足が臭くならない方法。 臭くならない靴下が足のにおい対策には抜群!デオルソックスの体験評価

靴の臭いを取る7つの方法 原因と予防法も|スーログ

足が臭くならない方法

スポンサーリンク 目次• 掲載している方法や効果については、実際に私の家にある靴で試した方法です。 靴の臭いの程度には個人差があるので、あなたの靴にどれが効果があるかはやってみないと分かりません。 一つ一つ、根気強く試してみてくださいね。 「匂い」と「臭い」の違い 記事をすすめる前に、まずは「におい」という漢字の表記について、触れておきます。 広辞苑第七版 付録にある「『異字同訓』の漢字の使い分け例」によると、 【 匂い・匂う】主に良いにおい。 例)梅の花の匂い。 香水がほのかに匂う。 【臭い・臭う】主に不快なにおいや好ましくないにおい。 例)魚の腐った臭い。 生ごみが臭う。 ガスが臭う。 という使い分けが紹介されてます。 というわけで、当記事では嫌な足のにおいは 不快なにおいなので「臭い(におい)」「臭い(くさい)」と表記することにします。 におい、くさい、はともに同じ漢字ですが、文章の流れでご判断ください。 靴がくさくなる原因 スポンサーリンク なぜ靴が臭くなるのか? 結論から言うと、 臭いの原因は「 バクテリア(細菌)の排泄物(老廃物)」です。 靴を履いて歩いているうちに、足の裏の角質がこすれて剥がれ落ちます。 その角質と汗や皮脂がまざることで靴の中にバクテリアが繁殖。 靴の中は高温多湿で雑菌の繁殖には最適な環境のため、 長時間靴を履き続けると足の中が蒸れてバクテリアが大量に増殖します。 そのため、長時間靴を履くとバクテリアの排泄物も増えるため、その分臭いもキツくなる、というわけです。 翌日、新しい靴下に履き替えても、バクテリアが大量に残った靴を履けば、また足が臭くなります。 靴の臭いを予防するには? 靴の臭いを予防するには、• 足を毎日きちんと洗って清潔に保つ• 靴下をこまめに替える• お風呂やシャワー時に足の角質を軽石などで落とす(バクテリアの餌になる角質をできるだけ少なくする)• 消臭効果のある中敷を敷く• 会社内や車の中ではスリッパなどに履き替えて、靴を長時間はかない• 毎日同じ靴を履かない といった方法があります。 足を毎日洗うのはもちろん、お風呂やシャワー時に足の裏の硬くなった角質を柔らかくして軽石などで落とすことも大切です。 これで余計な角質(バクテリアへのエサ)を減らせます。 靴下も同じものを何日も履いたりせず、こまめに替えるようにします。 あと、靴の中を乾燥させるために、 会社内でのデスクワーク時や車の運転中にはスリッパに履き替えるなどの工夫も効果的です。 消臭効果のある中敷を敷いておくのも、いい予防方法です。 毎日同じ靴を履かないことも大切。 しっかり乾燥できないうちに同じ靴を履くと、また汗で蒸れて臭いがさらに強くなってしまいます。 靴の湿気を取るには時間がかかるので、1回履いた靴は最低でも1日は休ませましょう。 理想は2足を1日おきに履き替えて、なおかつ雨の日用の靴も用意すること。 ここまでやればかなり良い予防になります。 ただ、 これらの予防方法でも一度臭くなった靴には効果がありません。 その時は、以下の つの方法で靴の嫌な臭いを取り除きます。 靴の臭いを取る7つの方法 上から順番に、お手軽な方法をご紹介。 下に行くほど手間やコストがかかりますが、それだけ消臭効果も高くなります。 スポンサーリンク 1. 10円玉を使う 「10円玉を靴に入れると臭いが取れる」という方法をよく耳にしますが、本当なのか? 10円玉には銅が95%含まれており(銅には抗菌作用がある)、蒸れた靴の中に数枚入れることで、その水分に反応して銅イオンが発生。 これによりバクテリアなどの雑菌を分解してくれるる、というもの。 5枚の10円玉を重ならないように広げてひと晩置いておきました。 翌朝、においを嗅いでみると、確かに臭いは少し消えてます。 ただ、 5枚程度じゃ足りなかったようで、靴の中の臭いはほとんど取れてませんでした。 おまけに、靴のにおいが10円玉についてしまって、しばらく放置となりました。 10枚20枚という 大量の10円玉なら効果は高いと思います。 ただ、取り出してすぐの10円玉はすごく臭いです...。 ファブリーズや消臭スプレーを使う 靴の臭いを取る方法として、思い浮かぶのがファブリーズ。 あれだけ臭いが消えるってCM流してるから、靴にも効くんじゃない?と思ってしまいますが、 ファブリーズでは臭いは取れません。 スーツや洋服についた飲食店臭やタバコ臭や汗臭、カーテンやクッションやソファについた臭い、布団や枕についた加齢臭や汗臭などに効果があるのがファブリーズ。 一方の 靴の臭さはレベルが桁違いです。 女性だと「チーズの臭い」、男性だと「雑巾の臭い」と表現されるように、鼻を近づけると耐え難いにおいがします。 不快度マックス!そんなキツイをファブリーズで消そうとするなら、新品1本の半分程度は必要です。 さらにファブリーズをスプレーすると濡れるので、乾かす時間も必要になります。 ファブリーズよりは消臭スプレーの方が臭いは消えます。 ただ、においが完全に消えるわけではなく、持続性も低めです。 スプレーした直後はかなりにおいが消えた!と嬉しいんですが、また翌日靴を履くと臭いがぶり返してしまいました。 新聞紙やシューキーパーを使う 革靴に効果が高いのが 新聞紙などの紙や木製のシューキーパーを、帰宅時に靴の中に入れておくという方法。 臭いの原因は、バクテリアが好む高温多湿。 1日中靴を履いてると中が蒸れてきます。 特に革靴は通気性が低いので高温多湿になりがちです。 新聞紙や紙を入れることにより、湿気や臭いが吸収され靴の中を乾燥した状態に保つことができます。 特に新聞紙に使われている黒インクには消臭効果があるので、より効果が期待できます。 スポンサーリンク 木製のシューキーパーも使ってます。 新聞紙と同じように吸湿性に優れ、臭いを取ってくれるだけでなく、シワを伸ばして型崩れを防いでくれる効果もあります。 1日で臭いは完全には消えませんが、靴を履いたあとは忘れずに繰り返してるといつの間にか臭いが気にならなくなりました。 あとは上記予防法のところでも紹介しているように、同じ靴を毎日履かないことですね。 革靴には新聞紙とシューキーパー、特に臭い時には下記で紹介しているグランズレメディなどパウダータイプの消臭剤を最初に使えば最強です。 重曹を使う 重曹は「炭酸水素ナトリウム」「ベーキングソーダ」「重炭酸ソーダ」「重炭酸曹達」「重炭酸ナトリウム」「酸性炭酸塩ナトリウム」とも呼ばれる、掃除・料理・消臭に使われる、自然由来の環境にも人にも優しい白色の結晶性粉末のこと。 靴の嫌な臭いはバクテリアの老廃物で酸性。 一方の重曹はアルカリ性。 この2つが合わさることで 中和作用が働き、靴の中の臭いが消えるというわけです。 重曹で靴の臭いを取るには、「 1. 重曹水を作ってスプレーする」「 2. 重曹を靴下やストッキングに入れて靴に入れておく」「 3. 重曹でつけおき洗いする」の3つの方法があります。 重曹水はスプレー容器に水を入れて重曹を溶かせば完成です。 水約200mlに対して重曹は小さじ2杯程度が目安です。 これを靴にスプレーするだけ。 ただ、ファブリーズと一緒で、そこまでの効果は見込めません。 靴下やストッキングなどの通気性のいい袋に重曹を入れ、それを靴の中に入れておきます。 とても簡単な方法でなおかつ効果も高いのでおすすめ。 洗えない革靴やブーツにも使えます。 重曹の効果は2〜3ヶ月なので、定期的に入れ替えるのをお忘れなく。 一番効果が高いのが重曹でつけおき洗いする方法です。 ぬるま湯1リットルあたり大さじ2〜3杯を目安に溶かします。 水だと重曹が溶けにくいので40度程度のぬるま湯がおすすめ。 あとは重曹水に1〜3時間ほどつけおきします(臭いがきつい場合は長めに)。 つけおきが終わったら水で洗い流して洗濯機で脱水して乾かせばOKです。 洗剤や石けんで洗う 運動靴やスニーカーなど 洗える靴なら洗濯用洗剤で洗うのが一番です。 アルカリ性の粉末洗剤(洗剤はだいたいアルカリ性です)を用意して、40度程度のぬるま湯1リットルあたり5gの洗剤を溶かし、30分ほどつけおきします。 洗濯ブラシやメラミンスポンジでラバー部分の汚れを落とします。 そのほかの頑固な汚れや黒ずみには洗濯用石けんが効果的。 臭いの原因になっている靴の中もブラシでゴシゴシ洗います。 あとはキレイにすすいで洗濯機で脱水して干して乾かせば完了です。 もし臭いが取れない場合は、事前に 重曹につけおきしてから洗剤で洗うと消臭効果は高くなります。 白いパウダー グランズレメディを使う Amazonでレビュー数1,400オーバーのバカ売れ靴用消臭パウダーが『グランズレメディ』です。 靴に染み付いてしまった臭いを消臭し、靴そのものを抗菌靴にしてしまう従来にない靴用消臭剤で、長い間売れまくってるベストセラー商品です。 使い方も簡単で、パウダーを靴の中に入れるだけ。 水を使わないので、スニーカーはもちろん革靴やブーツにも使えます。 白い粉は歩いているうちに自然に溶け、靴の中の臭いや雑菌をじわじわと消してくれます。 商品の詳しい情報や使い方はこちらにまとめてます。 消臭効果が高くて効果の持続性も文句なし、さらにはどんな靴にも使える最強の靴用消臭剤ですが、価格がちょっと高いのがマイナスポイント。 国内正規品だと2千円を超えますが、並行輸入品なら1,500円ほどで購入可能です。 最近では、同じパウダータイプの『』という製品も出てきてます。 消臭効果も高く、量も多いためコスパを求めるならこちらもおおすすめ。 紫外線で臭いを消す除菌器を使う 悪臭や病気の原因となる細菌(大腸菌、黄色ブドウ球菌、サルモネラ菌、緑膿菌、白癬菌)を約10分間で99. 99%除去してくれるのが『』。 臭いの原因菌そのものをなくしてしまう画期的なUV除菌器です。 靴はもちろん、臭くなったスリッパやヘルメット、ネックウォーマにも使えます。 商品の詳しい情報や使い方はこちらにまとめてます。 ネックウォーマーや室内スリッパの臭いは取れたんですが、革靴やスニーカーのしつこい臭いだと効果は薄かった。 紫外線により細菌は死滅してると思うんですが、素材との相性や臭いのレベルによって臭いが残ります。 靴の臭いを取るおすすめの方法はこれ 洗える運動靴やスニーカーなら、臭いがひどくない場合は洗剤や石けんで洗い、臭いがひときわひどい場合は、重曹水につけおきしてから洗剤で洗うのが最強です。 洗うとスニーカーにダメージが残ったり型崩れするのが気になる場合は、グランズレメディがおすすめ。 洗えない革靴やブーツには、普段の臭い取りなら重曹を靴下やストッキングに入れて靴に入れる、新聞紙やシューキーパーを使う、という方法がお手軽でおすすめ。 臭いがきつい場合は、グランズレメディが最強です。 個人的にいろいろ試しましたが、 一番効果が高かったのがグランズレメディです。 革靴だろうがブーツだろうが子供の運動靴だろうがスニーカーだろうが、どんな靴の臭いもこれなら完全に消してくれます。 流石に売れてるだけあります。 1回使っても臭いが残ってることもありますが、数回繰り返して使うことで臭いが完全になくなります。 感動ものです。 靴の嫌な臭いが取れなくてお困りの方、予防方法と合わせてぜひお試しください。

次の

【クロックスの消臭・蒸れ防止・足汗対策】足が臭くならないようにする方法【中敷き・靴下・洗浄】

足が臭くならない方法

Contents 靴下がくさくないと足のにおいがばれないと思った 臭くならない靴下を探し始めたきっかけは・・・ 毎日の生活で、皆さん靴下を履きますよね。 (当たり前でしょうけど・・・ 私も仕事では当然ながら、家に居ても、入浴するまでほとんど靴下を履いています。 ってことは・・・ 靴が臭かろうが、足が臭かろうが、 靴を脱いだ時に臭いのは靴下だ! こいつをどうにかすれば、足は臭くならないんじゃないの? そんな考えに行き着いたのです。 「今の時代、いろいろ進んでいるし、足のくっさい臭いを打ち消すような靴下くらいあるかも・・・」 普段から足のニオイで、家族にブーブー言われている中、 半信半疑でちょいちょいっと調べる程度のつもりだったのですが・・・ メディアで実証された臭くならない靴下を発見 早速ネットで検索すると、割と色々と出てきました。 その中で、ネーミングが強そうな靴下を試しに購入 「急速分解消臭」 めっちゃ強そう・・・ 調べてみると、数々のTVメディアにも取り上げられているよう。 実験者は皆さんも知っているバナナマンの日村さん。 普段から強烈な足のにおい(らしい) ウッチャンが嫌がりながら、足のにおいを嗅いだところ・・・ 「うそだろ〜?」 あまりの無臭で逆に驚いていました 私でも、そんなに効果がでるのかなー? 正直言って、半信半疑でした。 だって、都合良すぎません?「臭くならない靴下!!」 いやいや、マジでそんなのあったら、みんな悩まないじゃん・・・ 足のにおいが臭くならない靴下が届くまで 買うときのスマホの画面を、嫁さんに見られてしまいました。 「そんな値段の靴下を・・・」 マジで吐き捨てるように言うんだから・・・ 怖いよ 嫁さんの靴下のイメージは、3足セット980円 靴下ごときで、それ以上は理解できないのでしょう。 そんな靴下は・・・ 臭くなる結末しかない! 「試しに一足だけ!」 と頼みました。 妻の表情が微妙だったえので、 半ば無理やりの購入だったと思います。 数足セットだと安くなるようですたが、 いきなりたくさん買って、もしも効果がなかったら・・・ 無駄金になってしまうのが怖かった(嫁にブツブツ言われるもの嫌だった)ので、まずは一足分だけの購入です。 本当に靴下でニオイが消えてくれるなら、安い金額です。 それでも、一足2000円近くするので、効果が無かったでは妻に言い訳ができません。 臭くならない靴下デオルソックスへの疑問 しかし、デオルソックスって商品でどれほどの消臭効果があるのか?そもそもなんで靴下でニオイが消えるのか? 疑問だらけだったので、商品の到着まで調べていたので紹介しますね。 もしも、デオルソックスの効果範囲が狭くて対応しきれず、私の足がくさいままではかないません。 しかし、販売メーカーのサイトでこのような表を見つけました。 様々なにおい原因成分に対して、 99.4%〜96.7%も消すと書かれていて驚きました。 安い抗菌靴下は、一度洗濯をすると効果がなくなってしまう物もあるのです。 足のにおいにはどれほど持続力があるのか? 消臭効果が強いことは調べて分かってきましたが、働いている時間から、家に帰るまで効果がもってもらわなければ困ります。 朝の一瞬だけ消臭効果があり、昼前には効果がなくなっていては意味がありませんよね。 しかし、公式サイトでは次のようにも書いてありました。 【消臭容量は3日間はき続けても臭いはほとんどしない】 んー・・・ いやいや、同じ靴下を3日も履かないから! 若干突っ込んでしまいましたが、それだけ消臭効果が持続すると表現したいのでしょう。 3日分の足のにおいとなると、エリートクラスの私の足では相当な激臭が想像されます。 「私の足の臭さを、一般人のにおいと一緒にするなよ?」 なんてバカな対抗意識を抱いていたことを思い出します(笑) 耐洗濯はどうなのか さっき書いてありましたが、洗濯をしても臭くならない消臭効果は変わりません。 変わるどころか販売サイトでは、 しかし、汚れは付着しますので洗濯は必要です。 洗濯することにより、消臭効果も復活します。 復活!? 「抗菌」仕様の靴下の多くは、洗濯回数と共に効果が落ちて普通です。 それなのに、 元に戻るなんて本当に驚きました。 さらに、靴下に穴が開き、指が「こんにちは」して破れても消臭効果は変わらないすごいやつです。 穴の開いてしまった靴下に使い道はありませんが・・・臭くならない消臭効果は続くそう。 靴箱にでも入れておけばいいのかもしれません。 万能ではなかったDeolソックス パーフェクトと思っていたデオルソックスにも、意外な欠点がありました。 それは、 漂白剤に漬けてしまうと効果が無くなってしまうことです。 どうやら 漂白剤の塩素と化学反応を起こしてしまうようで気を付けなければいけません。 でも、黒い靴下を漂白する方はいないと思うので、そこまで過剰になる必要はないでしょう。 実際に臭くならない靴下Deolソックスを履いた感じ 2〜3日経ち、到着したデオルソックスが届きました。 早速開封して履いてみる。 履いた感じは何となくスースーして 「3足500円の靴下よりも通気性がいいんだろうな」と感じました。 到着まで、散々調べまくっていましたが、デオルソックスを履いて出勤する初めての朝は、正直に言って効果があるのか不安でしたね。 どこにいった!?一日働いた後の靴下のにおいと足のにおいが消えた! 「どうせ売り文句でしょ!?」と思う方もいるかもしれません。 でも、 本当に足のにおいが軽減され、靴下のにおいは無いのです。 調べていた通りの効果でした。 あまりにニオイがしないので、かえって気持ち悪いと感じたのを覚えています。 一日働いた後の靴下なんて臭くて当たり前ですよね。 どんなイケメンでも、モデルのような美女でも関係なく、臭いものはくさいはず。 なのに匂いが感じられないなんて、喜ぶ間もなく、もう気持ち悪い以外の表現しかありませんでした。 他人に見せれる姿ではありませんが、 履いていた靴下を脱いで思わず嗅いだのですが、ほんとに無臭です。 臭い足でげんなりしていたので、感動すら覚えるほど・・・ いやいや凄い!これは凄いぞ! その驚きを嫁さんにも必死で伝えましたが、全く興味なし。 「あっそう。 よかったじゃん」 ・・・くっ!!ちょっとイラっとしてしまいました でも、効果は十分体感できたので、今度は送料が無料になる5足セットを追加購入してやった! 「3日履き続けても臭くならない!」とメーカーの言っていた通りでした。 同じ商品の【急速分解消臭デオルソックス】でスニーカータイプの靴下もあって迷ったんですよねー。 多分、またタイミングを見て買っちゃうと思います。 後で知った 気に入らなかったら商品代金返金制度 「気に入らなかったら」とは少し言葉が悪いですが、要は「 履いてみて、消臭効果が不満だったら7日以内なら商品代金は返金する」って事です。 最初からこれを知っていれば、もっと気軽に買えたのに・・・この一足を買うためにどれだけ悩んだことか。 買って後悔はしてませんけどね。 せっかくなので皆さんには先にお知らせしておきます。 クーリングオフで返金は当たり前じゃないの? どうやらそうではないようです。 通信販売の場合、電話での勧誘販売に当たるもの以外は、法律上ではクーリングオフ制度はない。 販売業者側が 自主的にクーリングオフや返金に応じないとできない。 消費者側も、 店舗にいかなくても購入できる利点を利用しているので自己責任となる。 このようになっています。 つまり書いてある通り、クーリングオフは適用されないのに 売る側が自主的にこれを設定してくれているだけなので、 消臭効果にはよほど自信があるのでしょう。 皆さんは、この制度を先に知ったので、私のようにあれこれ悩んで購入しなくてもよくなったので、利用しやすくなったと思います。 消臭効果が満足だったかどうかは、個人の意思です。 私は本当に良かったので返金手続きは何もしていませんが、思った通りの効果がなかった場合には返金手続きを行えばいいだけ。 購入して履いた後には、返金どころか、きっと皆さんも「気持ち悪っ」ってなるでしょう。 凄すぎる消臭靴下の公式サイトはこちら>.

次の

スリッパがすぐに臭くなる理由と対処法【臭くならないスリッパ、消臭スリッパおすすめランキング】

足が臭くならない方法

足の臭い対策には薬用石鹸 足の臭いというのは主に二種類存在し、酸っぱい臭いと納豆のような臭いがあります。 これらの2つの臭いはそれぞれ「酢酸」と「イソ吉草酸」と呼ばれる成分が足で作られることによって臭いがしてしまうのです。 この臭いを落とすためには酢酸やイソ吉草酸を産生させている雑菌を 薬用石鹸で殺菌してあげることが良いでしょう。 薬用石鹸であれば殺菌成分が配合されているものが多く、中には消臭効果が期待できる成分が含まれている石鹸もあるので、殺菌成分と消臭成分が配合されている石鹸を選ぶのがおすすめです。 どのような石鹸が良いかわからないという人がいれば、まずは薬用石鹸ミューズが手頃な価格で購入することができるので使ってみてはいかがでしょう。 関連記事 足の洗い方と順番にも注意 足の臭いを抑えるために足を洗うことをおすすめしていますが、ただ単に足を洗うというだけでは雑菌をしっかり洗い落とせません。 特に足の部分のどこから臭いが発生しやすいのかを把握し、その部分を徹底的に洗っていかなくては雑菌や臭い成分が残り、またすぐに臭いを発生させてしまうといったことにもつながります。 関連記事 また、洗い方の順番にも気をつけてもらえれば、足の臭いを十分に予防することができるでしょう。 では、どのような洗い方、順番で行えばいいのでしょうか。 臭い対策のための洗い方 足をキレイに洗うためには、まず足を湯につけて角質を柔らかくして上げる必要があります。 湯船に浸かる人は問題ありませんが、シャワーだけというのであれば、シャワーに入る前に風呂桶などに湯をはり、足をつけてあげましょう。 そして足を洗う場合に一番どこが臭いを発生しやすいのかを把握しておかなくてはなりませんが、実は 一番臭いが発生しやすい部位は足の裏ではなく足の指と指の間なのです。 しかも足の指と指の間は軽く洗っただけではしっかりと洗えてないことが多いので、 念入りに指の間を洗うように意識してください。 また、指と爪の間にも垢がたまりやすく、そこから臭いを発生させてしまうこともありますので、 爪の間もよく洗う、洗いづらいようであれば爪ブラシを用いて洗うようにしましょう。 洗う順番は一番最後? シャワーを浴びて身体を洗おうといざなったときに、足を洗うタイミングというのは身体を洗った後、という人が多いです。 身体を洗ったあとの残りの泡で足を洗おうとすると、十分な量で洗えないことがほとんどのため、一度足以外の身体全体を洗い終わったらタオルをキレイに洗い、再度石鹸やボディソープをつけて足を洗うようにしましょう。 そうすることで十分な殺菌成分と抗菌・消臭成分を含んだ状態の泡で足を洗うことができますので、足の臭い対策・予防をすることができるのです。 一つだけ注意してほしいのが、足を洗う順番は必ずしも最後でなければならないというわけではなく、あくまで石鹸やボディソープが持つ洗浄能力を最大限に発揮して洗って欲しいということを伝えたいのです。 そのため、最初に足を洗い始めても問題ありません。 しかし、足の臭いがタオルについた状態で身体を洗うというイメージが先行してしまうと、あまりいい気分にはならないと思うので、気になる人は一番最後に足を洗う方がおすすめです。 関連記事.

次の