工藤 ヒロユキ。 キャスト

ウルトラマンタイガ

工藤 ヒロユキ

業務日誌 民間警備組織E. のファイルを発見。 宗谷ホマレの日報。 旭川ピリカの日報。 (イージス)も仕事が増えても人材が足りなくてお断りしている様子。 社員募集で事業拡大を考えている佐々木かな社長の姿が浮かびますね。 3月2日 工藤ヒロユキ 民間警備組織 E. 一所懸命日本語をおぼえたんだね。 それにしても…ちゃんとしたお名前はないのだろうか? マーキンドは仕事覚えが早いらしい。 ピリカ、さぞ楽だろうな。 それに比べて熱血バカとマグマときたら。 ハァ、、、。 […] ウルトラマンタイガ — 民間警備組織 E. いよいよ『劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス』の公開までのカウントダウンメッセージが始まりました。 みなさんの熱い思いを感じながら公開まで楽しみに! …sssp. site2020. 23 ウルトラマンレイガ変身シーン初披露!ウルトラマンギンガ からウルトラマンレイガ まで ニュージェネヒーローズ大集結 「劇場版 ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス」会見こんにちは、科特研キャップです。 ウルトラマンレイガ変身シーンの初披露もあったニュージェネヒーローズ大集結な劇場版「ニュージェネクライマックス」記者会見ですが……コロナウィルスのせいでしょうか、開場にはマスコミの方々が最前列にいるだけ…sssp. site2020. 27 ウルトラマンレイガ 爆誕! だと — 井上祐貴主演 劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックスの最新情報こんにちは、科特研キャップです。 劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックスの最新情報は入ってきました。 これまでシルエットでしか公開されていなかった新しいヒーローは「ウルトラマンレイガ」です! 爆誕ってあるので…sssp. site2020. 24 […].

次の

【ウルトラマンタイガ】工藤ヒロユキは井上祐貴でタロウの息子!

工藤 ヒロユキ

「ハァ…ハァ…ハァ…」 『『『ヒロユキ……』』』 「あの、ヒロユキは、大丈夫ですか?」 「今のところは、な。 ……真クリスタルとノアの力を注いだから24時間持つ考えだったんだがーー」 「予想より早くタイムリミットが来そうだな……消耗が激しすぎる」 トレギアがヒロユキ達の前に現れてヒロユキからウルトラマンタイガを完全に引き剥がし、繋がりを断ち切ったことでヒロユキはどんどん衰弱していった。 そこへ《ニュージェネレーションズ》と呼ばれるウルトラマンに変身する青年と少女達がやって来てトレギアを引かせた後、少女ーーウルトラウーマングリージョに変身する湊アサヒの持つ真クリスタルとウルトラマンゼロのイージスブレスに宿る神と呼ばれるウルトラマンノアの力によりヒロユキの命は何とか持ち堪えてる状態だった。 2人は24時間は最低でも持つ予想をしていたが思ったよりエネルギーの消費は激しいもので、これでは1日持つかどうかも分からなくなってきた。 「……っつつ…あれ、ここ、は?」 「ヒロ君目覚めた!?基地に戻って来たのよ?トレギアって奴はいないから安心して!」 『『ヒロユキ!』』 『旦那!』 「タイガ、タイタス、フーマ…僕は…一体…何が…起こって……!!いっつ!ゴホゴホ!!」 E. の基地に戻って来てから既に1時間が経過していた。 その1時間の間にカナとピリカは用意していた料理をラップして冷蔵庫に全て入れた後、今度はアサヒと一緒にヒロユキが起きた時の為に消化に良いお粥とリンゴとミカンのジュースに念の為いくつか薬を用意しといた。 するとトレギアにタイガを引き剥がされてからずっと眠ったままだったヒロユキが目を覚ました。 気付いた仲間とトライスクワッド達がヒロユキの名前を呼ぶ。 目を覚ましたヒロユキはボンヤリと辺りを見渡した後身を起こそうとするが、全身に激痛が走り再びベッドに身を沈めて数回咳をすると手にべったりと血がついており受け止めきれなかったのは布団に溢れていてヒロユキは吐血したんだ…と、どこか他人事のように思ってしまう。 「ーー!!水!水と、バケツでもタライでもいいから持ってきて!ヒロユキが吐血した!」 「は、はい!」 「錠剤じゃなくて薬湯の方がいいかもしれないんで作って持ってきます!」 「ホマレごめん!お願いね!」 「おい、湊兄妹とリクとオーブと大地!コスモスの力をヒロユキに注げ!俺もやるから!」 「「「「分かった!」」」」 「「了解です!!」」 吐血したヒロユキを見てまた混乱しそうになったがそれを抑えてカナはピリカとホマレにうがいさせる為の水と吐き出させる時の入れ物を用意するように指示を出し、側で聞いていたかつて一体化した青年の姿をしているゼロはコスモスの治癒力で少しでも楽にさせようと湊兄妹 カツミ・イサミ・アサヒ とジードに変身する朝倉リクとオーブのクレナイ・ガイと大空大地とヒロユキにコスモスの力を使う。 「コスモスの力でも傷ついた内臓を治したり体力を少し回復させる程度か……それでも良いほうか……」 「一気に持っていかれたぞ。 どんだけだ…」 「光の国の銀十字軍やヒカリ博士だったらどうにか出来たか「ですが根本的な解決には至りません」だよなー・・・」 決して眩しくない優しい青き光がヒロユキの体を包み込む。 べったり付いた血は消えて青白かった顔色は少しマシになったーーようだが予断は許さない状況なのは変わらない。 そこへ薬湯を持ったホマレが戻ってきてカツミと大地がヒロユキの体を支えて薬湯を飲ませる。 コクコクとゆっくり全部飲み干したのを見てピリカが「それかなり苦〜〜い薬湯なのに…」と呟いた。 「…味、あんまり、しなかった、です…」 「もしかして味覚が正常に機能しなくなったの…?まずいじゃない!!」 「このままだと、五感全て機能しなくなって死んでしまう……」 「……すいませんここの機械使っても大丈夫ですか?彼女と一緒に」 「ピリカと?いいけど何するの?」 「トレギアを探そうと思いまして。 ヒロユキさんを助けたい気持ちは同じです」 「!!分かったわ!ピリカ、彼とトレギア探すのをお願いね?」 「ラジャー!」 ヒロユキが味を感じなくなったと聞いて確実に彼に死が近づいているとその場にいる全員が嫌でも感じてしまった。 すると大地がカナの了承を得てピリカと共にトレギアを探す為にパソコンを操作し始めた。 カタカタと音が鳴るとモニターに次々とデータが映し出される。 「この宇宙じゃ12年前になるか…あの時トレギアを倒せてたらこんな事にはならなかったのに……」 「ああ……」 『それを言えば俺達にも言える事だ』 「タイガ?」 『アンタ達がやられた後、俺達がちゃんとしてれば…』 『我らの力不足のせいでトレギアに敗れ肉体を失ってーー』 「ーーさい」 「社長?どうかし「いい加減にしなさぁああい!!」!? キーン! 」 「まったく何なの?皆してあの時倒せてたらとか力不足だとかネガティブな発言!今一番大変なのは…苦しいのはヒロユキなのよ!?死ぬかもしれない恐怖と戦って生きようとしているのよ?大空大地君とうちのピリカはヒロユキを助ける為に今トレギアを必死で探している、私達が弱音吐いてどうするのよ!?」 ゆっくりと着実に悪くなって…死にかけているヒロユキを見てトライスクワッドの面々だけでなくニュージェネレーションヒーローズ達も罪悪感に襲われていた。 あの時ちゃんと自分達がトレギアを倒していればーートレギアの罠に気付いていたらーー自分の力を過信せずにしていたら……そんな考えをぐるぐるしていたらカナが怒鳴ってきた。 大切な仲間が…ヒロユキが死んでしまうかもしれないそれは自分だけじゃない、皆同じなんだ…私だって怖い、あの人みたいに置いていかれるんじゃないかという恐怖が頭の中を支配していたがヒロユキの方が今1番大変なんだ!ピリカと大地君がトレギアを探してくれているなら今出来ることをするのよ! そんなカナの熱い思いが伝わったのか何人か同時に自分の頬をパン!と叩いて気合をいれた。 アサヒは元気を出してもらう為に皆に飴玉 レモン味 を配っていた。 「社長サンの言う通りだな…俺達らしくもない…」 「私達みーんなでヒロユキさんを助けましょうね?ねっ!カツ兄!イサ兄!」 「そうだなアサヒ」 「このままトレギアの思い通りにさせる訳にはいかねぇしな!」 アサヒは悪い子にはお仕置きです!とちょっと可愛らしい考えだったが男性陣は……特にトライスクワッドとホマレはギッタンギッタンにしてやる!!と心に誓っていた。 どこかに隠れている霧崎はくしゃみしたとかどうとか… その光景をボンヤリと見ていたヒロユキはタイガとタイタスとフーマを掠れた小さな声で呼んだ。 呼ばれた3人はヒロユキの側に近寄ってきた。 「ごめん、なんか、迷惑かけて…」 『気にするな!俺達だけじゃない、ゼロとニュージェネレーションヒーローズの皆、ホマレやピリカやカナはお前を助けたいんだ』 『トレギアを見つけるまでにはまだ少し時間がかかる筈だ。 それまでは休んでおくといい』 『今の兄ちゃんは寝てた方がいいんだ。 顔色の悪いヒロユキの額をタイガがペタッと触る、薬湯を飲んだおかげか熱は下がったようだがゼェゼェと息は上がっており、今度は体温が下がっていく。 『心拍数が上昇している…なのにどうして体温が下がるんだ?普通上昇すれば体温だって上がるはずだろう?』 『………タイガが離されてしまったからだろうな』 『ああーー!!マジであのトレギア許さねー!!おい、絶対助けようぜ兄ちゃんを!!』 『当たり前だ!』 『無論だ』 交代交代でヒロユキを見ながら仮眠を取ったり出前を取って遅めの夕ご飯を食べた。 カナとピリカが作った秋の味覚フルコース料理はヒロユキが回復してから食べようという事になった。 こうしてどんどん時間が過ぎて行きーー 翌日、朝を迎えた。 ーーカタカタカタカタカタカタ、タン! 《ピー!ピー!ピー!》 「「やっと見つけたーー!!」」 「へっ!?なになに?」 「敵か!?どこだ!」 「わっ!」 ガラガラガシャーン! 「ふぁああ…だいじょおぶ?」 「はい、なんとか…」 「皆見つけたわよトレギアの居場所!」 『!!?』 「本当か?どこにいる、一刻も早く行くぞ!ヒロユキのタイムリミットはもう少ないんだ!」 軽食を食べながら作業を進め、時々仮眠を取りながらずーっとトレギアを探していたピリカと大地がトレギアをやっと見つけた!と叫んだ。 キーボードの音しか聞こえなかった空間に突如響いた声に驚きつつもようやくヒロユキを助けることが出来るかもしれないと2人に詰め寄った。 「ここよ。 ポイントH-9地区の山の中に妙なエネルギー反応があったから調べてみたら、案の定本来ないはずのボロっちぃ建物があったわ。 恐らく違法な事をしていた宇宙人達の隠れ家でもあったけど拠点を移した為に放置されていた所にトレギアは絶好の隠れ場所としていたんだと思う」 「何故今までこの建物は知られていなかったんだ?」 「調べたんですけど、この建物を覆っているシールドのせいだと思います。 電波などを阻害するようになっているので…。 ピリカさんがこの妙だと言ったエネルギー反応に気づかなければ分かりませんでしたから…」 「さっすがピリカ!うちの自慢の子ね!」 早速行きましょう!とカナの言葉を合図に全員立ち上がってトレギアのいる場所へ向かう準備をする。 アサヒとピリカがもしもの時の救急箱と薬と水持ち、ホマレがもう目が見えなくなり耳も聞こえ辛くなって体の感覚も分からなくなってきたヒロユキをおぶり、トライスクワッドの3人がヒロユキの肩に掴まったところで人気のない廃工場へ向かう。 「どうしてここに来たんだ?早くH-9地区に向かわないとーー」 「車で行ったら時間が掛かる。 だから俺達ニュージェネレーションヒーローズ全員変身してお前達を乗せて向かう」 「「「えっ!?」」」 『まあ、だろうな』 『時間がないしそれが普通だろう』 「こんなに大人数で変身して行くと大騒ぎになるから合体できる奴は合体して行くぞ!」 『おう!』 トライスクワッドとE. 以外の皆がアイテムを掲げると眩しい光が廃工場全体に広がり、湊兄妹はウルトラマングルーブへ、礼堂ヒカルとショウはウルトラマンギンガビクトリーに、ゼロとオーブとジードとエックスは最強形態に変身を遂げた。 カナとピリカはギンガビクトリーの手に、ヒロユキをおぶっいるホマレはグルーブの手に乗った後、一斉に空へと飛んだ。 『よし、このまま最高速度でトレギアのいる所まで飛ぶぞ!』 『『『『『了解!』』』』』 「ヒロユキ……絶対、お前を助けてやるからな……」 「ヒロユキ…生きて、帰るわよ」 「ヒロ君、帰ったら秋のフルコース、皆で食べようね?」 『ヒロユキ、俺はお前を光の国にいる父さんやじいちゃん達に会わせたいんだ…だから……』 『私もU-40の人達を紹介したい…自慢の相棒だと』 『いろんな星に連れて行きたいんだ。 だから必ずーー』 助かるからーー!! ヒロユキを助ける為、皆それぞれの想いを胸にトレギアの隠れているH-9地区に向かうのであった。 「……この場所に気づいて向かってきているか……。 無駄な足掻きだというのにヒロユキ君の為に頑張るなあ…。 まっ、私をせいぜい楽しませてくれよ?光のウルトラ戦士達ーー・・・」 【後編に続く】.

次の

ウルトラマンタイガ

工藤 ヒロユキ

シルエットが先行公開されていた新時代最初のウルトラヒーローは、なんとあのタロウの息子! 新たなTVシリーズ『ウルトラマンタイガ』の詳細が発表となりました! 『ウルトラマンタイガ』の主人公・工藤ヒロユキはタイガをはじめ、ウルトラマンタイタス、ウルトラマンフーマと複数のヒーローに変身可能。 これまでのタイプチェンジするウルトラマンとは異なり、まったく別のヒーローへと変身するという初の試みが特徴となります。 本心では父親であるタロウに認めてもらいたいと思っているが素直になれない部分も。 正義感が強い熱血タイプで、タイタス・フーマと共に《トライスクワッド》を結成。 若く未熟ながらも平和のために戦っていくことになる。 彼もまたヒロユキや仲間たちと共に一人前のウルトラマンに成長して行く。 鍛え抜かれた肉体と健全な精神を持つ好漢で、そのパワーを生かした重量級の戦いを得意とする。 ウルトラマンオーブ(初登場作品『ウルトラマンオーブ』(2016))やロッソ、ブル(初登場作品『ウルトラマンR/B』(2018))が光の戦士となる力を授かった惑星O-50出身。 素早い身のこなしや多彩な技を持ち、スピード戦法を得意とする。 荒っぽい性格だが、義理堅い面も持つ。 タイガたちに変身するヒロユキは、民間警備組織E. に所属している22歳の青年。 子どもの頃に宇宙人に襲われ、偶然地球に行き着いたウルトラマンタイガに救われた過去を持っています。 それ以来、彼の中にはタイガが宿っているものの、そのことを自覚することなく一般的な家庭で成長。 未知の存在を恐れず受け入れる優しい心の持ち主で、「人間」「宇宙人」「ウルトラマン」といった異なる種族の架け橋になっていく物語が描かれます。 ヒロユキを演じる井上祐貴(いのうえゆうき)さんは、1996年6月6日生まれでヒロユキと同じく22歳。 広島県出身で、2017年にホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞。 2018年7月のブロードウェイミュージカル『ピーターパン』(海賊マリンズ役)でデビューを果たし、2018年12月に公開された映画『ニセコイ』(河合勇人監督)にも出演しています。 役が決まった時、嬉しさと同時に「ずっと憧れていたカッコいいウルトラマンに今度は自分がなるんだ!」という強い気持ちが湧いたのを覚えています。 家族に報告すると、5歳の時から毎年行っていたウルトラマンショーで撮った写真が母から送られてきて、小さい頃から憧れていた思いが蘇りました。 今度はそういう気持ちを届ける側として、大人になっても沢山の人の心の中に残り続けるウルトラマンタイガになれるよう、一生懸命頑張ります。 新入社員工藤ヒロユキという役どころは、俳優としてデビューしたばかりの僕自身と共通する部分が沢山あり、先輩方の力もあってどんどん自分と同化してきているような気がします。 素晴らしいキャスト、スタッフの皆さん、テレビの前の皆さんと、この『ウルトラマンタイガ』を盛り上げていきたいと思ってます。 沢山の応援、よろしくお願いします!! 変身アイテムや再び現れた敵の情報も公開! そのほか、気になる変身アイテムの情報も公開。 秘められたウルトラエネルギーを解放し、人間とウルトラマンの絆を繋ぐことができるアイテム「タイガスパーク」と、ヒーローや怪獣の力が封じられている「ウルトラタイガアクセサリー」を用いて変身します。 ウルトラタイガアクセサリーはタイガスパークにリードさせることで、その力を借りることが可能となります。 ウルトラタイガアクセサリーはキーホルダータイプ、ブレスレットタイプ、指輪タイプなど様々な形をしていて、タイガ・タイタス・フーマに変身する時にはそれぞれの力が封印されているキーホルダータイプのものを使用します。 いまだに謎が多いウルトラマントレギアですが、なんと元はM78星雲・光の国の出身で、ウルトラマンタロウと親友だったことが明らかになりました。 闇に心を染めた悪のウルトラマンとして、タイガを執拗に狙う宿敵となるとのこと。 彼の過去に何があったのか、その秘密も本作で描かれることになるのでしょうか。 一気に新情報が発表された『ウルトラマンタイガ』は、テレビ東京系6局ネットほかで2019年7月6日(土)より放送開始です! DATA ウルトラマンタイガ• 放送開始日:2019年7月6日(土)• 放送時間:毎週土曜日 午前 9:00~9:30• 出演:井上祐貴ほか• 放送局:テレビ東京系6局ネットほか• 製作:円谷プロダクション・テレビ東京・電通 あらすじ 地球には宇宙人が密かに移住してきている。 だが、その事を知っているのはごく一部の人間のみで、一般的には知られていない。 そんな社会の中で、主人公の《工藤ヒロユキ》は、宇宙人が絡む事件をもその業務内容に含まれる民間の警備組織《E. (イージス)》に就職し、日夜平和のために働いている。 そんな彼には、本人も知らないある大き な秘密が眠っていた。 ヒロユキの体からタイガが蘇る時、新たな物語が始まる! 関連情報• 関連記事•

次の