泉佐野 食品 コンビナート 釣り。 泉佐野・食品コンビナートへ釣り?に : つれづれなるままに

泉佐野食品コンビナート

泉佐野 食品 コンビナート 釣り

泉佐野食品コンビナートは、泉佐野漁港のすぐ近くにあります。 阪神高速湾岸線の泉佐野北出口からもすぐの場所で、アクセス抜群です。 食品コンビナートというだけあり、キューピー、不二製油、関西製糖など多くの食品会社が立ち並んでいます。 一帯は埋立地護岸となっており、足場のよい広い釣り場として人気があります。 泉佐野食品コンビナートはどんなところ? 泉佐野食品コンビナートといっても、大阪(北)側と和歌山(南)の2か所に釣り場は分かれます。 今回紹介するのは和歌山(南)側です。 和歌山側には「おさかなはうす」という 食堂があり、釣り途中の小腹を満たすこともできますよ。 渡船所付近は釣りを避ける人が多く、湾内内向きの足場の良い堤防、堤防近くのテトラ帯、メインの釣り場となるドラム缶護岸で釣りが楽しめます。 A post shared by lovely. imokichi on Nov 25, 2019 at 11:09pm PST 泉佐野食品コンビナートで釣れる魚種一覧• イワシ• シロギス• メバル• カワハギ• カマス• カレイ• ハネ・スズキ• クロダイ• キビレ• タチウオ• アナゴ• ハマチ・ブリ 泉佐野食品コンビナートのおすすめポイント 泉佐野食品コンビナートのおすすめポイントをチェックしてみましょう。 足場が良い 足場に危険な箇所はなく、平坦で安定しているため、釣り初心者さんでも安心して釣りが楽しめます。 泉佐野食品コンビナートではファミリーフィッシングを楽しむ家族の姿も多く見られますが、安全柵は設置されていないため、小さな子ども連れの場合は十分注意が必要です。 釣り場が広くストレスフリー 泉佐野食品コンビナートは大変人気の釣り場ですが、敷地が広大なため、夏休みのサビキ目当てのハイシーズンなど特定の期間以外は、比較的釣り場が広く確保できます。 周りの釣り客の様子を気にすることなく楽しめるため、ストレスフリーで快適です。 車が横付けできる 泉佐野食品コンビナートを詳しくチェック! 泉佐野食品コンビナート・和歌山側(南側)へ行って写真を撮ってきました。 詳しくご紹介します。 釣り場へ向かう手間に、トイレがあります。 トイレのない釣り場は、子ども連れの釣りや女性アングラーには、なかなか厳しいものです。 決してとびきりキレイとは言えませんが、トイレがあることは釣り場にとって大きな魅力です。 トイレ方向から釣り場を撮った写真です。 矢印の付近がメイン釣り場になります。 写真手前は渡船所で、時間によっては非常に多くの船が停泊しています。 湾内内向きの堤防です。 夏はアジ・サバ・イワシなどのサビキ釣りを楽しむ人で賑わいます。 だんご餌で大型のクロダイも狙えます。 この写真奥に写っている釣り人の近くに行ってみましょう。 先ほどの写真の奥に写り込んでいた釣り人の近くにやってきました。 釣り場が広いため、ゆったりと釣りを楽しんでいらっしゃる様子が伝わるのではないでしょうか。 この堤防のさらに奥には、足元にテトラが沈んでいます。 メバルやガシラなどを狙いたい場合は、この付近もおすすめです。 堤防側から見た様子と … ドラム缶護岸側から見た様子です。 突堤も以前は釣りができていましたが、現在はフェンスが設置され、なかほどまでしか入ることができません。 突堤からドラム缶護岸方向を見た様子です。 はるか遠方までドラム缶がずらりと並んでいる様子が伝わるでしょうか。 ドラム缶の端にはガードレールが設置され、そこに車を横付けします。 ガードレールの途切れたところからドラム缶へ渡る、もしくはガードレールをまたいでドラム缶へ渡ります。 車を横付けしている様子です。 ドラムがいっぱいで入れないときは、空くまで車内で待機している人の姿も。 近くで見るとこんな感じ。 足場は安定しており、目の前にさえぎるものもなく、気持ち良く釣りが楽しめます。 起き竿をしている人、サビキをしている人、ウキ釣り、ルアーなど、同じ場所なのに釣り人それぞれが好みの釣りをしている光景は、見ていて面白いですよ。 泉佐野食品コンビナートへ行くときの注意点は? 泉佐野食品コンビナートで快適な釣りを楽しむためにも、事前に注意点をチェックしておきましょう。 1ドラム1組まで! この釣り場の1番のポイントは、ドラムが取れるかどうかです。 ドラムの数はたくさんありますが、「1ドラム1組までしか入らない」という暗黙のルールがあります。 ですので、広いドラムを独り占めしている人もいれば、グループでワイワイ楽しんでいる人もいます。 ドラムを独り占めしている釣り人の姿を見ると、「あぁ…その空いている部分に入れてくれないかな」と思ってしまいますが、ルールなのでトラブルになる前に諦めましょう。 夏のドラムは激戦区! A post shared by y. saita on Jun 9, 2018 at 3:07am PDT 釣りのハイシーズンである夏は、ドラムを確保するのが非常に難しくなります。 いつ行ってもどのドラムも人で埋まっている…この人たちは何時からここに来ているんだ?と疑いたくなるようなことを経験する釣り人が多数います。 夜中でもドラムが埋まっているなんていうことは、しょっちゅう。 車を横付けし、今釣っている人が釣りをやめて場所が空くまで車内で待つという人も少なくありません。 悪天候は要注意 泉佐野食品コンビナートは、風の影響を受けやすい場所です。 安全柵やフェンスなどがないため、特に強風のときは海に投げ飛ばされないように注意しましょう。 風が少しでも強く感じる日は、安全のためにも泉佐野食品コンビナートでの釣りは避けたほうが無難です。 歩いていける釣具店はない 車があれば、Tポート貝塚店やフィッシングマックス二色の浜店など、大型の釣具店があり便利ですが、歩いていける範囲に釣具店はないため、釣行前には買い忘れのないように準備しておきましょう。 Tポート貝塚店:大阪府貝塚市脇浜4-34-14• フィッシングマックス二色の浜店:大阪府貝塚市沢881番.

次の

泉佐野食品コンビナート(和歌山側)

泉佐野 食品 コンビナート 釣り

タグ 釣り魚 注意事項 -- 紹介文 関西空港の東に位置する住吉町の埋立地護岸で釣りができる。 駐車スペースもあり、広く足場も良いため、家族連れに人気の釣り場。 ドラム缶が並んでいるように見える護岸が特徴的(上の地図を航空写真に切り替えるとドラム缶護岸の様子がよくわかる。 ストリートビューでも護岸周りが閲覧できる)。 北側の岸壁、南側の岸壁で釣り可能で、トイレも周辺にある。 各所でサビキ釣り、投げ釣りなどいろいろな釣りが楽しめる。 チョイ投げで手軽に狙えるのでビギナーも多い。 釣れる魚はアジ、サバ、イワシ、シロギス、小ダイ、カレイ、クロダイなど。 クロダイは主にダンゴ釣りで大物が仕留められる。 タチウオが寄っているときは、タチウオのウキ釣りで賑わう。 エサはキビナゴなどを使用する。

次の

泉佐野食品コンビナート北端 見出川の釣り場紹介

泉佐野 食品 コンビナート 釣り

食品コンビナートって? 通称「食品コンビナート」とは、泉佐野市住吉町にある食品加工会社が多く立ち並んでいるエリアにある釣り場のことを指す名称であり、週末ともなると多くの釣り師で賑わうメジャースポットです。 アクセスもよく足場も良い、釣れる魚種も豊富で設備面もそこそこ。 子供を連れた釣行にもオススメできますし、恋人を連れた釣行にもオススメ。 もちろん、単独での釣行も楽しめます。 恐らくドラム缶のような見た目をしていることからそう呼ばれるようになったのでしょう。 釣座は狭く、1つのドラムに2〜3人が限度でしょう。 暗黙の了解として、他人が釣りをしているドラムには乗らない・・・というルールがあります。 仲間内で複数人乗るのは構いませんが、既に人が乗ってる場合は他のドラムを探しましょう。 大物釣りではタモ網が必要なので、準備をお忘れなく。 どちらも釣れる魚種や利便性はほとんど変わらないのでどちらでも良いのですが、僕はなんとなく和歌山側にエントリーすることが多いです。 ただしそれほどスペースは広くないので、場所確保に苦戦することも・・・。 食品コンビナートへの行き方 コンビナートで釣れる魚• イワシ• スズキ(シーバス)• ツバス• メバル• カマス• 太刀魚 など。 ちなみに僕が釣ったことのある魚だけを書いてますので、他の魚種が釣れる可能性も高いです。 僕は基本的にルアーフィッシングを楽しんでおり、たまにサビキ釣りや泳がせ釣り、ちょい投げ釣りを楽しんでいるのですが、食品コンビナートへ釣行するときは「メバル」「アジ」「太刀魚」、この3魚種を狙うことがほとんどです。 ルアーフィッシングに限定するとアジング、メバリング、ワインドで良く釣れ、特に太刀魚シーズンともなると一晩で20本以上の釣果を叩き出したこともあるので、ほんと素晴らしい釣り場です。 サビキ釣りでのアジ、イワシ、サバもよく釣れますし、ちょい投げ釣りでキス、ハゼも良く釣れるみたいです。 車を降りて10秒かからずで釣り場にアクセスできるのでほんと便利!もちろん無料ですし、駐禁が切られることもありません。 トイレはある? トイレですが、大阪側に無料の公共スペースがあります。 和歌山側には僕の知る範囲にはないので、我慢できないときは最寄りのコンビニ(車で5分かかりません)で貸してもらいましょう。

次の