スナップ ショット。 【VirtualBox】スナップショットの作成・適用・削除

VMスナップショット

スナップ ショット

業務では主にHyper-Vを使用しているのですが、「チェックポイント」という機能がとても便利で重宝しています。 機能の概要は、稼働している仮想環境を「チェックポイント」として保存することができ、作成した「チェックポイント」を呼び出してまた使用することができる、というものです。 案件によって開発環境が異なる上いくつかの案件はフェーズは異なれど同時進行することが多いので、必要な環境を必要な時に使用できるので、業務効率を非常に高めてくれます。 VirtualBoxについても、Hyper-Vの「チェックポイント」と同様の機能を有する「スナップショット」という機能があります。 その「スナップショット」の作成・復元機能について、簡単に利用することができるようなので調べてみました。 環境 Windows10 VirtualBox6. 0 そもそもスナップショットとは そもそもスナップショットとは、VirtualBox特有の用語ではなく様々なソフトウェア等で使用されます。 スナップショットとは、(銃の)速射、スナップ写真という意味の英単語で、ITの分野では、ある時点(瞬間)における対象の全体像を丸ごと写し取ったものを表す。 ストレージ(外部記憶装置)上のファイルシステムを丸ごとコピーしたものや、データベースの複製などを指すことが多い。 出典: 要するに「その瞬間の状態を切り取ったもの」と理解して差し支えはないかと思います。 VirtualBoxでいうと、作成した仮想環境の状態を切り取って保存・復元・削除が行えます。 スナップショットの作成・復元 まずVirtualboxマネージャを開き、メニューから「スナップショット」を開きます。 スナップショットを開きましたら、「作成 T 」を押下し、作成するスナップショットの名前と説明を入力し「OK」を押下します。 以上でスナップショットが作成・保存されました。 試しに現在の環境でdocker-composeを削除後、スナップショットから復元を行っていきたいと思います。 仮想環境からdocker-composeの削除を行い、削除されたことを確認します。 その後VirtualBoxマネージャから、稼働している仮想環境を停止し、復元したいスナップショットを選択し「Restore」を押下します。 確認ダイヤログが表示されますので、「復元」を押下します。 この際、現在の環境の状態のスナップショットを作成することもできます。 今回はスナップショットの作成は不要のため、チェックを外して「復元」を押下します。 復元自体はあっという間に終わります。 それでは、docker-compose削除前に復元されているか確認を行っていきます。 無事、削除前の環境に戻っていることが確認できました。 スナップショットの削除 VirtualBoxマネージャから「Delete」を押下するだけでスナップショットは削除できます。 なお、スナップショットを削除しても、現在稼働している仮想環境に影響はありません。 まとめ 仮想環境に様々な開発環境を構築することは業務をするうえで必須だと思いますが、 一つの仮想環境に様々な開発環境を作成すると、インストールした言語やパッケージによって不整合等が起きる可能性があるうえ、何より分かりにくい! 物理と違いいくつも環境を用意でき切り替えられるのが仮想の強みだと思うので、こういった機能はフル活用して開発の効率を向上させていければいいなぁと思います。

次の

スナップショット

スナップ ショット

VMスナップショットは、パッチ適用の前などにご利用いただける一次バックアップ機能となります。 VMスナップショットは仮想サーバを停止後に1世代のみ取得できます。 本操作による料金は発生しません VMスナップショットの取得後、サーバを再起動し、パッチ適用などの作業を実施してください。 パッチ適用などの作業が完了後、速やかにVMスナップショットの削除または切り戻しを実行してください。 VMスナップショットは、取得後、24時間以内に必ず削除または切り戻しの実行をしてください。 24時間以内であっても、VMスナップショットを取得した後のデータ書き込みが多い場合、データが破損する恐れがあります。 また、VMスナップショットの削除または切り戻しをするまでは、ディスクの追加はできません。 VMスナップ取得をしてから24時間以内であっても、VMスナップショットの削除または切り戻しができない場合は、故障窓口までご連絡ください。 1.VMスナップショットを作成する仮想サーバを停止後、インスタンス一覧画面で仮想サーバを選択してください。 2.インスタンスの詳細画面にて、「VMスナップショットの作成」をクリックします。 「VMを休止する」はチェックしてください。 仮想サーバ起動中に「VMを休止する」をチェックせずにVMスナップショットを実施した場合、仮想サーバのデータ整合性がとれなくなり、データが破損する恐れがあります。 4.1分ほどでVMスナップショットの取得が完了します。 5.VMスナップショット取得完了後、仮想サーバをAdmin Consoleにて、再起動し、パッチ適用などの作業を実行してください。 6.作業が完了したら、速やかに、VMスナップショットの削除または、VMスナップショットへの切り戻しを実行する必要があります。 仮想サーバを停止し、対象インスタンスの詳細画面にて、「表示-スナップショット」をクリックします。 VMスナップショット取得後、24時間以内にVMスナップショットを削除する必要があります。 長期間、VMスナップショットを放置した場合、データが破損する恐れがあります。 5.対象のVMスナップショットを選択します。 6.「VMスナップショットの削除」または「VMスナップショットに戻す」をクリックしてください。 操作方法•

次の

スナップショットはバックアップではなかった

スナップ ショット

VMスナップショットは、パッチ適用の前などにご利用いただける一次バックアップ機能となります。 VMスナップショットは仮想サーバを停止後に1世代のみ取得できます。 本操作による料金は発生しません VMスナップショットの取得後、サーバを再起動し、パッチ適用などの作業を実施してください。 パッチ適用などの作業が完了後、速やかにVMスナップショットの削除または切り戻しを実行してください。 VMスナップショットは、取得後、24時間以内に必ず削除または切り戻しの実行をしてください。 24時間以内であっても、VMスナップショットを取得した後のデータ書き込みが多い場合、データが破損する恐れがあります。 また、VMスナップショットの削除または切り戻しをするまでは、ディスクの追加はできません。 VMスナップ取得をしてから24時間以内であっても、VMスナップショットの削除または切り戻しができない場合は、故障窓口までご連絡ください。 1.VMスナップショットを作成する仮想サーバを停止後、インスタンス一覧画面で仮想サーバを選択してください。 2.インスタンスの詳細画面にて、「VMスナップショットの作成」をクリックします。 「VMを休止する」はチェックしてください。 仮想サーバ起動中に「VMを休止する」をチェックせずにVMスナップショットを実施した場合、仮想サーバのデータ整合性がとれなくなり、データが破損する恐れがあります。 4.1分ほどでVMスナップショットの取得が完了します。 5.VMスナップショット取得完了後、仮想サーバをAdmin Consoleにて、再起動し、パッチ適用などの作業を実行してください。 6.作業が完了したら、速やかに、VMスナップショットの削除または、VMスナップショットへの切り戻しを実行する必要があります。 仮想サーバを停止し、対象インスタンスの詳細画面にて、「表示-スナップショット」をクリックします。 VMスナップショット取得後、24時間以内にVMスナップショットを削除する必要があります。 長期間、VMスナップショットを放置した場合、データが破損する恐れがあります。 5.対象のVMスナップショットを選択します。 6.「VMスナップショットの削除」または「VMスナップショットに戻す」をクリックしてください。 操作方法•

次の