。 7月14日に新産業指定都市祝賀パレードを開催。 (昭和39年) - 当地を含む「常磐・郡山地区」が新産業都市に指定。 (昭和41年) - 第23条に則って、、、、、、、、、、、、、、がし、 いわき市が成立。 当時としては面積が日本一広い市となった。 (昭和42年) - 市章・市歌を制定。 (昭和43年) - が市内大久地区での化石を発見。 (昭和46年)10月1日 - 市の木制定。 (昭和48年) - 現在の市役所本庁舎開庁。 市の花制定。 (昭和50年)• - オープン。 - オープン。 (昭和51年)• - 完全閉山。 10月1日 - 市民憲章制定。 (昭和54年) - 「いわきナンバー」の交付開始。 自動車のナンバープレートとしては初のひらがなナンバーとなる。 (昭和57年) - ()と友好都市締結。 (昭和59年)• - オープン。 - オープン。 (昭和60年) - オープン。 (昭和61年) - (現・)と親子都市締結。 (昭和63年) - が-開通により最初の全線開通。 (3年) - ()と国際姉妹都市締結。 (平成6年) - 平駅がに名称変更。 (平成8年)10月1日 - 市の鳥制定。 (平成9年)• - と兄弟都市締結。 7月25日 - オープン。 10月1日 - が-開通により全線開通。 (平成11年)4月1日 - に指定される。 (平成12年) - オープン。 (平成13年)• - 唯一の、が創業100周年の年に閉店。 10月1日 - 市の魚制定。 (平成15年)4月1日 - との合併により、いわき市が日本一広い市でなくなる(現在は12番目に広い市)。 (平成18年) - フタバスズキリュウが発見から38年経って新属新種のと判明。 学名をフタバサウルス・スズキイとする。 (平成19年) - いわき駅を化。 (平成20年)• - 第1回 いわきフラオンパク開催。 - オープン。 (平成22年)• - 第1回 開催。 福島県内初の公認コースで開かれる大会となった。 - がに指定される。 (平成23年)• - ()が発生。 いわき市で震度6弱を観測。 しかしその震度は、震度計に記録された値であり、気象庁の推計震度分布図によれば、いわき市内の一部地域では震度6強もしくはの激しい揺れを観測したとみられている。 - が発生。 いわき市で震度6弱を観測。 しかしこの地震でも、1ヶ月前の東北地方太平洋沖地震の本震と同様、市内の一部で、震度6強や震度7を観測した地域があったとみられる。 翌12日の地震でも震度6弱を観測。 以降、震度5弱以上の余震が頻発する。 - 第1回フラガールズ甲子園開催。 東日本大震災の影響で第1回大会のみ東京・で開催された。 第2回以降はいわきアリオスで開催。 (平成25年)• - 東日本大震災の復興支援試合として、2013の第3戦をにて開催。 福島県初の球宴開催となった。 9月1日 - いわき市発足以来初めて福島県内最大都市でなくなる(この日時点の推計人口がいわき市:327,993人、郡山市:328,112人となり県内最大都市の座を郡山市に明け渡す)。 (平成27年)• - 開業により、の特急列車が乗り入れを果たし、までダイレクトアクセスできるようになる。 - 第7回(いわき太平洋・島サミット2015)開幕。 福島県初の各国首脳級の国際会議となった。 (平成28年)• 1月1日 - この日時点の推計人口がいわき市:349,190人、郡山市:335,933人となり再び県内最大都市となる。 - 第3回2016が開幕。 日本・福島県初の大会開催となった。 - を本市で初開催。 (平成30年)• - 第8回太平洋・島サミット開幕。 2年ぶりの開催。 - 小名浜港背後地都市センターゾーン()の街開き。 (平成31年・令和元年)• ー 小名浜港海上遊覧船「いわきデイクルーズ」が後継者不足を理由に27年間の営業を終了し廃止となる。 行政・司法 [ ]• 市長:(2013年9月28日就任、2期目) 歴代市長 [ ] 代 氏名 就任 退任 期 備考 赤津庄兵衛 1966年(昭和41年)10月1日 1966年(昭和41年)10月19日 職務執行者(前勿来市長) 1 大和田弥一 1966年(昭和41年)10月20日 1974年(昭和49年)10月19日 2 前平市長 2 1974年(昭和49年)10月20日 1986年(昭和61年)10月19日 3 3 1986年(昭和61年)10月20日 1990年(平成2年)10月19日 1 4 1990年(平成2年)10月20日 1997年(平成9年)9月27日 2 5 1997年(平成9年)9月28日 2005年(平成17年)9月27日 2 6 2005年(平成17年)9月28日 2009年(平成21年)9月27日 1 7 2009年(平成21年)9月28日 2013年(平成25年)9月27日 1 8 2013年(平成25年)9月28日 現職 警察・消防 [ ] 警察 詳細は「」を参照• 定数:37名• 任期:2016年(平成28年)10月1日~2020年(令和2年)9月30日• 議長:菅波健(いわき市議会志帥会、4期)• (いわき市選挙区) [ ]• 定数:10名• 任期:2019年(令和元年)11月20日~2023年(令和5年)11月19日 氏名 会派名 当選回数 備考 坂本竜太郎 福島県議会議員会 2 矢吹貢一 自由民主党福島県議会議員会 3 福島県議会議員団 1 安部泰男 公明党福島県議会議員団 3 古市三久 県民連合議員会 4 党籍は 宮川えみ子 福島県議会議員団 4 青木稔 自由民主党福島県議会議員会 9 鈴木智 自由民主党福島県議会議員会 3 西丸武進 県民連合議員会 6 党籍は 吉田英策 日本共産党福島県議会議員団 2 衆議院 [ ]• 任期 : 2017年(平成29年)10月22日 - 2021年(令和3年)10月21日(「」参照) 選挙区 議員名 党派名 当選回数 備考 (いわき市、) 7 選挙区 地域圏 [ ] いわき駅前 人口は福島県内1位で、面積(1,231. 市街地・は、、、、などの地区に分散しており 、単体の市で多極分散型となっているが、市街地と商工業地区への集約、山間部のが目立つ。 地理的・歴史的背景から、湯本傾城(ゆもとけいせい)を境にして大きく北半分(概ね旧。 内郷~末続)と南半分(概ね旧。 勿来~湯本)に二分される。 比較的大きな市街地は、行政・商業・陸上交通の中心で、から発展し、いわき市中心部の (・周辺)と、工業・海上交通の中心で、から発展した (周辺)、このほか常磐線駅周辺に市街地が形成されているが、を初めとする大規模開発住宅地もある。 主にへの青年層の流出(大学就学、就職)と、生活環境に富むことを背景とする、が拮抗しながらも、1998年をピークに緩やかな人口減少傾向にある。 町名 [ ]• 小名浜岡小名• 小名浜南富岡• 小名浜大原• 小名浜相子島• 小名浜住吉• 小名浜島• 小名浜野田• 小名浜岩出• 小名浜林城• 小名浜金成• 小名浜玉川町• 鹿島町御代• 鹿島町船戸• 鹿島町久保• 鹿島町下蔵持• 鹿島町上蔵持• 鹿島町走熊• 鹿島町下矢田• 鹿島町米田• 鹿島町飯田• 泉町本谷• 泉町滝尻• 泉町下川• 泉町黒須野• 泉町玉露• 渡辺町洞• 渡辺町泉田• 渡辺町昼野• 渡辺町田部• 渡辺町松小屋• 渡辺町中釜戸• 渡辺町上釜戸• 洋向台• 泉ケ丘• 泉玉露• 湘南台• 中部工業団地• 鹿島町鹿島• 泉もえぎ台 勿来地区• 久之浜町末続• 久之浜町金ケ沢• 久之浜町久之浜• 久之浜町田之網• 久之浜町• 大久町大久• 大久町小久• 人口はいわき都市圏1市1町の合計の人口(の人口計) 1980-2000 1980年 1990年 1995年 2000年 自治体 (現在) 34 万7408人 36 万1286人 36 万6207人 36 万5864人 いわき市 いわき市 東日本大震災と福島第一原子力発電所事故 [ ] のでは当市も被災し、震度6弱を観測した。 宮城沖から茨城沖のの中間にあたる本市は、震度4以上の揺れが3分10秒にわたって続き 、これは当震災を観測した震度計の中で最大の長さであった。 また、の推計震度分布図 によると、市北東部で局地的に震度7相当の揺れがあったとみられている。 翌月4月11日には、市内南西部の井戸沢断層付近を震源とする内陸直下型地震であるが発生し、震度6弱を観測した。 この地震により、井戸沢断層と塩ノ平断層、また市内中西部の湯ノ岳断層が同時多発的に数十キロに渡ってそれぞれずれ動いた。 湯ノ岳断層の過去の活動が14万年前の大昔であり、塩ノ平断層に至っては未知の断層であり、当震災のひずみにより誘発されたものであると考えられる。 これにより市内の至る所で断層(最大落差2m)や地割れ・亀裂が出現し、また土砂崩れも相次いだ。 また、翌日には湯ノ岳断層付近を震源とした震度6弱の余震も発生した。 この一連の地震活動と津波により、市内の全半壊戸数は宮城県に次ぐ約4万戸に上り(一部損壊も含めると9万戸)、死者は津波や土砂崩れによるものを中心に400名以上に及んだ。 また、上記に含めで発生したによって市北部が屋内退避区域に指定されるなどの影響もあり、1年半後に市が無作為に抽出したアンケートによると、回答者のほぼ半数が当震災と原発事故により一時的に市外へ避難したと答えた。 このため市ではおよそ15万人が避難したと推測している。 3か月ほどでほとんどの市民が戻ったが、半年間で約7,000人の人口が転出した。 の事故では、歴史的・経済的に繋がりの強かったの住民を中心に約24,000人(2013年4月現在) が避難しており、いわき市を転出した住民の減少分を上回っているため、結果的に人口が増加している。 いわき市に臨時の役場機能(一部を含む)を置いているのは、 と と(原発1 - 4号機所在地) である。 また2013年現在、埼玉県にある役場(原発5 - 6号機所在地)も再移転先を当市に決定し、2013年6月に移転予定である。 この4町は住民避難先最多がいわき市であり、も2,000人以上の避難者がいるので出張所を置いている。 も臨時役場を置いていたが、緊急時避難準備区域の解除に伴い、2012年3月に帰還した。 しかし2013年5月時点で、住民の9割がいわき市に居住する。 いわき市は被災者用として、解体予定だった630戸を急遽開放したり、市営・県営住宅を活用したりするなどして、市民に対する仮設住宅の建設は200戸程度であった。 しかし、双葉郡の避難者向けの仮設住宅が市内各地に3,300戸以上建設された。 賃貸物件も、被災したいわき市民と民によって多くが借り上げられているほか、東京電力3施設(、と)に関わる社員や、作業の本格化による除染作業員や復旧作業員の居住地にもなっているために需要がひっ迫しており、2013年4月現在でも市内への転勤者・進学者が入居物件を見つけられない事例もある。 賃貸物件の入居待ち予約者が100人以上という賃貸仲介会社もあり、深刻な状況であった。 広野町、楢葉町と、居住可能範囲が広がり、東京電力関連社員や除染作業員、復旧作業員の居住地も北部へ移ってきているが、現在地の避難先から故郷に近く気候の似たいわき市へ移りたいという希望は続いている。 また、住宅地の地価も上昇している。 2013年1月1日時点での地価公示地価は、泉もえぎ台が10. 7%、中央台が10. 6%上昇し、住宅地上昇率で全国6位と8位に入るなど、市内の住宅地の平均変動率が16年ぶりに前年比プラスになった。 これも、いわき市内の通常の需要と被災者の需要に加え、双葉郡内の被災者が帰郷を断念し市内の宅地を購入しているためと考えられる。 この動きは続いており、2014年1月1日時点での地価公示価格は、中央台が11. さらに2015年1月1日時点での地価公示価格に至っては、泉もえぎ台が17. いわき市も、土地転用を積極的に進めているが、解決には至っていない。 経済 [ ] 主な産業 [ ] 期が到来する前は、などの石炭産業を中心に、の漁業、林業、農業といった第一次産業で発展した。 常磐炭砿閉山後、大規模合併を期に工業化を図る。 湯本地区の温泉やリゾート施設、海岸部の灯台・水族館あるいは海水浴・サーフィンを中心とした観光、市立美術館、勿来の関をはじめとする文教面での観光資源なども存在する。 労働統計(2000年)• 就業人口:175,324人• 総生産:12,662億円 特産物 [ ]• - 「ふくはる香」と「とちおとめ」など年間1億円以上を出荷している。 - 市の魚に指定されている。 いわき市に本社を置く企業 [ ]• (再生)• (レジャーリゾート、燃料事業、)• (建設事業、不動産事業)• (バス運営)• (アニメーション制作)• (切削工具の製造販売)• (婦人衣料品販売)• (セフテーローダ・製造販売)• (各種石鹸・洗剤・洗濯仕上剤の製造販売)• () 製造業 [ ] いわき市に工場・拠点を置く主な企業 [ ]• (いわき工場。 小名浜臨海工業団地)• 小名浜事業所• (小名浜工場)• (用、の製造販売)• (小名浜工場、平工場)• (福島工場)• (いわき工場)• (福島工場)• (小名浜事業所)• (いわき工場)• (17年)から、現社名に。 (19年)まで、クレハいわき工場。 (プロファーマ)(小名浜工場)• (いわき工場。 小名浜臨海工業団地)• (小名浜臨海工業団地)• (小名浜工場)• (勿来工場)• (いわき事業所)• (いわき製作所)• (東北地区の物流拠点)• (小名浜工場)• (常磐工場。 常磐西郷町) 商業施設 [ ]• - 駅ビル• - 複合施設ビル• - 2018年1月15日閉店• [ ] 銀行 [ ]• 1支店• 2支店• 1支店• 4支店• 10支店2出張所• 6支店• 8支店• 1出張所 政策金融機関 [ ]• 1支店(「国民生活事業」取扱店舗) 協同組織金融機関 [ ]• 20本支店• 17本支店• 2支店• 1支店• 3支店 農協 [ ]• 福島さくら 23支店 水産業 [ ]• 漁獲高 75,628t - 沿海で獲れる魚は「」と呼ばれ、特にメヒカリ、ウニの貝焼きを特産とする。 輸出入 [ ] (2003年)• 総貨物量 13,557,951t• 輸出 514,045t• 輸入 5,133,727t 姉妹都市・提携都市 [ ] 国内• - (61年)と親子都市締結、合併に伴い引き継ぐ• - (9年)兄弟都市締結 海外• () - (57年)友好都市提携• () - (3年)国際姉妹都市締結• () - (23年)姉妹都市締結 地域データ [ ] 健康 [ ]• 平均年齢 41. 69歳() 人口 [ ] いわき市と全国の年齢別人口分布(2005年) いわき市の年齢・男女別人口分布(2005年)• いわき市立平第一小学校• いわき市立平第二小学校• いわき市立平第三小学校• いわき市立平第四小学校• いわき市立平第五小学校• いわき市立平第六小学校• いわき市立夏井小学校• いわき市立高久小学校• いわき市立豊間小学校• いわき市立草野小学校絹谷分校• いわき市立赤井小学校• いわき市立湯本第一小学校• いわき市立湯本第二小学校• いわき市立湯本第三小学校• いわき市立磐崎小学校• いわき市立長倉小学校• いわき市立藤原小学校• いわき市立小名浜第一小学校• いわき市立小名浜第二小学校• いわき市立泉小学校• いわき市立渡辺小学校• いわき市立江名小学校• いわき市立永崎小学校• いわき市立鹿島小学校• いわき市立小名浜東小学校• いわき市立高坂小学校• いわき市立御厩小学校• いわき市立内町小学校• いわき市立宮小学校• いわき市立白水小学校• いわき市立綴小学校• いわき市立高野小学校• いわき市立植田小学校• いわき市立菊田小学校• いわき市立錦小学校• いわき市立勿来第一小学校• いわき市立勿来第二小学校• いわき市立勿来第三小学校• いわき市立川部小学校• いわき市立上遠野小学校• いわき市立入遠野小学校• いわき市立四倉小学校• いわき市立大浦小学校• いわき市立大野第一小学校• いわき市立大野第二小学校• いわき市立小川小学校• いわき市立小玉小学校• いわき市立田人小学校• いわき市立好間第一小学校• いわき市立好間第二小学校• いわき市立好間第三小学校• いわき市立好間第四小学校• いわき市立三和小学校• いわき市立川前小学校• いわき市立桶売小学校• いわき市立小白井小学校• いわき市立久之浜第一小学校• いわき市立錦東小学校• いわき市立久之浜第二小学校• いわき市立小名浜西小学校• いわき市立汐見が丘小学校• いわき市立郷ケ丘小学校• いわき市立中央台北小学校• いわき市立中央台南小学校• いわき市立泉北小学校• いわき市立中央台東小学校 いわき市立美術館 スポーツ施設 [ ]• (サッカー、ラグビー、アメリカンフットボール)• フットサル、テニス• いわき市小名浜野球場• いわき市立総合体育館• いわき弓道場• 平テニスコート• いわき南の森スポーツパーク• いわき市南部スタジアム• 南部テニス場• 南部アリーナ• いわき市内郷コミュニティーセンター 文化ホール・市民会館 [ ]• (いわきアリオス)• 文化施設 [ ]• いわき芸術文化交流館• いわき市立小名浜図書館• いわき市立勿来図書館• いわき市立常磐図書館• いわき市立内郷図書館• いわき市立四倉図書館 交通 [ ] に沿った南北方向に幹線道路(、)と鉄道()が通っており、から約200km、から約150kmに位置する。 常磐道ではから東京方面のまで175. 5km(・まで約196km)、仙台方面のまで124. 9km(・まで約146km)である。 常磐線では営業キロでからまで215. 2km、まで151. 3kmである。 同線は以南(水戸・東京方面)で複線(または複々線)化されている一方、同駅以北(相馬・仙台方面)は一部を除き複線化されていない。 2015年の開業により、東京駅より乗換不要でアクセスできる様になった。 また、との間に道路ではと、鉄道ではが通っており、から約70kmに位置する。 の福島県庁からは約120km。 からは約1時間。 空路 [ ] 現在、市内と空港を結ぶアクセスバスやリムジンバスの設定はない。 約70km離れた福島県に位置している。 やなどで約60分でアクセス可能。 約100km離れたに位置している。 で約90分でアクセス可能。 の茨城・千葉区間開通に伴い、2時間 - 2時間半でアクセス可能。 鉄道 [ ] いわき駅 を中心に南北・西方向に路線が存在する。 については、(JR東日本)が担い、私鉄は存在しない。 以前はが臨時に旅客取扱を行ったが、現在は貨物取扱のみになり行っていない。 各線の詳細はそれぞれの路線の項目を参照。 東日本旅客鉄道(JR東日本) [ ]• いわき駅基準でまで最速2時間7分で結ぶ。 の常磐線 - 間の全線復旧に伴い、いわき駅以北にも1日3本の特急「ひたち」が乗り入れ、乗り換え不要で再び・・へのアクセスが可能になった。 また、普通列車はいわき駅を境にほとんどの列車が南北で運転系統が分かれている。 南行きは・まで、北行きは原ノ町駅まで乗り入れる。 なお、5時間ほど運転されない時間帯があり、都市間輸送としては高速バスに頼っている部分がある。 福島臨海鉄道 [ ]• 道路 [ ] 常磐自動車道および常磐バイパスが南北に貫き、分散する市街地を相互に連絡している。 また、磐越自動車道や国道49号線も主要な道路網の一つである。 には、現在工事中のと小名浜港を結ぶ(地域高規格道路)が開通予定である。 高速道路 [ ]• E6 (三郷方面 - ・ - ・ - - - ・ - - - 仙台方面) 三郷起点でいわき勿来ICは154. 5km、いわき中央ICは175. 5kmと1時間半強 - 2時間弱でアクセス可能。 E49 ( - - - 郡山方面) までいわきJCT基準で61. 9kmと50分程度でアクセス可能である。 一般国道 [ ] 十五町目交差点。 上下に走っているのが旧国道6号。 北方面 - ・・・・・・・・・• 南方面 - ・・・・・・・・・・• 西方面 - ・・• 西方面 - ・• 主要地方道 [ ]• 道の駅 [ ]• 路線バス [ ] 一般路線バス• (旧 )• 新常磐交通(、、、、、、・、・行きを運行)• (行き、を運行)• (東京駅行きを運行)• (福島駅・会津若松駅・郡山駅行きを運行)• (会津バス)(会津若松駅行きを運行)• (仙台駅行きを運行) 港湾 [ ]• いわきサンマリーナ - 小名浜港の南端に位置する。 中之作港• 江名港• 久之浜港• 四倉港• 勿来港• 豊間港• 沼之内港• 小浜港 観光 [ ] として脱皮する事にも成功。 いわき市は東日本でありながら一年中、比較的に温暖な気候を活かし日本のハワイとして観光イメージアップを図り、東北地方で最も集客力のあるリゾート施設で成功を収める。 そのほかに、など多彩な観光資源を持っており、2013年度(平成25年度)の市内観光交流人口は県内第1位の年間約788万人である。 観光地 [ ] 平地区• - の1つ - 遺影碑・みだれ髪歌碑・永遠のひばり像(少女時代の美空ひばり像)• ()(大ウナギ生息池)• 常福寺• (社殿7棟が国の重要文化財)・飯野文庫(重要文化財「飯野家文書」を保管)• 龍が城美術館• 合磯海水浴場 小名浜地区• いわきサンマリーナ• アクアマリンパーク• (小名浜の海洋科学館)• (市観光物産センター)• いわきデイクルーズ(観光遊覧船)• 小名浜美食ホテル• 小名浜潮目交流館• いわきサンマリーナ• 永崎海水浴場 勿来地区• 勿来の関公園体験学習施設 吹風殿• いわき市勿来関文学歴史館• 小浜海水浴場• 高蔵寺• 勿来火力公園 河津桜 常磐地区• (旧称:常磐ハワイアンセンター)• (通称「馬の温泉」)• 記念湯本温泉童謡館• 三函山勝行院(成田山)• 観音山公園 内郷地区• みろく沢炭鉱資料館• () 四倉地区• 逢瀬の滝• 四倉海水浴場• 四倉温泉• 玉山鉱泉• 白岩鉱泉• 仁井田浦キャンプ場 遠野地区• いわき市遠野オートキャンプ場• 入遠野川ヤナ場• 鮫川渓谷• 入川渓谷• 天王川トロン温泉• 大師御入定所 小川地区• (夏井川渓谷県立自然公園)• キャンプ場 好間地区• 好間川溪谷 三和地区• 三和ふれあい館• 三和町ふれあい市場• 水石山公園 田人地区• 四時川渓谷里山() 川前地区• いわきの里鬼ケ城• 鹿又川渓谷 久之浜・大久地区• いわき市海竜の里センター• いわき市アンモナイトセンター• 久之浜海水浴場• 波立海水浴場 史跡など [ ]• (国の史跡)• (国の史跡)• 祭り・郷土芸能 [ ] 平七夕まつり• いわき七夕まつり(旧・)・いわきおどり• いわき花火大会・いわきおどり小名浜大会• なこそ夏まつり(なこそ鮫川花火大会・いわきおどり勿来大会)• 四倉ねぶたといわきおどりの夕べ(いわきおどり四倉大会)• 夏井川流灯花火大会• いわき回転櫓盆踊り大会• (熊野神社) - 国のに指定。 舞台にした作品 [ ] 文学作品• ( 「吹く風を なこその関と 思へども 道も背に散る 山桜かな」) - 勿来の関の歌は、他に、、、、が詠む。 (勿来の巻) 映画• 浮草日記()• (1957年)• () - (常磐ハワイアンセンター時代 、• () -• () - 防犯訓練での強盗役警官の騒動劇、いわき市平• () - 平地区、久之浜地区、小川地区• KEEP ON ROCKIN'()• () - 平地区、豊間地区、勿来地区• () - 常磐湯本地区、勿来地区、四倉地区• (2006年) - 勿来地区• () - 好間地区• () - 常磐地区• () - 永崎海岸• 超高速! 参勤交代 リターンズ()• () テレビ番組• (1972年) - 第24、第25話を照島ランド• 第6話「パニック イン 警視庁」(1978年) - 内郷駅、高坂• () - 第399話「廃墟の決闘」 - 常磐炭鉱廃屋、湯本にて• () - 小名浜地区にて• () - 常磐線湯本駅、スパリゾートハワイアンズ• 1996年、 第19話 「夏の彼女は人魚姫?! 」 スパリゾートハワイアンズでロケが行われた。 、第20話 「河童訪ねて三千里!! 」 いわき市石炭化石館でロケが行われた。 - あかりの夫がいわき市に実家があるという設定のため、実際に平赤井地区でロケが行われた。 アニメ• (2019年) 楽曲• - 塩屋崎が舞台。 小名浜() - PVも小名浜で撮影。 出身人物 [ ] 政官界• (元、)• (元)• (元、)• (衆議院議員)• (、参議院議員、)• (衆議院議員)• (、衆議院議員)• (元長官)• (衆議院議員) 財界• (「現・」創業者)• (社長)• 芳賀文子(個人事務所「ティヴィ・クラブ」社長、所ジョージ夫人)• (社長、議長)• (創業者、創立者)• (創業者)• (創業者、代表取締役社長) 学界• (学者)• (日本文学研究者)• (家、医学博士)• (、発見者)• (衛生学者、校長。 () 文化・芸術• (詩人)• (画家・)• (映画監督)• (漫画家)• (漫画家)• (漫画家)• (漫画家)• (漫画家)• () スポーツ• (元)• (元プロ野球選手)• (元、投手コーチ)• (プロ野球選手、所属)• (元プロ野球選手、オリックス・バファローズ)• (プロ野球選手、所属)• (プロ野球選手、所属)• (元、サッカー指導者)• (元、監督)• (プロサッカー選手、所属。 福島県出身として初の日本代表選手)• (サッカー選手)• (プロサッカー選手、所属)• (、所属)• (元女子プロサッカー選手)• (男子日本代表選手)• (男子56㎏級日本代表選手、元日本記録保持者)• (女子プロボクサー)• (元プロボクサー)• (プロゴルファー)• (競輪選手)• (競輪選手)• (競輪選手)• (選手)• (元選手、出身、所属)• (元、)• (元力士、最高位)• () 芸能界• (女優)• (尺八奏者、、)• (俳優)• (、、、、)• (、女優)• (グラビアアイドル、タレント)• (、女優)• (、ファッションモデル)• (ファッションモデル、女優)• (ファッションモデル、タレント)• (女優)• (・)• (お笑いタレント・ピン芸人)• 平子祐希(お笑いコンビ)• 林千春(、元)• (歌手)• (歌手)• (歌手)• (アイドル、)• (アイドル、)• 愛川ヒロキ(・アレンジャー、元ベーシスト)• 藤井敬之(ボーカル)• (ミュージシャン hurdy gurdy、ex)• OKP-STAR(ベーシスト)• 平山佳代子()• ASA-CHANG()• 柳沼由紀枝()(・・)• 加藤秀樹(クレヨン社)(・・)• 菊池章夫()(ミュージシャン・ギタリスト)• 北郷勇一(阿呆鳥)(ミュージシャン・ベーシスト)• 金子透(阿呆鳥)(ミュージシャン・ギタリスト)• (女優)• (女優、歌手) マスコミ• (プロデューサー、演出家、作家、ラジオパーソナリティー)• (アナウンサー)• (アナウンサー)• (アナウンサー)• (アナウンサー)• (記者・元アナウンサー)• (フリーアナウンサー・) アイドル• (いわき市公認ご当地アイドル) その他 [ ]• を含む関東広域圏の民間放送テレビ5局、の県域テレビ放送がによりデジタルで直接受信可能である。 なおはノイズが出るものの地区によっては受信ができる場合がある(テレビ東京デジタル放送放送休止時のみ)。 脚注 [ ] [] 出典 [ ]• いわき市役所(2019年8月12日閲覧)。 (2015年3月14日)2019年8月12日閲覧。 (2019年08月10日)2019年8月12日閲覧。 いわき市役所(2019年8月12日閲覧)。 いわき市役所(2019年8月12日閲覧)。 福島民友新聞(2019年07月14日)2019年8月12日閲覧。 (シンクタンクふくしま 2000年1月)• www. data. jma. 2019年6月28日閲覧。 www. data. jma. 2019年6月28日閲覧。 www. data. jma. 2019年6月28日閲覧。 www. data. jma. 2019年6月28日閲覧。 www. data. jma. 2019年6月28日閲覧。 2019年10月5日閲覧。 (福島県)• 「いわき市内地域別データファイル2010」 いわき未来づくりセンター、2011年。 - 気象庁(2011年3月25日付)• - 気象庁• - 産業技術総合研究所 活断層・地震研究センター• - 福島民友(2012年11月3日付)• - いわき市• - 楢葉町• - 富岡町• - 大熊町• - 『』(2012年10月3日付、2013年5月8日閲覧)• - 浪江町• - 福島県• - 福島民報• 山田大輔 2015年1月15日. 『』 毎日新聞社• 『』2016年6月4日付• - 福島県港湾課(2012年8月29日閲覧)• 参考文献 [ ]• - 地図・空中写真閲覧サービス。 画面上を横切る常磐線の中央がJRいわき駅(撮影当時は平駅)である。 並行するようにやや下を国道6号線が左右に横切り、駅前から小名浜地区へ画面下に伸びる県道と交差している。 画面上右から斜めに夏井川が流れる。 画面中央右には水田が広がるが、撮影当時(1975年)以降、市街地化が進む。 画面中央やや下にはいわき平競輪場がある。 関連項目 [ ] に関連するメディアがあります。 で 「 いわき市」に関する情報が検索できます。 ウィクショナリーの ウィキブックスの ウィキソースの コモンズで() ウィキニュースの ウィキボヤージュの.

次の

土砂災害警戒区域総括図

いわき 市 土砂崩れ

概要 [ ] の南部を占める市である。 は(北部)や(南部)の領土であり、のからまではの本拠地として栄えていた。 初期より最大かつに最も近い炭鉱であるの開発が始まり、隣接するとともに、明治期の日本の近代化に欠かせない地域となった。 鉄道のは、この地域で産出される鉱物資源をへ運ぶ重要路線として早期に敷設され、日本の主幹産業として当時の人口増に寄与した。 期にへのが進み、産業が急速に衰退していくと、の指定を受けるべく14市町村の大合併を行った。 環境問題としては化学工場から排出されたカドミウムによる土壌汚染と地下水汚染の公害を鮫川中流域において経験した。 この新産業都市は、ほどの成果を生むことはなかったが、首都圏から近い地の利を生かし、に次ぐ東北2位の工業製造品出荷額の(度:約9,137億円 )となった。 また、東北地方で最も集客力のあるリゾート施設を筆頭に、、など多彩な観光資源を持ち(2015年度(平成27年度)の市内観光交流人口は東北2位の年間約810万人 )、への転換にも成功している。 特に、炭鉱会社であった常磐炭礦(現・)が会社存続をかけてに開業させたスパリゾートハワイアンズは、2006年に『』としてになるなど当市の顔であり、市役所としても「フラおじさん」などハワイ色を強く出した観光イメージ戦略を行っている。 2011年3月11日に発生したでは揺れとに襲われ、死者467名、建物の全壊7902棟といった大きな被害を受けた(2019年8月時点集計)。 また同震災に伴い起きたによる影響やを受けた。 ロードを兼ねた建設など復興や将来の災害への備えも進められている。 詳細は「」を参照。 地理 [ ] 福島県の東南に位置し、南はと接し、に面した60kmにわたる海岸線を有する。 物流・工業港としては があるほか、6カ所のがある。 東日本大震災と福島第一原発事故の影響を受けたは、2019年夏時点で4カ所が再開されている。 市の面積は広大だが、から西側はの山間部であり、残る東側も丘陵地が多く、市街地と市街地が丘陵によって分断されて連続性がないのが特徴である。 JR常磐線では、とが交互に現れる。 そのため、面積に対する可住地面積の割合は30%と、県内の市の中では最も低い。 平県、を経て、最終的に1876年に福島県に組み込まれたものの、歴史的にはを介して(現在の)との繋がりが深かったため、や習慣は同じ福島県よりも茨城県に近い。 以後も、常磐線や常磐自動車道などの交通網が茨城側から順に整備されたため、険しい阿武隈高地を超えたよりも、茨城県との交流が近密であった。 しかし近年は、1995年にが開通した事によってやと結ばれたため、交流が活発になってきている。 広大な面積 [ ] 磐城地方は、基幹産業であった常磐炭田と水産業の斜陽化が進み、早急な方向転換を迫られていた。 そのために基づく新産業都市の指定を「常磐・郡山地域」として受けるべく、県が主導となり、と共に大規模な市町村合併を行った。 これによりを挟んで両市は隣同士となり、70km離れた両市が「1地域」として指定される事となった。 この合併により、、、、、の5市と旧の全域(3町4村)にの2町村(・)を加えた計14自治体が1つとなり、(41年)当時としては日本一広い面積(1,231. なお、本市は(現)、(現)、についで4例目のの自治体でもある。 「いわき」の漢字表記は「 岩城」「 磐城」「 石城」であるが、歴史で変遷がある。 と下の郡名が「」で、本市を本拠地にしたの姓が「」で、とが「」となっている。 しかし、に市町村が合併する際に「磐城市」(地区)が合併する地域に含まれていたため、吸収合併のイメージを嫌い、妥協点としてひらがなの「いわき市」となった。 なお、「いわき」を漢字で表記する場合、学校や施設、行政機関名は「磐城」を用いている例が多い。 また、から遠方であることに配慮して、に、本市にがおかれ、「いわきナンバー」が新設された。 これは初のひらがなナンバープレートであった。 自然 [ ] 福島県内におけるいわき市の位置• :、、• :矢大臣山、鬼ヶ城山、屹兎屋山、猫鳴山、芝山、神楽山、朝日山、鶴石山、二ッ石山、水石山、塩見山、、湯ノ岳、閼伽井嶽、石森山• :久之浜温泉、白岩温泉、地切温泉、(常磐湯本温泉)、白鳥温泉、吉野谷鉱泉• :波立海岸、菊多浦() 気候 [ ] 内では年間が最も長く、1日の平均気温が最も高い。 沿岸部のため冬は内陸部よりも冷えにくく、夏は内陸部よりも暑くなりにくく、年間の寒暖の差が小さい。 また冬は日本海側から流れる雪雲が、、阿武隈高地に遮られるため、山間部を除いてはほとんど降らず、乾燥した快晴の日が多い。 平均積雪量は東北地方の中では極端に少なく、数年に一度積もる程度、やなどとほぼ同じ値 となっているため、東北地方にありながら、市民は雪に慣れていない。 2010年に山田町に観測所(山田地域気象観測所)が設置され、海風の影響を受けやすい従来の「小名浜特別地域気象観測所」よりも、中心部の気象データが反映されるようになった。 これにより、夏季において真夏日を記録する日が連続して観測されるようになった。 8 69. 4 24. 8 76. 6 23. 5 74. 3 27. 4 81. 3 29. 7 85. 5 33. 6 92. 5 34. 9 94. 8 37. 7 99. 9 34. 4 93. 9 31. 5 88. 7 25. 0 77 25. 4 77. 7 37. 7 99. 4 47. 1 8. 5 47. 3 10. 9 51. 6 15. 5 59. 9 18. 9 66 21. 8 71. 2 25. 2 77. 4 27. 5 81. 5 25. 0 77 20. 5 68. 9 15. 7 60. 3 11. 1 52 17. 42 63. 8 38. 8 4. 0 39. 2 6. 6 43. 9 11. 3 52. 3 15. 2 59. 4 18. 4 65. 1 22. 0 71. 6 24. 2 75. 6 21. 5 70. 7 16. 4 61. 5 11. 1 52 6. 4 43. 5 13. 4 56. 5 31. 2 31. 6 2. 3 36. 1 7. 1 44. 8 11. 7 53. 1 15. 7 60. 3 19. 6 67. 3 21. 7 71. 1 18. 6 65. 5 12. 5 54. 5 6. 6 43. 9 1. 9 35. 4 9. 75 49. 3 15. 7 12. 5 16. 8 25. 6 30. 9 4. 8 40. 6 9. 6 49. 3 11. 6 52. 9 7. 2 45 0. 8 33. 3 26. 1 19. 7 12. 7 mm inch 52. 8 2. 079 58. 0 2. 283 107. 5 4. 232 125. 3 4. 933 142. 0 5. 591 148. 7 5. 854 150. 4 5. 921 135. 5 5. 335 188. 2 7. 409 173. 8 6. 843 82. 4 3. 244 44. 4 1. 748 1,408. 9 55. 8 177. 9 185. 8 188. 8 188. 6 142. 1 147. 9 185. 7 139. 5 152. 7 160. 5 183. 6 2,042. 3 63. 1 20. 9 69. 6 23. 8 74. 8 27. 2 81 29. 5 85. 1 34. 6 94. 3 35. 1 95. 2 36. 1 97 36. 5 97. 7 31. 3 88. 3 23. 0 73. 4 22. 2 72 36. 5 97. 3 57. 7 17. 9 64. 2 20. 8 69. 4 24. 7 76. 5 27. 7 81. 9 30. 7 87. 3 33. 6 92. 5 34. 5 94. 1 32. 4 90. 3 28. 2 82. 8 21. 8 71. 2 17. 7 63. 9 25. 36 77. 6 21. 9 21. 8 30. 6 5. 7 42. 3 9. 2 48. 6 16. 6 61. 9 17. 7 63. 9 11. 3 52. 3 4. 9 40. 2 31. 5 23. 9 3. 71 38. 5 20. 6 18. 7 23. 6 25. 5 2. 8 37 5. 8 42. 4 15. 8 60. 4 16. 3 61. 3 9. 9 49. 8 3. 8 38. 7 28. 9 19. 6 18. 3 mm inch 37. 9 1. 492 69. 1 2. 72 97. 0 3. 819 171. 6 6. 756 150. 2 5. 913 194. 6 7. 661 162. 6 6. 402 144. 5 5. 689 216. 6 8. 528 204. 1 8. 035 67. 9 2. 673 86. 6 3. 409 1,602. 7 63. 097 平均月間 181. 8 154. 5 178. 2 175. 1 199. 3 137. 9 149. 7 160. 3 127. 4 128. 6 140. 6 163. 3 1,896. 7 出典: 平(いわき市好間町今新田字宮西、標高12m)の気候 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 年 mm inch 45. 6 1. 795 54. 7 2. 154 102. 3 4. 028 128. 6 5. 063 144. 6 5. 693 153. 1 6. 028 166. 2 6. 543 159. 6 6. 283 182. 2 7. 173 165. 4 6. 512 87. 7 3. 453 46. 0 1. 811 1,422. 9 56. 02 出典: 沿革 [ ] 合併前の歴史については各市町村記事を参照。 (38年) - 当地を含む「常磐・郡山地区」がに。 7月14日に新産業指定都市祝賀パレードを開催。 (昭和39年) - 当地を含む「常磐・郡山地区」が新産業都市に指定。 (昭和41年) - 第23条に則って、、、、、、、、、、、、、、がし、 いわき市が成立。 当時としては面積が日本一広い市となった。 (昭和42年) - 市章・市歌を制定。 (昭和43年) - が市内大久地区での化石を発見。 (昭和46年)10月1日 - 市の木制定。 (昭和48年) - 現在の市役所本庁舎開庁。 市の花制定。 (昭和50年)• - オープン。 - オープン。 (昭和51年)• - 完全閉山。 10月1日 - 市民憲章制定。 (昭和54年) - 「いわきナンバー」の交付開始。 自動車のナンバープレートとしては初のひらがなナンバーとなる。 (昭和57年) - ()と友好都市締結。 (昭和59年)• - オープン。 - オープン。 (昭和60年) - オープン。 (昭和61年) - (現・)と親子都市締結。 (昭和63年) - が-開通により最初の全線開通。 (3年) - ()と国際姉妹都市締結。 (平成6年) - 平駅がに名称変更。 (平成8年)10月1日 - 市の鳥制定。 (平成9年)• - と兄弟都市締結。 7月25日 - オープン。 10月1日 - が-開通により全線開通。 (平成11年)4月1日 - に指定される。 (平成12年) - オープン。 (平成13年)• - 唯一の、が創業100周年の年に閉店。 10月1日 - 市の魚制定。 (平成15年)4月1日 - との合併により、いわき市が日本一広い市でなくなる(現在は12番目に広い市)。 (平成18年) - フタバスズキリュウが発見から38年経って新属新種のと判明。 学名をフタバサウルス・スズキイとする。 (平成19年) - いわき駅を化。 (平成20年)• - 第1回 いわきフラオンパク開催。 - オープン。 (平成22年)• - 第1回 開催。 福島県内初の公認コースで開かれる大会となった。 - がに指定される。 (平成23年)• - ()が発生。 いわき市で震度6弱を観測。 しかしその震度は、震度計に記録された値であり、気象庁の推計震度分布図によれば、いわき市内の一部地域では震度6強もしくはの激しい揺れを観測したとみられている。 - が発生。 いわき市で震度6弱を観測。 しかしこの地震でも、1ヶ月前の東北地方太平洋沖地震の本震と同様、市内の一部で、震度6強や震度7を観測した地域があったとみられる。 翌12日の地震でも震度6弱を観測。 以降、震度5弱以上の余震が頻発する。 - 第1回フラガールズ甲子園開催。 東日本大震災の影響で第1回大会のみ東京・で開催された。 第2回以降はいわきアリオスで開催。 (平成25年)• - 東日本大震災の復興支援試合として、2013の第3戦をにて開催。 福島県初の球宴開催となった。 9月1日 - いわき市発足以来初めて福島県内最大都市でなくなる(この日時点の推計人口がいわき市:327,993人、郡山市:328,112人となり県内最大都市の座を郡山市に明け渡す)。 (平成27年)• - 開業により、の特急列車が乗り入れを果たし、までダイレクトアクセスできるようになる。 - 第7回(いわき太平洋・島サミット2015)開幕。 福島県初の各国首脳級の国際会議となった。 (平成28年)• 1月1日 - この日時点の推計人口がいわき市:349,190人、郡山市:335,933人となり再び県内最大都市となる。 - 第3回2016が開幕。 日本・福島県初の大会開催となった。 - を本市で初開催。 (平成30年)• - 第8回太平洋・島サミット開幕。 2年ぶりの開催。 - 小名浜港背後地都市センターゾーン()の街開き。 (平成31年・令和元年)• ー 小名浜港海上遊覧船「いわきデイクルーズ」が後継者不足を理由に27年間の営業を終了し廃止となる。 行政・司法 [ ]• 市長:(2013年9月28日就任、2期目) 歴代市長 [ ] 代 氏名 就任 退任 期 備考 赤津庄兵衛 1966年(昭和41年)10月1日 1966年(昭和41年)10月19日 職務執行者(前勿来市長) 1 大和田弥一 1966年(昭和41年)10月20日 1974年(昭和49年)10月19日 2 前平市長 2 1974年(昭和49年)10月20日 1986年(昭和61年)10月19日 3 3 1986年(昭和61年)10月20日 1990年(平成2年)10月19日 1 4 1990年(平成2年)10月20日 1997年(平成9年)9月27日 2 5 1997年(平成9年)9月28日 2005年(平成17年)9月27日 2 6 2005年(平成17年)9月28日 2009年(平成21年)9月27日 1 7 2009年(平成21年)9月28日 2013年(平成25年)9月27日 1 8 2013年(平成25年)9月28日 現職 警察・消防 [ ] 警察 詳細は「」を参照• 定数:37名• 任期:2016年(平成28年)10月1日~2020年(令和2年)9月30日• 議長:菅波健(いわき市議会志帥会、4期)• (いわき市選挙区) [ ]• 定数:10名• 任期:2019年(令和元年)11月20日~2023年(令和5年)11月19日 氏名 会派名 当選回数 備考 坂本竜太郎 福島県議会議員会 2 矢吹貢一 自由民主党福島県議会議員会 3 福島県議会議員団 1 安部泰男 公明党福島県議会議員団 3 古市三久 県民連合議員会 4 党籍は 宮川えみ子 福島県議会議員団 4 青木稔 自由民主党福島県議会議員会 9 鈴木智 自由民主党福島県議会議員会 3 西丸武進 県民連合議員会 6 党籍は 吉田英策 日本共産党福島県議会議員団 2 衆議院 [ ]• 任期 : 2017年(平成29年)10月22日 - 2021年(令和3年)10月21日(「」参照) 選挙区 議員名 党派名 当選回数 備考 (いわき市、) 7 選挙区 地域圏 [ ] いわき駅前 人口は福島県内1位で、面積(1,231. 市街地・は、、、、などの地区に分散しており 、単体の市で多極分散型となっているが、市街地と商工業地区への集約、山間部のが目立つ。 地理的・歴史的背景から、湯本傾城(ゆもとけいせい)を境にして大きく北半分(概ね旧。 内郷~末続)と南半分(概ね旧。 勿来~湯本)に二分される。 比較的大きな市街地は、行政・商業・陸上交通の中心で、から発展し、いわき市中心部の (・周辺)と、工業・海上交通の中心で、から発展した (周辺)、このほか常磐線駅周辺に市街地が形成されているが、を初めとする大規模開発住宅地もある。 主にへの青年層の流出(大学就学、就職)と、生活環境に富むことを背景とする、が拮抗しながらも、1998年をピークに緩やかな人口減少傾向にある。 町名 [ ]• 小名浜岡小名• 小名浜南富岡• 小名浜大原• 小名浜相子島• 小名浜住吉• 小名浜島• 小名浜野田• 小名浜岩出• 小名浜林城• 小名浜金成• 小名浜玉川町• 鹿島町御代• 鹿島町船戸• 鹿島町久保• 鹿島町下蔵持• 鹿島町上蔵持• 鹿島町走熊• 鹿島町下矢田• 鹿島町米田• 鹿島町飯田• 泉町本谷• 泉町滝尻• 泉町下川• 泉町黒須野• 泉町玉露• 渡辺町洞• 渡辺町泉田• 渡辺町昼野• 渡辺町田部• 渡辺町松小屋• 渡辺町中釜戸• 渡辺町上釜戸• 洋向台• 泉ケ丘• 泉玉露• 湘南台• 中部工業団地• 鹿島町鹿島• 泉もえぎ台 勿来地区• 久之浜町末続• 久之浜町金ケ沢• 久之浜町久之浜• 久之浜町田之網• 久之浜町• 大久町大久• 大久町小久• 人口はいわき都市圏1市1町の合計の人口(の人口計) 1980-2000 1980年 1990年 1995年 2000年 自治体 (現在) 34 万7408人 36 万1286人 36 万6207人 36 万5864人 いわき市 いわき市 東日本大震災と福島第一原子力発電所事故 [ ] のでは当市も被災し、震度6弱を観測した。 宮城沖から茨城沖のの中間にあたる本市は、震度4以上の揺れが3分10秒にわたって続き 、これは当震災を観測した震度計の中で最大の長さであった。 また、の推計震度分布図 によると、市北東部で局地的に震度7相当の揺れがあったとみられている。 翌月4月11日には、市内南西部の井戸沢断層付近を震源とする内陸直下型地震であるが発生し、震度6弱を観測した。 この地震により、井戸沢断層と塩ノ平断層、また市内中西部の湯ノ岳断層が同時多発的に数十キロに渡ってそれぞれずれ動いた。 湯ノ岳断層の過去の活動が14万年前の大昔であり、塩ノ平断層に至っては未知の断層であり、当震災のひずみにより誘発されたものであると考えられる。 これにより市内の至る所で断層(最大落差2m)や地割れ・亀裂が出現し、また土砂崩れも相次いだ。 また、翌日には湯ノ岳断層付近を震源とした震度6弱の余震も発生した。 この一連の地震活動と津波により、市内の全半壊戸数は宮城県に次ぐ約4万戸に上り(一部損壊も含めると9万戸)、死者は津波や土砂崩れによるものを中心に400名以上に及んだ。 また、上記に含めで発生したによって市北部が屋内退避区域に指定されるなどの影響もあり、1年半後に市が無作為に抽出したアンケートによると、回答者のほぼ半数が当震災と原発事故により一時的に市外へ避難したと答えた。 このため市ではおよそ15万人が避難したと推測している。 3か月ほどでほとんどの市民が戻ったが、半年間で約7,000人の人口が転出した。 の事故では、歴史的・経済的に繋がりの強かったの住民を中心に約24,000人(2013年4月現在) が避難しており、いわき市を転出した住民の減少分を上回っているため、結果的に人口が増加している。 いわき市に臨時の役場機能(一部を含む)を置いているのは、 と と(原発1 - 4号機所在地) である。 また2013年現在、埼玉県にある役場(原発5 - 6号機所在地)も再移転先を当市に決定し、2013年6月に移転予定である。 この4町は住民避難先最多がいわき市であり、も2,000人以上の避難者がいるので出張所を置いている。 も臨時役場を置いていたが、緊急時避難準備区域の解除に伴い、2012年3月に帰還した。 しかし2013年5月時点で、住民の9割がいわき市に居住する。 いわき市は被災者用として、解体予定だった630戸を急遽開放したり、市営・県営住宅を活用したりするなどして、市民に対する仮設住宅の建設は200戸程度であった。 しかし、双葉郡の避難者向けの仮設住宅が市内各地に3,300戸以上建設された。 賃貸物件も、被災したいわき市民と民によって多くが借り上げられているほか、東京電力3施設(、と)に関わる社員や、作業の本格化による除染作業員や復旧作業員の居住地にもなっているために需要がひっ迫しており、2013年4月現在でも市内への転勤者・進学者が入居物件を見つけられない事例もある。 賃貸物件の入居待ち予約者が100人以上という賃貸仲介会社もあり、深刻な状況であった。 広野町、楢葉町と、居住可能範囲が広がり、東京電力関連社員や除染作業員、復旧作業員の居住地も北部へ移ってきているが、現在地の避難先から故郷に近く気候の似たいわき市へ移りたいという希望は続いている。 また、住宅地の地価も上昇している。 2013年1月1日時点での地価公示地価は、泉もえぎ台が10. 7%、中央台が10. 6%上昇し、住宅地上昇率で全国6位と8位に入るなど、市内の住宅地の平均変動率が16年ぶりに前年比プラスになった。 これも、いわき市内の通常の需要と被災者の需要に加え、双葉郡内の被災者が帰郷を断念し市内の宅地を購入しているためと考えられる。 この動きは続いており、2014年1月1日時点での地価公示価格は、中央台が11. さらに2015年1月1日時点での地価公示価格に至っては、泉もえぎ台が17. いわき市も、土地転用を積極的に進めているが、解決には至っていない。 経済 [ ] 主な産業 [ ] 期が到来する前は、などの石炭産業を中心に、の漁業、林業、農業といった第一次産業で発展した。 常磐炭砿閉山後、大規模合併を期に工業化を図る。 湯本地区の温泉やリゾート施設、海岸部の灯台・水族館あるいは海水浴・サーフィンを中心とした観光、市立美術館、勿来の関をはじめとする文教面での観光資源なども存在する。 労働統計(2000年)• 就業人口:175,324人• 総生産:12,662億円 特産物 [ ]• - 「ふくはる香」と「とちおとめ」など年間1億円以上を出荷している。 - 市の魚に指定されている。 いわき市に本社を置く企業 [ ]• (再生)• (レジャーリゾート、燃料事業、)• (建設事業、不動産事業)• (バス運営)• (アニメーション制作)• (切削工具の製造販売)• (婦人衣料品販売)• (セフテーローダ・製造販売)• (各種石鹸・洗剤・洗濯仕上剤の製造販売)• () 製造業 [ ] いわき市に工場・拠点を置く主な企業 [ ]• (いわき工場。 小名浜臨海工業団地)• 小名浜事業所• (小名浜工場)• (用、の製造販売)• (小名浜工場、平工場)• (福島工場)• (いわき工場)• (福島工場)• (小名浜事業所)• (いわき工場)• (17年)から、現社名に。 (19年)まで、クレハいわき工場。 (プロファーマ)(小名浜工場)• (いわき工場。 小名浜臨海工業団地)• (小名浜臨海工業団地)• (小名浜工場)• (勿来工場)• (いわき事業所)• (いわき製作所)• (東北地区の物流拠点)• (小名浜工場)• (常磐工場。 常磐西郷町) 商業施設 [ ]• - 駅ビル• - 複合施設ビル• - 2018年1月15日閉店• [ ] 銀行 [ ]• 1支店• 2支店• 1支店• 4支店• 10支店2出張所• 6支店• 8支店• 1出張所 政策金融機関 [ ]• 1支店(「国民生活事業」取扱店舗) 協同組織金融機関 [ ]• 20本支店• 17本支店• 2支店• 1支店• 3支店 農協 [ ]• 福島さくら 23支店 水産業 [ ]• 漁獲高 75,628t - 沿海で獲れる魚は「」と呼ばれ、特にメヒカリ、ウニの貝焼きを特産とする。 輸出入 [ ] (2003年)• 総貨物量 13,557,951t• 輸出 514,045t• 輸入 5,133,727t 姉妹都市・提携都市 [ ] 国内• - (61年)と親子都市締結、合併に伴い引き継ぐ• - (9年)兄弟都市締結 海外• () - (57年)友好都市提携• () - (3年)国際姉妹都市締結• () - (23年)姉妹都市締結 地域データ [ ] 健康 [ ]• 平均年齢 41. 69歳() 人口 [ ] いわき市と全国の年齢別人口分布(2005年) いわき市の年齢・男女別人口分布(2005年)• いわき市立平第一小学校• いわき市立平第二小学校• いわき市立平第三小学校• いわき市立平第四小学校• いわき市立平第五小学校• いわき市立平第六小学校• いわき市立夏井小学校• いわき市立高久小学校• いわき市立豊間小学校• いわき市立草野小学校絹谷分校• いわき市立赤井小学校• いわき市立湯本第一小学校• いわき市立湯本第二小学校• いわき市立湯本第三小学校• いわき市立磐崎小学校• いわき市立長倉小学校• いわき市立藤原小学校• いわき市立小名浜第一小学校• いわき市立小名浜第二小学校• いわき市立泉小学校• いわき市立渡辺小学校• いわき市立江名小学校• いわき市立永崎小学校• いわき市立鹿島小学校• いわき市立小名浜東小学校• いわき市立高坂小学校• いわき市立御厩小学校• いわき市立内町小学校• いわき市立宮小学校• いわき市立白水小学校• いわき市立綴小学校• いわき市立高野小学校• いわき市立植田小学校• いわき市立菊田小学校• いわき市立錦小学校• いわき市立勿来第一小学校• いわき市立勿来第二小学校• いわき市立勿来第三小学校• いわき市立川部小学校• いわき市立上遠野小学校• いわき市立入遠野小学校• いわき市立四倉小学校• いわき市立大浦小学校• いわき市立大野第一小学校• いわき市立大野第二小学校• いわき市立小川小学校• いわき市立小玉小学校• いわき市立田人小学校• いわき市立好間第一小学校• いわき市立好間第二小学校• いわき市立好間第三小学校• いわき市立好間第四小学校• いわき市立三和小学校• いわき市立川前小学校• いわき市立桶売小学校• いわき市立小白井小学校• いわき市立久之浜第一小学校• いわき市立錦東小学校• いわき市立久之浜第二小学校• いわき市立小名浜西小学校• いわき市立汐見が丘小学校• いわき市立郷ケ丘小学校• いわき市立中央台北小学校• いわき市立中央台南小学校• いわき市立泉北小学校• いわき市立中央台東小学校 いわき市立美術館 スポーツ施設 [ ]• (サッカー、ラグビー、アメリカンフットボール)• フットサル、テニス• いわき市小名浜野球場• いわき市立総合体育館• いわき弓道場• 平テニスコート• いわき南の森スポーツパーク• いわき市南部スタジアム• 南部テニス場• 南部アリーナ• いわき市内郷コミュニティーセンター 文化ホール・市民会館 [ ]• (いわきアリオス)• 文化施設 [ ]• いわき芸術文化交流館• いわき市立小名浜図書館• いわき市立勿来図書館• いわき市立常磐図書館• いわき市立内郷図書館• いわき市立四倉図書館 交通 [ ] に沿った南北方向に幹線道路(、)と鉄道()が通っており、から約200km、から約150kmに位置する。 常磐道ではから東京方面のまで175. 5km(・まで約196km)、仙台方面のまで124. 9km(・まで約146km)である。 常磐線では営業キロでからまで215. 2km、まで151. 3kmである。 同線は以南(水戸・東京方面)で複線(または複々線)化されている一方、同駅以北(相馬・仙台方面)は一部を除き複線化されていない。 2015年の開業により、東京駅より乗換不要でアクセスできる様になった。 また、との間に道路ではと、鉄道ではが通っており、から約70kmに位置する。 の福島県庁からは約120km。 からは約1時間。 空路 [ ] 現在、市内と空港を結ぶアクセスバスやリムジンバスの設定はない。 約70km離れた福島県に位置している。 やなどで約60分でアクセス可能。 約100km離れたに位置している。 で約90分でアクセス可能。 の茨城・千葉区間開通に伴い、2時間 - 2時間半でアクセス可能。 鉄道 [ ] いわき駅 を中心に南北・西方向に路線が存在する。 については、(JR東日本)が担い、私鉄は存在しない。 以前はが臨時に旅客取扱を行ったが、現在は貨物取扱のみになり行っていない。 各線の詳細はそれぞれの路線の項目を参照。 東日本旅客鉄道(JR東日本) [ ]• いわき駅基準でまで最速2時間7分で結ぶ。 の常磐線 - 間の全線復旧に伴い、いわき駅以北にも1日3本の特急「ひたち」が乗り入れ、乗り換え不要で再び・・へのアクセスが可能になった。 また、普通列車はいわき駅を境にほとんどの列車が南北で運転系統が分かれている。 南行きは・まで、北行きは原ノ町駅まで乗り入れる。 なお、5時間ほど運転されない時間帯があり、都市間輸送としては高速バスに頼っている部分がある。 福島臨海鉄道 [ ]• 道路 [ ] 常磐自動車道および常磐バイパスが南北に貫き、分散する市街地を相互に連絡している。 また、磐越自動車道や国道49号線も主要な道路網の一つである。 には、現在工事中のと小名浜港を結ぶ(地域高規格道路)が開通予定である。 高速道路 [ ]• E6 (三郷方面 - ・ - ・ - - - ・ - - - 仙台方面) 三郷起点でいわき勿来ICは154. 5km、いわき中央ICは175. 5kmと1時間半強 - 2時間弱でアクセス可能。 E49 ( - - - 郡山方面) までいわきJCT基準で61. 9kmと50分程度でアクセス可能である。 一般国道 [ ] 十五町目交差点。 上下に走っているのが旧国道6号。 北方面 - ・・・・・・・・・• 南方面 - ・・・・・・・・・・• 西方面 - ・・• 西方面 - ・• 主要地方道 [ ]• 道の駅 [ ]• 路線バス [ ] 一般路線バス• (旧 )• 新常磐交通(、、、、、、・、・行きを運行)• (行き、を運行)• (東京駅行きを運行)• (福島駅・会津若松駅・郡山駅行きを運行)• (会津バス)(会津若松駅行きを運行)• (仙台駅行きを運行) 港湾 [ ]• いわきサンマリーナ - 小名浜港の南端に位置する。 中之作港• 江名港• 久之浜港• 四倉港• 勿来港• 豊間港• 沼之内港• 小浜港 観光 [ ] として脱皮する事にも成功。 いわき市は東日本でありながら一年中、比較的に温暖な気候を活かし日本のハワイとして観光イメージアップを図り、東北地方で最も集客力のあるリゾート施設で成功を収める。 そのほかに、など多彩な観光資源を持っており、2013年度(平成25年度)の市内観光交流人口は県内第1位の年間約788万人である。 観光地 [ ] 平地区• - の1つ - 遺影碑・みだれ髪歌碑・永遠のひばり像(少女時代の美空ひばり像)• ()(大ウナギ生息池)• 常福寺• (社殿7棟が国の重要文化財)・飯野文庫(重要文化財「飯野家文書」を保管)• 龍が城美術館• 合磯海水浴場 小名浜地区• いわきサンマリーナ• アクアマリンパーク• (小名浜の海洋科学館)• (市観光物産センター)• いわきデイクルーズ(観光遊覧船)• 小名浜美食ホテル• 小名浜潮目交流館• いわきサンマリーナ• 永崎海水浴場 勿来地区• 勿来の関公園体験学習施設 吹風殿• いわき市勿来関文学歴史館• 小浜海水浴場• 高蔵寺• 勿来火力公園 河津桜 常磐地区• (旧称:常磐ハワイアンセンター)• (通称「馬の温泉」)• 記念湯本温泉童謡館• 三函山勝行院(成田山)• 観音山公園 内郷地区• みろく沢炭鉱資料館• () 四倉地区• 逢瀬の滝• 四倉海水浴場• 四倉温泉• 玉山鉱泉• 白岩鉱泉• 仁井田浦キャンプ場 遠野地区• いわき市遠野オートキャンプ場• 入遠野川ヤナ場• 鮫川渓谷• 入川渓谷• 天王川トロン温泉• 大師御入定所 小川地区• (夏井川渓谷県立自然公園)• キャンプ場 好間地区• 好間川溪谷 三和地区• 三和ふれあい館• 三和町ふれあい市場• 水石山公園 田人地区• 四時川渓谷里山() 川前地区• いわきの里鬼ケ城• 鹿又川渓谷 久之浜・大久地区• いわき市海竜の里センター• いわき市アンモナイトセンター• 久之浜海水浴場• 波立海水浴場 史跡など [ ]• (国の史跡)• (国の史跡)• 祭り・郷土芸能 [ ] 平七夕まつり• いわき七夕まつり(旧・)・いわきおどり• いわき花火大会・いわきおどり小名浜大会• なこそ夏まつり(なこそ鮫川花火大会・いわきおどり勿来大会)• 四倉ねぶたといわきおどりの夕べ(いわきおどり四倉大会)• 夏井川流灯花火大会• いわき回転櫓盆踊り大会• (熊野神社) - 国のに指定。 舞台にした作品 [ ] 文学作品• ( 「吹く風を なこその関と 思へども 道も背に散る 山桜かな」) - 勿来の関の歌は、他に、、、、が詠む。 (勿来の巻) 映画• 浮草日記()• (1957年)• () - (常磐ハワイアンセンター時代 、• () -• () - 防犯訓練での強盗役警官の騒動劇、いわき市平• () - 平地区、久之浜地区、小川地区• KEEP ON ROCKIN'()• () - 平地区、豊間地区、勿来地区• () - 常磐湯本地区、勿来地区、四倉地区• (2006年) - 勿来地区• () - 好間地区• () - 常磐地区• () - 永崎海岸• 超高速! 参勤交代 リターンズ()• () テレビ番組• (1972年) - 第24、第25話を照島ランド• 第6話「パニック イン 警視庁」(1978年) - 内郷駅、高坂• () - 第399話「廃墟の決闘」 - 常磐炭鉱廃屋、湯本にて• () - 小名浜地区にて• () - 常磐線湯本駅、スパリゾートハワイアンズ• 1996年、 第19話 「夏の彼女は人魚姫?! 」 スパリゾートハワイアンズでロケが行われた。 、第20話 「河童訪ねて三千里!! 」 いわき市石炭化石館でロケが行われた。 - あかりの夫がいわき市に実家があるという設定のため、実際に平赤井地区でロケが行われた。 アニメ• (2019年) 楽曲• - 塩屋崎が舞台。 小名浜() - PVも小名浜で撮影。 出身人物 [ ] 政官界• (元、)• (元)• (元、)• (衆議院議員)• (、参議院議員、)• (衆議院議員)• (、衆議院議員)• (元長官)• (衆議院議員) 財界• (「現・」創業者)• (社長)• 芳賀文子(個人事務所「ティヴィ・クラブ」社長、所ジョージ夫人)• (社長、議長)• (創業者、創立者)• (創業者)• (創業者、代表取締役社長) 学界• (学者)• (日本文学研究者)• (家、医学博士)• (、発見者)• (衛生学者、校長。 () 文化・芸術• (詩人)• (画家・)• (映画監督)• (漫画家)• (漫画家)• (漫画家)• (漫画家)• (漫画家)• () スポーツ• (元)• (元プロ野球選手)• (元、投手コーチ)• (プロ野球選手、所属)• (元プロ野球選手、オリックス・バファローズ)• (プロ野球選手、所属)• (プロ野球選手、所属)• (元、サッカー指導者)• (元、監督)• (プロサッカー選手、所属。 福島県出身として初の日本代表選手)• (サッカー選手)• (プロサッカー選手、所属)• (、所属)• (元女子プロサッカー選手)• (男子日本代表選手)• (男子56㎏級日本代表選手、元日本記録保持者)• (女子プロボクサー)• (元プロボクサー)• (プロゴルファー)• (競輪選手)• (競輪選手)• (競輪選手)• (選手)• (元選手、出身、所属)• (元、)• (元力士、最高位)• () 芸能界• (女優)• (尺八奏者、、)• (俳優)• (、、、、)• (、女優)• (グラビアアイドル、タレント)• (、女優)• (、ファッションモデル)• (ファッションモデル、女優)• (ファッションモデル、タレント)• (女優)• (・)• (お笑いタレント・ピン芸人)• 平子祐希(お笑いコンビ)• 林千春(、元)• (歌手)• (歌手)• (歌手)• (アイドル、)• (アイドル、)• 愛川ヒロキ(・アレンジャー、元ベーシスト)• 藤井敬之(ボーカル)• (ミュージシャン hurdy gurdy、ex)• OKP-STAR(ベーシスト)• 平山佳代子()• ASA-CHANG()• 柳沼由紀枝()(・・)• 加藤秀樹(クレヨン社)(・・)• 菊池章夫()(ミュージシャン・ギタリスト)• 北郷勇一(阿呆鳥)(ミュージシャン・ベーシスト)• 金子透(阿呆鳥)(ミュージシャン・ギタリスト)• (女優)• (女優、歌手) マスコミ• (プロデューサー、演出家、作家、ラジオパーソナリティー)• (アナウンサー)• (アナウンサー)• (アナウンサー)• (アナウンサー)• (記者・元アナウンサー)• (フリーアナウンサー・) アイドル• (いわき市公認ご当地アイドル) その他 [ ]• を含む関東広域圏の民間放送テレビ5局、の県域テレビ放送がによりデジタルで直接受信可能である。 なおはノイズが出るものの地区によっては受信ができる場合がある(テレビ東京デジタル放送放送休止時のみ)。 脚注 [ ] [] 出典 [ ]• いわき市役所(2019年8月12日閲覧)。 (2015年3月14日)2019年8月12日閲覧。 (2019年08月10日)2019年8月12日閲覧。 いわき市役所(2019年8月12日閲覧)。 いわき市役所(2019年8月12日閲覧)。 福島民友新聞(2019年07月14日)2019年8月12日閲覧。 (シンクタンクふくしま 2000年1月)• www. data. jma. 2019年6月28日閲覧。 www. data. jma. 2019年6月28日閲覧。 www. data. jma. 2019年6月28日閲覧。 www. data. jma. 2019年6月28日閲覧。 www. data. jma. 2019年6月28日閲覧。 2019年10月5日閲覧。 (福島県)• 「いわき市内地域別データファイル2010」 いわき未来づくりセンター、2011年。 - 気象庁(2011年3月25日付)• - 気象庁• - 産業技術総合研究所 活断層・地震研究センター• - 福島民友(2012年11月3日付)• - いわき市• - 楢葉町• - 富岡町• - 大熊町• - 『』(2012年10月3日付、2013年5月8日閲覧)• - 浪江町• - 福島県• - 福島民報• 山田大輔 2015年1月15日. 『』 毎日新聞社• 『』2016年6月4日付• - 福島県港湾課(2012年8月29日閲覧)• 参考文献 [ ]• - 地図・空中写真閲覧サービス。 画面上を横切る常磐線の中央がJRいわき駅(撮影当時は平駅)である。 並行するようにやや下を国道6号線が左右に横切り、駅前から小名浜地区へ画面下に伸びる県道と交差している。 画面上右から斜めに夏井川が流れる。 画面中央右には水田が広がるが、撮影当時(1975年)以降、市街地化が進む。 画面中央やや下にはいわき平競輪場がある。 関連項目 [ ] に関連するメディアがあります。 で 「 いわき市」に関する情報が検索できます。 ウィクショナリーの ウィキブックスの ウィキソースの コモンズで() ウィキニュースの ウィキボヤージュの.

次の

土砂災害警戒区域総括図

いわき 市 土砂崩れ

概要 [ ] の南部を占める市である。 は(北部)や(南部)の領土であり、のからまではの本拠地として栄えていた。 初期より最大かつに最も近い炭鉱であるの開発が始まり、隣接するとともに、明治期の日本の近代化に欠かせない地域となった。 鉄道のは、この地域で産出される鉱物資源をへ運ぶ重要路線として早期に敷設され、日本の主幹産業として当時の人口増に寄与した。 期にへのが進み、産業が急速に衰退していくと、の指定を受けるべく14市町村の大合併を行った。 環境問題としては化学工場から排出されたカドミウムによる土壌汚染と地下水汚染の公害を鮫川中流域において経験した。 この新産業都市は、ほどの成果を生むことはなかったが、首都圏から近い地の利を生かし、に次ぐ東北2位の工業製造品出荷額の(度:約9,137億円 )となった。 また、東北地方で最も集客力のあるリゾート施設を筆頭に、、など多彩な観光資源を持ち(2015年度(平成27年度)の市内観光交流人口は東北2位の年間約810万人 )、への転換にも成功している。 特に、炭鉱会社であった常磐炭礦(現・)が会社存続をかけてに開業させたスパリゾートハワイアンズは、2006年に『』としてになるなど当市の顔であり、市役所としても「フラおじさん」などハワイ色を強く出した観光イメージ戦略を行っている。 2011年3月11日に発生したでは揺れとに襲われ、死者467名、建物の全壊7902棟といった大きな被害を受けた(2019年8月時点集計)。 また同震災に伴い起きたによる影響やを受けた。 ロードを兼ねた建設など復興や将来の災害への備えも進められている。 詳細は「」を参照。 地理 [ ] 福島県の東南に位置し、南はと接し、に面した60kmにわたる海岸線を有する。 物流・工業港としては があるほか、6カ所のがある。 東日本大震災と福島第一原発事故の影響を受けたは、2019年夏時点で4カ所が再開されている。 市の面積は広大だが、から西側はの山間部であり、残る東側も丘陵地が多く、市街地と市街地が丘陵によって分断されて連続性がないのが特徴である。 JR常磐線では、とが交互に現れる。 そのため、面積に対する可住地面積の割合は30%と、県内の市の中では最も低い。 平県、を経て、最終的に1876年に福島県に組み込まれたものの、歴史的にはを介して(現在の)との繋がりが深かったため、や習慣は同じ福島県よりも茨城県に近い。 以後も、常磐線や常磐自動車道などの交通網が茨城側から順に整備されたため、険しい阿武隈高地を超えたよりも、茨城県との交流が近密であった。 しかし近年は、1995年にが開通した事によってやと結ばれたため、交流が活発になってきている。 広大な面積 [ ] 磐城地方は、基幹産業であった常磐炭田と水産業の斜陽化が進み、早急な方向転換を迫られていた。 そのために基づく新産業都市の指定を「常磐・郡山地域」として受けるべく、県が主導となり、と共に大規模な市町村合併を行った。 これによりを挟んで両市は隣同士となり、70km離れた両市が「1地域」として指定される事となった。 この合併により、、、、、の5市と旧の全域(3町4村)にの2町村(・)を加えた計14自治体が1つとなり、(41年)当時としては日本一広い面積(1,231. なお、本市は(現)、(現)、についで4例目のの自治体でもある。 「いわき」の漢字表記は「 岩城」「 磐城」「 石城」であるが、歴史で変遷がある。 と下の郡名が「」で、本市を本拠地にしたの姓が「」で、とが「」となっている。 しかし、に市町村が合併する際に「磐城市」(地区)が合併する地域に含まれていたため、吸収合併のイメージを嫌い、妥協点としてひらがなの「いわき市」となった。 なお、「いわき」を漢字で表記する場合、学校や施設、行政機関名は「磐城」を用いている例が多い。 また、から遠方であることに配慮して、に、本市にがおかれ、「いわきナンバー」が新設された。 これは初のひらがなナンバープレートであった。 自然 [ ] 福島県内におけるいわき市の位置• :、、• :矢大臣山、鬼ヶ城山、屹兎屋山、猫鳴山、芝山、神楽山、朝日山、鶴石山、二ッ石山、水石山、塩見山、、湯ノ岳、閼伽井嶽、石森山• :久之浜温泉、白岩温泉、地切温泉、(常磐湯本温泉)、白鳥温泉、吉野谷鉱泉• :波立海岸、菊多浦() 気候 [ ] 内では年間が最も長く、1日の平均気温が最も高い。 沿岸部のため冬は内陸部よりも冷えにくく、夏は内陸部よりも暑くなりにくく、年間の寒暖の差が小さい。 また冬は日本海側から流れる雪雲が、、阿武隈高地に遮られるため、山間部を除いてはほとんど降らず、乾燥した快晴の日が多い。 平均積雪量は東北地方の中では極端に少なく、数年に一度積もる程度、やなどとほぼ同じ値 となっているため、東北地方にありながら、市民は雪に慣れていない。 2010年に山田町に観測所(山田地域気象観測所)が設置され、海風の影響を受けやすい従来の「小名浜特別地域気象観測所」よりも、中心部の気象データが反映されるようになった。 これにより、夏季において真夏日を記録する日が連続して観測されるようになった。 8 69. 4 24. 8 76. 6 23. 5 74. 3 27. 4 81. 3 29. 7 85. 5 33. 6 92. 5 34. 9 94. 8 37. 7 99. 9 34. 4 93. 9 31. 5 88. 7 25. 0 77 25. 4 77. 7 37. 7 99. 4 47. 1 8. 5 47. 3 10. 9 51. 6 15. 5 59. 9 18. 9 66 21. 8 71. 2 25. 2 77. 4 27. 5 81. 5 25. 0 77 20. 5 68. 9 15. 7 60. 3 11. 1 52 17. 42 63. 8 38. 8 4. 0 39. 2 6. 6 43. 9 11. 3 52. 3 15. 2 59. 4 18. 4 65. 1 22. 0 71. 6 24. 2 75. 6 21. 5 70. 7 16. 4 61. 5 11. 1 52 6. 4 43. 5 13. 4 56. 5 31. 2 31. 6 2. 3 36. 1 7. 1 44. 8 11. 7 53. 1 15. 7 60. 3 19. 6 67. 3 21. 7 71. 1 18. 6 65. 5 12. 5 54. 5 6. 6 43. 9 1. 9 35. 4 9. 75 49. 3 15. 7 12. 5 16. 8 25. 6 30. 9 4. 8 40. 6 9. 6 49. 3 11. 6 52. 9 7. 2 45 0. 8 33. 3 26. 1 19. 7 12. 7 mm inch 52. 8 2. 079 58. 0 2. 283 107. 5 4. 232 125. 3 4. 933 142. 0 5. 591 148. 7 5. 854 150. 4 5. 921 135. 5 5. 335 188. 2 7. 409 173. 8 6. 843 82. 4 3. 244 44. 4 1. 748 1,408. 9 55. 8 177. 9 185. 8 188. 8 188. 6 142. 1 147. 9 185. 7 139. 5 152. 7 160. 5 183. 6 2,042. 3 63. 1 20. 9 69. 6 23. 8 74. 8 27. 2 81 29. 5 85. 1 34. 6 94. 3 35. 1 95. 2 36. 1 97 36. 5 97. 7 31. 3 88. 3 23. 0 73. 4 22. 2 72 36. 5 97. 3 57. 7 17. 9 64. 2 20. 8 69. 4 24. 7 76. 5 27. 7 81. 9 30. 7 87. 3 33. 6 92. 5 34. 5 94. 1 32. 4 90. 3 28. 2 82. 8 21. 8 71. 2 17. 7 63. 9 25. 36 77. 6 21. 9 21. 8 30. 6 5. 7 42. 3 9. 2 48. 6 16. 6 61. 9 17. 7 63. 9 11. 3 52. 3 4. 9 40. 2 31. 5 23. 9 3. 71 38. 5 20. 6 18. 7 23. 6 25. 5 2. 8 37 5. 8 42. 4 15. 8 60. 4 16. 3 61. 3 9. 9 49. 8 3. 8 38. 7 28. 9 19. 6 18. 3 mm inch 37. 9 1. 492 69. 1 2. 72 97. 0 3. 819 171. 6 6. 756 150. 2 5. 913 194. 6 7. 661 162. 6 6. 402 144. 5 5. 689 216. 6 8. 528 204. 1 8. 035 67. 9 2. 673 86. 6 3. 409 1,602. 7 63. 097 平均月間 181. 8 154. 5 178. 2 175. 1 199. 3 137. 9 149. 7 160. 3 127. 4 128. 6 140. 6 163. 3 1,896. 7 出典: 平(いわき市好間町今新田字宮西、標高12m)の気候 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 年 mm inch 45. 6 1. 795 54. 7 2. 154 102. 3 4. 028 128. 6 5. 063 144. 6 5. 693 153. 1 6. 028 166. 2 6. 543 159. 6 6. 283 182. 2 7. 173 165. 4 6. 512 87. 7 3. 453 46. 0 1. 811 1,422. 9 56. 02 出典: 沿革 [ ] 合併前の歴史については各市町村記事を参照。 (38年) - 当地を含む「常磐・郡山地区」がに。 7月14日に新産業指定都市祝賀パレードを開催。 (昭和39年) - 当地を含む「常磐・郡山地区」が新産業都市に指定。 (昭和41年) - 第23条に則って、、、、、、、、、、、、、、がし、 いわき市が成立。 当時としては面積が日本一広い市となった。 (昭和42年) - 市章・市歌を制定。 (昭和43年) - が市内大久地区での化石を発見。 (昭和46年)10月1日 - 市の木制定。 (昭和48年) - 現在の市役所本庁舎開庁。 市の花制定。 (昭和50年)• - オープン。 - オープン。 (昭和51年)• - 完全閉山。 10月1日 - 市民憲章制定。 (昭和54年) - 「いわきナンバー」の交付開始。 自動車のナンバープレートとしては初のひらがなナンバーとなる。 (昭和57年) - ()と友好都市締結。 (昭和59年)• - オープン。 - オープン。 (昭和60年) - オープン。 (昭和61年) - (現・)と親子都市締結。 (昭和63年) - が-開通により最初の全線開通。 (3年) - ()と国際姉妹都市締結。 (平成6年) - 平駅がに名称変更。 (平成8年)10月1日 - 市の鳥制定。 (平成9年)• - と兄弟都市締結。 7月25日 - オープン。 10月1日 - が-開通により全線開通。 (平成11年)4月1日 - に指定される。 (平成12年) - オープン。 (平成13年)• - 唯一の、が創業100周年の年に閉店。 10月1日 - 市の魚制定。 (平成15年)4月1日 - との合併により、いわき市が日本一広い市でなくなる(現在は12番目に広い市)。 (平成18年) - フタバスズキリュウが発見から38年経って新属新種のと判明。 学名をフタバサウルス・スズキイとする。 (平成19年) - いわき駅を化。 (平成20年)• - 第1回 いわきフラオンパク開催。 - オープン。 (平成22年)• - 第1回 開催。 福島県内初の公認コースで開かれる大会となった。 - がに指定される。 (平成23年)• - ()が発生。 いわき市で震度6弱を観測。 しかしその震度は、震度計に記録された値であり、気象庁の推計震度分布図によれば、いわき市内の一部地域では震度6強もしくはの激しい揺れを観測したとみられている。 - が発生。 いわき市で震度6弱を観測。 しかしこの地震でも、1ヶ月前の東北地方太平洋沖地震の本震と同様、市内の一部で、震度6強や震度7を観測した地域があったとみられる。 翌12日の地震でも震度6弱を観測。 以降、震度5弱以上の余震が頻発する。 - 第1回フラガールズ甲子園開催。 東日本大震災の影響で第1回大会のみ東京・で開催された。 第2回以降はいわきアリオスで開催。 (平成25年)• - 東日本大震災の復興支援試合として、2013の第3戦をにて開催。 福島県初の球宴開催となった。 9月1日 - いわき市発足以来初めて福島県内最大都市でなくなる(この日時点の推計人口がいわき市:327,993人、郡山市:328,112人となり県内最大都市の座を郡山市に明け渡す)。 (平成27年)• - 開業により、の特急列車が乗り入れを果たし、までダイレクトアクセスできるようになる。 - 第7回(いわき太平洋・島サミット2015)開幕。 福島県初の各国首脳級の国際会議となった。 (平成28年)• 1月1日 - この日時点の推計人口がいわき市:349,190人、郡山市:335,933人となり再び県内最大都市となる。 - 第3回2016が開幕。 日本・福島県初の大会開催となった。 - を本市で初開催。 (平成30年)• - 第8回太平洋・島サミット開幕。 2年ぶりの開催。 - 小名浜港背後地都市センターゾーン()の街開き。 (平成31年・令和元年)• ー 小名浜港海上遊覧船「いわきデイクルーズ」が後継者不足を理由に27年間の営業を終了し廃止となる。 行政・司法 [ ]• 市長:(2013年9月28日就任、2期目) 歴代市長 [ ] 代 氏名 就任 退任 期 備考 赤津庄兵衛 1966年(昭和41年)10月1日 1966年(昭和41年)10月19日 職務執行者(前勿来市長) 1 大和田弥一 1966年(昭和41年)10月20日 1974年(昭和49年)10月19日 2 前平市長 2 1974年(昭和49年)10月20日 1986年(昭和61年)10月19日 3 3 1986年(昭和61年)10月20日 1990年(平成2年)10月19日 1 4 1990年(平成2年)10月20日 1997年(平成9年)9月27日 2 5 1997年(平成9年)9月28日 2005年(平成17年)9月27日 2 6 2005年(平成17年)9月28日 2009年(平成21年)9月27日 1 7 2009年(平成21年)9月28日 2013年(平成25年)9月27日 1 8 2013年(平成25年)9月28日 現職 警察・消防 [ ] 警察 詳細は「」を参照• 定数:37名• 任期:2016年(平成28年)10月1日~2020年(令和2年)9月30日• 議長:菅波健(いわき市議会志帥会、4期)• (いわき市選挙区) [ ]• 定数:10名• 任期:2019年(令和元年)11月20日~2023年(令和5年)11月19日 氏名 会派名 当選回数 備考 坂本竜太郎 福島県議会議員会 2 矢吹貢一 自由民主党福島県議会議員会 3 福島県議会議員団 1 安部泰男 公明党福島県議会議員団 3 古市三久 県民連合議員会 4 党籍は 宮川えみ子 福島県議会議員団 4 青木稔 自由民主党福島県議会議員会 9 鈴木智 自由民主党福島県議会議員会 3 西丸武進 県民連合議員会 6 党籍は 吉田英策 日本共産党福島県議会議員団 2 衆議院 [ ]• 任期 : 2017年(平成29年)10月22日 - 2021年(令和3年)10月21日(「」参照) 選挙区 議員名 党派名 当選回数 備考 (いわき市、) 7 選挙区 地域圏 [ ] いわき駅前 人口は福島県内1位で、面積(1,231. 市街地・は、、、、などの地区に分散しており 、単体の市で多極分散型となっているが、市街地と商工業地区への集約、山間部のが目立つ。 地理的・歴史的背景から、湯本傾城(ゆもとけいせい)を境にして大きく北半分(概ね旧。 内郷~末続)と南半分(概ね旧。 勿来~湯本)に二分される。 比較的大きな市街地は、行政・商業・陸上交通の中心で、から発展し、いわき市中心部の (・周辺)と、工業・海上交通の中心で、から発展した (周辺)、このほか常磐線駅周辺に市街地が形成されているが、を初めとする大規模開発住宅地もある。 主にへの青年層の流出(大学就学、就職)と、生活環境に富むことを背景とする、が拮抗しながらも、1998年をピークに緩やかな人口減少傾向にある。 町名 [ ]• 小名浜岡小名• 小名浜南富岡• 小名浜大原• 小名浜相子島• 小名浜住吉• 小名浜島• 小名浜野田• 小名浜岩出• 小名浜林城• 小名浜金成• 小名浜玉川町• 鹿島町御代• 鹿島町船戸• 鹿島町久保• 鹿島町下蔵持• 鹿島町上蔵持• 鹿島町走熊• 鹿島町下矢田• 鹿島町米田• 鹿島町飯田• 泉町本谷• 泉町滝尻• 泉町下川• 泉町黒須野• 泉町玉露• 渡辺町洞• 渡辺町泉田• 渡辺町昼野• 渡辺町田部• 渡辺町松小屋• 渡辺町中釜戸• 渡辺町上釜戸• 洋向台• 泉ケ丘• 泉玉露• 湘南台• 中部工業団地• 鹿島町鹿島• 泉もえぎ台 勿来地区• 久之浜町末続• 久之浜町金ケ沢• 久之浜町久之浜• 久之浜町田之網• 久之浜町• 大久町大久• 大久町小久• 人口はいわき都市圏1市1町の合計の人口(の人口計) 1980-2000 1980年 1990年 1995年 2000年 自治体 (現在) 34 万7408人 36 万1286人 36 万6207人 36 万5864人 いわき市 いわき市 東日本大震災と福島第一原子力発電所事故 [ ] のでは当市も被災し、震度6弱を観測した。 宮城沖から茨城沖のの中間にあたる本市は、震度4以上の揺れが3分10秒にわたって続き 、これは当震災を観測した震度計の中で最大の長さであった。 また、の推計震度分布図 によると、市北東部で局地的に震度7相当の揺れがあったとみられている。 翌月4月11日には、市内南西部の井戸沢断層付近を震源とする内陸直下型地震であるが発生し、震度6弱を観測した。 この地震により、井戸沢断層と塩ノ平断層、また市内中西部の湯ノ岳断層が同時多発的に数十キロに渡ってそれぞれずれ動いた。 湯ノ岳断層の過去の活動が14万年前の大昔であり、塩ノ平断層に至っては未知の断層であり、当震災のひずみにより誘発されたものであると考えられる。 これにより市内の至る所で断層(最大落差2m)や地割れ・亀裂が出現し、また土砂崩れも相次いだ。 また、翌日には湯ノ岳断層付近を震源とした震度6弱の余震も発生した。 この一連の地震活動と津波により、市内の全半壊戸数は宮城県に次ぐ約4万戸に上り(一部損壊も含めると9万戸)、死者は津波や土砂崩れによるものを中心に400名以上に及んだ。 また、上記に含めで発生したによって市北部が屋内退避区域に指定されるなどの影響もあり、1年半後に市が無作為に抽出したアンケートによると、回答者のほぼ半数が当震災と原発事故により一時的に市外へ避難したと答えた。 このため市ではおよそ15万人が避難したと推測している。 3か月ほどでほとんどの市民が戻ったが、半年間で約7,000人の人口が転出した。 の事故では、歴史的・経済的に繋がりの強かったの住民を中心に約24,000人(2013年4月現在) が避難しており、いわき市を転出した住民の減少分を上回っているため、結果的に人口が増加している。 いわき市に臨時の役場機能(一部を含む)を置いているのは、 と と(原発1 - 4号機所在地) である。 また2013年現在、埼玉県にある役場(原発5 - 6号機所在地)も再移転先を当市に決定し、2013年6月に移転予定である。 この4町は住民避難先最多がいわき市であり、も2,000人以上の避難者がいるので出張所を置いている。 も臨時役場を置いていたが、緊急時避難準備区域の解除に伴い、2012年3月に帰還した。 しかし2013年5月時点で、住民の9割がいわき市に居住する。 いわき市は被災者用として、解体予定だった630戸を急遽開放したり、市営・県営住宅を活用したりするなどして、市民に対する仮設住宅の建設は200戸程度であった。 しかし、双葉郡の避難者向けの仮設住宅が市内各地に3,300戸以上建設された。 賃貸物件も、被災したいわき市民と民によって多くが借り上げられているほか、東京電力3施設(、と)に関わる社員や、作業の本格化による除染作業員や復旧作業員の居住地にもなっているために需要がひっ迫しており、2013年4月現在でも市内への転勤者・進学者が入居物件を見つけられない事例もある。 賃貸物件の入居待ち予約者が100人以上という賃貸仲介会社もあり、深刻な状況であった。 広野町、楢葉町と、居住可能範囲が広がり、東京電力関連社員や除染作業員、復旧作業員の居住地も北部へ移ってきているが、現在地の避難先から故郷に近く気候の似たいわき市へ移りたいという希望は続いている。 また、住宅地の地価も上昇している。 2013年1月1日時点での地価公示地価は、泉もえぎ台が10. 7%、中央台が10. 6%上昇し、住宅地上昇率で全国6位と8位に入るなど、市内の住宅地の平均変動率が16年ぶりに前年比プラスになった。 これも、いわき市内の通常の需要と被災者の需要に加え、双葉郡内の被災者が帰郷を断念し市内の宅地を購入しているためと考えられる。 この動きは続いており、2014年1月1日時点での地価公示価格は、中央台が11. さらに2015年1月1日時点での地価公示価格に至っては、泉もえぎ台が17. いわき市も、土地転用を積極的に進めているが、解決には至っていない。 経済 [ ] 主な産業 [ ] 期が到来する前は、などの石炭産業を中心に、の漁業、林業、農業といった第一次産業で発展した。 常磐炭砿閉山後、大規模合併を期に工業化を図る。 湯本地区の温泉やリゾート施設、海岸部の灯台・水族館あるいは海水浴・サーフィンを中心とした観光、市立美術館、勿来の関をはじめとする文教面での観光資源なども存在する。 労働統計(2000年)• 就業人口:175,324人• 総生産:12,662億円 特産物 [ ]• - 「ふくはる香」と「とちおとめ」など年間1億円以上を出荷している。 - 市の魚に指定されている。 いわき市に本社を置く企業 [ ]• (再生)• (レジャーリゾート、燃料事業、)• (建設事業、不動産事業)• (バス運営)• (アニメーション制作)• (切削工具の製造販売)• (婦人衣料品販売)• (セフテーローダ・製造販売)• (各種石鹸・洗剤・洗濯仕上剤の製造販売)• () 製造業 [ ] いわき市に工場・拠点を置く主な企業 [ ]• (いわき工場。 小名浜臨海工業団地)• 小名浜事業所• (小名浜工場)• (用、の製造販売)• (小名浜工場、平工場)• (福島工場)• (いわき工場)• (福島工場)• (小名浜事業所)• (いわき工場)• (17年)から、現社名に。 (19年)まで、クレハいわき工場。 (プロファーマ)(小名浜工場)• (いわき工場。 小名浜臨海工業団地)• (小名浜臨海工業団地)• (小名浜工場)• (勿来工場)• (いわき事業所)• (いわき製作所)• (東北地区の物流拠点)• (小名浜工場)• (常磐工場。 常磐西郷町) 商業施設 [ ]• - 駅ビル• - 複合施設ビル• - 2018年1月15日閉店• [ ] 銀行 [ ]• 1支店• 2支店• 1支店• 4支店• 10支店2出張所• 6支店• 8支店• 1出張所 政策金融機関 [ ]• 1支店(「国民生活事業」取扱店舗) 協同組織金融機関 [ ]• 20本支店• 17本支店• 2支店• 1支店• 3支店 農協 [ ]• 福島さくら 23支店 水産業 [ ]• 漁獲高 75,628t - 沿海で獲れる魚は「」と呼ばれ、特にメヒカリ、ウニの貝焼きを特産とする。 輸出入 [ ] (2003年)• 総貨物量 13,557,951t• 輸出 514,045t• 輸入 5,133,727t 姉妹都市・提携都市 [ ] 国内• - (61年)と親子都市締結、合併に伴い引き継ぐ• - (9年)兄弟都市締結 海外• () - (57年)友好都市提携• () - (3年)国際姉妹都市締結• () - (23年)姉妹都市締結 地域データ [ ] 健康 [ ]• 平均年齢 41. 69歳() 人口 [ ] いわき市と全国の年齢別人口分布(2005年) いわき市の年齢・男女別人口分布(2005年)• いわき市立平第一小学校• いわき市立平第二小学校• いわき市立平第三小学校• いわき市立平第四小学校• いわき市立平第五小学校• いわき市立平第六小学校• いわき市立夏井小学校• いわき市立高久小学校• いわき市立豊間小学校• いわき市立草野小学校絹谷分校• いわき市立赤井小学校• いわき市立湯本第一小学校• いわき市立湯本第二小学校• いわき市立湯本第三小学校• いわき市立磐崎小学校• いわき市立長倉小学校• いわき市立藤原小学校• いわき市立小名浜第一小学校• いわき市立小名浜第二小学校• いわき市立泉小学校• いわき市立渡辺小学校• いわき市立江名小学校• いわき市立永崎小学校• いわき市立鹿島小学校• いわき市立小名浜東小学校• いわき市立高坂小学校• いわき市立御厩小学校• いわき市立内町小学校• いわき市立宮小学校• いわき市立白水小学校• いわき市立綴小学校• いわき市立高野小学校• いわき市立植田小学校• いわき市立菊田小学校• いわき市立錦小学校• いわき市立勿来第一小学校• いわき市立勿来第二小学校• いわき市立勿来第三小学校• いわき市立川部小学校• いわき市立上遠野小学校• いわき市立入遠野小学校• いわき市立四倉小学校• いわき市立大浦小学校• いわき市立大野第一小学校• いわき市立大野第二小学校• いわき市立小川小学校• いわき市立小玉小学校• いわき市立田人小学校• いわき市立好間第一小学校• いわき市立好間第二小学校• いわき市立好間第三小学校• いわき市立好間第四小学校• いわき市立三和小学校• いわき市立川前小学校• いわき市立桶売小学校• いわき市立小白井小学校• いわき市立久之浜第一小学校• いわき市立錦東小学校• いわき市立久之浜第二小学校• いわき市立小名浜西小学校• いわき市立汐見が丘小学校• いわき市立郷ケ丘小学校• いわき市立中央台北小学校• いわき市立中央台南小学校• いわき市立泉北小学校• いわき市立中央台東小学校 いわき市立美術館 スポーツ施設 [ ]• (サッカー、ラグビー、アメリカンフットボール)• フットサル、テニス• いわき市小名浜野球場• いわき市立総合体育館• いわき弓道場• 平テニスコート• いわき南の森スポーツパーク• いわき市南部スタジアム• 南部テニス場• 南部アリーナ• いわき市内郷コミュニティーセンター 文化ホール・市民会館 [ ]• (いわきアリオス)• 文化施設 [ ]• いわき芸術文化交流館• いわき市立小名浜図書館• いわき市立勿来図書館• いわき市立常磐図書館• いわき市立内郷図書館• いわき市立四倉図書館 交通 [ ] に沿った南北方向に幹線道路(、)と鉄道()が通っており、から約200km、から約150kmに位置する。 常磐道ではから東京方面のまで175. 5km(・まで約196km)、仙台方面のまで124. 9km(・まで約146km)である。 常磐線では営業キロでからまで215. 2km、まで151. 3kmである。 同線は以南(水戸・東京方面)で複線(または複々線)化されている一方、同駅以北(相馬・仙台方面)は一部を除き複線化されていない。 2015年の開業により、東京駅より乗換不要でアクセスできる様になった。 また、との間に道路ではと、鉄道ではが通っており、から約70kmに位置する。 の福島県庁からは約120km。 からは約1時間。 空路 [ ] 現在、市内と空港を結ぶアクセスバスやリムジンバスの設定はない。 約70km離れた福島県に位置している。 やなどで約60分でアクセス可能。 約100km離れたに位置している。 で約90分でアクセス可能。 の茨城・千葉区間開通に伴い、2時間 - 2時間半でアクセス可能。 鉄道 [ ] いわき駅 を中心に南北・西方向に路線が存在する。 については、(JR東日本)が担い、私鉄は存在しない。 以前はが臨時に旅客取扱を行ったが、現在は貨物取扱のみになり行っていない。 各線の詳細はそれぞれの路線の項目を参照。 東日本旅客鉄道(JR東日本) [ ]• いわき駅基準でまで最速2時間7分で結ぶ。 の常磐線 - 間の全線復旧に伴い、いわき駅以北にも1日3本の特急「ひたち」が乗り入れ、乗り換え不要で再び・・へのアクセスが可能になった。 また、普通列車はいわき駅を境にほとんどの列車が南北で運転系統が分かれている。 南行きは・まで、北行きは原ノ町駅まで乗り入れる。 なお、5時間ほど運転されない時間帯があり、都市間輸送としては高速バスに頼っている部分がある。 福島臨海鉄道 [ ]• 道路 [ ] 常磐自動車道および常磐バイパスが南北に貫き、分散する市街地を相互に連絡している。 また、磐越自動車道や国道49号線も主要な道路網の一つである。 には、現在工事中のと小名浜港を結ぶ(地域高規格道路)が開通予定である。 高速道路 [ ]• E6 (三郷方面 - ・ - ・ - - - ・ - - - 仙台方面) 三郷起点でいわき勿来ICは154. 5km、いわき中央ICは175. 5kmと1時間半強 - 2時間弱でアクセス可能。 E49 ( - - - 郡山方面) までいわきJCT基準で61. 9kmと50分程度でアクセス可能である。 一般国道 [ ] 十五町目交差点。 上下に走っているのが旧国道6号。 北方面 - ・・・・・・・・・• 南方面 - ・・・・・・・・・・• 西方面 - ・・• 西方面 - ・• 主要地方道 [ ]• 道の駅 [ ]• 路線バス [ ] 一般路線バス• (旧 )• 新常磐交通(、、、、、、・、・行きを運行)• (行き、を運行)• (東京駅行きを運行)• (福島駅・会津若松駅・郡山駅行きを運行)• (会津バス)(会津若松駅行きを運行)• (仙台駅行きを運行) 港湾 [ ]• いわきサンマリーナ - 小名浜港の南端に位置する。 中之作港• 江名港• 久之浜港• 四倉港• 勿来港• 豊間港• 沼之内港• 小浜港 観光 [ ] として脱皮する事にも成功。 いわき市は東日本でありながら一年中、比較的に温暖な気候を活かし日本のハワイとして観光イメージアップを図り、東北地方で最も集客力のあるリゾート施設で成功を収める。 そのほかに、など多彩な観光資源を持っており、2013年度(平成25年度)の市内観光交流人口は県内第1位の年間約788万人である。 観光地 [ ] 平地区• - の1つ - 遺影碑・みだれ髪歌碑・永遠のひばり像(少女時代の美空ひばり像)• ()(大ウナギ生息池)• 常福寺• (社殿7棟が国の重要文化財)・飯野文庫(重要文化財「飯野家文書」を保管)• 龍が城美術館• 合磯海水浴場 小名浜地区• いわきサンマリーナ• アクアマリンパーク• (小名浜の海洋科学館)• (市観光物産センター)• いわきデイクルーズ(観光遊覧船)• 小名浜美食ホテル• 小名浜潮目交流館• いわきサンマリーナ• 永崎海水浴場 勿来地区• 勿来の関公園体験学習施設 吹風殿• いわき市勿来関文学歴史館• 小浜海水浴場• 高蔵寺• 勿来火力公園 河津桜 常磐地区• (旧称:常磐ハワイアンセンター)• (通称「馬の温泉」)• 記念湯本温泉童謡館• 三函山勝行院(成田山)• 観音山公園 内郷地区• みろく沢炭鉱資料館• () 四倉地区• 逢瀬の滝• 四倉海水浴場• 四倉温泉• 玉山鉱泉• 白岩鉱泉• 仁井田浦キャンプ場 遠野地区• いわき市遠野オートキャンプ場• 入遠野川ヤナ場• 鮫川渓谷• 入川渓谷• 天王川トロン温泉• 大師御入定所 小川地区• (夏井川渓谷県立自然公園)• キャンプ場 好間地区• 好間川溪谷 三和地区• 三和ふれあい館• 三和町ふれあい市場• 水石山公園 田人地区• 四時川渓谷里山() 川前地区• いわきの里鬼ケ城• 鹿又川渓谷 久之浜・大久地区• いわき市海竜の里センター• いわき市アンモナイトセンター• 久之浜海水浴場• 波立海水浴場 史跡など [ ]• (国の史跡)• (国の史跡)• 祭り・郷土芸能 [ ] 平七夕まつり• いわき七夕まつり(旧・)・いわきおどり• いわき花火大会・いわきおどり小名浜大会• なこそ夏まつり(なこそ鮫川花火大会・いわきおどり勿来大会)• 四倉ねぶたといわきおどりの夕べ(いわきおどり四倉大会)• 夏井川流灯花火大会• いわき回転櫓盆踊り大会• (熊野神社) - 国のに指定。 舞台にした作品 [ ] 文学作品• ( 「吹く風を なこその関と 思へども 道も背に散る 山桜かな」) - 勿来の関の歌は、他に、、、、が詠む。 (勿来の巻) 映画• 浮草日記()• (1957年)• () - (常磐ハワイアンセンター時代 、• () -• () - 防犯訓練での強盗役警官の騒動劇、いわき市平• () - 平地区、久之浜地区、小川地区• KEEP ON ROCKIN'()• () - 平地区、豊間地区、勿来地区• () - 常磐湯本地区、勿来地区、四倉地区• (2006年) - 勿来地区• () - 好間地区• () - 常磐地区• () - 永崎海岸• 超高速! 参勤交代 リターンズ()• () テレビ番組• (1972年) - 第24、第25話を照島ランド• 第6話「パニック イン 警視庁」(1978年) - 内郷駅、高坂• () - 第399話「廃墟の決闘」 - 常磐炭鉱廃屋、湯本にて• () - 小名浜地区にて• () - 常磐線湯本駅、スパリゾートハワイアンズ• 1996年、 第19話 「夏の彼女は人魚姫?! 」 スパリゾートハワイアンズでロケが行われた。 、第20話 「河童訪ねて三千里!! 」 いわき市石炭化石館でロケが行われた。 - あかりの夫がいわき市に実家があるという設定のため、実際に平赤井地区でロケが行われた。 アニメ• (2019年) 楽曲• - 塩屋崎が舞台。 小名浜() - PVも小名浜で撮影。 出身人物 [ ] 政官界• (元、)• (元)• (元、)• (衆議院議員)• (、参議院議員、)• (衆議院議員)• (、衆議院議員)• (元長官)• (衆議院議員) 財界• (「現・」創業者)• (社長)• 芳賀文子(個人事務所「ティヴィ・クラブ」社長、所ジョージ夫人)• (社長、議長)• (創業者、創立者)• (創業者)• (創業者、代表取締役社長) 学界• (学者)• (日本文学研究者)• (家、医学博士)• (、発見者)• (衛生学者、校長。 () 文化・芸術• (詩人)• (画家・)• (映画監督)• (漫画家)• (漫画家)• (漫画家)• (漫画家)• (漫画家)• () スポーツ• (元)• (元プロ野球選手)• (元、投手コーチ)• (プロ野球選手、所属)• (元プロ野球選手、オリックス・バファローズ)• (プロ野球選手、所属)• (プロ野球選手、所属)• (元、サッカー指導者)• (元、監督)• (プロサッカー選手、所属。 福島県出身として初の日本代表選手)• (サッカー選手)• (プロサッカー選手、所属)• (、所属)• (元女子プロサッカー選手)• (男子日本代表選手)• (男子56㎏級日本代表選手、元日本記録保持者)• (女子プロボクサー)• (元プロボクサー)• (プロゴルファー)• (競輪選手)• (競輪選手)• (競輪選手)• (選手)• (元選手、出身、所属)• (元、)• (元力士、最高位)• () 芸能界• (女優)• (尺八奏者、、)• (俳優)• (、、、、)• (、女優)• (グラビアアイドル、タレント)• (、女優)• (、ファッションモデル)• (ファッションモデル、女優)• (ファッションモデル、タレント)• (女優)• (・)• (お笑いタレント・ピン芸人)• 平子祐希(お笑いコンビ)• 林千春(、元)• (歌手)• (歌手)• (歌手)• (アイドル、)• (アイドル、)• 愛川ヒロキ(・アレンジャー、元ベーシスト)• 藤井敬之(ボーカル)• (ミュージシャン hurdy gurdy、ex)• OKP-STAR(ベーシスト)• 平山佳代子()• ASA-CHANG()• 柳沼由紀枝()(・・)• 加藤秀樹(クレヨン社)(・・)• 菊池章夫()(ミュージシャン・ギタリスト)• 北郷勇一(阿呆鳥)(ミュージシャン・ベーシスト)• 金子透(阿呆鳥)(ミュージシャン・ギタリスト)• (女優)• (女優、歌手) マスコミ• (プロデューサー、演出家、作家、ラジオパーソナリティー)• (アナウンサー)• (アナウンサー)• (アナウンサー)• (アナウンサー)• (記者・元アナウンサー)• (フリーアナウンサー・) アイドル• (いわき市公認ご当地アイドル) その他 [ ]• を含む関東広域圏の民間放送テレビ5局、の県域テレビ放送がによりデジタルで直接受信可能である。 なおはノイズが出るものの地区によっては受信ができる場合がある(テレビ東京デジタル放送放送休止時のみ)。 脚注 [ ] [] 出典 [ ]• いわき市役所(2019年8月12日閲覧)。 (2015年3月14日)2019年8月12日閲覧。 (2019年08月10日)2019年8月12日閲覧。 いわき市役所(2019年8月12日閲覧)。 いわき市役所(2019年8月12日閲覧)。 福島民友新聞(2019年07月14日)2019年8月12日閲覧。 (シンクタンクふくしま 2000年1月)• www. data. jma. 2019年6月28日閲覧。 www. data. jma. 2019年6月28日閲覧。 www. data. jma. 2019年6月28日閲覧。 www. data. jma. 2019年6月28日閲覧。 www. data. jma. 2019年6月28日閲覧。 2019年10月5日閲覧。 (福島県)• 「いわき市内地域別データファイル2010」 いわき未来づくりセンター、2011年。 - 気象庁(2011年3月25日付)• - 気象庁• - 産業技術総合研究所 活断層・地震研究センター• - 福島民友(2012年11月3日付)• - いわき市• - 楢葉町• - 富岡町• - 大熊町• - 『』(2012年10月3日付、2013年5月8日閲覧)• - 浪江町• - 福島県• - 福島民報• 山田大輔 2015年1月15日. 『』 毎日新聞社• 『』2016年6月4日付• - 福島県港湾課(2012年8月29日閲覧)• 参考文献 [ ]• - 地図・空中写真閲覧サービス。 画面上を横切る常磐線の中央がJRいわき駅(撮影当時は平駅)である。 並行するようにやや下を国道6号線が左右に横切り、駅前から小名浜地区へ画面下に伸びる県道と交差している。 画面上右から斜めに夏井川が流れる。 画面中央右には水田が広がるが、撮影当時(1975年)以降、市街地化が進む。 画面中央やや下にはいわき平競輪場がある。 関連項目 [ ] に関連するメディアがあります。 で 「 いわき市」に関する情報が検索できます。 ウィクショナリーの ウィキブックスの ウィキソースの コモンズで() ウィキニュースの ウィキボヤージュの.

次の