ベンチ プレス 自分 の 体重。 あなたのベンチプレスの目標レベルは体重の1.5倍で考えよう

あなたのベンチプレスの目標レベルは体重の1.5倍で考えよう

ベンチ プレス 自分 の 体重

ここではベンチプレスで60kgを持ち上げるとどのぐらいのレベルかを知ることができます。 60kgから70kg、80kgとレベルアップさせる方法も解説しています。 ベンチプレスで60kgを持ち上げられるようになると初心者から中級者にレベルアップしているほどの重量です。 ベンチプレスの男性平均重量が約40kgなので、これを目安にすると重量60kgが中級者ぐらいだということがわかりますね。 しかしここからちょっとずつレベルアップが難しくなってきます。 どんどん重量をアップさせて70kg、80kgとレベルアップさせたいはず。 ベンチプレス重量60kgの壁を超えるための目安となる回数やレベルアップの方法を解説していきます。 ベンチプレスで重量60kgを持ち上げると脱初心者 ベンチプレスで重量60kgを持ち上げることができると脱初心者を名乗っていいでしょう。 日本人の成人男性の平均体重が約60kg~65kgなので、自分の体重を持ち上げていることになります。 自分の体重と同じぐらいの重量を持ち上げることができるようになってくると身体がだいぶ進化していることを実感できます。 ベンチプレスで60kgを持ち上げれると脱初心者だというの主観ではなく、根拠としてはベンチプレスの平均重量は40kgと言われているからです。 しかもこの平均重量はベンチプレス経験のない人の平均と言われているので、この平均重量から+20kgも持ち上げるまでには数か月はかかるので、十分脱初心者と言えます。 ベンチプレスの平均重量は約40kg ベンチプレスで60kgを持ち上げることが脱初心者という根拠は成人男性のベンチプレスで持ち上げれる平均重量が約40kgだからです。 この表を見るとわかるように、筋トレ経験のない体重60kgの男性が34kgを1回持ち上げると平均的な筋力ということがわかります。 この表を参考にすると体重60kgの男性が60kgを持ち上げると初級者と中級者の間ぐらいの実力ということになります。 ベンチプレス初心者はまずは重量40kgを目安にトレーニングをするといいですね。 そこからレベルアップしてきたら、重量60kgを目標にするといいでしょう。 ベンチプレスでの平均重量を詳しく知りたい方はこちらの記事がおすすめです。 ベンチプレスで60kgの壁を超えるには?60㎏を7回~8回持ち上げると70kgを1回持ち上げれることに相当する ここで重量60kgを持ち上げれると言っているのは回数1回での話になります。 そこでベンチプレス60kgの壁を超える70kgを1回持ち上げるにはどのようにトレーニングをこなしていけばいいのでしょうか? 60kgの壁を超えたといえる目安としては重量60kgを連続して7回~8回持ち上げると重量70kgを1回持ち上げれる実力があるというように換算できます。 この換算表・早見表を見るとわかりやすいですね。 そして重量70kgを6回~7回持ち上げると80kgを1回持ち上げれるという実力があるので、このように重量に対して連続して持ち上げれる回数を目安に実力を換算しながらトレーニングするといいですね。 ベンチプレスでMAX重量60kgの壁を超えよう! ベンチプレスでの重量60kgを持ち上げれるとなると、日本人の平均体重が約65kgほどなのでだいたい自分の体重を持ち上げていることになると思います。 まずはこの自分の体重を持ち上げれるようになってくると身体の変化が明らかにわかってくるので、ベンチプレスがもっと楽しくなってきます! MAX重量60kgを超えてきたら、次は60kgを数回持ち上げれるようにトレーニングしていきましょう! 60kgを連続して7、8回持ち上げると70kgを1回持ち上げれる実力があると換算できるので、これを目安に頑張るといいですね! ベンチプレスで重量60㎏の壁をぶち破るならマイプロテイン! 公式.

次の

【筋トレ】ベンチプレスで自分の体重以上挙げる為のトレーニング計画

ベンチ プレス 自分 の 体重

ベンチプレスとは? 今さら「ベンチプレスって何?」と言う人がこの記事を読んでいる可能性は低いですが、一応軽く説明をしておきましょう。 ベンチプレスは、 ベンチ台に寝た状態で胸の上でバーベルを上下させる筋トレ種目です。 おそらく大半の人が、筋トレというと、この種目を思い浮かべるほどのメジャーな種目と言えます。 メジャーが故にこだわる人も多いですね。 また、「何キロ挙げられるんですか?」と質問する人がいたら、その質問の多くはこのベンチプレスの重さを訊いていることが多いです。 それくらいに知られている種目なのです。 ちなみに、男性がこのベンチプレスにこだわりがあるのには理由があります。 「厚い胸板」が男性を象徴するものであるため、と言うのが一つ。 そして、実は筋トレの中では(特にフリーウエイトで行う主要な種目の中では)最も辛くない種目である、という理由もあります。 ベンチプレスは、「ビッグスリー」と言われる、ウエイトトレーニングをする人なら誰でも行う3種目の中では、最も体に 負荷が少なく、辛くない種目なのです。 やはり体に負荷の強い種目は本能的に避ける人が多いので、ベンチプレスは人気があるわけです。 とは言っても、最も人気のある種目であれば、重い重量を持ち挙げて優越感を感じたいものですよね。 なので、より他の人のベンチプレスの重量が気になったりするわけです。 関連記事 ・ ベンチプレスの重量と体重との関係とは? ベンチプレスに限らず、体重がある方が重い重量が持ち上がります。 なぜなら、基本的に人間と言うのは 体重が重くなれば、筋肉の量が増えるのが普通だからです。 筋肉の量が増えるということは当然力も出るので、重い重量を扱えるわけです。 格闘技などが体重別で行っているのは、結局のところ体重で筋肉量が違うので、力の差があまりにも違うという理由からです。 格闘技の経験がある人はわかると思いますが、体重が5キロ違うと別次元かと思うほど力の差があるのが普通です。 とは言っても、まったく鍛えていない80キロと毎日のように鍛えている60キロでは後者の方が力があるのは説明しなくてもわかるでしょう。 ここで言う「体重がある方がベンチプレスが持ちあがる」と言うのは、あくまでも、いつもトレーニングをしている人の間で比べた場合になります。 いつもトレーニングをやっていれば、当然体重が多い方が筋肉量は多いわけですから、持ちあげることのできる重量も大きくなるわけです。 これはトレーニングしている人の間では常識と言えます。 ただし、筋肉には力を出す「コツ」がありますし、ベンチプレスの場合は「テクニック」も必要ですので、筋肉量だけですべては決まりません。 関連記事 ・ ベンチプレスのMAX重量の計算方法とは? 【計算式あり】 自分のベンチプレスのMAXがどの程度が知りたくないですか? そもそもMAX重量を知らないことには、自分が今どれくらい追い込んでいるのかがわかりません。 極端な話、100キロが本当は持ちあがるのに60キロでやっていては、それは「サボっている」ことに他なりません。 当然サボっていれば記録の伸びはありませんので、時間をかけた割にはベンチプレスの扱える重量が上がっていかないのです。 重量をアップさせるためには 「これ以上できない」というMAX重量で行うことが重要なのです。 自分のMAX重量を計算で出すことも可能です。 計算式は以下のようになります。 これを計算すると「75」になりますので、あなたのベンチプレスのMAXは「75kg」になるというわけです。 ちなみにこれは人によって違うので幅をもたせて、40で割り算をするところを33. 3で割る場合もあります。 こちらを計算するとおおよそ「78」となりますので、MAXは「78kg」と言うことです。 つまり、75kg~78kg程度なら挙げられるという計算になるのです。 もちろんここで言うMAX重量とは、 1回ギリギリ挙げられる重さのことです。 本気を出せば10回挙げられる、というものではありません。 たまに勘違いしている人がいるので、覚えておきましょう。 さらに、周りからも「あんな意味のない持ち上げ方して…そんな持ち上げ方で重量だけアップしても自慢にもならないのに」と冷たい目で見られてしまいます。 どうせ重い重量で持ち上げるなら、誰が見ても「すごい」と思う持ち上げ方で持ち上げた方がいいでしょう。 その上、 胸の筋肉もきちんと発達して厚い胸板が手に入るなら最高ですよね。 そのためにきちんとしたフォームを覚えましょう! 以下に動画を貼り付けておきますので、こちらで正しいフォームを確認してからやるようにしてください。 おそらくいきなりきちんとしたフォームでやろうとしても違和感があって、全然持ち上がらないかもしれません。 ですが、それでいいんです。 そこからスタートです! 頑張って持ち上げられるようにしましょう。 関連記事 ・ ベンチプレスの注意点2つ! ベンチプレスを注意点ですが、基本的には 「正しいフォーム」で行うことが最も重要です。 それ以外はそれほどありません。 正しいフォームで行うのは、先に紹介したように筋肉の発達が良い、というメリットの他にも怪我をしにくい、というメリットもあります。 どんなに頑張っても怪我ばかりしていては重量も伸びませんし、筋肉の発達も思うように見込めません。 怪我をしないというのはスポーツでも同じですが、ある意味技術が伸びることより重要なことなのです。 また、あまりに重い重量でベンチプレスを行うと手首を痛める場合があります。 手首の保護のために、 手首のサポーターを使った方が良いかもしれません。 とにかく怪我には十分注意して行ってください。 関連記事 ・ ベンチプレスをやる目的をしっかり持つのが大切な理由とは? ベンチプレスをやる時は、そもそもの目的を明確にしてやるべきでしょう。 MAX重量にとことんこだわるのか? それとも胸の厚くしたいのか? それとも筋持久力をつけてスポーツのパフォーマンスをアップさせたいのか? これらはきちんしたフォームでやっていれば、全部同時に達成はできないことはありませんが、究極まで行くと目的によってトレーニング方法は変わってきます。 胸板をとことん厚くするのが目的のボディビルと、重量をとことん追求するパワーリフティングでは、実は トレーニング内容が異なるのです。 自分がどんな目的でベンチプレスをやっているのかを明確にしてトレーニグをした方が、 目的に達するスピードは速いのは言うまでもないでしょう。 もちろん初心者のうちはそんなことを考える必要は全くありませんが、ある程度のレベルになったら、やり方について考えてもいいでしょう。 次からは、本当にベンチプレスMAX重量にこだわる場合のトレーニング方法も紹介いたします。 関連記事 ・ ベンチプレスの目的別の最適頻度! 週に1回か2回程度しか同じ部位のトレーニングはしてはいけない…そんなことを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。 確かに筋肥大が目的のボディビルなどでは、同じ部位をトレーニングするのは週に1回程度の場合が多いです。 なので、ベンチプレスは 週に1回程度、多くても2回くらいになります。 その代わり徹底的に胸が悲鳴を上げるまで追い込むわけです。 しかし、ベンチプレスのMAX重量を究極まで追い求めるパワーリフティングの選手はどうでしょうか。 実はベンチプレスを週に3回以上やっている人がほとんどです。 (特にベンチプレスを専門としている選手) 多い人はなんとほぼ毎日ベンチプレスをやります。 これはベンチプレスを競技として行っているので、サッカー選手がサッカーを毎日やるのと同じ感覚です。 パワーリフティングの人は筋肥大が目的ではないので、毎日のようにベンチプレスを行って、とにかくテクニックも身につける必要があるのです。 ボディビルの選手は筋肉痛が出るまでトレーニングを行いますが、パワーリフティングの選手は筋肉痛が出るまでは行いません。 とにかく頻度を増やすのです。 もし、あなたが胸の発達よりも「MAX重量をとにかく増やしたい!」というのであれば、このように 毎日(少なくとも週に3日)ベンチプレスをやりましょう。 重量は面白いように伸びるはずです。

次の

自分の筋力レベルはどの程度?【初心者・中級者・上級者】

ベンチ プレス 自分 の 体重

自分の体重とMAX重量の変遷(体重の何倍か) 上の表は、 「僕のベンチプレスMAX75kgから120kgまでの体重変化と比率」を表しています。 体重が増えるとともに、MAX重量も伸びていることがわかりますね。 グラフ化してみました。 一般的にベンチプレスは、 体重が多いほど挙げられる重量も大きくなるといわれています。 なので、 体重を増やすことが、MAX重量を上げるひとつの方法と言えます。 逆に、体重が重たいのに、重量が伸びていない人は、トレーニングの仕方を見直した方がいいか、フォームを修正した方がいいかもしれません。 ではどのくらいの体重でどのくらい上げられればいいのでしょうか? 自分の体重の1. 5倍を基準にする 一般的には、ベンチプレスの重量は、 「体重の1. 5倍は挙がる」と言われています。 僕の表の比率部分を見てみましょう。 比率を見てみると、すべてにおいて、1. 5倍前後ですね。 つまり、一般的に言われていることと、僕の実践の結果は同じだということがわかります。 おもしろいことに、前半は1. 3倍と1. 4倍ですが、後半は1. 6倍になっています。 もちろん 比率が大きい方が、より少ない体重で大きな重量を扱えると言うことになります。 僕は、後半、トレーニングの仕方をガラリと変えました。 6倍という大きな数字になったのは、そのトレーニング効果を反映しているものと思われます。 僕のトレーニングは正しかった 120kgを上げるための体重は、1. 5倍で計算すると体重80kgとなります。 僕は、体重が73. 5kgのときに120kg挙げられました。 つまり、一般的よりも軽い体重で120kgを挙げることができたと言えます。 体重が大きければ大きいほど挙上重量も重たくなる世界において、 より軽い体重で重たいものが持てるというのは、とても意義のあることだと思います。 トレーニングの仕方が間違っていなかったという根拠にもなります。 僕にとって、73. 5kgで120kgを挙げることができたのは、とても自信につながりました。 今の自分の体重比率を調べてみよう 一般的に言われているベンチプレスにおいて 「体重の1. 5倍は挙がる」という説は、僕の実践でも正しいことが明らかになりました。 ぜひ、あなたも今の自分の体重とMAX重量の比率を調べてみてください。 もし比率が1. 5倍よりも下回っていたら、トレーニングを再考したり、フォームを再確認するきっかけになります。 5倍以上なら、自信を持って、これからもどんどんトレーニングができると思います。 やはり 基準って大事ですね。 特に筋トレは、数値として表れるので、モチベーション維持がしやすいと思います。 現在のトレーニング科学では、さまざまな基準が数値化されています。 これを生かさない手はないですよね。 どんどん生かして、自身のトレーニングライフを充実していきましょう。

次の