レモネード レモン スカッシュ。 スッキリ爽やかなレモネード。作り方と簡単アレンジレシピを紹介

【ヒルナンデス】レモネードの作り方、家庭でも真似できる春のキッチンカーグルメレシピ(4月2日)材料3つで簡単

レモネード レモン スカッシュ

レモネードとはどんな飲み物? 爽やかでスッキリした味わいのレモネードは、世界中で愛されている飲み物の一つです。 一般的にレモン果汁に砂糖やシロップなどの甘味料を加えて、炭酸や水で割った清涼飲料のことを指します。 また、ビールや赤ワイン、ウォッカなどのお酒にレモネードをプラスしたカクテルもあるため、まさに子供から大人まで親しまれている飲み物といえるでしょう。 アメリカから始まったレモネードスタンド レモネードといえば、アメリカで広く知られているのが、小児がん支援活動の『レモネードスタンド』です。 アメリカではレモネードは人気の高い飲み物で、必要な材料が少なく、誰でも簡単に手作りできます。 とある小児がんを患っていた少女が、自作のレモネードを販売し募金活動をしたことが、のちにレモネードスタンドとして全国的に広がりました。 今では小児がん治療研究支援の募金活動として定着しています。 レモンシロップの作り方 春夏は冷やして、秋冬はホットで楽しめるレモネードに欠かせない材料がレモンシロップです。 レモンシロップの材料や保存用容器、作り方を詳しく紹介します。 材料と容器 レモンシロップを作るために必要な材料は、以下の通りです。 レモン 500g(レモン約2個)• 砂糖 400g• ハチミツ 100g そのほか、保存するための『密封可能なガラス瓶』と『食用消毒スプレー(食用アルコールスプレー)』も用意しましょう。 材料が無理なく入る大きさの、ガラス瓶を選んでください。 作り方 まず、『保存用のガラス瓶をしっかり消毒』してください。 耐熱ガラスであれば、煮沸消毒も可能ですが、耐熱ガラスでない場合は、食用消毒スプレーで吹きかけて、キッチンペーパーなどで拭き取ることで除菌が可能です。 次に包丁でレモンの皮を剥いて、2mm程度の輪切りにします。 無農薬の有機レモンを使用する場合は皮を剥く必要はありませんが、若干苦くなる場合もあります。 保存用のガラス瓶にスライスしたレモンと砂糖が交互になるように入れていきます。 最後にハチミツを入れましょう。 ハチミツは入れなくても作れますが、入れることで味にコクがでます。 ハチミツを入れない場合は、レモンと砂糖を同量入れるようにしましょう。 しっかりガラス瓶を密封したら冷暗所に保管し、1日1回清潔なスプーンでかき混ぜてください。 約1週間置いて、砂糖が溶けたらレモンシロップの完成です。 砂糖以外のもので甘みをつけてもいい? 砂糖以外にもグラニュー糖、氷砂糖、黒糖、きび砂糖など好みの材料を使用可能です。 ただし、氷砂糖などで砂糖以外の材料が混ざっているものは、シロップの味が変わってしまったり、色が濁ってしまったりすることもあるので避けるようにしましょう。 使う材料により味わいが変わるので、好みの仕上がりで選ぶのも一つの方法です。 グラニュー糖や氷砂糖で作ると、すっきりと爽やかな味わいになり、黒糖やきび砂糖で作ると、コクのある味わいになります。 また、砂糖の量も好みで調節可能ですが、砂糖が少なすぎると発酵しやすくなったり、カビがはえやすくなったりというトラブルが起こりやすいので注意しましょう。 レモンシロップの保存方法 レモンシロップは、発酵やカビなどのトラブルを避けるためにも正しく保存することが大切です。 作ったレモンシロップは、『1週間ほど直射日光が当たらない冷暗所に保存』しましょう。 その後は、冷蔵庫に保存することで、発酵やカビなどのトラブルが起こりにくくなります。 保存できる期間はどのくらい? レモンシロップを保存可能な期間は、気温や保存方法により変わります。 決まった賞味期限はありませんが、状態が良好の場合は1年近く保存可能と言われています。 一般的には、『1カ月を目安に飲み切るのが安心』とされています。 レモンシロップを約1カ月で飲み切ることを考えて、一度にたくさん作らずに少量ずつ作るのがおすすめです。 発酵した場合の対処方法 保存方法に気を付けていても気温が高い日が続くと、発泡が見られる場合があります。 これは『発酵が始まっている可能性がある』というサインです。 ガラス瓶から一度レモンを取り出して、シロップが沸騰しないように15分程度弱火にかけてアクをすくいましょう。 アクを取り除いた後は、3週間を目安になるべく早く飲み切るように心がけてください。 さらに美味しく、簡単レモネードアレンジ レモネードは簡単に美味しくアレンジできるのが魅力の一つです。 より美味しく飲めるおすすめのレモネードのアレンジレシピを紹介します。 炭酸を入れてさっぱりと レモンシロップを水で薄める代わりに、炭酸で薄めるだけで『レモンスカッシュ』になります。 喉ごしがスッキリ爽やかなのが特徴で、暑い夏に最適です。 日本では一般的に水で割ったものをレモネード、炭酸で割ったものをレモンスカッシュと呼んでいますが、イギリスなど国外では、レモンシロップを炭酸で割ったレモンスカッシュのことをレモネードと呼びます。 アレンジジュースで味をまろやかに レモンシロップとオレンジジュースを同量混ぜ合わせるだけで、まろやかな味わいの『オレンジレモネード』ができます。 その他にもグレープフルーツジュース、トマトジュース、カルピスなどと混ぜて飲む人もいるようです。 普段飲んでいるジュースで試してみると、新しい美味しさの発見があるかもしれません。 また、新鮮ないちご、ベリー類、パイナップル、みかんなどのフルーツをカットして入れることで、まろやかさを増すこともできます。 見た目もおしゃれになるので、パーティーなどにもおすすめです。 スパイスを加えて大人レモネードに スパイスやハーブで香り付けをすることで、いつものレモネードが、ワンランク上の大人なレモネードに代わります。 シチュエーションなどによりアレンジするのも楽しみの一つになるのではないでしょうか。 例えば、カルダモンやシナモンなどのスパイスをガラス瓶に入れて一緒に漬け込みことで、仕上がりの香りに深みが増します。 また、レモネードを入れたグラスにバジルやミント、ローズマリーを加えて香りづけをすると、味も見た目も華やかになるでしょう。 ビールと合わせてカクテル風に ビールにレモネードを加えると、フランス語で『混ぜ合わせた』という意味の『パナシェ』というカクテルになります。 レモネードの程よい甘みでビールの苦みや渋みが軽減され、ジュースのように飲みやすくなるので、ビールが苦手な人にもおすすめです。 また、レモンシロップが加わることで、さらに喉ごしが軽く爽やかになり、多様なジャンルの料理に合わせやすくなる点も魅力でしょう。 レモンシロップを使ったアレンジ レモンシロップはレモネードのみならず、他にもたくさんの活用法があります。 いつもの1品にレモンシロップを加えることで、違った美味しさを引き出すことができます。 サラダにかけるドレッシングに レモンシロップは、サラダとの相性が抜群です。 レタス・人参・きゅうりなど色彩豊かなサラダをオリーブオイル・レモンシロップ・塩・胡椒であえるだけで、さっぱりとしたレモンの香りが食欲をそそる美味しいサラダが出来上がります。 半熟茹で卵やフライドオニオン、グリルした鶏肉などをバランス良くトッピングするだけで、ぐんとオシャレな1品に仕上がります。 手作りレモンシロップドレッシングは、ホームパーティーなどで注目を浴びることでしょう。 また、有機食材など口にするものにこだわりのある人・食物アレルギーがある人も、手作りドレッシングなので安心して食べられるという点もメリットでしょう。 デザートのソースとして レモンシロップは洋風・和風問わず、色々なデザートのソースとして使えます。 例えば、レモンシロップと水を混ぜて凍らせたレモンシロップと白玉にレモンシロップをかけるだけで、おしゃれで美味しいデザートになります。 白玉と一緒に食べるシャーベット状のレモンシロップは口直しにもなり、暑い日のデザートにもぴったりでしょう。 また、ケーキ作りに興味がある人は、りんごのケーキのトッピングとしてレモンシロップのレモンスライスを使うのもおすすめです。 焼き上がりにレモンシロップを表面に塗ることで、更に風味豊かになります。 りんごとレモンの香りが広がり、オリジナリティ溢れる1品になるでしょう。 フレンチトーストのレモンシロップ添え フレンチトーストといえば、メイプルシロップをかけて食べるのが定番ですが、さっぱりとしていながら甘みがあるレモンシロップはフレンチトーストによく合います。 フレンチトーストにレモンシロップのレモンスライスや、アイスクリームを添えたり、パウダーシュガーやハーブで飾ったりすると見た目もおしゃれな1品になり、おやつとしても喜ばれるでしょう。 手軽に楽しめる市販のレモネード 「レモネードを手作りする時間がない」「もっと手軽にレモネードを楽しみたい」という人は、市販のレモネードを試してみましょう。 数ある中から話題の人気商品を紹介します。 ピアス ヴィータヴィ ジンジャーレモネード 『ジンジャーレモネード』は、生姜に爽やかなレモン果汁とはちみつを加えた生姜濃縮飲料です。 1本にレモン果汁約5. 8個分を配合し、程よい酸味とすっきりした辛味が美味しく飲みやすいのが特徴です。 徹底した衛生管理が行き届いた国内工場で作れており、化学調味料・着色料・香料が無添加なのも安心でしょう。 また、冷水にも溶けやすいので、水や炭酸で薄めて手軽に飲めるほか、冬はお湯で薄めてホットドリンクとしても楽しめます。 紅茶にプラスしてレモンティーとして飲むのも美味しく、さまざまなアレンジが可能なのも魅力です。 商品名:ピアス ヴィータヴィ ジンジャーレモネード• 価格:3024円(税込)• Amazon: 名糖 レモネードC500 『レモネードC500』は、コップ1杯にレモン25個分のビタミンCがギュッと詰まった爽やかな粉末飲料です。 缶入りで計量スプーンも付いた使いやすさが好評で、自宅でも職場でも手軽に飲めます。 また、冷水にもお湯にも溶けるので、レモンスカッシュやレモンカクテル、レモンティーなど、さまざまな形でレモン風味豊かな味わいを楽しめます。 ビタミンCとEを豊富に含んでいるので、健康や美容のための栄養補給としても役立つでしょう。 商品名:名糖 レモネードC500• 価格:1080円(税込)• Amazon: Dolce popレモネード 『Dolce popレモネード』は、リッチな味わいが特徴の微炭酸レモネードです。 レモン栽培に最適な肥沃な土壌で育った風味豊かなシチリア産のレモン果汁を使用しています。 そのままでも美味しいですが、ビールなどのアルコール飲料やコーラなどの炭酸飲料との相性も良いので、色々な組み合わせを試してみるのも楽しいのでしょう。 また、女性にも人気の高い味わいでありプレゼントとしても喜ばれています。 商品名:Dolce popレモネード• 価格:194円(税込)• Rakuten: テルヴィス オーガニックレモン果汁 720ml テルヴィスの『オーガニックレモン果汁』は、粘土質でレモン栽培に適した地シチリアで育ったレモンを使用しています。 また、除草剤や農薬を一切使用しない有機栽培された希少品質のフェミネロ種のレモンのみを使用したこだわりの品です。 ストレート果汁なので、レモン本来の爽快感のあるすっきりとした味わいを存分に味わえるでしょう。 商品名:テルヴィス有機レモン果汁 720ml• 価格:994円(税込)• Amazon: 東京で美味しいレモネードが飲めるお店3選 レモネードブームに乗り、東京で美味しいレモネードを飲めるお店は増え続けています。 その中でも外せない人気の3店舗を紹介します。 レモネードbyレモニカ フレッシュな生レモンの味わいを堪能できるレモネード専門店として不動の地位を得ているのが、日本全国への出店が加速しているレモニカです。 国内初のレモネード専門工場で独自の技術を用い熱や圧を加えず、限りなくナチュラルに新鮮なレモンからエキスを抽出したレモンシロップを使用しています。 『子供でも安心して飲める』をコンセプトに、店頭では非加熱で作られたこだわりのレモンシロップを使用し、スタッフが徹底した品質管理のもとレモネードを1つずつ手作りしています。 店舗名: レモネードbyレモニカ下北沢店• 住所:東京都世田谷区北沢2-32-6 ビリオンビル1F• 電話番号:03-6804-8040• 営業時間:11:00〜20:00• 定休日:不明• ROASTED COFFEE LABORATORY 落ち着いた大人の雰囲気と自家焙煎のこだわりのコーヒーが飲める人気のおしゃれカフェROASTED COFFEE LABORATORYでは、隠れ人気メニューとしてレモネードが注目を集めています。 微量の炭酸の程よい刺激とレモンの爽やかな酸味が抜群で、喉ごしが良いレモネードに仕上がっています。 夏の暑い日にリフレッシュしたいときや、コーヒーを飲みたい気分でなくてもオシャレなカフェでリラックスしたいときなどにぴったりです。 店舗名: Roasted COFFEE LABORATORY 渋谷神南店• 住所:東京都渋谷区神南1-6-3 神南フラッグ1F• 電話番号:03-5428-3658• 営業時間:11:00〜20:00• 定休日:不定休• ITOYA Drink 文房具店の中にあるレモネード専門店がITOYA Drinkです。 レモネードスタンドでカフェではないので、ゆっくりくつろぐという感じではありませんが、レモネード専門店ならではのこだわりメニューが話題で、訪れる人が後を絶たない人気店です。 スタッフが時間をかけて開発した特製レモンシロップを用い、スタンダードなレモネードの他に、生姜がきいたジンジャーレモネード、パクチーを使ったパクチーレモネードをはじめ、ストロベリーやキウイなどフルーツを贅沢に使ったユニークなメニューも注目を集めています。 店舗名: ITOYA Drink• 住所:東京都中央区銀座2-7-15• 電話番号:03-3567-1108• 営業時間:10:00〜20:00(月~土)10:00~19:00(日・祝)• 休日:不明• 気分に合わせてレモネードを楽しもう 人気急上昇中のレモネードは、ホームパーティーなどでも喜ばれる飲み物です。 簡単に手作りできるので、オリジナリティ溢れる1品を作り、ゲストを驚かせてみるのも盛り上がるのではないでしょうか。 もっと手軽にレモネードを楽しみたい人は、人気の市販品や話題のお店に足を運ぶのがおすすめです。 レモンの爽やかな味わいのレモネードで、心も体もリフレッシュしましょう。

次の

『レモネードスカッシュ』7月1日(水)朝9時より販売

レモネード レモン スカッシュ

- 概要 - レモネードとは、レモンとシロップを水などで割ったもののことを言う。 レモンスカッシュというのは、水ではなく、炭酸飲料で割ったもののことである。 - 詳しい解説 - レモネードとは、レモンの果汁とシロップなどを混ぜて、それを水などで割ったもののことを言う。 水ではなく、炭酸水で割った場合でも、レモネードという。 レモネードには、いろいろと種類があり、ピンクレモネードなどは最近人気が出てきている。 酸っぱい味とさわやかな香りが人気の秘密で、多くの飲料会社が新しいレモネードを売り出している。 それに対して、レモンスカッシュというのは、レモネードと似ているが、炭酸飲料で、シュワシュワしていることが特徴である。 基本的には、レモン果汁とシロップ、それに炭酸水が混ざっているもののことを言う。 喫茶店などで注文する、昔ながらのレモンスカッシュは、さくらんぼが浮いている。 レモン味の炭酸であれば、「レモンスカッシュ」と呼ぶので、レモネードの炭酸バージョンもまた、レモンスカッシュと呼ばれることもあるだろう。

次の

自家製レモネードの人気レシピ集!簡単な作り方から話題のアレンジレシピまで!

レモネード レモン スカッシュ

- 概要 - レモネードとは、レモンとシロップを水などで割ったもののことを言う。 レモンスカッシュというのは、水ではなく、炭酸飲料で割ったもののことである。 - 詳しい解説 - レモネードとは、レモンの果汁とシロップなどを混ぜて、それを水などで割ったもののことを言う。 水ではなく、炭酸水で割った場合でも、レモネードという。 レモネードには、いろいろと種類があり、ピンクレモネードなどは最近人気が出てきている。 酸っぱい味とさわやかな香りが人気の秘密で、多くの飲料会社が新しいレモネードを売り出している。 それに対して、レモンスカッシュというのは、レモネードと似ているが、炭酸飲料で、シュワシュワしていることが特徴である。 基本的には、レモン果汁とシロップ、それに炭酸水が混ざっているもののことを言う。 喫茶店などで注文する、昔ながらのレモンスカッシュは、さくらんぼが浮いている。 レモン味の炭酸であれば、「レモンスカッシュ」と呼ぶので、レモネードの炭酸バージョンもまた、レモンスカッシュと呼ばれることもあるだろう。

次の